名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村雅行(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅行(経営者)のプロフィール

中村雅行、なかむら・まさゆき。日本の経営者。オフィス家具の「岡村製作所」社長。早稲田大学理工学部卒業後、岡村製作所に入社。取締役経営企画部長、常務取締役、専務取締役生産本部長などを経て社長に就任。

中村雅行(経営者)の名言 一覧

経営者はそもそも、「新たな変革を起こしたい」という意欲を常に持っているもの。


数年前からアメリカなどの企業では、「well-being」が重視されるようになりました。日本語に訳すと「人々が精神的にも身体的にも心地よい状態」といったニュアンスでしょうか。そんなオフィス環境が実現すれば、生産性も高まる。


「三人寄れば文殊の知恵」というとおり、コミュニケーションが活性化すればそのぶんよいアイデアも生まれ、生産性は向上します。メールやテレビ会議も便利ですが、やはり面と向かって同じ空気を共有するほうが、議論の質はぐっと高まります。


人間は座ったままじっと考えていても、よいアイデアは浮かびません。立ち上がることで気分転換になり、アイデアも浮かびやすくなります。また、資料を読むといった作業も、実は立って行ったほうが効率的。作業中に資料を取りに行き、また戻ってという際も、立っていたほうがよほどスムーズです。


ホワイトカラーの生産性とは、簡単に言えば「自分で考え、チームで議論し、新たな価値を生み出す」サイクルの繰り返しです。そのためには、個人が集中して仕事ができる環境と、チームが集まって共同作業できる環境の両方が必要。


中村雅行(経営者)の経歴・略歴

中村雅行、なかむら・まさゆき。日本の経営者。オフィス家具の「岡村製作所」社長。早稲田大学理工学部卒業後、岡村製作所に入社。取締役経営企画部長、常務取締役、専務取締役生産本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

有馬利男

企業の価値創造を支えているのは、定型的な情報だけではなく、それ以上に非定型な情報が重要な役割を担っています。ITが担う経営データや顧客データなどの基幹系の情報は人にたとえれば、骨格や筋肉に相当し、アイデアやノウハウ、経験、さらには思いといった非定型な情報は脳や神経のようなものです。


山本高史

成否のすべてを握るのが受け手。


延岡健太郎

有望な市場には新規参入が相次ぎます。よほど革新的な技術を携えない限りは、価格競争に巻き込まれます。市場が伸びている段階では表面化しなくても、いずれ利益なき繁忙に陥ります。


永野毅

ゆでガエルのように鈍感になってはいけません。しっかりと次の時代を担うポートフォリオに入れ替えないといけません。


朝原宣治

ロンドン五輪選手で、大阪ガス所属の江里口匡史を2010年から指導しています。指導し始めた時は、トップレベルの人材を育成することの難しさを痛感しました。その選手にはその選手なりの競技哲学があるからこそ、日本代表になれたわけで、私の価値観や経験を押しつけてもうまくはいかない。手取り足取り教えるレベルではないからです。「私は江里口に何ができるのか」と考えた末、今は彼の不安を軽減させるサポートができればと考えています。たとえば、何かで迷ったらその道の専門家に会わせるなど、彼が解を見つけやすくなるような機会を与えます。


小泉光臣

お客様を深く知り、お客様自身さえ明確に意識していないニーズをとらえた商品を世に出すことが求められています。


篠原菊紀

意欲ややる気は、最初が最も高く、2度目、3度目となると徐々に減退していきます。飽きるのは当たり前なんです。それを防ぐには、誰かに褒めてもらう、励ましてもらうことがひとつの手です。SNSは手っ取り早くサポーターを見つける手段になるでしょう。


能町光香

誤解されずにうまく断るポイント。

  1. 「なるべく早めに断る」。時間が経てば経つほど、断りにくくなる。
  2. 「余計な言い訳はしない」。余計な言い訳はかえって相手の感情を逆なでする原因になりかねません。シンプルに断るのがベスト。
  3. 「断る理由を述べる」。理由がないと、「なぜ断られたのだろう」と相手を悶々とした気持ちにさせてしまいます。明確な理由を一つか二つ挙げるとよいでしょう。

以上の3つのポイントを押さえたうえで、日本人の美徳でもある「相手を慮る気持ち」を意識してみると、コミュニケーションに奥行きが生まれてきます。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

報告のための報告書は必要ありません。私がそう意識するようになったのは、野村証券の営業マン時代です。毎日、上司へ提出する営業日報を書きながら、こんな疑問を感じていました。営業で大切なのは結果を出すことです。一日の行動を記しただけの報告書に意味があるのか。できる営業マンは顧客リストが刻々と変わります。上司はリストの変化をチェックすればいいはずです。


堀之内九一郎

会社に入った以上は、会社の決定に従い、余力を尽くす。それは普通のこと。でも、その普通をやり通せる人はめったにいない。「普通のこと」をやり通せる「真面目なサラリーマン」は極めて少数なので彼らは経営者や上司を感動させることができる。


江上治

稼げない人は目標を立てることはしても「人生の目的」を明確にしていない。目標とはその漢字の通り道標(みちしるべ)となるポイントである。目標を決めても、道の行先、つまり目的地を決めなければ、道に迷ってしまうことは容易に理解できる。


松井忠三

常に鋭角的にモノづくりを続けなければ、モノのレベルはあっという間に下がってしまいます。油断をしていれば、消費者のニーズをしっかりとらえた商品をつくる会社が必ず出てきます。そして、生き残っていくのはそういう会社です。