名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村雅知の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅知のプロフィール

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

中村雅知の名言 一覧

新たな需要を創り出す気概が必要。


右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


私の話は、飾ることなくストレートです。理解を得るのに、それもよかったのかもしれません。回りくどいと、相手に分かってもらえませんから。


事実を共有し理解を広げることと同様に重視したのはスピードです。2006年に、王子製紙が北越製紙にTOB(株式公開買い付け)を実施しました。我が社はこれを阻止するため北越製紙の株取得を進めた。業界トップの王子製紙の独走を許したくなかったからです。社長時代は、王子製紙に追いつき追い越すことが最大の課題でしたから。この時は、一部の人間だけを集めて素早く行動しまし。


「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。


合併前の十條製紙に入社してから50年、「これまでやってきたことはリストラだけ」と言っても過言ではない会社人生を歩んできました。これらの過程で大切にしたのは、本当のことを全員に直接伝え、徹底的に話し合い、理解を得ることでした。


中村雅知の経歴・略歴

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

心が折れそうなときは、空間を変えることが大事です。同じ場所に居続けては、頭も身体も固定化されてしまいます。旅に出てはどうでしょうか。


尾賀真城

さすがに20代は、読書をしなかったですね。20代は得意先を回るのが忙しかったのと、あと、最初は独身寮に入っていたものですから、土日は麻雀で忙しくて。ただ、30代になって新聞を読んでいると、お恥ずかしい話、自分の知らないことが出てくるんですよ。30代なのに、この程度のことを知らないとまずいな、というのがあって。読書は、そのときに触発されたものを読むという感じですね。戦争だったり、神社仏閣だったり。知らないものを知ろうとすると、新書系がいいですね。あと小説だと、やっぱり歴史ものが多いですね。


桑原豊(経営者)

最もやってはいけないのは、感情的に叱ることです。そうやって叱られたとき、相手はあなたに対して心を閉ざしてしまいます。なぜなら、そのスタッフのためではなく、自分の怒りを吐きだすために叱っている、ということを見抜くからです。そういう叱り方をした場合は、叱った本人にも後味の悪い思いが残りますから、結果として誰のためにもならないのです。


田口佳史

結局、みんな責任転嫁しているんです。これが今の日本の一番危ういところです。私はまず社会自体を自分のものだと思う心をもっと強く持つべきだと思います。まずは当事者意識を持つことが大事だと。


佐伯達之

現状のものを生かして、半分くらい作り直すという考え方でやっていると、絶対に成功しない。スクラップ&ビルドをするのがいいですね。お金は一番かかりますけれども、全部壊して、最初から作り直す。


水口弘一

リスクがないところには、チャンスがない。チャンスがあるところには、必ずリスクがあると言ってもいい。もちろん、リスクヘッジ(危機回避)について考えなければいけないのですが、いつも石橋を叩いてばかりいて渡らないのでは、展望は開けないのです。


森田勉(経営者)

営業で相手の社長に会ったら、まずは懐に飛び込むことからだね。社長の趣味を徹底的に調べておいて、その話題から入ることが多かったかな。さらに「受付でどうのこうの言われて、大変でした。やっと社長にたどり着けましたよ」なんて言えば、かわいい奴だと思ってくれる。社長は苦労してますから、そういう人間を受け止めてくれますね。


飯島英胤

人事と言ってもいろいろありますが、経営活動を支える最大の急所である部長人事については、最適の人材配置が不可欠です。


二宮雅也

大切なのは価値を認め合う、多様性を評価するということ。価値観において片寄せということはありません。できる限り、その価値を保ち、そこに上乗せをしていくことが大事で、それが確保されれば非常に良いものが築けると思っています。


野田順弘(オービック)

部下に対して人材育成の方針を示すことも重要です。私は社員に常々「会社のために働くのではなく、自分を成長させるために働け」と言っています。世間では逆に会社の利益を最優先にしている企業が多いようですが、そうなると社員は上の顔をうかがって失敗を恐れるようになります。これでは部下がマイナス情報を隠そうとするのも当然です。


出井伸之

長期的な目標を達成するためにも、短期的な課題をクリアすることが極めて重要。


陰山英男

世間から批判され、我慢するしかない時期もありましたが、ここまで辿り着いて思うのは、「最後に勝てばいい」ということです。