名言DB

9490 人 / 112001 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)のプロフィール

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言 一覧

週刊誌記者になったとき、最初はパイプをつくろうと動きましたが、なかなか相手にされない。同業の記者からも邪魔されました。ならば、そのルートは諦めて、独自の方法でネタを探ることに軌道修正したのです。


「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


中村竜太郎(ジャーナリスト)の経歴・略歴

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

他の記事も読んでみる

黒田ちはる(ファイナンシャルプランナー)

一番大切なのはがんを人ごとと思わないことです。2人に1人ががんを経験するといわれている。自分だけでなく、家族や大切な人ががんになった時に、利用できる制度を知っておくことが大切です。保険や貯蓄と同じように、利用できる制度を知っておくこともまたがんに対する備えなのです。日本は病気になった人たちのための支援制度が整っています。でも患者さんに届いていない。申請主義、つまり知っていても申請しないと制度は利用できないのです。病気やけがで収入が減ってしまった時、自動的に銀行口座にお金が振り込まれるなんてことはありません。仕組みが縦割りなのも制度やサービスが利用しにくい原因です。


原田まりる

自分がこの会社にいても何の意味もないのではないかと鬱々と考える人もいるでしょう。積極的ニヒリストは「社長であっても、死んでみればこの会社にいたことの意味はないのも同然だ。ならばこの会社で自分のやりたいことを実現すればいいのだ」と前向きに捉えます。


知識賢治

小手先のノウハウばかりに目を向けてはいけません。部下を持ったら自分なりの仕事観、人生観を持つべきです。何のために働くのか、働くことの意義は何かということです。それを部下に伝え、部下が目指すところを把握し、部下と組織の成長ベクトルを合わせるのがマネジメントの役割だと思います。


宗次徳二

ライバル店を観察するより、「自らが現場におもむき、自分の店を厳しくチェックする」のが私の考え方です。では、どこを見ればいいのか。商品よりも接客をチェックします。なぜなら、接客ができていない店はたいてい、売上が落ちているからです。私が会長をやっていた時代、800店まで出店しました。そのうち、閉めたのはわずか2店です。どんな店でも、トップが現場におもむき、厳しい目でチェックすれば持ち直すと思います。


大塚雅樹

やる気が出ないビジネスマンの多くは、視野狭窄(しやきょうさく)の状態に陥っていることが考えられます。仕事で難題にぶつかったとき、なんとかそれを切り抜けようと焦ってしまい、ひとつの方向からしかものごとを見ることができなくなっているのです。そういう場合は、いったん目の前の仕事を置いて、異なる視点から眺め直した方がいいでしょう。


セネカ

運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない。


大山健太郎

会議で全員が議論して、情報を同時に共有するメリットはとても大きい。理解の行き違いはなくなります。そして私が商品化を決裁すれば、商品開発や営業の各担当者が、一斉にスタートできる。時短効果も絶大です。


カルロス・ゴーン

企業が困難に直面するのは、いつでもその企業自身に原因があります。もちろん経済環境も無関係ではありませんが、問題の根源は常に企業自身にあるのです。日産の業績が傾いたのは日本の景気後退のせいでも、競争相手が強すぎたからでもありません。その原因は社内にあったのです。企業を弱体化させる因子は、必ずといっていいほど内部の構造にあります。


浦野光人

単に知識を得るのではなく、頭が痛くなるほど考える。すると、いつか腑に落ちるところまで到達します。そういう経験をすることが大切なのだと思います。


北島素幸

独立してからの勝負が、これがとても長いんですよね。あんまり得意なことばかりをやっていてもお客さんには飽きられちゃうから、環境もそのつど変えなきゃいけない。それに、お客さんや業者さんやスタッフと信頼関係を築くまでにはものすごい時間がかかるものだけど、このあたりのケアは、雇われ料理人が手薄になりがちな、むずかしいところなんですよ。


榊原英資

伝説の投機家ソロスでも、相場の世界では百戦百勝というわけにはいきません。98年のロシアで起きたロシア・ルーブル危機では、大変な損失を被っています。ソロスは自分の身をもって誤謬性と相互作用性の両方を体験したということでしょう。


遠藤功

組織人として、会社の目標を否定することはできません。しかし、滅私奉公になるのもよくないです。できる中間管理職なら、上手に上司を説得して、遂行する業務の中に自分の意志を反映させるでしょう。つまり、会社という場を使って自己実現するのです。