中村紘子の名言

中村紘子のプロフィール

中村紘子、なかむら・ひろこ。日本のピアニスト。3歳からピアノを開始。全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学生の部、中学生の部で全国1位、日本音楽コンクール第1位特賞を獲得したのち、東京フィルハーモニー交響楽団のソリストとしてデビュー。その後、桐朋学園女子高校音楽科を中退して渡米し、ジュリアード音楽院で学ぶ。ショパン国際ピアノコンクール優勝を果たす(日本人として2人目、最年少)。国内外で活躍した。作家としても活躍し『チャイコフスキー・コンクール』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

中村紘子の名言 一覧

海外でのビジネスにおいて重要なのは、相手やその国を理解しようとする真摯な思いです。


演奏技術に自信があり、実績があっても、現地の言葉も話せないまま海外に出ていくのは無謀だと思います。実際、欧州で活躍している日本人アーティストは、小学生か中学生くらいで渡欧しているのでドイツ語やフランス語がネーティブのように話せ、現地で様々な人からサポートを得ています。


近年は国際的に活躍する日本人女性ピアニストも増え、私がデビューした1960年代とは隔世の感があります。大ピアニストのウラジミール・ホロヴィッツ氏は「東洋人と女にはピアノは弾けない」という”迷言”を残しましたが、そういう時代だったのです。もっとも、私の場合は各地での人とのつながりが支えになりました。駐日米国大使だったマイケル・アマコスト氏夫人のボニーさんは今も大親友で、米国でのツアーのたびに開いた彼女らとの「女子会旅行」は楽しい思い出です。


ピアニストはバレリーナや体操選手と同じで筋肉労働者でもあるんです。一日何時間練習しますかとよく聞かれますが、一日休むと一日衰えてしまう。筋肉だけではありません。耳も感受性も一緒に退化するんです。


中村紘子の経歴・略歴

中村紘子、なかむら・ひろこ。日本のピアニスト。3歳からピアノを開始。全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学生の部、中学生の部で全国1位、日本音楽コンクール第1位特賞を獲得したのち、東京フィルハーモニー交響楽団のソリストとしてデビュー。その後、桐朋学園女子高校音楽科を中退して渡米し、ジュリアード音楽院で学ぶ。ショパン国際ピアノコンクール優勝を果たす(日本人として2人目、最年少)。国内外で活躍した。作家としても活躍し『チャイコフスキー・コンクール』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高橋尚成

ルーキーの年からある程度の成績を出すと、やっぱり勘違いしちゃうんですよね(笑)。オレはプロ野球界でいけるんだと自意識過剰になってしまいました。それで、よく桑田(真澄)さんに言われたのは「抑えたときは謙虚に、打たれたときは普通にしてなさい」。抑えたときだけワァーと調子に乗って騒いでいたら、人間的に重みがなくなってしまう。抑えたときこそ謙虚にして、打たれたときも普通に今まで通りの高橋尚成でいればいいと教わったその言葉は、今でも意識してますね。


和田秀樹

ウィキペディアは、他人から見た情報を、ある範囲でまとめたものに過ぎません。それを鵜呑みにするのは危険。私のように本を出している相手なら、著書を読めれば理想的ですね。本人の書く物だから、著者の人間性の一端がにじみ出ているものです。それでも、まだ相手をわかった気になるのは早い。実際に会ってみないとわからないという余地は残しておくのがアナログ脳。直接の対話というアナログのコミュニケーションを通して、相手の雰囲気とか、波長が合う部分が見えてきます。


畑村洋太郎

首都直下や東海、束南海、南海地震の発生が近い将来起こるといわれている。地震学者は、それを予測できるとかできないとか議論しているが、重要なのは覚悟を決めて、きちんと準備をしておくことである。大きな地震が起これば津波が押し寄せてくるのは十分想定できる。そのときはどこかで諦めて逃げるしかない。それが災害の多い日本に暮らす私たちの宿命なのだから、先人の知恵、過去の事例に学ぶべきだ。それをせずに、運が悪かったという一言で片付けるのは、私に言わせれば敵前逃亡のようなもの。


ヒラリー・クリントン

母は独善や道徳をふりかざしたカッコつけが大嫌いで、私や弟たちにいつもいっていた。「私たちはほかの人よりマシなわけでも、ダメなわけでもないんだからね」。


宗次徳二

最初はみんな自信満々ですが、実際に一歩を踏み出すと、厳しいことはかり。本当のスタートはそこからです。その時期を耐え、値引きなどの妥協をせず、真心を込めて勝負する。歯を食いしばって続けたら2年で薄明かりが見えてきます。自分のやり方は間違ってないぞ、と。で、5年で地域の繁盛店になって、8年で地域ナンバーワン。そんなイメージがいいと思います。急がず愚直に続ければ、誰にでも成功する可能性はある。


白川真

いまは良い環境ではありませんが、このような時こそ地道に裾野を広げていけば、近い将来、大きな花が咲くものと確信しています。


田坂広志

なぜ、経営者は、戦略思考を尽くさなければならないのか。それは、決して、「経営資源」を無駄に使わぬためではない。「部下や社員の人生のかけがえのない時間」それを大切にするために、経営者は、戦略思考を尽くさなければならない。なぜなら、いかなる華々しい戦略も、その陰で、一人の人間が、かけがえのない人生の時間を、捧げているからである。そのことに気がついたとき、真の「戦略思考」が始まるのであろう。


石坂茂

ビジネスを進めていく中で、出会いから成婚に至るまでのすべてをネット上だけで完結するのは困難だとわかりました。やはり人間が相手のサービスなので、人が介在するアナログ的な部分の必要性を感じたのです。


ジャック・ウェルチ

余儀なくされる前に、改革せよ。


黒川康正

時間は「あるかないか」ではなくて、「作るか作らないか」で考えましょう。どんなに忙しくても勉強時間を作ろうと思えば、必ず作れる。


出口治明

最初は迷ってもいい。ラン・アンド・テストを繰り返し、分からないことがあれば、人に聞き、本に問い、道を探せばいい。そうしてひとたび腹が決まったら、迷わず振り返らずに進めばいい。


二宮雅也

過去の延長線上では、規模の大きい新会社が持続的に成長するのは難しい。経験則から離れて、知恵をぶつけて挑戦してほしいと社員には言っています。


大塚英樹(経営者)

事業を育てるのに重要なのは、出来る限り多くのファクトを集めて成功率を向上させること。


毛利輝元

人と会った時にたとえ腹が立つことがあっても、晴ればれとした心持ちで丁寧にあしらってほしい。


中川清秀

人間は百歳までは生きぬぞ、いざかかりて討ち死にせよ。
【覚え書き|合戦で部下を鼓舞した言葉】


ページの先頭へ