名言DB

9419 人 / 110788 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言

twitter Facebook はてブ

中村竜太郎(ジャーナリスト)のプロフィール

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言 一覧

週刊誌記者になったとき、最初はパイプをつくろうと動きましたが、なかなか相手にされない。同業の記者からも邪魔されました。ならば、そのルートは諦めて、独自の方法でネタを探ることに軌道修正したのです。


「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


中村竜太郎(ジャーナリスト)の経歴・略歴

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

他の記事も読んでみる

鴻池善右衛門宗利(三代目善右衛門)

本業以外の商売は決して行ってはならない。時節により、当主はじめ幹部の者たちが思い付いた商売があっても、決して行わないように。万一、そのようなことがあれば、世間の印象もよくないので、末代まで無用のこととする。


相原輝夫(経営者)

うちの製品は全て「こういうのがあったらすごく助かるのに」とか、「便利なのに」というものを具現化させていったもの。要は誰でも考えつくことをやるか、やらないかだけなんです。


和田裕美

雑談はロジックに落とし込もうとしてはダメです。自然さがないと雑談にはなりません。基本は相手への思いやりがベースです。


塚本隆史

場が与えられれば爆発的に持てる力を発揮するケースを、私はこれまでたくさん見てきました。やりたいと思っていた仕事が、実際に辞令を受けてはじめてできるようになると、嬉しいんです。そうすると、ものすごい力を発揮するのです。


中西宏明

リーマンショック前の日立は、経営者を含めて外を向いていなかったのかもしれません。やはり、小宇宙をつくるとダメです。でも、小宇宙から完全に出られたかというと、そうじゃない。自分たちがどこへ行くのか、何を考えなきゃいけないかという捉え方が現場の若い人たちから上がってくるようにしないといけないでしょう。


御手洗冨士夫

企業は高い付加価値を生み出すイノベーションこそが最も大事。


芝本裕子

美肌一族を売り出す際、不安がまったくなかった、というわけではありませんでした。でも私には、大勢の女の子が「こんな化粧品、可愛い」と感じたり、「こんな化粧品、使いたい」と思うものがわかっていたので。ある程度、人気を得られるという確信はありました。『JJ』という女性誌で読者モデルをやっていた時代に身につけた感覚なのだと思います。


青松勇介

私は日本の夏と冬が大嫌いです(笑)。そこで将来は、春と秋だけ日本で過ごし、残りは海外で暮らす生活を送りたいと考えています。今、手がけている海外事業は、海外生活という目標に近づく手段でもあるのです。起業家は、自分が目指す夢に向かって自由に人生を組み立てられます。こんなことは、会社員ではできませんからね。


フィリップ・コトラー

有望と思えたアイデアが、本当はどの程度の価値を持つのか。それを調べるための資金をきちんと確保しておく必要がある。必要な金額はアイデアごとに違ってくる。


山崎奈保子

当初は自分を大きく見せようとして背伸びをしたり、スタッフに必要以上に硬い態度で接してしまったりもしました。そこでもがき苦しんだ結果、導き出された答えはとてもシンプルでした。社内外問わず、携わっている人はみんな、新劇場のオープンという同じ目標に向かって頑張っているのだから、敵を作ることはない。いままでと変わらず、人に感謝をしながら仕事を進めればいい。そう思った瞬間から、自分の幅がぐんと広がってラクになれました。