名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村繁夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村繁夫のプロフィール

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

中村繁夫の名言 一覧

デキるビジネスマンほど失敗もするもの。石橋を叩いてばかりいたらいい仕事はできない。


クビになることは怖くない。リストラを恐れてハングリー精神を失うほうがまずい。サラリーマンの成長が止まる。


お客さんから一番信用されるのは、一番困っているときに、一番最初に連絡してきて、一生懸命相談にのる担当者。


私は迷ったら「困難な道」を選ぶと決めています。とくに苦境に陥ったときこそ安易な道を選べば、運が逃げていく。


ハードに仕事をするからこそ、自分への癒しの時間を用意しておくべき。


プロフェッショナルになればいい。余人には替えられない存在を目指すのです。そのためには知的好奇心や、知的興奮を忘れないこと。もっと世界に興味を持ち、本を読むんです。


ウチは「探検企業」なんです。探検は、人がやらないことに初めて挑み、社会に貢献をする。だから、レアメタルの取引ルートも、他社が行かない国に行く。リスクにも挑戦し続けるんです。


レアメタル事業部の売却にともない、私はリストラされました。それが起業のきっかけです。リストラの不安があれば、むしろ緊張感をもって仕事に取り組めるでしょう。


出張というのは、部下育成の絶好のチャンス。社内ではどうしても慌ただしく時が過ぎていきますが、出張中は空き時間が多いので、仕事の合間合間にいろいろなことを伝えられます。また、時にはホテルでゆっくり酒を飲み交わしながら、より深い話もできるでしょう。そして何より、24時間寝食を共にすることで、部下との間の絆も深まります。


ポイントは「自分のスケジュールをオープンにしておく」こと。そうすれば部下は、「社長はこの時間は空いているな」ということがわかるので、連絡しやすくなる。


月曜の定例会議はなるべく会社にいますが、それ以外は電話、スカイプ、メールをフルに活用すれば、十分にコミュニケーションは取れます。


どんな長期出張でも、荷物は機内持ち込みが可能なコンパクトサイズにまとめるのが大原則です。手荷物受け取り時間のムダがなくなり、ロストバゲージ(荷物の紛失・遅延)の心配もありません。発展途上国になればなるほど、待ち時間は長くなり、紛失リスクが高まるのが現実です。ここでイライラしてしまっては、ストレスは溜まる一方。手荷物だけならストレスなくさっと空港を出ることができます。


海外出張の敵である「時差」の予防にも、睡眠が一番の薬です。西回りは機内の睡眠で十分対応できますが、東回りの場合、フライト中の睡眠に加え、到着後ホテルのベッドで仮眠をとり、シャワーを浴びて頭をシャッキリさせるようにしています。


そもそも出張するということは、わざわざ現地まで行かねばならない案件ということですから、基本、タフな交渉になります。移動で疲れ果ててしまっては、現地に着いてから力を発揮できませんよね。ですから私は極力、飛行機の中で仕事はしません。


月曜に社内で定例会議を行なっています。出張でほとんど会社にはいないので、この会議には必ず出席することで、社員たちの様子を見たり、相談に乗ったりすることが大切なのです。


中村繁夫の経歴・略歴

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

嶋田毅

バランスを欠いている時の「どっちもどっち」は、善悪の度合いを測ることを拒否した、思考停止による裁定です。これも、よくある不適切な思考パターンです。自分が裁定する立場であれば、思考停止の「どっちもどっち」に陥っていないか、自問してみるとよいでしょう。


楠本修二郎

社員同士、お互いを知り合うと、意見や提案が出やすい雰囲気が生まれる。同じ部門の中でも、社員ごとに一応の役割は決まっていますが、例えば、キッチン担当者が接客することもある。役割の違う社員を緩やかに連携させることでも、社内のコミュニケーションは活発になります。


高野登

サラリーマンの場合、私が見るのは靴と膝の裏。まさに「足元を見る」。二流のサラリーマンの靴は汚く、ズボンの膝の裏はシワシワ。エグゼクティブほど、靴は磨き上げられ、ズボンはきれいにプレスされています。裏を返せば、意外と他人はあなたの身なりをチェックしているということ。高いものを買う必要はありませんが、身の回りのものを大事に手入れする習慣があると、相手の服装にも関心が持てるようになります。


西村賢太

中途半端にやってもダメ。惚れて徹底的にやると何かが変わっていくんじゃないでしょうか。それこそ不思議な力が働いていって。


北尾吉孝

戦略とは経営者自身の自問自答の結果生まれてくるものです。戦略に納得がいくかどうか、そしてそれを証明する根拠があるかどうかと自問自答を繰り返すことで、より大きな戦略になります。


エルヴィン・ロンメル

私はドイツの問題について語ることなく、この場を去ることはできません。あなたは自分を信用せよと言っておられるが、あなた自身が我々を信頼していないのではないでしょうか。【覚書き:ノルマンディ上陸作戦後にヒトラーに面会した時の発言】


矢頭美世子

私はこの会社を企業だけれどファミリーだと考えています。社員たちを愛することは、ほかのどんな社長にも負けてはいませんし、「人財」を育てることが私の使命だと思っています。


塚本隆史

ニューヨーク勤務時代、非日系の担当課長をやりました。19人の部下のうち、日本人は2人だけ。そのとき、多様な考え方をひとつにまとめるには、情報共有が重要だと学びました。ウルトラCはないんです。ただ、チームとして情報をシェアできれば、全軍が共通の目的意識を持って同じ方向に走り出します。そのとき国籍の違いは超えられます。


横山光昭

貯蓄は、口座を「使う」「貯める」「増やす」の用途別に分けるのがおすすめ。病気など万一の時のお金をプールする「貯める口座」があれば、「増やす口座」から切り崩さずに、貯蓄を増やしていくことができます。


ブレンダン・フランシス・ビーハン

作家が最も書きたがるのは、小切手裏の受け取りサインだ。


町田勝彦

オンリーワンの商品を開発するために大切なのは、二つの考え方である。ひとつは、他社にないオンリーワンのキーデバイス(テレビにとっての液晶パネルなどのような製品の中核となる部品)を開発し、それを自社の商品に組み込むことで、他社にないオンリーワン商品をつくるやり方。もう一つはカメラ付き携帯電話のような通信、映像、液晶、情報、半導体など、それぞれ異分野で開発された技術を一つに融合させ、新たな付加価値を創出するやり方だ。


樋口武男

人を育てるには厳しさと同時に、なぜ厳しくしているのか、自分の考え方もしっかり伝えて浸透させなければならない。