名言DB

9419 人 / 110788 名言

中村繁夫の名言

twitter Facebook はてブ

中村繁夫のプロフィール

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

中村繁夫の名言 一覧

デキるビジネスマンほど失敗もするもの。石橋を叩いてばかりいたらいい仕事はできない。


クビになることは怖くない。リストラを恐れてハングリー精神を失うほうがまずい。サラリーマンの成長が止まる。


お客さんから一番信用されるのは、一番困っているときに、一番最初に連絡してきて、一生懸命相談にのる担当者。


私は迷ったら「困難な道」を選ぶと決めています。とくに苦境に陥ったときこそ安易な道を選べば、運が逃げていく。


ハードに仕事をするからこそ、自分への癒しの時間を用意しておくべき。


プロフェッショナルになればいい。余人には替えられない存在を目指すのです。そのためには知的好奇心や、知的興奮を忘れないこと。もっと世界に興味を持ち、本を読むんです。


ウチは「探検企業」なんです。探検は、人がやらないことに初めて挑み、社会に貢献をする。だから、レアメタルの取引ルートも、他社が行かない国に行く。リスクにも挑戦し続けるんです。


レアメタル事業部の売却にともない、私はリストラされました。それが起業のきっかけです。リストラの不安があれば、むしろ緊張感をもって仕事に取り組めるでしょう。


出張というのは、部下育成の絶好のチャンス。社内ではどうしても慌ただしく時が過ぎていきますが、出張中は空き時間が多いので、仕事の合間合間にいろいろなことを伝えられます。また、時にはホテルでゆっくり酒を飲み交わしながら、より深い話もできるでしょう。そして何より、24時間寝食を共にすることで、部下との間の絆も深まります。


ポイントは「自分のスケジュールをオープンにしておく」こと。そうすれば部下は、「社長はこの時間は空いているな」ということがわかるので、連絡しやすくなる。


月曜の定例会議はなるべく会社にいますが、それ以外は電話、スカイプ、メールをフルに活用すれば、十分にコミュニケーションは取れます。


どんな長期出張でも、荷物は機内持ち込みが可能なコンパクトサイズにまとめるのが大原則です。手荷物受け取り時間のムダがなくなり、ロストバゲージ(荷物の紛失・遅延)の心配もありません。発展途上国になればなるほど、待ち時間は長くなり、紛失リスクが高まるのが現実です。ここでイライラしてしまっては、ストレスは溜まる一方。手荷物だけならストレスなくさっと空港を出ることができます。


海外出張の敵である「時差」の予防にも、睡眠が一番の薬です。西回りは機内の睡眠で十分対応できますが、東回りの場合、フライト中の睡眠に加え、到着後ホテルのベッドで仮眠をとり、シャワーを浴びて頭をシャッキリさせるようにしています。


そもそも出張するということは、わざわざ現地まで行かねばならない案件ということですから、基本、タフな交渉になります。移動で疲れ果ててしまっては、現地に着いてから力を発揮できませんよね。ですから私は極力、飛行機の中で仕事はしません。


月曜に社内で定例会議を行なっています。出張でほとんど会社にはいないので、この会議には必ず出席することで、社員たちの様子を見たり、相談に乗ったりすることが大切なのです。


中村繁夫の経歴・略歴

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

片岡鶴太郎

人間は結局、生きて死ぬだけだ。すると、人から見てどうこうではない。自分の魂が一番輝く生き方をすることが人生の正である。


上杉謙信

何時も敵を掌中に入れて合戦すべし、傷つくことなし。


ケリー・マクゴニガル

今後一生何があっても金輪際甘いお菓子を食べない、と固く決意すればできる……はずがありませんよね。どうすればいいかと言いますと、「10分間だけ我慢してみる。10分待ってもまだ食べたいなら食べてしまう」と自分を許してあげることです。一生は我慢できなくても、10分間なら電話をかけたり、同僚と何事かを話したりすればやり過ごせます。おやつは甘いお菓子の代わりに、低血糖食品であるナッツにするなど、ちょっとした工夫をすることで変化は起こせるのです。


柴田励司

私がマーサーの社長を務めていたとき、欧米の企業と日本の上場企業のCEOの年齢を比較したことがあります。すると、欧米が45歳から54歳、日本が55歳から64歳でした。ちょうど10歳、日本の企業の方が上というこの結果を見て問題だと思いました。トップマネジメントには、体力、気力はもちろん、リスクを取るという判断力が不可欠です。その3つを総合して考えると、60歳以上の方には負担なのです。いまは日本企業もとうとう変わり、40代後半から50代前半のトップが増えてきました。いいことだと思います。


本田有明

上司の資質に疑問を覚えない部下は、いつしか上司の物言いや態度、仕事への姿勢を映し取ってしまいます。良い面だけ似ればいいのですが、人は悪い部分ほどよく学び取ってしまうもの。なぜなら、悪い部分を真似るのは良い面を真似るよりもはるかにラクだからです。


牧野正幸

その世界のトップに昇り詰めた人間は、充実していて楽しい人生を送っているというイメージを周囲に与えることが大事だと思います。憧れを抱かせるからこそ、後に続く者が現れるのです。そこに至る道の厳しさを教えるのは、憧れの後でよいのです。


辺見芳弘

どんな人でも自分がやったことが上手くいき、それが目に見えた成果になって周りから評価が得られれば、仕事が面白くなります。評価する場を提供してあげることが大切です。


五木寛之

僕は、昔から「世間で陽の当たらないもの」に肩入れするようなところがありましてね。たとえば、演歌がもう過去のものだとされている時代に、あえて演歌をテーマにした作品をいくつも書いた。デビュー作の『さらばモスクワ愚連隊』ではデキシーランドジャズのことを書いていますけど、当時ジャズといえばモダンジャズが全盛で、原型であるデキシーランドジャズなんてファンの間では古臭いとされていたんですが、あえて、そっちに肩入れして書いたんです。


小日向文世

42歳で貯金はゼロでしたが、それでも役者以外の仕事はいっさいやりませんでした。それも映像だけで、舞台の仕事は断わっていた。受けると、それだけでスケジュールが埋まってしまいますから。スケジュールを空けて映像の仕事を待っているのに、来ないわけですよ(笑)。女房も専業主婦に専念していましたから、お金は事務所に前借りしていました。女房が「働け」と言うこともありませんでしたね。


経沢香保子

リクルート時代に、「無訪問くん」と呼ばれている先輩がいました。彼は自分から営業に出向いて、買ってくださいと頭を下げなくても、それこそお客さんから勝手に注文が入るんです。まあ、いきなりその域に達するのは簡単ではありませんが、実際、支払った金額をはるかに超える満足感を得られたとお客さんが思ったら、そこからリピート注文がくる可能性は高いし、そういう人が今度は別のお客さんを紹介してくれるようになれば、飛び込み営業ができなくても数字はつくれます。