名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村秀樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村秀樹(経営者)のプロフィール

中村秀樹、なかむら・ひでき。日本の経営者。タクシー会社「エコシステム」社長。岡山県出身。大学卒業後、公立学校教員、市民運動家などを経てエコシステムを創業。同社を大きく成長させた。

中村秀樹(経営者)の名言 一覧

私どもの方針は、「損して損しろ」です。ルールはきちんと守りながら、お客様にどんどん還元していく。


大手のシステムは、従来の電話配車が単にタブレット経由になっただけのもの。結局オペレーターが人力で空車のタクシーを探しています。我々のシステムではお客が配車を依頼した時点で、自動的にタクシー車内のタブレットが乗客位置までのカーナビの案内を始めるのです。さらには、世界に先駆けて収集してきた統計データがあります。「何時に、どこで」お客が乗ったかという過去データを積み重ねることで、営業の効率が日々高まっています。


中村秀樹(経営者)の経歴・略歴

中村秀樹、なかむら・ひでき。日本の経営者。タクシー会社「エコシステム」社長。岡山県出身。大学卒業後、公立学校教員、市民運動家などを経てエコシステムを創業。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

秋元久雄

お客さんじゃなくて、元請けの顔ばかり見ている職人に、いいモノが作れるはずない。


小林一雅(小林製薬)

当社の場合、一般用医薬品を除いた商品の開発期間は約13カ月。ゼロから企画を始めて製品化まで半年以内の商品も少なくない。通常、企画から研究、試作品の製作など段階を踏んで進めますが、当社はこれらの工程をほぼ同時並行で手がけることで期間を短縮しています。


和田裕美

上手に話そうとか、面白い話をしようと思う前に、楽しく会話をしようと思うことが大切です。楽しいと思うことで、表情も柔らかくなり雰囲気もよくなります。


安藤徳隆

ブランドのライフサイクルの観点から見れば、かなり危ない時期に来ている。
【覚え書き|自社の商品に対する発言】


ロバート・キヨサキ

結局、どんなビジネスであっても、成功するかどうかはセールスができるかどうかにかかっている。セールスのできない人ではビジネスは続かない。


真藤恒

電電公社が民営化され日本電信電話(NTT)となったとき、公社時代から口酸っぱくして意識の変革を職員に言い続けた。私から見ればまだまだだが、民営化後のNTTの評判は概して良いようだ。この中で、私は次々と子会社を設立した。将来性はあるがリスクの高いものを、お客さんからいただいた料金でやってはいかんと思うし、そうかといってNTTが国鉄のようにならないためには、新しい分野へ挑戦しなければならないからだ。


松井道夫

結局責任を唯一とれるリーダーが決断して実行させるしかない。責任をとれない者を社長とは呼びませんし、そういう者が決断なんて出来るはずもない。


田中靖浩

近年、規模の経済やシナジー効果を狙いとした多くの事業統合や買収・合併が行われました。しかし、事業統合や合併はむしろ失敗の方が多いように感じます。また日本では、規模を大きくして抱え込んだ人材をそう簡単にクビにできないので、この固定費が重荷になることも考慮しなくてはなりません。


バリ・パッダ

企業規模が拡大しても、小さな会社の精神を常に失わないようにしたい。我々は、「スモールジャイアント(小さな巨人)」を目指していくつもりだ。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは借金についてこう言っていた。「お金を借りている相手が増えれば増えるほど、君はますます貧乏になる。お金を貸している相手が増えれば増えるほど、君はますます金持ちになる」と。


桜井博志

人生に無意味なことってないんですよ。若い時にはなかなか分からないかもしれませんが、年を取ると、そう明言できます。すべての失敗は、将来の成功につながる可能性を秘めています。しかしそれは、諦めず、挑戦し続けた先に見えることで、人生という長い道程を歩き続けて初めて分かるもの。だからこそ諦めずに、歩みを進めていってほしい。


前田伸

社長になってすぐ東京タワーが1億5000万人目のお客様を迎えることになり、記念品を贈呈する場に新聞記者の方たちも取材に来ていました。この記念する日に私のコメントを取りにきたのだなと思って対応すると、「社長、新しいタワー(東京スカイツリー)ができるそうですけど、東京タワーは解体するんですか」と思いもよらぬ質問をされ、衝撃を受けました。幸運だったのは東京タワーを巡る文化芸術的な動きがあったことです。映画『三丁目の夕日』で東京タワーがシンボリックに映し出されたり、リリー・フランキーさんの人気小説のタイトルに「東京タワー」の名前がついていたり。先ほどの記者の質問に私が答えるまでもなく、世間が東京タワーを応援してくれました。