名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村裕(ホテル経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村裕(ホテル経営者)のプロフィール

中村裕、なかむら・ゆたか。日本のホテル経営者。東京出身。ロイヤルパークホテル社長・会長。明治大学政経学部卒業後、東京ヒルトンホテルに入社。同ホテルで副支配人、支配人、総支配人を務めたのち、三菱地所に移籍。ロイヤルパークホテルに出向し、総支配人に就任。三菱地所常務などを経てロイヤルパークホテル社長、ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ社長に就任。そのほか、日本ホテル協会会長なども務めた経営者。

中村裕(ホテル経営者)の名言 一覧

今日の成熟市場を生き抜くためには、サービスという付加価値の向上が欠かせません。業種を問わず、経営課題としてサービスが大きくクローズアップされています。


当ホテルでは三配り(目配り、気配り、心配り)を、社内の人間関係においても実践するよう奨励しています。身近なところから実行する。その繰り返しによって、三配りは身につくものなのです。


私どもは感情を持った人間というお客様を相手にしています。机上であれこれ考えても通用しないのです。


大学卒業と同時にホテルマンとしての第一歩を踏みました。以来44年、ホテルマンとして顧客サービスという付加価値の向上に取り組んできましたが、現在でもサービスというテーマは大きな課題であり続けています。


一人での情報収集にはやはり限界があります。お客様との接点の多い社員と可能な限り話をすることを心がけました。どんな些細な事柄でも、耳を傾けました。


大事なのは、お客様一人一人へのおもてなしの心と姿勢であって、サービスが押し付けであってはならないということです。提供する側の理論は通じません。お客様との接点の多い現場の情報を正確に把握することが大事です。


これまで、日本社会ではサービスというと「おまけ」の要素が強かったのではないでしょうか。現在私も日本の宿泊業界にはその影響が一部残っているように見受けられます。対して、欧米のホテルではサービスを利益に結びつけたビジネス展開が成されています。もちろん文化の違いはあるのですが、サービスのクオリティがこれらの日本企業の競争力を左右することは間違いないでしょう。


三配り(目配り、気配り、心配り)は、私などの年代の方なら親からよく言われたことで、目新しいことではありませんが、ホスピタリティ産業に携わる者にとって大事な規範ではないでしょうか。全従業員の三配りが大事です。


サービスという付加価値への評価は常に変化するものです。満足していただけるでは駄目です。歓喜、感動を与えられるサービスを提供する必要があります。


経営者としてお客様とコミュニケーションする方法として、4つのアプローチを試みました。

  1. お客様の多い朝、昼、夕の時間帯を見計らい、ロビーに立ってお客様と会話を持つ。
  2. アンケート用紙から満足度調査をする。
  3. 現場の社員と話をする。
  4. 直接お手紙などで頂戴するお客様からの苦情の検証をする。

これらを通じて、次なるアクションを考えたのです。


経営理念を掲げるのは簡単ですが、実現するのは大変難しい。その難題を乗り越えるため、徹底した現場主義を貫きました。私は複数のホテルで指揮をとりましたが、毎日、現場を歩いてお客様の声に耳を傾けました。


ロイヤルパークホテルでは、「Best for the Guest.――お客様に最善を尽くす」という経営理念を掲げています。これは私たちが考えるホテル経営の核心です。お客様一人一人が何を求めているのか、それを察してサービスを提供していこうという意図です。


市場の成熟化に伴い、画一的、ありきたりのサービスが通用しなくなり、個客に応じた心からのサービスが要求されています。


ホテルにとってサービスの向上というテーマは、永遠に追求しなければならないテーマに位置付けられています。サービスには、ここまでやればいい、という線引きがあるわけではありません。そして、昨日までのサービスが、今日、同じ価値を有するかというと、そうは言いきれません。


ホテルの付加価値にはハードとソフトの両面があります。設備というハードは完成してしまえばその後の改築のみにて向上させることができますが、ソフトは人をベースに付加価値を大幅に低くも高くもできます。ソフトの価値、つまりサービスのクオリティを高めるには、日々のブラッシュアップが欠かせません。


中村裕(ホテル経営者)の経歴・略歴

中村裕、なかむら・ゆたか。日本のホテル経営者。東京出身。ロイヤルパークホテル社長・会長。明治大学政経学部卒業後、東京ヒルトンホテルに入社。同ホテルで副支配人、支配人、総支配人を務めたのち、三菱地所に移籍。ロイヤルパークホテルに出向し、総支配人に就任。三菱地所常務などを経てロイヤルパークホテル社長、ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ社長に就任。そのほか、日本ホテル協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

田中優子(江戸文化研究者)

子供は一人ひとりが違う特徴を持っています。大人になれば、さらに多様化した社会にさらされます。これからは外国で働いたり、外国人と一緒に日本で働いたりする可能性が高くなるでしょう。自分自身も多様性の中の一つの個性であることを、子供のうちに知っておかなければなりません。同じような考え方の人たちが集まって、何も言わなくても分かるよね、みたいな社会はなくなっていくでしょう。


佐々木常夫

長時間働かないことは、私自身の出世や評価にも、何のデメリットにもなりませんでした。夜遅くまで残業している人たちより早く、同期で最初に役員になったのは私ですから。限られた時間しか働かなくても、上は結果さえ出せば文句は言わないということです。


古川健介

「スケジュール管理というタスク」になると負荷になってしまうので、会議など出なきゃいけないもの以外は予定は組まないんです。それ以外はパソコンの前になんとなく座っているんです。


浮世満理子

アスリートでも怒らない人や、負けて悔しがらない人は絶対に一流にはなれません。正しく怒ることで失敗や敗北をプラスに転化すれば、人生を変えるほどのパワーになることを覚えておいてください。


藤田晋

強力なライバルが、それこそ必死で同じ目標に向かって努力をしている以上、さらなる努力をしなければ相手に勝てません。仕事は常に、最も高いレベルの争いをしていると考えてください。


堀之内九一郎

本当に行き詰まりを感じているなら、そういうときこそ、上手に開き直るべき。上司に「俺のいう通りにやってみろ」といわれたら、「わかりました」と100%いわれた通りにすればいいんです。「どうせ行き詰まってるんだから、一度、自分の考えや理屈を全部捨てて、いいなりになってみよう」と開き直ってみるのです。


新井田傳

飲食チェーンの世界では、どこでも同じ味を提供するという基本理念があります。当社もこれまではそれでいいと思っていました。ところが、名古屋、大阪と西に進出していくと、業績が伸び悩む店が増えてきた。そこで、岡山に進出する時に地元でリサーチをしてみたのです。すると「このあたりでは味噌ラーメンは食べない」と言われた。当時、当社は味噌ラーメンを主力にして、全国同じ味で提供しようとしていました。そこで、まず徹底的に岡山県仕様のラーメンを作ってみた。スープも麺の太さもそれまでとは違います。ところが、これが売れる。その時に「チェーン店は全国同じ味で展開する」という固定概念にとらわれていたと気が付いた。


阿部修平

信頼と尊敬は、資本主義のインフラだと思います。資本主義はそれらをベースに成立している仕組みなのです。まず市場に信頼・尊敬される会社になる。そのうえで、様々な情報の中から将来を的確に予想して、リスクを取って収益をあげる。そんな投資会社としての本来の活動を行うことが私たちの基本です。


前野ウルド浩太郎

現地ではトラブルの連続。砂漠でサソリに刺されたことも。それでもへこたれなかったのは、「物事はうまくいかない」と考えているから。私は大学も大学院も落ちている。「うまくいかない」が当たり前なんです。だから、トラブルが起きても、イライラせず、すぐに解決方法を考えるマインドが身につき、くさらずにやってこれたと思います。


矢野博丈

消費者は、高いサービスを一度受けると、もう格下のサービスを受け入れなくなり、さらにレベルの高いサービスを求めます。そしてすごいスピードで飽きるのです。


櫻井英明

投資マネーが生きるか死ぬかという課題で常に動いているのが相場。それを綺麗ごとや断片的な些細な事象で片付けようとするから無理が生じるのでしょうし、なかなか成功することが出来ないでしょう。そして株式相場を恨んで遠ざかっていくという悲しい事態に遭遇することになります。「自分の目で見て自分の足で立つ」ことこそこれからの株式投資には必要です。


カミーロ・ゲバラ

チェ(ゲバラ)が目指していたのは「不公平で、不均衡な世界」を、「調和があり、すべての人間が公平に扱われ、満ち足りた状態で仲良く暮らせる世界」に変えることだった。その思想は、時代が変わっても古くなることはない。