名言DB

9490 人 / 112001 名言

中村隆介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村隆介のプロフィール

中村隆介、なかむら・りゅうすけ。日本の経営者。「筑前屋」などを展開する「カスタマーズディライト」社長。東京都出身。建設土木会社経営を経て飲食業に参入。「とろ鮪」「横浜家系ラーメン稲田家」「石臼挽き十割蕎麦はせ川」「琉球ダイニングちゅらり」「居酒屋筑前屋」などを展開。

中村隆介の名言 一覧

僕が先頭を歩くだけでなく、道を作ってあげるのも経営者としての仕事だと思うようになった。社員に力があることを伝えたいし、適材適所で会社をもっと成長させたい。


「ただの満足を超えるお店をつくれないものか」と考えたのが飲食業に参入したきっかけです。僕達は、お客様には御満足以上、その先の「感動」をお届けしたいのです。


4店舗目で初めて手痛い失敗をしました。知人が紹介してくれた高田馬場の物件で、エリアや競合店などの調査を十分にしないで出店したことが原因です。それまでの3店舗が好調で、慢心もあったのでしょう。このとき、現場はやはり自分でしっかり見なくてはいけないなと、痛感しました。


10年かけて100店舗を達成しました。スケールが大きくなるに連れて高価な食材の値を下げ、脈がなかった相手との取引も可能になりました。土俵に上がる交渉力がつき、様々なことができるようになったと感じています。


当社は、スタッフも会社の成長の一翼を担っていることにやりがいを感じてくれています。だから、地方への出店時も喜んで行ってくれる。私もある程度ベースを作った後は口出しせず、店長に任せています。方向性さえブレなければ、各店舗に独自性があっていいという考えで、任せれば応えてくれる。人材教育に関しても同様で、教育というより、「仲間作り」が店長の大事な仕事だと考えています。


ある方から、ブランドを商標ごと売ったという話を聞き、そういう方法があることを知りました。ブランドを、経験が浅い我々が一から生み出すのは難しい。それなら出来上がったものを買うのもありだと考えたのです。いいブランドがあったら買いたいと周囲に話していたところ、すぐに話がきました。これがステーキとハンバーグの「ステーキハウス 鉄板牧場」で、3店舗まとめて買いました。


実は中学生の頃からやんちゃだったため、高校には進学せず、建設会社で働き始めました。24歳で現場責任者を任され、その後、縁あって別の建設会社を譲り受けて独立。経営者になりました。その会社を十分に利益が出るようにしたのですが、下請けはどこまでいっても下請け。そんな建設業界で、会社を大きくしていくモチベーションを失っていました。同時に、自分の力で未来を切り拓ける新しい事業を考えるようになりました。それが飲食業だったのは、私自身、気に入った飲食店が少なく、自分が行きたくなる店を作りたいと思ったからです。


クレジットカード決済を入れていない理由は、その分を原価にかけたいから。カード利用できるようにすると単価を上げなけれはならなくなる。それはしたくない。店側の最大限の努力を原価に反映させ、満足度を上げたい。


中村隆介の経歴・略歴

中村隆介、なかむら・りゅうすけ。日本の経営者。「筑前屋」などを展開する「カスタマーズディライト」社長。東京都出身。建設土木会社経営を経て飲食業に参入。「とろ鮪」「横浜家系ラーメン稲田家」「石臼挽き十割蕎麦はせ川」「琉球ダイニングちゅらり」「居酒屋筑前屋」などを展開。

他の記事も読んでみる

ジョンルーク・ロベール

私はフランス生まれで、妻がアメリカ人のためアメリカに在住しています。様々な国に居住したことで、インターナショナルな視点を持つことができたと考えています。


岸本正壽

経営トップは何よりも、新事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだ。
【覚書き:デジタルカメラ事業の成功後、未知のデジタルカメラ分野に挑んだことについて語った言葉】


田原総一朗

世の中の出来事や現象を漫然と見過ごすのではなく、ちょっとした出来事に目を留め、仮説や疑問を立てメモする。どんな仕事に就いている人でも、この方法を実践するだけで、仕事の見え方・やり方が変わってくるはず。クリエイティブで華々しく活躍する人は、特別な才能を持っているように見えがち。でも、意外にそんな日常のささいな行動や意識の違いが大きいと思う。


山田昭男

規定時間内で成果を出すには、従業員の仕事上の不満や不安をギリギリまで減らすことに尽きると思う。


青木仁志

誰の心にも相手に対する恐れはあります。でも、勇気をもって一歩踏み出すことで、自分で自分の壁を破ることができます。そのためには、話しかけられるのを待っているのではなく、自分から声をかけ、行動を起こすことが重要です。


細田収

悩み相談をされることがあるかもしれません。そのときには長々とアドバイスをするのは禁物。こちらがその場で思いついたアイデアなど、相手にとっては「もう検討済み」である確率が高いからです。ここは、「あなたはどうしたい?」と聞いて、相手に考えさせ、答えさせること。これだけで、「親身になってくれた」という印象になるのです。


五百田達成

女性はまず感情的になって「私は悪くない」と言い訳し、いかに頑張ったかというプロセスから説明しようとしがちです。でも事実と感情を分け、男性にはスパッと結果から言うべきです。


西川りゅうじん

いつの世も儲けは希少性から生まれる。ある所から、ない所に持って行けば儲かる。高価なダイヤモンドもどこにでもあれは売れない。例えば、中国は水資源が乏しく高級ホテルの水でさえ濁っている。だからキレイでうまい日本の水が、中国ではどんどん売れる。つまり希少なモノを探せばいい。


桑田真澄

複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。
【覚書き|松坂選手は若くしてメジャーデビューして大きな結果を残していた。一方桑田選手は39歳現役最後のチャレンジとして米国に渡りマイナーリーグでプレーしていた。そんな状況で松坂大輔選手と食事をしていたとき、松坂選手だけがサインを求められた。そのとき複雑な心境にならなかったかと尋ねられての発言】


冨安徳久

笑顔でいるだけで、周囲の方たちの態度が変わってくる。


ピーター・ドラッカー

ビジネスの目的の正しい定義はただひとつ。顧客を作り出すことである。
There is only one valid definition of business purpose: to create a customer.


藤岡頼光

経営の本に書かれていることは、「すでに誰かが試したこと」ばかり。つまり、誰かが試して、その道は出来あがってしまっているわけです。ビジネスで同じ道をたどっても、得られるものは限られています。同じ線路を走っても、前の電車は絶対に追い越せないですから。やっぱり経営者なら、新しい道をゼロから作りたいですよね。