名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村裕(ホテル経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村裕(ホテル経営者)のプロフィール

中村裕、なかむら・ゆたか。日本のホテル経営者。東京出身。ロイヤルパークホテル社長・会長。明治大学政経学部卒業後、東京ヒルトンホテルに入社。同ホテルで副支配人、支配人、総支配人を務めたのち、三菱地所に移籍。ロイヤルパークホテルに出向し、総支配人に就任。三菱地所常務などを経てロイヤルパークホテル社長、ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ社長に就任。そのほか、日本ホテル協会会長なども務めた経営者。

中村裕(ホテル経営者)の名言 一覧

今日の成熟市場を生き抜くためには、サービスという付加価値の向上が欠かせません。業種を問わず、経営課題としてサービスが大きくクローズアップされています。


当ホテルでは三配り(目配り、気配り、心配り)を、社内の人間関係においても実践するよう奨励しています。身近なところから実行する。その繰り返しによって、三配りは身につくものなのです。


私どもは感情を持った人間というお客様を相手にしています。机上であれこれ考えても通用しないのです。


大学卒業と同時にホテルマンとしての第一歩を踏みました。以来44年、ホテルマンとして顧客サービスという付加価値の向上に取り組んできましたが、現在でもサービスというテーマは大きな課題であり続けています。


一人での情報収集にはやはり限界があります。お客様との接点の多い社員と可能な限り話をすることを心がけました。どんな些細な事柄でも、耳を傾けました。


大事なのは、お客様一人一人へのおもてなしの心と姿勢であって、サービスが押し付けであってはならないということです。提供する側の理論は通じません。お客様との接点の多い現場の情報を正確に把握することが大事です。


これまで、日本社会ではサービスというと「おまけ」の要素が強かったのではないでしょうか。現在私も日本の宿泊業界にはその影響が一部残っているように見受けられます。対して、欧米のホテルではサービスを利益に結びつけたビジネス展開が成されています。もちろん文化の違いはあるのですが、サービスのクオリティがこれらの日本企業の競争力を左右することは間違いないでしょう。


三配り(目配り、気配り、心配り)は、私などの年代の方なら親からよく言われたことで、目新しいことではありませんが、ホスピタリティ産業に携わる者にとって大事な規範ではないでしょうか。全従業員の三配りが大事です。


サービスという付加価値への評価は常に変化するものです。満足していただけるでは駄目です。歓喜、感動を与えられるサービスを提供する必要があります。


経営者としてお客様とコミュニケーションする方法として、4つのアプローチを試みました。

  1. お客様の多い朝、昼、夕の時間帯を見計らい、ロビーに立ってお客様と会話を持つ。
  2. アンケート用紙から満足度調査をする。
  3. 現場の社員と話をする。
  4. 直接お手紙などで頂戴するお客様からの苦情の検証をする。

これらを通じて、次なるアクションを考えたのです。


経営理念を掲げるのは簡単ですが、実現するのは大変難しい。その難題を乗り越えるため、徹底した現場主義を貫きました。私は複数のホテルで指揮をとりましたが、毎日、現場を歩いてお客様の声に耳を傾けました。


ロイヤルパークホテルでは、「Best for the Guest.――お客様に最善を尽くす」という経営理念を掲げています。これは私たちが考えるホテル経営の核心です。お客様一人一人が何を求めているのか、それを察してサービスを提供していこうという意図です。


市場の成熟化に伴い、画一的、ありきたりのサービスが通用しなくなり、個客に応じた心からのサービスが要求されています。


ホテルにとってサービスの向上というテーマは、永遠に追求しなければならないテーマに位置付けられています。サービスには、ここまでやればいい、という線引きがあるわけではありません。そして、昨日までのサービスが、今日、同じ価値を有するかというと、そうは言いきれません。


ホテルの付加価値にはハードとソフトの両面があります。設備というハードは完成してしまえばその後の改築のみにて向上させることができますが、ソフトは人をベースに付加価値を大幅に低くも高くもできます。ソフトの価値、つまりサービスのクオリティを高めるには、日々のブラッシュアップが欠かせません。


中村裕(ホテル経営者)の経歴・略歴

中村裕、なかむら・ゆたか。日本のホテル経営者。東京出身。ロイヤルパークホテル社長・会長。明治大学政経学部卒業後、東京ヒルトンホテルに入社。同ホテルで副支配人、支配人、総支配人を務めたのち、三菱地所に移籍。ロイヤルパークホテルに出向し、総支配人に就任。三菱地所常務などを経てロイヤルパークホテル社長、ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ社長に就任。そのほか、日本ホテル協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

真摯さはごまかせない。


古森重隆

リーダーシップの本質は、「最も優れた人間が最も優れた決定をする」ということだ。会社に当てはめれば、「優れた独裁者が率いる組織が最良の組織」になる。もちろん、民主主義や多数決による意思決定を否定するつもりはないが、それは平時においてだけだ。


ピーター・ドラッカー

時間の使い方は練習によって改善できる。だが、たえず努力しない限り仕事に流される。


槍田松瑩

ミドル自身が仕事に対して意欲を感じられず、苦痛の中にあるのだとしたら、ミドルの背中を追って育つ次世代の若い人たちも、早晩、同様の悩みに落ち込むでしょう。


ジョン・ル・カレ

わからない人はわからなくていい。わかる人だけがわかればいい。


瀬戸欣哉

誇りを持つには儲かること、勝つことも重要。最初、国内部門の人たちと話した時、ちょっと元気がないと思いました。会社が海外で買収を進めるほど、自分たちには未来がないのかという気持ちになった人も少なからずいたでしょう。しかし、国内はすごく重要で、国内事業の競争力があるから、買収した海外企業のデザインやブランドとの融合もできるんだという話をしていくと、みんな頑張ろうと思ってくれました。


ポール・シーリィ

エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


高橋克徳

失敗して落ち込んでいる新人に対しては「失敗は誰もがするもの」と知らせることが大切です。「僕も叱られながら仕事を覚えたよ」と伝える。そうすれば相手も、過剰にショックを受ける必要はないとわかるでしょう。


篠原菊紀

勉強は3時間連続で学習するより、60分を3回に分けた方が効率がよく、記憶の定着もよくなります。


石渡美奈

会話の内容を具体的にしていくように意識すれば、行き違いがなくなって、会話の質も高まると思うんです。


田代英治

ブログ運営の3つの利点。

  1. 自分の市場価値を知ることができる。自分のどういう部分に魅力を感じてくれるのかということを知ることで、顧客のニーズも明確になる。
  2. 世の中の人がどういう情報を望んでいるのかがわかる。ブログに対する感想や書き込みから、世の中の人がどういう情報を望んでいるのかを知ることが出来る。
  3. 自分をブランド化できる。文章を日々書き続けていくことで、雑誌などに取り上げられ、HPや自分に付加価値をつけることが出来る。

藤井孝一

資格のための勉強は大学の授業に似ており、その分野の全体像を体系的に把握できるメリットがあると思います。私の場合、中小企業診断士のための勉強を通して、ビジネスの世界で身につけておくべきことのすべてをひととおり学べたことはよかったと思います。のちに関連するテーマにぶつかったとき「あのときに勉強したのはこういうことだったんだ」と、全体像の中で位置づけることができました。