名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村繁夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村繁夫のプロフィール

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

中村繁夫の名言 一覧

デキるビジネスマンほど失敗もするもの。石橋を叩いてばかりいたらいい仕事はできない。


クビになることは怖くない。リストラを恐れてハングリー精神を失うほうがまずい。サラリーマンの成長が止まる。


お客さんから一番信用されるのは、一番困っているときに、一番最初に連絡してきて、一生懸命相談にのる担当者。


私は迷ったら「困難な道」を選ぶと決めています。とくに苦境に陥ったときこそ安易な道を選べば、運が逃げていく。


ハードに仕事をするからこそ、自分への癒しの時間を用意しておくべき。


プロフェッショナルになればいい。余人には替えられない存在を目指すのです。そのためには知的好奇心や、知的興奮を忘れないこと。もっと世界に興味を持ち、本を読むんです。


ウチは「探検企業」なんです。探検は、人がやらないことに初めて挑み、社会に貢献をする。だから、レアメタルの取引ルートも、他社が行かない国に行く。リスクにも挑戦し続けるんです。


レアメタル事業部の売却にともない、私はリストラされました。それが起業のきっかけです。リストラの不安があれば、むしろ緊張感をもって仕事に取り組めるでしょう。


出張というのは、部下育成の絶好のチャンス。社内ではどうしても慌ただしく時が過ぎていきますが、出張中は空き時間が多いので、仕事の合間合間にいろいろなことを伝えられます。また、時にはホテルでゆっくり酒を飲み交わしながら、より深い話もできるでしょう。そして何より、24時間寝食を共にすることで、部下との間の絆も深まります。


ポイントは「自分のスケジュールをオープンにしておく」こと。そうすれば部下は、「社長はこの時間は空いているな」ということがわかるので、連絡しやすくなる。


月曜の定例会議はなるべく会社にいますが、それ以外は電話、スカイプ、メールをフルに活用すれば、十分にコミュニケーションは取れます。


どんな長期出張でも、荷物は機内持ち込みが可能なコンパクトサイズにまとめるのが大原則です。手荷物受け取り時間のムダがなくなり、ロストバゲージ(荷物の紛失・遅延)の心配もありません。発展途上国になればなるほど、待ち時間は長くなり、紛失リスクが高まるのが現実です。ここでイライラしてしまっては、ストレスは溜まる一方。手荷物だけならストレスなくさっと空港を出ることができます。


海外出張の敵である「時差」の予防にも、睡眠が一番の薬です。西回りは機内の睡眠で十分対応できますが、東回りの場合、フライト中の睡眠に加え、到着後ホテルのベッドで仮眠をとり、シャワーを浴びて頭をシャッキリさせるようにしています。


そもそも出張するということは、わざわざ現地まで行かねばならない案件ということですから、基本、タフな交渉になります。移動で疲れ果ててしまっては、現地に着いてから力を発揮できませんよね。ですから私は極力、飛行機の中で仕事はしません。


月曜に社内で定例会議を行なっています。出張でほとんど会社にはいないので、この会議には必ず出席することで、社員たちの様子を見たり、相談に乗ったりすることが大切なのです。


中村繁夫の経歴・略歴

中村繁夫、なかむら・しげお。日本の経営者。「アドバンストマテリアルジャパン」社長。京都出身。静岡大学農学部木材工業科卒業、大学院修了後、繊維・化成品専門商社「蝶理」に入社。レアメタル部門で長年買い付けを担当。その後、部門ごとMBOし、アドバンストマテリアルジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

大川博

あとでわかったことだが、あまりに五島(慶太)さんが私を持ち上げられたので、社内には相当反感も起こって、私の入社を冷たい目で迎えた連中も出てきていたようである。しかし、私はひたすら、五島さんの知遇に、実際の働きをもって応えさえすればよいと考え、毀誉褒貶(きよほうへん)をかえりみず、ただただ自分の仕事に精魂を打ち込むことにした。何事も実績によって理解を勝ちうるが一番と、それこそ必死の努力を己が職務に傾倒したものだった。
【覚書き|東急にヘッドハンティングされた当時を振り返っての発言】


三枝匡

当社には「がらがらポン」という制度があります。2年に1度、自分で手を上げて行きたい職場に異動する制度です。もちろん、受け入れ先のリーダーが取ってくれる場合ですが、第4希望まで受け付け、面接を行い決定します。最終的には全体の2割程度が異動します。


フランシスコ(ローマ法王)

あなたにも心の中の渇きと闇でつらいと感じる時もあるでしょう。そういう時こそ、イエス様の後を追いその道をたどるべき時なんです。そのつらい時と良い時のバランスが大切です。


田村哲夫

冷戦構造が崩れて以降20年間、日本は成長が止まっています。どんどん内向きになり、その状況から脱せずにいる。理由は多々ありますが、考えるべき理由のひとつに依然として「個性」を重視しない教育があると思います。


南壮一郎

バイリンガルであればグローバルと思われがちですが僕はバイリンガルよりもバイカルチュラルであることが重要だと思います。どんな生活環境でも、自分の力をしっかり出せる人のことです。


上村光弼

ある仕事を与えられたら、とにかく楽しんでやりきる。そのために、自分が期待されているレベルを上回る一段高い視点から「もっと改善できる点はないか」を常に考え、いいアイデアが浮かんだら即実行するのです。ひとつの仕事をここまでやりきると周囲が放っておきません。


ピーター・ドラッカー

人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。


片岡愛之助(6代目)

先輩は先輩として立ててあげればいいと思う。僕も、たとえ自分が座頭であっても、人生の先輩として尊重することは忘れない。一歩引いて、「どうぞ」という姿勢。これがあるだけで摩擦はなくなるから。


國分文也(国分文也)

我々がやるべきことは、社会や顧客の課題に対してどういう解決策を提供することができるかに尽きます。そのためにも自分たちの発想や知恵ではたかが知れていますから、どんどん外部の人たちからも刺激を受けて、成長していきたい。


柳沢幸雄

空気を読むことは、流れに身を任せてしまうこと。これが思考停止の原因になる。


澤田秀雄

私も人間ですから、判断ミスをすることも失敗もあります。私のやり方がすべて正しいわけではありません。20年前には正しかったやり方も、今は正しくないということも結構あります。一つのやり方にとらわれず、時代に合わせて創造・変化・発展させていってほしい。


粟津恭一郎

質問の技術で大事なのは、「話の流れに合わせて考える」こと。事前に用意できる「誰にとっても良い質問」は存在しない。「良い質問」は会話の流れの中でしか生まれません。