名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)のプロフィール

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言 一覧

週刊誌記者になったとき、最初はパイプをつくろうと動きましたが、なかなか相手にされない。同業の記者からも邪魔されました。ならば、そのルートは諦めて、独自の方法でネタを探ることに軌道修正したのです。


「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


中村竜太郎(ジャーナリスト)の経歴・略歴

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

他の記事も読んでみる

菊池保人

コーチングは、カスタマーと一緒に馬車に乗り、目的地にお連れすることが基本。それをどんなサービスとし、カスタマーの喜びに変えていくか――まだまだ深掘りしていく必要がある。


阿部俊則

高い技術力があれば必ず売れるということではありません。つまるところ、現場の営業が説明できるかだと思います。


亀井静香

運輸大臣や建設大臣もやったけど、一度も大臣席に座ったことがない。この応接セットの椅子が一番落ち着きます。


宮内寿和

今の視点に立って、昔からある技術を科学的にも再検証する、そしてよいものを復活させる、続けて行く。伝統構法のよさを知る大工だからこそ、そういうスタンスでいくべきでないか。


西岡務

独り善がりの研究や需要のない製品開発を防ぐために、技術者は本社と事業部、各国の研究所の3部門を極力経験させるようにしている。研究所にこもって、お客さんから遠くなっては有用な技術は出てこない。


桜井博志

うちの社員たちはみんな、学校を優秀な成績で卒業していません。言ってみれば負け組。でも、学校で教わった価値観と社会に出てからの価値観はぜんぜん達います。学校でカンニングすると怒られますが、社会に出たら隣の人をカンニングして仕事を覚えればいい。だから、自分に自信を持ってやればいいよ、と言っています。


松本幸夫

仕事が速い人のコミュニケーションに関する3つの条件

  1. 短時間で要望を伝え、的確な質問で相手のニーズを引き出すことができる。
  2. 自分一人で大量に仕事を抱え込まないよう工夫している。
  3. コミュニケーションのキーとなる相手の予定を意識している。

このスキルを兼ね備えると効率的に時間が使えるようになるため、自然と仕事が速くなります。


戸塚隆将

グローバルエリートたちは朝を情報交換の場として積極活用します。ランチ・ミーティングの場合は前後の移動時間を含めると、昼間のど真ん中に2時間程度を必要とすることもあります。夜の時間は顧客との会食の約束が入ることもあるでしょう。また、ディナーの約束をする際は、相手の食事の好みを考慮し、レストラン選びにはそれなりの時間がかかります。その点、実は、ブレックファースト・ミーティングはとても気軽なものです。中でも、お互いの出張に絡めて設定する光景をよく目にします。ミーティングをするどちらかが宿泊しているホテルのラウンジで待ち合わせをし、そのままホテル内で朝食をとる。あるいは、お互い軽めの朝食を好むのならば、近隣のカフェでコーヒーを飲みながら情報交換します。このように、ブレックファースト・ミーティングでは、少し早起きさえすれば、待ち合わせ場所、レストラン選びに手間取ることなく、気軽に人と会えるのです。また、忙しい相手でも、比較的アポを取りやすいというメリットがあります。


伊藤羊一

最近はパワーポイントの弊害というか、パワポで資料を作ると、なんとなくそれっぽく見えるので、ロジックが繋がっているようで繋がっていない資料をよく見かけます。


本間正人

事実でないことをおだてるのは逆効果。かえって部下の心を傷つけ、「ほめ殺し」になります。


安藤宏基

組織というものは異分子をはじき出してしまう性質があります。人間の身体と同じで、ウィルスが入ってくると抗体ができ、抗体がウィルスを追い出してしまうわけです。しかし組織には、異分子が2割ぐらい生息していないと駄目なのです。組織が生き残るためには、異分子が必要です。生物の種と同じで、異分子を抱えている方が強いのです。


上野和典

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。