名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村雅哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅哉のプロフィール

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

中村雅哉の名言 一覧

体力のあるものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものだけが生き残れる。


自分はそんなに苦労をしたとは思っていません。会社が大きくなって、もっと社会的な責任を担っていくことができるようになるんだとの気持ちがあったからです。


社会から大いに期待され資金援助を受けながら駄目になっていったベンチャーをたくさん見てきました。資金が潤沢だと、ついそれが自分の実力だと勘違いしてしまうのでしょう。苦労をするときには、苦労をさせなくては駄目なんです。私自身も、資金に恵まれていたら、世の中って甘いものだなと思ってしまったかもしれません。


ベンチャー企業の支援が重要だと言われていますが、私はベンチャーを助けることにはあまり積極的ではないんです。というのも、自らの経験から、自分で苦しんでこそ企業は力をつけていくと考えるからです。


アタリ・ジャパンの買収も、業界の将来像が描けたから決断できたのです。そしてナムコはアミューズメント産業から、さらに付加価値の高いエンターテインメント産業に脱皮できたのです。


20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


29歳で会社を起こしてから、いつもどやってお金を集めようかと考えていました。増資は何十回とやりました。出張に行くときに、実際は三等列車を利用しているのに二等列車に乗ったことにして、その差額を蓄積して増資の資金に充てるようなこともしました。そうやって資本金を30万円から50万円、200万円、300万円へと増やしていきました。


中村雅哉の経歴・略歴

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

他の記事も読んでみる

ロベルト・シンヤシキ

夢が魔法のように実現するといった幻想は、あなたをどこにも運んではくれない。


茂木健一郎

脳は、少しでも進歩すると、喜びを感じます。すると、ドーパミンという物質が脳内に放出され、喜びを感じた脳内の回路が強化され、成長するのです。これを「強化学習」と言います。こうした脳の学習メカニズムは、歳を取っても衰えることはありません。だから、いくつになっても脳は成長するのです。


赤羽雄二

日本はチームワーク、団体行動が重要な大量生産は得意でも、成熟期の方向転換、不確実な時代での舵取りは苦手なのではないでしょうか。「弱点」があるのは仕方ないことです。どの国にも強みもあるけど、弱みもある。いま私たちにできることは、日本企業の経営力、商品企画・開発力はレベルが低いという自覚をもって、驕ることなく本気で変わろうとするしかありません。痛みの伴う決断をし、真剣に取り組むことです。


堀田健介

モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


イェンス・ブテナント

ときとして口うるさい嫌われ者になりながら、それでもお客様との緊密なパートナーシップを築いていかなければならない。これは正直申し上げて、決して容易なことではありません。しかし、このようにお互いオープンにして深く話し合える関係を築くことが私どものビジネスにおいて一番大切なのです。


伊東孝紳

一気にシェアを上げようとするのではなく、一つひとつの商品力を高めて、収益性を高めるかということを地道にやるしかない。


熊谷正寿

上場企業には、情報開示義務があるので経営状態は丸裸ですし、上場企業は有形形のコストがかかります。ですから、上場する価値の無い事業にもかかわらず上場してしまうと、かえっマイナスになって会社が続かないケースもあります。何が何でも上場するという考えは間違っています。


井上智洋

AIは将棋や囲碁といたルールがあるものや、俳句やコラージュアートのような組み合わせの数が決まっているものは得意です。一方で、ゼロから作るものや複雑な構造物のものは苦手。そこは人間のほうが得意なところです。


小野田寛郎(小野田少尉)

少数精鋭なら、その人間たちに相当のことを任すことができるし、また、任せなくちゃこんな仕事はできません。任されるほうにも責任が生まれるし、やりがいも出てくるだろうし。自分のことは自分でやるのが基本ですけど、他人に任せっるということもできなくちゃだめですね。その両方がないと。
【覚書き|ブラジルでの農業経営について語った言葉】


田原総一朗

世の中がよくなるという未来図を示していけば、必ず道はひらけるはず。


芳地一也

目的の明確化と議題の設定が第一。これがきちんとできれば、会議の成功は8割方約束されます。


桐島ローランド

もう不安でたまりませんよ。なので、常に次のステップへ勉強しています。