名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村雅知の名言

twitter Facebook はてブ

中村雅知のプロフィール

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

中村雅知の名言 一覧

新たな需要を創り出す気概が必要。


右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


私の話は、飾ることなくストレートです。理解を得るのに、それもよかったのかもしれません。回りくどいと、相手に分かってもらえませんから。


事実を共有し理解を広げることと同様に重視したのはスピードです。2006年に、王子製紙が北越製紙にTOB(株式公開買い付け)を実施しました。我が社はこれを阻止するため北越製紙の株取得を進めた。業界トップの王子製紙の独走を許したくなかったからです。社長時代は、王子製紙に追いつき追い越すことが最大の課題でしたから。この時は、一部の人間だけを集めて素早く行動しまし。


「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。


合併前の十條製紙に入社してから50年、「これまでやってきたことはリストラだけ」と言っても過言ではない会社人生を歩んできました。これらの過程で大切にしたのは、本当のことを全員に直接伝え、徹底的に話し合い、理解を得ることでした。


中村雅知の経歴・略歴

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

他の記事も読んでみる

山口多賀司(経営者)

経営は「人」だとよく言いますが、やはり、経営者が人についてもっと考えるべきでしょうね。企業は人の集合体ですから、サービスや技術、商品を生み出すのも人なんです。


山口智充

いまの僕はやりたいことがたくさんあるんですよ。今年はライブも増やしたいし、40代に入ったいまが人生で1番やりたいことがあるぐらい。楽しいことは制限したくない。


入沢元

18歳の時から、30歳で社長になると決めていた。だからいつも、自分が社長だったらどうするかと考えながら社長を見てきました。


夏野剛

上手、下手ではなく好きなことを見つけるという考え方のほうがいい。無理に「これなら受けるかも」と考えて、好きでもないことを勉強しても身が入らないですから。


三宅占二

私が「キリンブランドにはこだわるが、キリンブランドで世界制覇するつもりはない」と言うと、皆がっかりした顔をします。しかし、自分の実力を認識したうえで、キリンらしいグローバル戦略を立てることが重要です。


襟川恵子

米国などは入社して6~7年目位まで徹底的に働いて能力を開花させる一方、そこで技術を身に付け、精神面も強化されます。若い人たちは吸収力が高く、体力もあります。だから難易度のある業務にどんどんチャレンジし、長時間労働も辞さず仕事に熱中することで、能力も高まります。もちろん体を壊す無理な働き方をさせないことは大前提です。


稲盛和夫

あなたの経営者としての値打ちは、その程度のものなんですか。売上に対して1~2%の利益を稼ぐことで満足しているのですか。社員の幸せのためにも、胸に手を当ててよく考えてください。


鈴木敏文

顧客がどの商品から手に取ったか、「顧客の立場で」数字を見ることが大切です。売り手は「量を多く売りたい」と考えるため、どれが多く売れたか、売れた量に目が奪われがちです。確かに、量で見るのが一番楽です。しかし、売り手から買い手へ視点を変えると別の数字が見える。もの余りの買い手市場では、つねに顧客の立場で数字を見る視点を心がけなければなりません。


安藤忠雄

私は、きちんと話し合って、妥協ではなく納得して前に行く。納得しなかったらやりませんでしたし、納得したからこそ、トラブルにもなりませんでした。


午堂登紀雄

タイムマネジメントとはモチベーションマネジメントそのものです。やる気さえあればたいていのことはできる。でもやる気がなければ、どんなに時間術を駆使しようと何もできません。


山村輝治

フランチャイズ本部と加盟店は親子のような関係と思われがちですが、当社では、あくまでも対等のパートナーであり、「夫婦」のようなものだと考えています。対等な夫婦として幸せな一生を送れるよう互いに役割を分担し、助け合っていくのです。


藤田田

人間は歴史の流れから判断しなければいけない。自分はどういう歴史の上を走っているか、ものごとを歴史的にとらえることが重要だ。


樋口武男

立て直しのため福岡支店に着任してすぐに感じたのは、社内に覇気がないことでした。どことなく沈滞ムードが漂っていて、あらゆる動きにきびきびとしたところがありません。電話応対や朝礼をきちんと行なうことは、誰にでもできる「凡事」にすぎません。しかし、それらを「徹底」することで、福岡支店の雰囲気がどんどん変わっていきました。


大林秀仁

私の挑戦は非常識だったかもしれませんが、周囲の声に流されていたらそれで終わりだった。


田中直樹(ココリコ)

テレビに限らず、どんな仕事もみんなで作っていくものなんですよね。その中で、自分は前に出てぐいぐい引っ張るというより、周りの人を助け、また助けられながら物事を進めていくタイプなのかな、と。最近、そう思うようになりました。