名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村聡のプロフィール

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

中村聡の名言 一覧

学びには、痛みが伴うもの。厳しい意見や仕事帰りの平日の夜に学ぶハードな経験が生きてくる。


Jリーグヒューマンキャピタルの参加者の内訳は多様です。2期生調人も3分の2が外部のビジネスパーソン、3分の1がスポーツ界からの参加です。コンサルティングファームや金融、弁護士から音楽プロデューサー。スポーツ界もクラブスタッフや元日本代表選手まで、そうしたバックグラウンドが違う人たちが、年齢や性別も超えてグループワークで経営課題に取り組んでいくことは、究極のダイバーシティであり刺激的な学びの場になっています。


中村聡の経歴・略歴

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

小さな失敗はいくつもありましたが、「ガダルカナル島の戦い」のような決定的な失敗はありませんでした。未踏の分野に進出する際はマイナー出資でそろりと始め、うまくいかないと判断したらできるだけ早く身を引くのが当社の習い性ですから。


常見陽平

部下の長時間労働は上司の責任。まずは「誰がどのくらい忙しいのか」を把握する。そしてオーバーワークの人には、「モーレツ」な働き方に持続性がないことを伝える。「俺の時代は」なんて、もう通じません。


川田達男

Do or Die. やるか死ぬかです。アメリカ人は命令形の後に”or”が来たら「または」と訳さないそうです。やるしかないからです。必死で頑張るしかないからです。経営者はやるか死ぬかでやりますけど、従業員はやるか「または」死ぬかと勝手に訳してしまう。ということでやるか死ぬかでとにかくやり遂げるという行動指針を、当社の目標管理の中に盛り込んでいます。


やましたひでこ

自分の時間は有限。それを「嫌なこと」で埋め尽くしては、何より自分がかわいそう。そんなことを続けていると、いつしか「嫌」という感覚すら鈍って、不幸な状況に慣れ、「好きなこと」をする気力も発想も湧かなくなってしまいます。


岩上貴洋

人生を楽しく過ごしていけるような会社にしようと、社名を「Life is Good」を略した「LIG」にしました。


家入レオ

新しい自分に出会うために、経験のない場所に飛び込んだおかげで、これまで発信者の意見しかなかった自分が、ガラリと変わったんです。とくに演技は、相手がいて成り立つもの。受信者という立場も考えるようになりました。そのおかげで、すべての作業がひとり相撲じゃなくなったんです。


作本義就

創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


橘フクシマ咲江

最終的には、「人がついてくる人」が評価される時代が来るのではないかと思います。相手を思いやれて、部下の立場に立った育成ができ、言ったことはきちんと守る――そんな人のもとには人が集まるものです。上司にゴマをする人、部下にパワハラ的な言動をする人などは、どんなに専門的能力が高くとも人望は集まりません。公明正大なふるまいで周囲と信頼関係を築けることが、これからのリーダーには必要なのです。


俣野成敏

かつて私が生産管理部門に異動した際、仕事の一つとして製品在庫の集計作業がありました。しかし、自動化すべく情報システム部と連携した結果、手作業そのものが必要なくなりました。過去には当たり前に必要だったが今では不要な作業が、なんとなく続けられていたという好例。


小川浩(経営者)

坂本龍馬には次のような逸話があります。当初長い日本刀を帯刀していた龍馬は、室内でも容易に戦えるようにと短い刀に持ち替え、次に「もう刀の時代ではない」と、短銃を持ち歩くようになりました。そして最後には、これからはこれが役に立つ時代だといって、法律書を懐に入れて歩くようになったそうです。必要なものは何かを考え続け、旧習にこだわることなく対応していった龍馬のような柔軟さが現代の我々にも求められているのではないでしょうか。


西村晃(経済評論家)

私は移動中にケータイだけで1万字の原稿を書いたこともあります。人間って不思議ですね。執筆の時間をたっぷりとって、机に向かい「さあ、書くぞ」なんてやってたら、かえって能率が上がらないのです。とくに私は飽きっぽい性格ですから、逆に細切れ時間の方がいいのです。


ジャック・ドーシー

真の発明というのは、2つの異なる要素がミックスされ、その交わりを理解するところから生まれると思っている。誰かの求める課題を解決した時、それを発明と呼ぶのかもしれない。だが、実現してしまえば、その課題は消え去ってしまう。多くの人がそれに共鳴してくれるが、我々はそれを発明とは気づかない。