名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村雅知の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅知のプロフィール

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

中村雅知の名言 一覧

新たな需要を創り出す気概が必要。


右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


私の話は、飾ることなくストレートです。理解を得るのに、それもよかったのかもしれません。回りくどいと、相手に分かってもらえませんから。


事実を共有し理解を広げることと同様に重視したのはスピードです。2006年に、王子製紙が北越製紙にTOB(株式公開買い付け)を実施しました。我が社はこれを阻止するため北越製紙の株取得を進めた。業界トップの王子製紙の独走を許したくなかったからです。社長時代は、王子製紙に追いつき追い越すことが最大の課題でしたから。この時は、一部の人間だけを集めて素早く行動しまし。


「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。


合併前の十條製紙に入社してから50年、「これまでやってきたことはリストラだけ」と言っても過言ではない会社人生を歩んできました。これらの過程で大切にしたのは、本当のことを全員に直接伝え、徹底的に話し合い、理解を得ることでした。


中村雅知の経歴・略歴

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

これまでクライアント企業及び自社の戦略立案にかかわってきて、経営戦略において重要なことは、いかにして他社と差別化した商品やサービスを顧客に提供するかだと実感しています。


茂木健一郎

困難なことにぶつかると、当然脳は緊張します。大きな課題を乗り越えるためには、自分をできるだけフロー状態に近づけて、あらゆる視点から解決策を導いていかなくてはなりません。ユーモアを持って脳を前向きにすると同時に、リラックスした状態にすることで、それが可能になります。


井上陽介

ファクトを押さえるためには、絶えず知識・情報の幅を広げ、深く耕しておかなければなりません。その知識や情報を組み合わせ、そこにはどういう意味合いがあるのか、自分なりの仮説を立てるのです。そしてその仮説を常に検証し、事の展開を時系列で追いながら必要に応じて肉づけしたり、修正したりしてアップデートしていく。そうしないと、骨太の深い解釈にはなかなか至らない。


冨安徳久

この世に人として生を受けて生きることは誰かのために行動を起こし、役立つということ。それが人生。


水木しげる

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。


田岡信夫

アメリカのマッキンゼーが、日本の企業をいろいろなアプローチで分析して、日本の企業の体質的弱点というものを指摘したことがある。要するに意思決定の領域の基準にエモーショナル・フィーリングが多いという批判。つまり、企業間競争のルールであるべき領域の中に、こうしたエモーショナルなフィーリングが入っているという批判である。


山田匡通

心と体は一体であり、それが健康な命のベースにある。


阿刀田高

スマホで夜も日も明けぬ子供たちの中で、しっかり読書をする少数派に徹すればチャンスがおのずとつかめるのではないか。


野田一夫

はっきりとモノを言い、こうだと思ったことはとことん実践する。現在85歳の私は、常に自分流を貫いてきました。気がついたら、自分なりの大学改革と、多摩大学や県立宮城大学など3つの新しい大学創設に携わりました。


坪田一男

毎日3つ「よいこと」「うれしかったこと」を書きとめることを皆さんもやるといい。最初、簡単には3つも見つからないよと多くの人が言ってくる。僕は毎日30ぐらい見つかる。毎日繰り返していると、その積み重ねの結果、訓練される。これは人生のいいところをいつも見ようとする意識に結び付くから、毎日それによって自分の脳を書き換えていることにもなる。


名取芳彦

考え方や方法論が人によって異なるのは当たり前。まして、時代も世代も違えばなおさら。年輩の皆さんも、いまの時代に合わせてもう少し多様性を受け入れる努力をしてもいいと思うのですが、いかがでしょうか。


諏訪貴子

読書は無理をしすぎないことも大切です。名著と言われているビジネス書に挑戦してみたら3ページで挫折したという経験もあるので(笑)、読みづらい本は無理に読まないようにしています。世間で高評価を得ていても自分にとって不要な本だと思えば、取り入れません。完読までの日数や次に読む本など、細かいルールも決めていません。自分に優しい読書スタイルが、結果として、知識の蓄積にもつながっていると思っています。