名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村雅哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅哉のプロフィール

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

中村雅哉の名言 一覧

体力のあるものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものだけが生き残れる。


自分はそんなに苦労をしたとは思っていません。会社が大きくなって、もっと社会的な責任を担っていくことができるようになるんだとの気持ちがあったからです。


社会から大いに期待され資金援助を受けながら駄目になっていったベンチャーをたくさん見てきました。資金が潤沢だと、ついそれが自分の実力だと勘違いしてしまうのでしょう。苦労をするときには、苦労をさせなくては駄目なんです。私自身も、資金に恵まれていたら、世の中って甘いものだなと思ってしまったかもしれません。


ベンチャー企業の支援が重要だと言われていますが、私はベンチャーを助けることにはあまり積極的ではないんです。というのも、自らの経験から、自分で苦しんでこそ企業は力をつけていくと考えるからです。


アタリ・ジャパンの買収も、業界の将来像が描けたから決断できたのです。そしてナムコはアミューズメント産業から、さらに付加価値の高いエンターテインメント産業に脱皮できたのです。


20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


29歳で会社を起こしてから、いつもどやってお金を集めようかと考えていました。増資は何十回とやりました。出張に行くときに、実際は三等列車を利用しているのに二等列車に乗ったことにして、その差額を蓄積して増資の資金に充てるようなこともしました。そうやって資本金を30万円から50万円、200万円、300万円へと増やしていきました。


中村雅哉の経歴・略歴

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

他の記事も読んでみる

辻範明

上からの号令だけではなく、現場で生じる悩みを汲むことも必要。直接意見を聞けたことで、社員への優しさをさらに育むこともできました。


岡田尊司

どんな人にも、性格のクセや偏りがあります。それを理解したうえで、少し工夫して対話をする。こうすることで、うまくいかなかった相手ともすんなりうまくいく場合が多い。


立石義雄

新しい企業理念策定段階で、「会社は誰のものか」といった議論を何度となく行いました。その結果、基本理念として「企業は社会の公器である」ことを明確に宣言しようとの結論に至ったのです。企業の活動に必要となる人、資金、土地はすべて社会から供給してもらっています。いわば社会インフラの上に成り立っているわけですから、事業活動の成果を社会に還元するのは当然のことです。


藤田晋

仕事とは様々な制約の中で進めていくもの。どんなに困難で理不尽な状況に陥っても、そこを何とか突破していかなければなりません。


鈴木敏文

大切なのは、平均や前年との「相対的な比較」ではなく、あるべき姿の「絶対の追求」です。常に顧客のニーズに徹底して応えることで、収益を最大化していく。その結果として、全体の平均値や前年比が高まっていくという発想を持つべきです。


林野宏

レジでのサインレスは、主婦が西友でカードを使ってくれるようにするために始めました。せっかくカードを持っていても、レジでサインをすると後ろのお客さんから白い目で見られる。だからカードを使わないという人が多かった。だったらサインをしなくても使えるようにすればいい。サインレスにすれば、現金でお釣りのやり取りをするよりも時間がかからないわけです。業界内からは、当時のカード利用時にはサインが必要という基本ルールに反すると言われましたが、リスクは当社が負うのだからと押し切りました。いざ当社がタブーを破ってサインレスを始めると、この動きはすぐ他社にも広がりました。


大倉忠司

外食業界は、国内の産業の中でも特に働き手の確保が難しくなっています。飲食店はきつい仕事というイメージが強い。それは半面事実ですが、従業員の待遇をしっかり考えない企業側の責任が大きいと思います。人が集まらず定着しない、だから既存の社員の負担が増え、離職率が上がる。この負のスパイラルに陥るのが怖い。どこまで行っても、企業は「人」なんですから。昨年新たな人事評価の仕組みを導入しました。従来は役職が上がらなければ給料が上がらなかったんですが、たとえば「店長」という肩書は変わらなくても、普通に頑張ってくれれば昇給していくように改めました。他にも退職金制度の拡充など、目に見える待遇改善を進めています。ここに奇策はありません。おかげさまで、求人サイトなどで外食業界の中でも高い評価をいただいて、OBのクチコミなども手伝って、いい人材が集まってくれています。


野口仁

あと3カ月だけ頑張らせてください。それまでに結果を出せなければ考えます。
【覚書き|磁気テープの記録大容量化のカギを握っている磁気体「バリウムフェライト(BaFe)」の研究中止が決まったときの発言。研究打ち切りの1週間前に同磁気体の可能性証明に成功。大容量磁気テープはグーグルなどでも採用された】


仲暁子

一度手に入れた大企業の席を手放すことに不安がなかったというと嘘になります。毎月振り込まれる給料がなくなって、やっていけるのだろうかと怖かった。でも、考えてみれば高い給料が私に必要かというと、そうではありませんでした。


北尾吉孝

夫が家庭のお金を管理すれば、夫婦間の会話も増えます。電気製品が故障したので買い替えるとか、子供の学費がどれだけいるとか、家計の面から自然と会話ができます。


山口真導

売上債権が生まれてから、回収されたり貸倒れたりして消滅するまでの「一生」をキチンと管理することが、キャッシュ・フローを良くするためには必要。


鈴木茂晴

社長時代には、様々な改革に取り組みました。今までのやり方を大きく変えることですから社内からの反発もありました。しかし当時副社長の前(まえ)哲夫さんなど賛同してくれた人たちと「我々は理想を追っていこう」と決めました。評価の仕方も変え、それを徹底したことで社内も確信に変わり、その方向に走り出すことができました。