名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)のプロフィール

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言 一覧

週刊誌記者になったとき、最初はパイプをつくろうと動きましたが、なかなか相手にされない。同業の記者からも邪魔されました。ならば、そのルートは諦めて、独自の方法でネタを探ることに軌道修正したのです。


「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


中村竜太郎(ジャーナリスト)の経歴・略歴

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

これからの時代、ビジネスマンに求められるのは学歴でも経験値でもありません。アイデア力の高い人材こそが地位も収入もどんどんアップしていくはず。顧客獲得や、売り上げを伸ばすことはもちろん、日常のトラブルの対応や人間関係の改善まで、結局はその人のアイデア力が勝負なんです。


徐向東

日本企業は製品そのものは新中間層(20代から30代の都市部に住むホワイトカラー層)にぴったりなのに、彼らのライフスタイルや価値観をよく理解した販売戦略を打ち出せていないのです。長い間、中国は生産拠点という意識が強く、巨大市場の登場に対する準備が不足していたからだと思います。


田村友一

現在、経営の体制をトップダウンからボトムアップに変えていきたいと考えています。もちろん最後に決めるのは社長ですが、それぞれの持ち場は担当者の責任で判断できる体制をつくりたいのです。目下、30代、40代の管理職を対象に「高志塾」と名付けた勉強会を主催し、次代の経営幹部を鍛えているところです。


泉谷直木

我々は規模ではなくポジショニングを大事にしていく。我々の持っている技術や「スーパードライ」というブランド、あるいは品質に対する細かい能力などを駆使して利益率の高いプレミアムの市場に出ていく。我々はプレミアムブランドで世界ナンバーワンを目指す。


若園浩史

やる前から考えていてもあまり意味は無い。考え無しに同じ失敗を繰り返しても時間の浪費。試行錯誤を繰り返し、改善を積み上げていくしかない。


中谷美紀

緊張感が足りないときは、瞑想して集中力を高めます。ビジネスの世界はあまり詳しくありませんが、ある有名企業では職場に瞑想ルームを設けていると聞きました。きっと演技も同じ。ちょっと目を閉じて情報量を減らしてあげるだけでも効果があります。


井村雅代

一流選手がプレッシャーに強いかというと、そうでもないですよ。結局、どんな人でも自分の大きな願いが叶いそうになると、ひるむものなんです。だから、本番は普段の実力からたいてい目減りする。でも、それは仕方ないですよ。目減りしても結果を出せるように、普段の実力を高めておくしかないんです。


古川武士

ついやってしまう悪い習慣の多くは、その場では一瞬の快楽や気晴らしをもたらしてくれますが、中長期的には、健康を害したり、時間をムダにしたり、セルフイメージや幸福度は下がる一方……などという残念な結果につながりかねません。このまま惰性で続けていれば、これは大きな「人生の負債」となっていきます。


秋元久雄

お客さまの信頼を得ようとして、要望を何でも聞き入れようとする営業マンをたまに見かけるが、私にいわせると間違いだ。人間の能力には限界がある。やがてその限界に達してギブアップした途端、お客さまは「私の信頼を裏切った」と不満を抱き、商談も破談になってしまう。だから、私は細かい設計変更の要望を受けても、設計の素人であるし、安請け合いしなかった。正直に「わかりません」と話して、次回訪問する際に設計者に同行してもらい、「できる」「できない」をはっきりさせた。実はそうしていくことでお客さまに誠実さが認められ、「信頼のおける営業マン」から「より深い信頼を得た営業マン」へ昇華するのだ。


高橋滋

家を持つのは人生設計的にはいいことですが、そうするとすべてが守りに入ります。それが悪いことだとは言いませんが、人間は経験でしか語れないし、成長できないんです。もし僕が家のローンを抱えていたら、アマンに行くのを我慢したでしょう。そうしたら、このカシータのホスピタリティ精神は勉強できなかったわけですよね。いろいろなところを旅行して、普段の生活にないものを見ることによって、自分のセンスや考え方ができてきたんです。


河合薫

自立とは依存の先にあり、「あなたは大切な人」というメッセージを感じたとき、人は自分の足でふんばって立つたくましさを発揮する。


吉田昌生

多様な価値観を持つ他者を受け入れ、ともに協力しあえる力は、これからの時代のビジネスマンに欠かせない。