中村靖(経営者)の名言

中村靖(経営者)のプロフィール

中村靖、なかむら・やすし。日本の経営者。「メタウォーター」社長。埼玉県出身。青山学院大学理工学部卒業。富士電機製造(のちの富士電機)で水処理システム開発などを担当。その後、メタウォーター取締役、取締役執行役員常務などを経て社長に就任。

中村靖(経営者)の名言 一覧

10年後の働き方が、今と同じわけがない。


きちんとした使命感を持つ企業でないと命の水は扱えません。仕事の意義を常に社員に問いかけ、「もうけ」と「社会貢献」を両立させていきます。


水道設備にセンサーを装着して稼働データを収集しても、それだけでは意味がありません。作業員が「いつ」「どんな順番」で点検するかといった、人間の活動に伴うデータを組み合わせることで、新たな価値が生まれる。


ベテラン技術者のノウハウを伝承するために、ヘッド・マウント・ディスプレーやウエアラブルのカメラなどを使って、仕事のやり方を記録することにも取り組んでいます。


いまから10年後、日本の水道インフラがどうなっていると想像しますか。少子高齢化で財政難が深刻化し、ベテラン技術者はどんどん退職していきます。官だけに頼ったシステムが行き詰まるのは明らかでしょう。そんな問題意識から立ち上げたのが、「WBC(ウォータービジネスクラウド)」です。官と民、そして民間同士が連携を深めるには、クラウドを使ってリアルタイムで情報を共有し、分析するプラットフォームが不可欠です。


中村靖(経営者)の経歴・略歴

中村靖、なかむら・やすし。日本の経営者。「メタウォーター」社長。埼玉県出身。青山学院大学理工学部卒業。富士電機製造(のちの富士電機)で水処理システム開発などを担当。その後、メタウォーター取締役、取締役執行役員常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坪田一男

幸せな人が長生きする理由には、大きく分けて2つあると考えられている。ひとつは、「幸せな人は、よい生活習慣を持つ傾向がある」ということ。もうひとつ、「幸せそのものも、身体に直接良い影響を与える」ことが分かっている。


長谷川和廣

いまは下りのエスカレーターの時代です。必死で足を動かしても、なかなか上りきることはできません。そんな時代に横着して停滞している人は、その場にとどまるどころか、どん底に近づいているのです。


土居健人

ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


ニーチェ

君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。
君は暴君か?それなら君は、友を持てない。


竹下雄真

続けるには、ある程度の目標を立てることが有効。身近でわかりやすい目標を立てることをお勧めします。


渡瀬謙

初めての顧客のもとを訪れる場合、ポイントは、約束の時間より早めに取引先に向かうことです。時間ギリギリに到着して、焦ってあがってしまうのを避けるという意味もありますが、しておきたいのは顧客と対面した際の会話のネタ収集です。最寄り駅に着いたら、目的地まで歩きながら話題になりそうなもを探します。行列ができているスイーツのお店や、変わったメニューのあるカフェがあったらしめたもの。顧客と対面した際、「あのケーキ屋の行列はすごいですね」「ビル一階のカフェに寄ったら、○○というメニューがあったので、思わず頼んじゃいましたよ」など、話の糸口をつかむ話題が集められます。


見城徹

僕にとっての義理とは、恩を感じるかどうか。利害損得と関係ない。


竹中平蔵

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

現役時代、目が悪いことをマイナスとは思っていませんでした。視力が0.03とかなりの近眼でしたが、相撲を取るときはむしろ好都合。周囲がよく見えないから集中できるし、恐怖心を抱かずにすむ。正直、立ち合い時に自分の2倍以上もある小錦関などがはっきり見えていたら、相当怖かったと思います(笑)。


朝倉千恵子

「信頼」にはいろいろな要素があると思いますが、私なりに少し乱暴に因数分解してみると、そこには3つの要素があるように思います。「責任感と執着心」「三方(さんぽう)よし」、そして「飽きさせない」です。


野津基弘

やってはいけないこと以外はすべてやっていい。最低限のことだけを守れば、あとは自由に挑戦して構わない。


塚越寛

会社が永遠に続くためには、ある程度の規模になったら成長を急ぐことはない。


浜田宏一

大勢の人を率いていこうとすると対立も起きますから、ただアグレッシブにリーダーシップを発揮すればいいわけではありません。そこで外交能力も鍛えられる。


今川聖

部下とのコミュニケーションで心がけていることは「短く伝える」ことです。一度に伝えることは3つまで。短い文章にまとめます。部下からの連絡も同様です。「1ページに収まらない報告書は受け取らない」と言っています。短く伝えることで考えがブレなくなります。即断もできます。


徳岡邦夫

いまあるものを自分から壊して変えていくことによってこそ、大切なものを受け継いでいくことも可能になるのだと思うのです。


ページの先頭へ