中村雅哉の名言

中村雅哉のプロフィール

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

中村雅哉の名言 一覧

体力のあるものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものだけが生き残れる。


自分はそんなに苦労をしたとは思っていません。会社が大きくなって、もっと社会的な責任を担っていくことができるようになるんだとの気持ちがあったからです。


社会から大いに期待され資金援助を受けながら駄目になっていったベンチャーをたくさん見てきました。資金が潤沢だと、ついそれが自分の実力だと勘違いしてしまうのでしょう。苦労をするときには、苦労をさせなくては駄目なんです。私自身も、資金に恵まれていたら、世の中って甘いものだなと思ってしまったかもしれません。


ベンチャー企業の支援が重要だと言われていますが、私はベンチャーを助けることにはあまり積極的ではないんです。というのも、自らの経験から、自分で苦しんでこそ企業は力をつけていくと考えるからです。


アタリ・ジャパンの買収も、業界の将来像が描けたから決断できたのです。そしてナムコはアミューズメント産業から、さらに付加価値の高いエンターテインメント産業に脱皮できたのです。


20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


29歳で会社を起こしてから、いつもどやってお金を集めようかと考えていました。増資は何十回とやりました。出張に行くときに、実際は三等列車を利用しているのに二等列車に乗ったことにして、その差額を蓄積して増資の資金に充てるようなこともしました。そうやって資本金を30万円から50万円、200万円、300万円へと増やしていきました。


中村雅哉の経歴・略歴

中村雅哉、なかむら・まさや。日本の起業家。ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)創業者。東京都生まれ。横浜工業専門学校(現:横浜国立大学)造船科卒業後、有限会社中村製作所を設立。商号をナムコ(namcoはNakamura Amusement Machine Manufacturing Companyの略)に変更。アタリジャパンを買収し、アーケードゲーム事業に進出。パックマンが世界的大ヒットを記録した。アメリカにある国際ビデオゲームの殿堂に先駆者5名の一人として殿堂入りを果たす。財団法人マルチメディアコンテンツ振興協会 (MMCA) 会長、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)会長なども務めた。藍綬褒章、旭日小綬章授章。

他の記事も読んでみる

松重豊

現在は特に大きな目標も、こうなりたいという自分像なんてものもありませんが、まだやっていない役はたくさんありますから、それをひとつひとつ、自分のキャリアの中に加えていきたいと思って仕事と向き合っています。自分を必要としてくれる場所があるなら、自分が役に立てる限り、ぜひやらせてほしいという気持ちでいます。


小池利和

いろいろなことがものすごいスピードで変わる。経験、知識、体力、様々なものを持っていないと、なかなか経営者は務まらない時代です。


鍵山秀三郎

自分の任期中だけの成績を上げようとするのではなく、もっと大きな志を持って、あるべき正しい姿を貫き通してほしい。


小池百合子

ありとあらゆることを決めるのに、日本の行政や政治は時間がかかりすぎるケースが多い。議論を重ねるのは結構です。しかし、その間に世の中がどんどん変わっているということも考えなければいけない。


窪山哲雄

ザ・ウィンザーホテル洞爺を世界で通用する本格リゾートホテルに育てたい。そう奮い立って重視したのは、私どもが提案するライフスタイルに共感するお客様に来ていただくための、それも何度も来ていただくためのマーケティングです。食文化や北海道の大自然を体感できる上質なリゾートでの過ごし方を提案してきました。


ドナルド・トランプ

科学者が発見に至るまでに何年間努力を続けるか見てみるといい。そうすれば忍耐が成功の要素のひとつであることがわかるだろう。


かわぐちかいじ

作者は新人であってもキャリアを重ねていても、「いい意味では感情過多、悪い意味では独りよがり」で、自分の描いたものを冷静には見られないんです。「これはわかりにくいですね」と言ってもらって初めて思い込みから抜けられる。それほど当事者って見えないし、わからないんですよ。


山本為三郎(経営者)

大正3年に三ツ矢サイダーの瓶の供給契約を更新した。ところが、同年欧州戦争が始まった。瓶の原価が上がった。こちらはそれにつれて値段をあげたいところだが、そうすると鉱泉(サイダー)会社は成り立たない。瓶の値段は鉱泉会社の採算と金融を一番大きく左右するものなのである。私は大きな犠牲を払って、大正3年に契約した値段で最後まで供給した。そのために自動製瓶機でマスプロ(大量生産)をさらに高め、コストを下げた。


塚越寛

社員の安全と健康を守り、幸せを感じられる仕組みを整えることで、常にだれもが喜びを感じながら前向きに努力する組織ができあがるのです。この20年間で、会社がいやで辞めた社員がわずか一名だったというのは、わが社のささやかな誇りです。


飯田勧

他店の特売価格に合わせて値下げをするといっても、通常の売値が特売水準にないと、現実には合わせきれません。まさに毎日低価格を実現していなければいけないのです。もちろん、仕入れにも工夫を凝らしています。


永守重信

負けには必ず理由があり、そこから学べる。


國貞克則

このところ企業の人事部の人と話していると「自分は特別」と思い込んでいる新入社員が多いといいます。自分は特別な存在だと考えているようなのです。そのことをはなから否定するつもりはありません。けれども、それを前提に「特別な私に一番フィットする会社を探す」などといって、会社を転々とするのは、どこかおかしい。会社において新人はスペシャルでも何でもありません。謙虚になって、職場の先輩から受けた指示をしゃにむにこなしていってほしいと思います。


樋口武男

会社は大中小といった規模にかかわらず、トップで決まる。


ダレン・ヒューストン

私たちのミッションは、世界中のすべての人々やビジネスの可能性を最大限に引き出すための支援をすることです。


小宮一慶

年齢が若く、元本を殖やすことが目的で投資信託を買うなら、分配金はなくても運用益を再投資するタイプの投資信託を選ぶべきでしょう。再投資されて元金に組み込まれた部分が複利で増えていくので、結果的に運用利回りが高まる可能性があります。


ページの先頭へ