中村芝翫・8代目の名言

中村芝翫・8代目のプロフィール

中村芝翫、なかむら・しかん。日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎だけでなく、テレビドラマ、映画などでも活躍。日本芸術院賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

中村芝翫・8代目の名言 一覧

平成中村座でやっているみんなは好奇心が強い人が多い。好奇心がなければ、人に接することも、受け入れることもしなくなります。好奇心を持つことによって得るものは多いですよね。


大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。


お芝居にしても、歌舞伎なんてずっと同じことをしているだけじゃないかと思われるかもしれないけれど、実は毎回違います。舞台に上がるたびに新しい発見があるし、その発見によって演じている役や芝居全体の見え方が変わることも少なくありません。


いきなり歌舞伎座に行くのは敷居が高く感じるようなら、映画館で見られるシネマ歌舞伎もありますし、現代劇の演出家が演出する作品や、マンガが原作の芝居もあります。少しでも興味をお持ちなら、まずは気軽に見ていただけたらうれしいですね。


中村芝翫・8代目の経歴・略歴

中村芝翫、なかむら・しかん。日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎だけでなく、テレビドラマ、映画などでも活躍。日本芸術院賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ハーバート・スペンサー

教育の目的は、性格の形成にある。


河野英太郎

日本語の文法の構造上、話を最後の最後まで聞かないと、否定しているか肯定しているかがわかりません。「……だと思う」のか「……ではないと思う」のか。話の方向性は180度違います。だから、途中で部下の話に「あ、その件はね……」などと口を挟むと、相手の意図と反した理解をしてしまう危険性があります。相手との距離が近いケースほど、ふだんから一を聞いて十を知る、といった会話のリズムができていて、つい口を挟んでしまいがちです。


貝原益軒

朝早く起きることは、家の栄える印なり。遅く起きることは、家の衰える基なり。


中鉢良治

集めた情報を何度も見返しては、情報と情報を関連付け、網の目を広げていくのです。手間暇かけて情報を集め、それを咀嚼し、自分のものにする過程を経ずに、情報と情報のリンクはできません。素材をただそれらしくつなげて文章にしようとすると、データベースで無理やりソートしたような失敗作になってしまう。リンクには効率性という発想はありません。一朝一夕では体得できないスキルなのです。


新将命

経営理念には「トップの強いコミットメント」が最も重要。企業理念の作成と決定は、経営者が絶対に権限委譲してはいけない項目の一つ。企業理念は社長が決めるべき。決して多数決などとってはいけません。ただし、社長の独断にならないよう社員間の議論は必要です。トップの独りよがりな理念では社員に浸透していきません、社員の思いが反映されるように話し合いを行ない、その上で社長が決めるのです。


森川亮

最悪のストレス発散方法は、飲酒だと思います。適量ならいいのですが、ストレスが多ければ多いほど酒量も増えてしまいがち。その瞬間は嫌なことを忘れるかもしれませんが、飲み過ぎは体に良くないですし、カロリーも取り過ぎて睡眠の質を下げてしまいます。ビジネスパーソンの健康管理としてふさわしい方法ではありません。なるべく健全なストレス発散法を見つけましょう。


西加奈子

私はすぐ揺らぐんですよ。人にどう思われてるだろうとか、正しいのかとか。そういうときは誰かに相談させてもらって、ものすごい力をもらう。


幸田真音

自社の魅力や資産価値を、実は一番認識していないのは自分たちだった。逆に競合他社や、海外の企業がその真価に気づいて買収に乗り出してくる、といったケースは多いのではないでしょうか。


松本秀幸

高校時代に「7つの習慣」のカセットテープを聴いていました。いまだにそのテープで聴いた表現が口に出るほど、体にしみこんでいます。


上田清司

埼玉県はまず、お金自体は出しません。大型補助金とか、そういうインセンティブはないのです。補助金を出さないと来ないような企業は大した企業ではない、というのが私の考えです。


小宮一慶

具体的に目指す場所を口にすれば「ゴールまであとどれくらいか」「何が足りないか」を、部下たちも自然と意識するようになる。目標が曖昧だと、闇雲に努力しても、どこに向かって、どれくらい頑張ればいいか見えなくなる。


小松易

職場という公共のスペースでは、「自分は無駄が好きなんだ」というわがままは許されない。片づけは良くも悪くも伝染するからだ。職場の「基準」は部門長のデスク周りである。「部長の机がグチャグチャなのだから自分も大丈夫」という暗黙の了解が蔓延する事態は避けねばならない。


外山滋比古

知識と思考力は反比例します。知識が多い人ほど考えない。知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。にもかかわらず、ほとんどの人が惰性で生きているでしょう? ことに高学歴で名の通った企業や役所に勤めるほど、エスカレーター人間になってしまいますから。エスカレーターを降りる(定年になる)直前になってどうしようと慌てるわけです。


細貝淳一

先が見通せないからといって足踏みしていると、未来からは置き去りにされるだけ。しっかり目標を掲げて、達成するための戦略を練って、組織を動かし、結果を出していく。望み通りの結果が出なくても、それを経験にして次の段階に進めば、失敗にはならない。


長谷川閑史

(企業買収に関して)一定期間で確実に投資が回収できるという目算と、ある程度の経験を積めば、額そのものにあまり逡巡することはないです。ただ、検討過程では社内から山ほど懸念が出ました。


ページの先頭へ