名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村芝翫・8代目の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村芝翫・8代目のプロフィール

中村芝翫、なかむら・しかん。日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎だけでなく、テレビドラマ、映画などでも活躍。日本芸術院賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

中村芝翫・8代目の名言 一覧

平成中村座でやっているみんなは好奇心が強い人が多い。好奇心がなければ、人に接することも、受け入れることもしなくなります。好奇心を持つことによって得るものは多いですよね。


大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。


お芝居にしても、歌舞伎なんてずっと同じことをしているだけじゃないかと思われるかもしれないけれど、実は毎回違います。舞台に上がるたびに新しい発見があるし、その発見によって演じている役や芝居全体の見え方が変わることも少なくありません。


いきなり歌舞伎座に行くのは敷居が高く感じるようなら、映画館で見られるシネマ歌舞伎もありますし、現代劇の演出家が演出する作品や、マンガが原作の芝居もあります。少しでも興味をお持ちなら、まずは気軽に見ていただけたらうれしいですね。


中村芝翫・8代目の経歴・略歴

中村芝翫、なかむら・しかん。日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎だけでなく、テレビドラマ、映画などでも活躍。日本芸術院賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

三枝匡

経営力とは、きちんと戦略を組み、絞りと集中をし、必要な部分に経営資源をシフトしていくこと。そして、これを素早くやらなければいけません。


三森裕

弊社では代理店制度や銀行窓口販売などの方式はとらず、ライフプランナーがお客様に直接お会いし、相談しながらオーダーメイドの保険をご提案するコンサルティング・セールスに特化しています。ライフプランナーは皆、異業種で活躍する優秀な人材から厳選して採用しています。


鈴木博毅

あなたが苦手だと感じているコミュニケーション能力というものをもう一度捉え直してみてはいかがでしょう。プレゼンなどのトークの能力だけがコミュニケーション能力ではありません。たとえば企画書などの文章力でもいいし、仕事のやり方でもいい、コミュニケーション能力の定義を広げ、あなたが得意な能力もひとつのコミュニケーション能力と、考えを変えることが大事です。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

CEO(最高経営責任者)は楽観的でなければ続かない。


宮坂学

アマゾンや楽天を意識しないと言えば嘘になります。しかし、今までのヤフーは意識の仕方が間違っていました。先行する優れた企業を見て真似ばかりしていた。比較表を作って、○×を記入して、全部○になったら勝てるだろうみたいな、ありがちなことをやっていたんです。でも、本家は本家ですごいわけです。


松下幸之助

「命ぜられたとおりにやって、その通り上手くいったのだから、もうそれでよい」と考える人。「たとえ人から命ぜられたままにやったとしても、その結果は一応きちんと報告しなければならない。そうしたら命じた人は安心するだろう」と考える人。その何でもない心がけ、ちょっとした心の配り方の違いから、両者の間に信頼関係に対する大きな開きが出てくる。


藤屋伸二

プロとアマを分けるポイントは覚悟。とりわけ「お金をもらう覚悟」の有無。アマは成果が出せなくても、謝れば済むと思いがち。一方プロは、お金をいただく以上、何としてでも期待以上の成果を出さなければならないと覚悟を決めている。


山本崇雄

本当の英語力とは、「文法を理解する」といった理論と、「実際に話す」といった実践の2本柱の勉強の積み重ねで向上していく。


白取春彦

私たちは、自分をダメなやつだとか、落ちこぼれだというふうに責めることがある。でも、そうやって自分の中に悪いところを見つけても、それは決して固定的なものではないということです。ダメな自分も意志次第で変えることができる。


藤井佐和子

たとえ苦手な人がいても、その人を「どう動かして自分の目的を達成するか?」と考えれば、自分の意識はその苦手な人ではなく、目的に焦点が合いますから、モチベーションの低下を抑えることができるはずです。


竹田陽一

商品を一度売ったらおしまいの「スポット型営業」では、トークカが結果を大きく左右します。でも、それ以外の営業では、人柄や人相などがものをいうのです。人相は天性の要素が大きいので、自信がない人は営業上手なパートナーとタッグを組むなどの対策が必要でしょう。一方、人柄に関しては努力で磨くことだって十分に可能です。


数土文夫(數土文夫)

部下には自分の仕事を定量化させます。定量化する工夫をさせます。定量化できない仕事はありません。逆に自分の仕事を定量化することが、自分の存在を周囲に知らしめるのです。そして上司は上司で部下の仕事を定量化して評価し、適材適所というものを実現してゆくのです。