名言DB

9490 人 / 112001 名言

中村邦晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村邦晴のプロフィール

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

中村邦晴の名言 一覧

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


思いをぶつければ、思いが返ってくる。そうやって、人と人のつながりが生まれる。入社40年、僕の人生はその都度、「思いの理解者」と出会いながら、ひとつひとつ仕事を積み上げてきたように思う。


決断するときはたった一人。上に行くほどリーダーには孤独と不安が付きまとう。


会社は金があればつくれるが、撤退は金だけの問題ではない。人を雇い、事業を行うなら生半可な気持ちでやってはならない。僕は苦い経験から多くを学んだ。


思いの理解者がそこにいて、人と人がつながっていれば、会社は50年、100年続く。


資源・化学品部門の部門長に就いてからは月に二回、現場社員も含めて10人ほど集め、酒を酌み交わしながら車座で語り合う場を続けた。各本部長とのミーティングも相手の部屋に出向いた。自分から動けば周りにも顔が見える。社長就任後も続けるつもりだ。


前任者は経費削減策をとったが、僕の役割は現地を元気づけることだと思った。マネジャーたちが元気づくと、思いは地元ディーラーたちへと伝わっていった。もともと、思いをぶつけると受け止めてくれる心の熱いラテンの人たちだ。みんなで必死になって売り込み、年間販売台数は6000台から13000台へ倍増した。帰国時、「あなたと一緒に仕事ができて本当に幸せだった」という現地スタッフとディーラーの言葉に、熱いものが込み上げた。
【覚書き|42歳でプエルトリコのマツダの輸入代理店プラザ・モータース社長として経営再建に取り組んだときを振り返っての発言】


日本はやはり世界のトップランナーでいなければいけない。足元で為替は円安に動いているが、それでも国内の市場は縮小してしまう。だから国内で力を蓄えている企業が、海外に出て行く際のお手伝いをしたい。世界で戦うために、いろいろなビジネスや企業を組み合わせるコーディネーション機能を発揮していく。


当社は、入社10年間は評価に差をつけても昇格に差をつけない。4月からは、この勉強期間の10年間に3つの違った仕事を経験させるガイドラインを導入する。


事業が複雑化する中で、環境対応力のある人材、応用問題を自分で作って解決できるような人材が必要だ。そのためにはひとつの仕事をずっとやってはダメ。


中村邦晴の経歴・略歴

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

一人の人間で、そんなに能力出ませんよ。
【覚書き|社長を退いて、鈴木敏文氏に経営をバトンタッチした時の言葉】


マイケル・オン

私が先頭に立つ「リーダー」ではありますが、「ボス」ではない。それを理解していれば、偉そうな態度をとるのはおかしいし、部下や後輩の前でカッコをつけたり、自分を取り繕ったりするのもおかしいとわかるはずです。


本田直之

スランプに陥ったり失敗したときこそ、成長のチャンスととらえることができます。自己投資を成果に結び付けている人は、みんなそういうポジティブな気持ちを持っているものです。


寺尾玄

楽しく人生を送るには、「好きなことをする(やりたいことをする)」ことが大切だと思います。「嫌なこと」は楽しくなりようがないし、「楽しい」と必ずセットになる「苦しい」「きつい」も乗り越えられません。


向井理

才能があっても選ばれない人もたくさんいる。だからこそ、絶対に傲慢になってはいけないと思っています。


永井浩二(経営者)

表層的なものにとらわれず、相手にとって本当に何が必要なのかを考える。そこから生まれた立ち居振る舞いが、いいマナー。


南原清隆

結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


津谷正明

私はCEO就任以来、改革のキーワードとして「コミュニケーション」「チームワーク」「ボトムアップ」を掲げています。コミュニケーションを深めれば、良好なチームワークにつながります。そのような環境の中で、一人一人が全体最適を考えて提案し、優位性を勝ち取るボトムアップ型に転換せよ、と呼びかけています。トップ集団を抜け出し、ダントツ企業を目指すためです。


山田昌弘

定年退職後の第二の人生は上の立場にいた人が、新卒や見習の立場に戻らなければならない。しかし、基本的に上下関係の中で生きている多くの日本人男性には難しい。それが嫌で、いきなり中間管理職になろうとするから顰蹙(ひんしゅく)を買う。そのようにしか振る舞えないのなら、そういう方だけで集まって、思い出の中だけで生きればいい。


小林義雄(経営者)

仕事上では上司とは結構ぶつかりました。上司は上から目線です。説得して納得するという状況下ではありませんでした。この経験から得た教訓は、自分が上に立った場合、部下に対しては自分の嫌だと思う対応はしないということです。


大西紀男

過去の苦い経験がありますので、わたしは二度と会社を潰したくない。だから、無理して事業を拡大しようとは思っていません。今後は身の丈にあった小型オフィスビルの開発と運営に特化した事業に徹していく。


大枝宏之

大学時代のボート部での経験ですが、やはりたくさん練習すると強くなりますね。ボート部には「Mileage makes champions」という方針がありまして、距離をたくさん漕ぐ、つまり練習量の多さがチャンピオンを作るという考えがありました。努力をすればするほど報われるという意味ですが、今は私の好きな言葉、座右の銘にもなっています。