名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中村雅知の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅知のプロフィール

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

中村雅知の名言 一覧

新たな需要を創り出す気概が必要。


右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


私の話は、飾ることなくストレートです。理解を得るのに、それもよかったのかもしれません。回りくどいと、相手に分かってもらえませんから。


事実を共有し理解を広げることと同様に重視したのはスピードです。2006年に、王子製紙が北越製紙にTOB(株式公開買い付け)を実施しました。我が社はこれを阻止するため北越製紙の株取得を進めた。業界トップの王子製紙の独走を許したくなかったからです。社長時代は、王子製紙に追いつき追い越すことが最大の課題でしたから。この時は、一部の人間だけを集めて素早く行動しまし。


「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。


合併前の十條製紙に入社してから50年、「これまでやってきたことはリストラだけ」と言っても過言ではない会社人生を歩んできました。これらの過程で大切にしたのは、本当のことを全員に直接伝え、徹底的に話し合い、理解を得ることでした。


中村雅知の経歴・略歴

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

他の記事も読んでみる

アマデウス・モーツァルト

みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。


小田豊(経営者)

当社はよく「家族的な組織だ」と言われます。確かに従業員一人ひとりを家族と同じような目線で育てています。しかし人事評価はシビアで、評価に応じて待遇には大きな差をつけています。私は悪平等が嫌いですから。


吉岡知哉

何か突出した関心を持つことによって、その周辺の分野にも興味を広げていく可能性が出てきます。


竹中平蔵

常に問題意識を持ち続けていると、ふとしたときにその答えとなる言葉が見つかる。


天野浩

そもそも勉強はすごく嫌いでした。数学だけは得意でやっていたんですが、大学時代も勉強の意味をなかなか見いだせずにいたのです。そんなとき、大学の講義である先生に「勉強は人のためにやるから意味があるんだ」と言われまして。初めてパッと視界が開けた気がしました。


ウォーレン・ベニス

将来20世紀の経営史が書かれて、GEのウェルチ時代に触れるとして、私は彼が取った戦略、一位か二位になれない事業からは撤退して売り払うといった手法が、興味を集めるとは思いません。ウェルチ氏は何よりも、放送からプラスチックといった考えられる広範な事業分野で、何十万人という従業員を元気にし、盛り立て、前向きにし、動機づけをした。それができた指導者として記憶されるでしょう。


出井伸之

Eメールというのは下手をすると直訴状合戦になってしまうのではないかと心配する声もありますが、それほど社員のインテリジェンスは低くありません。上司の悪口など一切なし、会社の改善点をはじめ、建設的なことを書いてきてくれています。
【覚書き:全社員から社長への直通メールアドレスを作ったことについて】


柴田励司

本や雑誌をいくら読んでも記憶に残らないと嘆く人には、読んで理解した内容を図式化することをお勧めします。これをやると、知識がフローからストックになります。さらに自分なりの情報を付け加えていくことで、知識を智恵に転換させることができます。


小川仁志

漠然と思いを巡らせても思考は進みませんし、闇雲に思い詰めても袋小路に迷い込んでしまうでしょう。自分の中にきちんと「思考のノウハウ」を持って、着実に実践していくことが大事なのです。そのノウハウとは、次に挙げる「3つのアプローチ」です。

  1. 批判的に考えること。世の中で信じられていることを鵜呑みにせず、疑う姿勢を持ちましょう。
  2. 根源的に考えること。私たちはつい、「答えが出た」と思うとそこで思考を停止させがちです。でも、そこからさらに踏み込んで考えることが大切です。
  3. 創造的に考えること。すでにあるセオリーに頼らず、自分の中で新しい答えを生み出す気持ちを持ちましょう。

スティーブ・ジョブズ

原動力は製品であって、利益じゃない。


田村耕太郎

必要は発明の母と言いますが、英語の上達には、日常で英語を使わざるを得ない環境に自分を置くのが一番。やはり最もいいのは留学でしょう。


中村俊輔

試合に出られない状況は、苦しく、地獄のような時間でもあったけれど、「このままでは終われない」という気持ちが湧いてきたし、そのために何をすべきかと、前向きな考えで日々を過ごしていた。