名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村邦晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村邦晴のプロフィール

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

中村邦晴の名言 一覧

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


思いをぶつければ、思いが返ってくる。そうやって、人と人のつながりが生まれる。入社40年、僕の人生はその都度、「思いの理解者」と出会いながら、ひとつひとつ仕事を積み上げてきたように思う。


決断するときはたった一人。上に行くほどリーダーには孤独と不安が付きまとう。


会社は金があればつくれるが、撤退は金だけの問題ではない。人を雇い、事業を行うなら生半可な気持ちでやってはならない。僕は苦い経験から多くを学んだ。


思いの理解者がそこにいて、人と人がつながっていれば、会社は50年、100年続く。


資源・化学品部門の部門長に就いてからは月に二回、現場社員も含めて10人ほど集め、酒を酌み交わしながら車座で語り合う場を続けた。各本部長とのミーティングも相手の部屋に出向いた。自分から動けば周りにも顔が見える。社長就任後も続けるつもりだ。


前任者は経費削減策をとったが、僕の役割は現地を元気づけることだと思った。マネジャーたちが元気づくと、思いは地元ディーラーたちへと伝わっていった。もともと、思いをぶつけると受け止めてくれる心の熱いラテンの人たちだ。みんなで必死になって売り込み、年間販売台数は6000台から13000台へ倍増した。帰国時、「あなたと一緒に仕事ができて本当に幸せだった」という現地スタッフとディーラーの言葉に、熱いものが込み上げた。
【覚書き|42歳でプエルトリコのマツダの輸入代理店プラザ・モータース社長として経営再建に取り組んだときを振り返っての発言】


日本はやはり世界のトップランナーでいなければいけない。足元で為替は円安に動いているが、それでも国内の市場は縮小してしまう。だから国内で力を蓄えている企業が、海外に出て行く際のお手伝いをしたい。世界で戦うために、いろいろなビジネスや企業を組み合わせるコーディネーション機能を発揮していく。


当社は、入社10年間は評価に差をつけても昇格に差をつけない。4月からは、この勉強期間の10年間に3つの違った仕事を経験させるガイドラインを導入する。


事業が複雑化する中で、環境対応力のある人材、応用問題を自分で作って解決できるような人材が必要だ。そのためにはひとつの仕事をずっとやってはダメ。


中村邦晴の経歴・略歴

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

私は、うちの会社は楽天主義者の集団だと自負している。たとえば、役員会なども、聞く人によったら掛け合い漫才をやっていると錯覚するかもしれないほどだ。それでこそ、競争に耐えうる神経が養われると、私は信じている。


葛西敬之

労務はつばぜり合いみたいなもの。国鉄は経営崩壊していましたから、分割民営化しか生き残る道はなく、捨て身で取り組みました。選んだ方向は正しかった。


マイケル・デル

仕事が上手くいっても、10億分の1秒だけ祝って先に進むのだ。


松田好旦

我々くらいの規模の企業になったら、「公益企業」として潰すわけにはいきません。永続的な発展が必要です。そのためには、グローバル化は避けられません。少子高齢化で日本の胃袋が減るからです。それともう一つ、私にとって大きな目標がありました。「日本のスナック業界でナンバー2を目指す」というものです。そう考えたときに、創業3代目は無理だなと気が付きましたし、この目標を達成するには、同族にこだわらなくていいと思いました。そこで、子供が当社に入社することを認めませんでした。


大賀昭司

当店での売れ筋PB(プライベート・ブランド商品)は、うどん玉、豆腐、食パン、納豆など、いずれも購入頻度の高い商品です。総務省統計局の家計調査では、二人以上の家庭の1か月の食費は、57,525円だそうです。すべてをNB(ナショナル・ブランド。メーカー品)で購入していたとすると、それを3割安いPB品に切り替えるなら、1か月で17,257円もの節約になります。


内藤誼人

相手に謝礼するのなら、相手が行動を起こす前の方がいい。どうせ謝礼を渡すなら、前もってあげてしまった方が説得のしやすさも違ってくるし、相手のやる気も違ってくる。部下に頼みごとをしようとして「あとで飯でも奢るからさ」と言う先輩と、きちんと食事を奢ってくれてから頼みごとをする先輩がいるとしたら、部下がやる気を出して言うことを聞いてくれるのは後者だ。


川越達也

僕は自分の仕事によって世の中がよくなればいいと思っています。身の周りであれこれと言ってくる人というのは、世の中全体からみればごくごく一部ですよ。そう考えると、何か言われるかも、という場面でも「かかってこいよ」と思える(笑)。世の中の役に立つ仕事をするという視点があれば、勇気をもって自分の考えを話せます。


中原淳

部下の能力を上げるためには、少し背伸びが必要で挑戦しがいのある仕事を与えモチベーションを維持し、指導やアドバイスのフィードバックを繰り返すことが大切です。


杉本八郎

アリセプトの開発でも、こうした幸運がいくつもありました。ですが、運を呼び込めたのは「認知症の薬を必ず開発する」という熱意が大きかったからかもしれません。名前からも分かるように私は9人兄弟の8番目。幼い頃からお母さん子で、貧しい中で懸命に育ててくれた母にいつか親孝行したいと考えていました。ところが、それを果たす前に母が認知症に。私のことが分からず、「誰ですか?」と聞かれた時には衝撃を受けました。母に恩返しをするためにも認知症の薬を絶対に開発する。その一念で研究に没頭しました。


菅原道仁

「小さなミスがあっても、目的を達成できればいい」という考えに至ったのは、ゴルフをしているときでした。少ない打数でカップに入れることができれば、ボールをバンカーに入れようが、ラフに入れようが、関係ないのです。そう考えると、バンカーに入れてしまったとしても、イライラしないで次のプレーに集中できます。このように、仕事のことをすっかり忘れているときほど、意外な発見が得られるものです。


宮内義彦

私は「今日1日が新しい日」と思っています。過去の成功体験は引きずらず、その日、その日を全力で走る。それが変化の激しい今を生き抜く鉄則です。


津谷正明

話すことと聞くことはセットです。リーダーならば、様々な立場の人の意見を吸い上げなければなりません。そうすることで、新たなものが見えてきます。