中村雅知の名言

中村雅知のプロフィール

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

中村雅知の名言 一覧

新たな需要を創り出す気概が必要。


右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


私の話は、飾ることなくストレートです。理解を得るのに、それもよかったのかもしれません。回りくどいと、相手に分かってもらえませんから。


事実を共有し理解を広げることと同様に重視したのはスピードです。2006年に、王子製紙が北越製紙にTOB(株式公開買い付け)を実施しました。我が社はこれを阻止するため北越製紙の株取得を進めた。業界トップの王子製紙の独走を許したくなかったからです。社長時代は、王子製紙に追いつき追い越すことが最大の課題でしたから。この時は、一部の人間だけを集めて素早く行動しまし。


「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


役員や本部長が週に1回、午前8時30分に集まって開く情報共有の会議を設けました。議論はしません。しかし、この場で「今度、こんなことをやるよ」と言うだけでも、ほかの部門から協力を得られる度合いがずっと高まります。


合併前の十條製紙に入社してから50年、「これまでやってきたことはリストラだけ」と言っても過言ではない会社人生を歩んできました。これらの過程で大切にしたのは、本当のことを全員に直接伝え、徹底的に話し合い、理解を得ることでした。


中村雅知の経歴・略歴

中村雅知、なかむら・まさとも。日本の経営者。日本製紙グループ本社会長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、十條製紙(のちの日本製紙)に入社。技術本部技術企画部長、生産部長、バリトー・プロジェクト推進室主席技術調査役、石巻工場長代理、小松島工場長、旭川工場長、勇払工場長、常務取締役、専務取締役、日本ユニパックホールディング(のちの日本製紙グループ本社)取締役、日本製紙社長などを経て日本製紙グループ本社会長に就任。

他の記事も読んでみる

青田嘉光

商業施設に文化という異質な要素を組み合わせることで、商業空間の付加価値をより高めることができます。おそらく今後もこうしたニーズは増えてくることでしょう。我々がこの分野で長年にわたり蓄積してきた経験・ノウハウも、大いに活かせると考えています。


大串亜由美

ジェスチャーは慣れないと難しいですが、無理に多用するのではなく、必然性のあるところで使っていけばいいでしょう。たとえば、スライドを指し示すとき。指でさすと印象が強すぎるので、手のひらでさします。といっても、だらしなくみえないように、指はきちんと揃えること。このように、少し気を配りつつ、自然にジェスチャーを取り入れていけばいいのです。


渡辺健太郎(経営者)

今あるものに固執することもありません。鼻歌まじりでカジュアルに、そんな姿勢でボーダーを飛び越えていきたい。


森泉知行

できない理由ばかり並べ立てたところで、会社には何の役にも立ちません。そのような人材は、会社に対して貢献していないどころか、「負債」といっても過言ではないでしょう。


松下幸之助

松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める。


河村恭輔(経営者)

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。


村形聡

「何事も失敗から始まる」。数々の中小企業の経営者と一緒に仕事をし、私自身の体験を踏まえるとこんなことを感じます。


中西哲生

仕事はアウトプットですが、その質を高めるにはインプットを増やさなければいけない。


外山滋比古

要は、株式投資は上質なばくちであると思ってやれば、すごくひどい目には遭わない。のめり込み過ぎて全財産をつぎ込んだり、銘柄を一つだけ選んでそれだけに投資したりといったことをしなければね。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

計画性というのは、一種の習慣です。ですから、それが習慣として身に付いていない人にとっては、「目的を達成するためにまずは計画を立てる」という行為が決して当たり前のことではないのです。


酒井博文(経営者)

現場にこそ課題解決、新しいアイデアなどの宝の山がある。


粟田貴也

お客様に1杯のうどんをどう美味しく食べて頂けるかを考え、全てのコンセプトを作っています。


竹中平蔵

私が子供の頃は、和歌山の田舎でしたが、多くの人が新しく商売を始めてもなんとか食べていけました。なぜならば、経済全体が大きくなっていたからです。しかし、今のようにほとんどゼロ成長になってしまうと、商売の才能を持っている人か、人並みはずれた感性を持った人でないと成功できず、普通の人が食べていけなくなってしまいます。英国の政治家チャーチルは「成長はすべての問題を解決する」という言葉を残しています。だからやみくもな成長は必要ないというのはまったくその通りなのですが、最低2%くらい成長していないと社会はすごく荒んでくると私は思っています。


関淳

ブラジルは個人主義の国ですから、愛社精神を上から要求したり、規律を形式的に求めたりしても、無理だったのかもしれません。全社で盛大にシュラスコ(焼肉)パーティーを開催し、みんなで一体感を持ってもらうなどなど遊びを通じて会社に親しみを持ってもらう方法は、綱領や信条を唱和するより効果がありました。


前刀禎明

自信が持てないから、人の意見に左右されてしまったり、ないものねだりをして、自分を卑下してしてしまいます。でも、ちょっと振り返ってみれば、自分の可能性を信じることができるはずです。去年の私より、半年前の私。半年前の私より昨日の私。そう考えると、誰でも少しずつ成長しているはずです。


ページの先頭へ