中村聡の名言

中村聡のプロフィール

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

中村聡の名言 一覧

学びには、痛みが伴うもの。厳しい意見や仕事帰りの平日の夜に学ぶハードな経験が生きてくる。


Jリーグヒューマンキャピタルの参加者の内訳は多様です。2期生調人も3分の2が外部のビジネスパーソン、3分の1がスポーツ界からの参加です。コンサルティングファームや金融、弁護士から音楽プロデューサー。スポーツ界もクラブスタッフや元日本代表選手まで、そうしたバックグラウンドが違う人たちが、年齢や性別も超えてグループワークで経営課題に取り組んでいくことは、究極のダイバーシティであり刺激的な学びの場になっています。


中村聡の経歴・略歴

中村聡。「Jリーグヒューマンキャピタル」塾頭。

他の記事も読んでみる

リチャード・ニクソン

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。


佐々木常夫

大事なのは、上司が「部下に成長してもらいたい」という志を持っているかどうかです。それがあれば、たとえ少々厳しいことを言ってしまったとしても、相手は「成長してほしくて言っているんだな」と、あなたの思いを感じ取ってくれるはずです。


ゲーテ

ひとつのところに執着するな。元気よく思い切って、元気よく出でよ!頭と腕に快活な力があれば、どこに行ってもうちにいるようなもの。太陽を楽しめば、どんな心配もなくなる。この世の中で気晴らしするように。世界はこんなに広い。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分を騙している人間である。しかし、自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間はそれ以上に間違っている。


出口治明

足元で売れている本は宣伝の効果であり、単なるブームです。一方、市場の洗礼を受けて残ってきた古典は、無条件に素晴らしい。ビジネス書を10冊読むより、古典を1冊読む方がはるかに得るものが大きい。優れた本というものは、そう滅多に世に出るものではありません。


前川孝雄

あなた自身が調整事を押しつけられたときは、喜んで引き受けましょう。ここで注意すべきは「何でも引き受けてくれる都合のいい人」にならないことです。自分は何のために周りを調整し、人を巻き込んでいるのかを意識する。目的意識を持ち、自発的に取り組めば、部内調整の経験は必ずあなたの糧になるでしょう。


西山知義

仮説なのだから間違ってもいいのです。最初から完璧を求めるのではなく、とにかく始めてみることが重要です。


鈴木敏文

マーケットが変化するなら、売り手側も変化しなくてはならない。その際、忘れてならないのは、新たな需要は店の中ではなく、常に外にあるということです。コンビニの店舗というプラットホームの意味を問い直し、いまは店の外にあるが、顧客の潜在的なニーズを掘り起こす商品やサービスを取り込み、照準を絞り込んでレコメンド(推奨)し、新しい価値を続けていく。これを絶えず繰り返していけば、単身世帯や共働き世帯の増加を背景に、新しい市場を生み出していくこともできます。


津村記久子

上の世代からいろいろと押しつけられると、その人たちがどれだけのものごとをダメにしてきたのかも知るから失望はするけれど、そこで「自分も一緒になって何かをダメにする仲間に入る必要はないんだ」と意見を表明できる。それはこの30歳前後の時期からだとは思うんです。


岡ノ谷一夫

生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。


大武健一郎

いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


石井幹子

昨今は日本の技術は素晴らしくても、それだけで日本の製品が売れる時代ではなくなっています。そこに何かソフトを加えて、生活を豊かに、幸せにするというようなアプローチをしていかなければ、モノが売れない時代です。


藤原和博

AIが高度化するほど、人はより人間らしい仕事をするようになり、人間としてより必要な知恵や力、人にしかないぬくもりが求められていく。


宇佐美進典

結局、自分の失敗で強く記憶に残っているものは、「これが上手くいかなかった」という類ではありません。「なぜあのタイミングであの事業にもっと力を入れなかったのか」という、「やらなかった失敗」の方なんですよね。


森澤篤

賞をとるような発明、ブームを作るような商品、業界地図を塗り替えるようなビジネスモデルなどの「特大のホームラン」を狙って三振ばかりしていては意味がない。ビジネスにおける競争では、相手よりも半歩先にいれば「勝ち」なのだから、10年にひとつの大発明をするような創造力より、ちょっと面白いことを思いつく力の方がむしろ大事なのだ。


ページの先頭へ