中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言

中村竜太郎(ジャーナリスト)のプロフィール

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

中村竜太郎(ジャーナリスト)の名言 一覧

週刊誌記者になったとき、最初はパイプをつくろうと動きましたが、なかなか相手にされない。同業の記者からも邪魔されました。ならば、そのルートは諦めて、独自の方法でネタを探ることに軌道修正したのです。


「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


中村竜太郎(ジャーナリスト)の経歴・略歴

中村竜太郎、なかむら・りゅうたろう。日本のジャーナリスト。大学卒業後、アパレルメーカー勤務、光文社『女性自身』記者を経て文藝春秋『週刊文春』記者を務めた。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(3回)、同スクープ賞(2回)、同企画賞(1回)を受賞。

他の記事も読んでみる

津田寛治

東京に出てきた日に、すぐ住み込みのアルバイト先を見つけてね。それから飲食をはじめ、工事関係やホテル、テレビの大道具など、いろんなバイトをしながら芝居をしたり映画のエキストラに出てたりしました。当時は、ホント、楽しくてしょうがなかったんです。将来のこと? 考えなかったというか、それを考えるのが怖くて、完璧に目を背けてましたね。


大西一寛

システムの内容は完全に弊社オリジナルで、15回ぐらいの仕様変更、改良を行ってきました。クラウド型のシステムにした理由は、弊社内でIT要員を抱える必要がないため。構築やメンテナンスはすべて外注しています。実際のところ、システムの導入により、業務上の手間は半分以下に減ったと試算しています。


松本幸夫

出社したらまずメール処理というのが無意識の習慣となっている人がさくさんいます。しかし、メール処理の多くはそれほど頭を使う仕事ではありません。朝の貴重な時間を使ってやるべきことなのか、一度見直してみる必要があります。出社時のメール処理の全面禁止が無理なら、15分だけといったように時間を区切ってみてはどうでしょう。


小池利和

失敗を恐れずに行動し、会社のために必要ならしっかりと発言をする。そうした人材を生み出す組織をいかに維持するか。悩ましい問題です。


長野敏文

私が全国各地に出かけていくと、それぞれの支店の営業担当者たちは私に同行することで、いつもお付き合いしている担当者ではなく、普段なかなか会う機会がないような得意先のトップや経営層にお会いするチャンスが生まれます。こうした経験によって彼らが人間的に成長し、それによってビジネスに広がりが生まれるとしたら、私がわざわざ出かけていく意味もあるというものです。


坂下英樹

今は、情報の量が多過ぎてそれが逆にストレスになりつつあります。「自分にとってどの情報が有効なのか、何が大事なのか、なぜそれをやるのか」という動機付けが求められていると思います。簡単に言うと、情報の量だけではなく、質が求められている。


坂野尚子

女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


安岡正篤

一人物の死後に残り、思い出となるのは地位でも財産でも名誉でもない。こんな人間だった。こういう嬉しいところのあった人だというその人自身、言い換えればその人の心・精神・言動である。このことが、人間とは何かという問いの真実の答えになる。


岩崎博之(経営者)

右か左かと迷った時も、どちらでもいいからその場でとにかく決めてしまいます。後から間違えたと分かったら、「あの決断は間違えていたな、ごめんね」と謝ればいいのです。


佐藤優

徹底的に働く。これは自分自身がある程度のレベルに達するまでは、やっぱり必要なことだと思う。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、昔は若いうちに徹底的に鍛えるという風潮があった。


ブッダ(釈迦)

「因果関係によってつくりだされたすべてのものは無常である(諸行無常である)」と、智慧によって見るとき、人は苦しみを厭い離れる。これが人が清らかになるための道である。


ヨシタケシンスケ

正直、僕はなんの不自由もなく平和に育ってきた人間ですし、トラウマや強い主義主張があるわけでもありません。昔はそういうものがなければ作家になんてなれない、と思い込んでいたんですが、今は、当たり前のことを声を大にして言う、そのこと自体がひとつの創作活動だと気づきました。「不幸ではないけど日々小さなことでイライラしてます。ままならないこともたくさんありまーす!」って(笑)。そんな中で僕が見つける日常の面白さを、これからも絵本という媒体で表現していきたいです。


永守重信

ピークアウトした事業がある一方で、上がってくる事業があるのですから、そこへ人もカネもシフトし、工場も転換していく。それは早くやったほうが良い。スパッと切り換えて、これから伸びるところをさらに伸ばしていきます。


似鳥昭雄

円高・円安、好景気・不景気とこれまでも環境が激変してきました。波瀾万丈の方が、社員を鍛える絶好の場となる。


前野ウルド浩太郎

ブログも続けているのですが、現地での悲惨な体験を紹介するとすごく評判がいい(笑)。それがわかってからは、酷い目にあってもメモっておいて、「しめしめ」と思うように。ブログで多くの人が反応してくれるから、過酷な状況も乗り切れたと思います。


ページの先頭へ