中村邦晴の名言

中村邦晴のプロフィール

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

中村邦晴の名言 一覧

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


思いをぶつければ、思いが返ってくる。そうやって、人と人のつながりが生まれる。入社40年、僕の人生はその都度、「思いの理解者」と出会いながら、ひとつひとつ仕事を積み上げてきたように思う。


決断するときはたった一人。上に行くほどリーダーには孤独と不安が付きまとう。


会社は金があればつくれるが、撤退は金だけの問題ではない。人を雇い、事業を行うなら生半可な気持ちでやってはならない。僕は苦い経験から多くを学んだ。


思いの理解者がそこにいて、人と人がつながっていれば、会社は50年、100年続く。


資源・化学品部門の部門長に就いてからは月に二回、現場社員も含めて10人ほど集め、酒を酌み交わしながら車座で語り合う場を続けた。各本部長とのミーティングも相手の部屋に出向いた。自分から動けば周りにも顔が見える。社長就任後も続けるつもりだ。


前任者は経費削減策をとったが、僕の役割は現地を元気づけることだと思った。マネジャーたちが元気づくと、思いは地元ディーラーたちへと伝わっていった。もともと、思いをぶつけると受け止めてくれる心の熱いラテンの人たちだ。みんなで必死になって売り込み、年間販売台数は6000台から13000台へ倍増した。帰国時、「あなたと一緒に仕事ができて本当に幸せだった」という現地スタッフとディーラーの言葉に、熱いものが込み上げた。
【覚書き|42歳でプエルトリコのマツダの輸入代理店プラザ・モータース社長として経営再建に取り組んだときを振り返っての発言】


日本はやはり世界のトップランナーでいなければいけない。足元で為替は円安に動いているが、それでも国内の市場は縮小してしまう。だから国内で力を蓄えている企業が、海外に出て行く際のお手伝いをしたい。世界で戦うために、いろいろなビジネスや企業を組み合わせるコーディネーション機能を発揮していく。


当社は、入社10年間は評価に差をつけても昇格に差をつけない。4月からは、この勉強期間の10年間に3つの違った仕事を経験させるガイドラインを導入する。


事業が複雑化する中で、環境対応力のある人材、応用問題を自分で作って解決できるような人材が必要だ。そのためにはひとつの仕事をずっとやってはダメ。


中村邦晴の経歴・略歴

中村邦晴、なかむら・くにはる。日本の経営者。住友商事社長。大阪出身。大阪大学経済学部卒業後、住友商事に入社。プエルトリコのマツダ車輸入代理店プラザ・モータース社長、住友商事自動車第一部長、自動車第三部長、自動車企画部長兼自動車第三部長、理事 輸送機・建機総括部長、執行役員経営企画部長、常務執行役員コーポレート・コーディネーショングループ長、専務執行役員資源・化学品事業部門長、取締役副社長執行役員資源・化学品事業部門長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

気持ちがグッと乗っているときほど、いい仕事ができるものです。だからこそ積極的に気持ちが乗る環境をつくることが重要だと思います。


ビル・ゲイツ

ポールも私も、大企業でソフト開発に携わった経験があったので、管理が行き届いていることが時にマイナスであることを知っていました。我々が一番望んでいたのは、人材や開発ツールに投資することにより、優秀な人材が集まって楽しく仕事のできる環境を作ることでした。
【覚書き|ポールとはマイクロソフトの共同創業者ポール・G・アレン】


田原祐子

お客様には最初から「最大パッケージ」を示しておくことも重要です。たとえばパソコンが欲しいというお客様に対して、プリンタやデジカメがあればもっと楽しく便利になることを最初から伝えておきます。つまり、最終ゴールがプリンタやデジカメも含めた最大パッケージになるのです。そうすることでパソコンを買って終わりではなく、継続してお客様になってもらえるのです。


羽生善治

よほど先見性のある人でない限り、「自分が進むべき羅針盤を見つけることができて、それがいつも合っている」ということは、ほとんどないと思います。羅針盤は、「方向性が完璧に合っていないといけない」わけではなく、大まかでいいわけです。北に行くのか、南に行くのかさえ間違えなければいい。行きたい方角が間違っていなければ、少しずつ軌道修正しながら、だんだんと目的地に近づくことはできるはずです。


中野信子

世の中には「すぐにはやらなくていいこと」も確実にあります。すぐに取りかかれない人というのは、無駄なことを選り分ける能力が高いともいえるのです。だからすべてのことを無理にすぐやろうとはしない、というのも手。やるべきことと、やらなくていいことのメリハリをつければいいのです。


リアム・ケイシー

私は、かつて輝いていた製造業を「殺した」のは流通業だと思っている。巨大流通業の販売力に依存したことで、流通チェーンに支払うマージンの条件ばかり考えるようになり、最終顧客である消費者についての想像力を失ってしまった。


飯田亮

セコムには事業と運営の憲法があります。それは、「正しいことをやる。間違ったことはやるな」「正しいこととは会社にとっての正しさではなく、社会にとっての正しさだ」というものです。経営者としてそういった正論を吐いてきたから、私は社員が胸を張ってやれる仕事だけを選んできました。


安藤忠雄

好奇心を失ってしまった人がその気持ちを取り戻すには、とにかく行動してみることです。とにかく現場に行ってみれば、必ずそこで心を動かされる何かと出合えます。そういう体験を何度もしないと好奇心なんて育ちません。


佐々木正悟

日頃から作業にかかった時間を記録して、それを目安に仕事を入れれば誤差が出にくい。許容量を超えそうなら、断る勇気も必要。私の場合、無理な依頼はスルーすることにしています。


古屋大貴

いつも「数字を上げなければいけない」という意識は持っていました。やっても意味がない、効率が悪いと思ったら、すぐにやめて「違う道があるのでは?」と探していましたね。先輩たちがやっていることでも、違うと思えば変えていました。仕事のスタイルはずっとそうですね。


中村栄輔

不本意な結果だったからといって勉強を止めていいのかと言えば、それは違う。仕事をするうえでも自分の置かれたポジションによって必要な知識を備えていかなければならない。そのためにも勉強は続けようと心掛けた。


水口和彦

自分の仕事量を管理したり、時間を有効に使うためには、毎週のスケジュール以外に長期的なスケジュールを考えることが有効。


星野源

ミュージシャンに限らず、ものを作る人には2種類あると思うんです。同じことをずっとやり続けられる人と、それができない人。僕はできない人のほうなんです。かっこいい意味ではなくて、同じところで立ち止まっていることができずに、どうしても前に進んでしまうんです。


江上治

長期的に続く人間関係というのはお金じゃない。価値観を共有できたり、勝つ喜びを分かち合えたりすることが大切。


井上英明

何のために仕事をすればいいのか思い悩んだら、もがき続けるしかないと思います。


ページの先頭へ