名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中村隆介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村隆介のプロフィール

中村隆介、なかむら・りゅうすけ。日本の経営者。「筑前屋」などを展開する「カスタマーズディライト」社長。東京都出身。建設土木会社経営を経て飲食業に参入。「とろ鮪」「横浜家系ラーメン稲田家」「石臼挽き十割蕎麦はせ川」「琉球ダイニングちゅらり」「居酒屋筑前屋」などを展開。

中村隆介の名言 一覧

僕が先頭を歩くだけでなく、道を作ってあげるのも経営者としての仕事だと思うようになった。社員に力があることを伝えたいし、適材適所で会社をもっと成長させたい。


「ただの満足を超えるお店をつくれないものか」と考えたのが飲食業に参入したきっかけです。僕達は、お客様には御満足以上、その先の「感動」をお届けしたいのです。


4店舗目で初めて手痛い失敗をしました。知人が紹介してくれた高田馬場の物件で、エリアや競合店などの調査を十分にしないで出店したことが原因です。それまでの3店舗が好調で、慢心もあったのでしょう。このとき、現場はやはり自分でしっかり見なくてはいけないなと、痛感しました。


10年かけて100店舗を達成しました。スケールが大きくなるに連れて高価な食材の値を下げ、脈がなかった相手との取引も可能になりました。土俵に上がる交渉力がつき、様々なことができるようになったと感じています。


当社は、スタッフも会社の成長の一翼を担っていることにやりがいを感じてくれています。だから、地方への出店時も喜んで行ってくれる。私もある程度ベースを作った後は口出しせず、店長に任せています。方向性さえブレなければ、各店舗に独自性があっていいという考えで、任せれば応えてくれる。人材教育に関しても同様で、教育というより、「仲間作り」が店長の大事な仕事だと考えています。


ある方から、ブランドを商標ごと売ったという話を聞き、そういう方法があることを知りました。ブランドを、経験が浅い我々が一から生み出すのは難しい。それなら出来上がったものを買うのもありだと考えたのです。いいブランドがあったら買いたいと周囲に話していたところ、すぐに話がきました。これがステーキとハンバーグの「ステーキハウス 鉄板牧場」で、3店舗まとめて買いました。


実は中学生の頃からやんちゃだったため、高校には進学せず、建設会社で働き始めました。24歳で現場責任者を任され、その後、縁あって別の建設会社を譲り受けて独立。経営者になりました。その会社を十分に利益が出るようにしたのですが、下請けはどこまでいっても下請け。そんな建設業界で、会社を大きくしていくモチベーションを失っていました。同時に、自分の力で未来を切り拓ける新しい事業を考えるようになりました。それが飲食業だったのは、私自身、気に入った飲食店が少なく、自分が行きたくなる店を作りたいと思ったからです。


クレジットカード決済を入れていない理由は、その分を原価にかけたいから。カード利用できるようにすると単価を上げなけれはならなくなる。それはしたくない。店側の最大限の努力を原価に反映させ、満足度を上げたい。


中村隆介の経歴・略歴

中村隆介、なかむら・りゅうすけ。日本の経営者。「筑前屋」などを展開する「カスタマーズディライト」社長。東京都出身。建設土木会社経営を経て飲食業に参入。「とろ鮪」「横浜家系ラーメン稲田家」「石臼挽き十割蕎麦はせ川」「琉球ダイニングちゅらり」「居酒屋筑前屋」などを展開。

他の記事も読んでみる

藤田晋

新しい専門スキルを身につけるつもりなら、ゼロから、それこそド新人になったつもりでやらないとダメです。こうしたマインドセットができる人は、どんな状況においても、目の前の仕事に素直に向き合えます。当然、成長も早い。


出口治明

リーダーに必要な資質とは何か――。よくそう聞かれるが、私は3つの最低条件があると考える。それは、強い思い、共感する力、そして統率力の3つだ。


山内隆司

細かなところまで目配り、気配りができる余裕のある作業所運営ができているかどうかは、30分も現場を見ればすぐにわかります。うまくいっている現場は、非常に整然としていますし、塵ひとつ落ちていません。


松田丈志

迷ったときは必ず「この瞬間、自分にとってベストの行動はなにか?」と問いかけるようにしています。それが次の一歩を踏み出す原動力になります。今ここでやるべきことがある、と。


安河内哲也

もちろん、間違えれば笑われることもあるでしょう。でもそれは、英語がうまくなるためには避けられないプロセスです。スキーやテニスだって、失敗せずにうまくなる人はいません。英語だけ間違えずにうまくなるなんてあり得ない。その代わり、「使ってみる→間違う→直す→うまくなる」の順番を守れば、どんどん話せるようになるし、英語が楽しくなります。


山本邦子

新体操で大学に行くという選択肢も、もちろんありました。でも、プロのスポーツ選手として生計を立てられる人はごくわずかです。多くの選手は体育大学に進んだのち、フィットネスクラブの指導員や体育教師になります。私は、大学卒業後の自分の姿がまったくイメージできませんでした。だからこそ、新しい道を歩もうと思ったんです。
【覚書き|小学生時代からやっていた新体操を捨て、渡米したことについて語った言葉】


山内溥

私はいま、経営体制から離れていますし、これから先も私自身が経営に口出しすることはありません。そこで辞めるにあたって、ひとつ提案をしています。かつて人々が考えたことのないような発想の転換をして、そういうハードを作っていく。そしてそれに対応するハードを作っていくべきなのです。しかもそのソフトは、いま現在作っているソフトに比べて短い時間と低いコストで作れ、これまでのものとは明確に違うという認識をユーザーに持ってもらえるようなものです。話だけを聞いてもらえると、「そんなものが作れるのか?」と言われそうですけど、そういう挑戦をし続けるのが任天堂のビジネスですし、私が言い続けてきた「任天堂のソフト化路線」というのは、実はそういうことを志向することでありました。そんなことを、私からの提案として新経営陣に残しました。そのソフトが具体的にどんなものかは言えませんが、おそらく彼らは近い将来、少なくとも私が生きているうちに、市場に送りだしてくれるだろうと期待しています。


深野康彦

体は「人的資本」そのもの。資本がなければ前提が崩れてしまうので、健康な生活を維持することは、貯金をするのと同義のものだと考えてください。


宮坂学

私は長く悩むタイプではありません。悩むくらいなら、即、行動に移す。周囲からは体育会系のノリだとよく言われます。


古森重隆

人生を通して最も重要なことは、「基盤となる力=実力」を養うことだ。


石井淳蔵

ビジネス世界にはセオリーがあります。これは、野球や囲碁将棋のそれと同じく、長い多様な経験と、ビジネス当事者の研ぎ澄まされた論理の精華に他なりません。セオリーを知ると知らないとでは大違いです。しかし、上級者同士の戦いとなると、そうはいきません。セオリーを遵守して勝ち続けることはできません。


知識賢治

「弱さを受け入れる謙虚さ」については、最近になって、改めてその重要性を実感することが多い。これは謙遜ではなく、「自分はまだまだ未熟だ」と感じることが、本当によくあるのです。その弱さを素直に受け入れれば、さらに自分を高めていくにはどうすべきかを考えることができます。