名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村雅哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村雅哉のプロフィール

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

中村雅哉の名言 一覧

体力のあるものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものだけが生き残れる。


自分はそんなに苦労をしたとは思っていません。会社が大きくなって、もっと社会的な責任を担っていくことができるようになるんだとの気持ちがあったからです。


社会から大いに期待され資金援助を受けながら駄目になっていったベンチャーをたくさん見てきました。資金が潤沢だと、ついそれが自分の実力だと勘違いしてしまうのでしょう。苦労をするときには、苦労をさせなくては駄目なんです。私自身も、資金に恵まれていたら、世の中って甘いものだなと思ってしまったかもしれません。


ベンチャー企業の支援が重要だと言われていますが、私はベンチャーを助けることにはあまり積極的ではないんです。というのも、自らの経験から、自分で苦しんでこそ企業は力をつけていくと考えるからです。


アタリ・ジャパンの買収も、業界の将来像が描けたから決断できたのです。そしてナムコはアミューズメント産業から、さらに付加価値の高いエンターテインメント産業に脱皮できたのです。


20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


29歳で会社を起こしてから、いつもどやってお金を集めようかと考えていました。増資は何十回とやりました。出張に行くときに、実際は三等列車を利用しているのに二等列車に乗ったことにして、その差額を蓄積して増資の資金に充てるようなこともしました。そうやって資本金を30万円から50万円、200万円、300万円へと増やしていきました。


中村雅哉の経歴・略歴

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

他の記事も読んでみる

谷脇宗

必ず臨店して店舗をチェックします。ブランドイメージを保ち、提供する料理やサービスの品質を落とさないことが安定と繁栄の源になりますからね。


大江英樹

お金の管理や運用においては、「リスク許容度」が人によって異なることを認識しておかなければなりません。リスク許容度を決める主な要素は、「保有している資産の額」と「リスク耐性」です。これから資産運用を始めようという人は、まず、自分のリスク許容度を客観的に見つめ直してみる必要があるでしょう。


近藤宣之

高齢者には人生最後の献身をしてほしい。技術を継承し、後輩を育ててほしい。

【覚え書き|70歳までの再雇用を就業規則に掲げていることについて】


戸塚隆将

グローバルエリートたちは朝を情報交換の場として積極活用します。ランチ・ミーティングの場合は前後の移動時間を含めると、昼間のど真ん中に2時間程度を必要とすることもあります。夜の時間は顧客との会食の約束が入ることもあるでしょう。また、ディナーの約束をする際は、相手の食事の好みを考慮し、レストラン選びにはそれなりの時間がかかります。その点、実は、ブレックファースト・ミーティングはとても気軽なものです。中でも、お互いの出張に絡めて設定する光景をよく目にします。ミーティングをするどちらかが宿泊しているホテルのラウンジで待ち合わせをし、そのままホテル内で朝食をとる。あるいは、お互い軽めの朝食を好むのならば、近隣のカフェでコーヒーを飲みながら情報交換します。このように、ブレックファースト・ミーティングでは、少し早起きさえすれば、待ち合わせ場所、レストラン選びに手間取ることなく、気軽に人と会えるのです。また、忙しい相手でも、比較的アポを取りやすいというメリットがあります。


山口彰(日本深層心理研究会)

高い目標設定は人生を向上させるのに役立ちます。しかし、到達不能な目標を設定してしまうと、達成できない自分を責める気持ちばかりが強くなり、精神の均衡を保つために責任転嫁をはじめてしまいます。


俣野成敏

どんな学びが自分にとって有効なのかは、やってみなければわからない。いろいろやればそれが自分に効果のある、なしがわかる。


野村克也

俺は他の選手と違い、野球エリートではなく、京都の貧乏育ち。ある意味、最初から諦めていた。だから、いつも自分を変える努力ができた。そう思っているんだよ、今でもな。


中田敦彦

自分の能力の生かし方がわかっていないとか、そもそもそれが特別な能力と気づいていない人もいる。僕は、周りの人の力を見抜いて、その力を発揮するために必要な言葉をかけることは得意です。ですから、できる人たちを見つけたら、自分のやりたいことの方向性と相手にとってのメリットを伝える。そして、彼らに適材適所の役割をお願いして、「したい」役の自分が引っ張っていけば、最高のチームになっていくのです。


王貞治

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


吉松徹郎

やはり買うという行為だけではなく、誰かに相談したり、モノと出会ったりする場所は必要です。本屋でも、気になるタイトルを見つけて、つい買ってしまうような楽しみがある。アマゾンでは1500円の本を買うか悩むにもかかわらず、本屋では気付いたら何冊も買ってしまうことだってありますよね。それくらいリアルが持っているパワーは変わらず大きいと思います。リアルで出会った商品をそのお店自身のサイトで買う仕組みさえできれば、お店ももっとリアルからネットに繋げる努力をするのではないでしょうか。


林野宏

いまはビジネスマンとして、創業者のような気持ちでリードしなくてはいけない。とりわけ運とツキを味方にするには、他力本願では駄目です。やはり自力でやらねばならない。効率よく集中的に時間を使い、率先して仕事をリードしていく。勝利の女神がほほ笑むのはそうしたビジネスマンだけなのです。


吉川英治

登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。