名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村聡の名言

twitter Facebook はてブ

中村聡のプロフィール

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

中村聡の名言 一覧

学びには、痛みが伴うもの。厳しい意見や仕事帰りの平日の夜に学ぶハードな経験が生きてくる。


Jリーグヒューマンキャピタルの参加者の内訳は多様です。2期生調人も3分の2が外部のビジネスパーソン、3分の1がスポーツ界からの参加です。コンサルティングファームや金融、弁護士から音楽プロデューサー。スポーツ界もクラブスタッフや元日本代表選手まで、そうしたバックグラウンドが違う人たちが、年齢や性別も超えてグループワークで経営課題に取り組んでいくことは、究極のダイバーシティであり刺激的な学びの場になっています。


中村聡の経歴・略歴

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

他の記事も読んでみる

岩田弘三

危機とは反対に、成功経験というものはかえって危険な一面も持っています。売上挽回を狙って発売した新商品「神戸コロッケ」が大ヒットしました。私は「やった!」と思う半面、「これはいつ売れなくなるだろう」という焦りのようなものを感じました。成功を目指して頑張っている間は、気持ちがいいものですが、一度成功してしまうと今度は「うまくいかなくなったらどうしよう」と恐ろしくなってきます。


松井道夫

死後、評価される画家が多いように、成功した経営者の多くは、当初、周囲の理解を得られなかった。理屈で解釈できる経営に成功はない。論理で割り切れないところにチャンスがある。


木皿泉(和泉務)

笑いは、価値観を相対化する。あらゆることを相対化する目で見ようと、あめ玉をしゃぶるように、ずっとそう考えてきた。


水野和敏

私はよく「仕事を恋愛に変えろ」と言います。恋人に対していろいろなことをするのは、相手に尽くしたいからであって、見返りを求めてではないでしょう。見返りを求めるのは、歪んだ恋愛です。仕事も同様で、お客様や世の中に尽くすもの。そこに働きがいがあるのです。


間寛平

人間関係を円満にするコツは、とにかく「甘えること」ですね。人は、自分に甘えて頼ってくる相手とは敵対しないんです。地球一周に挑戦したアースマラソンでもね、現地のコーディネーターとか、怪しい人もいますよ(笑)。でも僕が甘えていくと、彼らも態度が変わってきます。そしたらもう安心です。


鳥谷朝代

大勢の前で話すとき、一人一人を相手にするつもりで挑めば、3人相手に話すのも、300人相手に話すのも同じように話すことができます。


俣野成敏

30歳でリストラ候補になったときは、青天の霹靂でした。普通に働いていれば定年までいれるものと信じ込んでいましたから。それが赤字転落で、僕らの世代までリストラ対象になったんです。さすがにこの時ばかりは、会社に人生を握られている危うさを痛感しました。いつまでも頼ってはいられないぞ、と。


小池利和

次世代や次々世代に向けて事業を転換し続けていくためには、異質な人間を排除せず、むしろ活躍できる環境を整えなければならない。それが経営者に与えられた課題だと肝に銘じています。


亀田隆明

病院という場所は、「あれもダメ、これもダメ」と、とかく規制が多いイメージがあります。しかし、何か相談されたときに、「規則だからできません」と答えてしまえば、そこで思考は停止します。そこから何かが生まれる可能性はありません。そうではなく、本当にできないのかどうか、まずは考えてみようということが、このキャッチフレーズ「Always Say YES!」の意味です。「すぐに”NO”とは言わない」という意識があるからこそ、「どうすればできるだろうか」「どこまでならやれるだろうか」という発想が生まれます。


郡山史郎

定年後は働かずに悠々自適に暮らしたい、と若い人は思うでしょう。でも、毎日遊べるお金の余裕はそれほどないし、ヒマを持て余して家でウロウロしていたら妻に嫌がられるだけです。結局、「働くこと」が一番楽しい。何歳になっても、誰かの役に立っている実感ほど、達成感を与えてくれるものはありません。定年前と違い、収入も出世も気にせず、取り組める点でも、楽しく働けます。


田中仁(経営者)

物事を拡大して見ることで、人生を無限に広げていけるような、そんな商品やサービスを提供していかないと成長は難しい。


高畑充希

昔は台本を読んで想像した正解に近づくことを目標にしていたし、100%達成できるものがあると思い込んでいた。でもいまは、現場に行って初めて分かること、その場の臨場感で生み出せるものがあるなと。そのぶんダメだったときの落差は激しいけど、それが意外な空気を生み出したり共演者の方に助けられたことで次に繋がったり、面白くなることもあるんだと知りました。


松田丈志

僕は4歳の頃から、宮崎県延岡市の東海(とうみ)スイミングクラブで久世由美子コーチの指導を受けながら練習してきました。ビニールハウスの中に作ったプールは有名ですが、温水プールになったのも僕が高校に入ってからです。宮崎でもさすがに冬は超寒くて、夏は超暑い。そんな環境の中、競い合う選手もおらず、黙々と1人で練習してきました。おのずと自分と向き合う時間が多くなり、自分で自分を追い込める力が身につきました。だから、恵まれた環境でチームメートと一緒に練習している選手は甘く思えて、負ける気がしなかった。負けてたまるもんかという気持ちで試合に挑んでいました。


田中栄

今後は限りある資源の中でどう暮らすか考えることが重要。


赤澤健一

経営というのは弱肉強食ではなく適者共存。市場に対する対応力を持ち、それを上げることができていなければ非常に危険。