名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村秀樹(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中村秀樹(経営者)のプロフィール

中村秀樹、なかむら・ひでき。日本の経営者。タクシー会社「エコシステム」社長。岡山県出身。大学卒業後、公立学校教員、市民運動家などを経てエコシステムを創業。同社を大きく成長させた。

中村秀樹(経営者)の名言 一覧

私どもの方針は、「損して損しろ」です。ルールはきちんと守りながら、お客様にどんどん還元していく。


大手のシステムは、従来の電話配車が単にタブレット経由になっただけのもの。結局オペレーターが人力で空車のタクシーを探しています。我々のシステムではお客が配車を依頼した時点で、自動的にタクシー車内のタブレットが乗客位置までのカーナビの案内を始めるのです。さらには、世界に先駆けて収集してきた統計データがあります。「何時に、どこで」お客が乗ったかという過去データを積み重ねることで、営業の効率が日々高まっています。


中村秀樹(経営者)の経歴・略歴

中村秀樹、なかむら・ひでき。日本の経営者。タクシー会社「エコシステム」社長。岡山県出身。大学卒業後、公立学校教員、市民運動家などを経てエコシステムを創業。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

社員がプライドを持てるかどうかについては、リーダーのマネジメント能力が問われます。リーダーは、「自分たちは何が強みで、どんな誇りを持って働くか」を、周囲にしっかり伝えなければいけないからです。例えば、「やれって言われたから、やっています」と言う部下がいる部署は、リーダーのマネジメント能力は低いと言わざるを得ないでしょう。


青野慶久

時間に追われている人は、余計な仕事を増やしているのと同時に、丁寧にやりすぎているというケースも考えられます。限られた時間をやりくりしようと思ったら、あえて質を下げる勇気をもって、簡単な形で済ませることも必要ではないかと思います。


永守重信

大切なのは、揺さぶることです。テーマの研究が進んだり行き詰まったりしたときに人を組み合わせたり、移動させたりして揺さぶる。その刺激が新たなものを生み出します。


上田輝久

今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


青木定雄(兪奉植)

以前、あるインタビューで「一番つらかったのはいつでしたか?」と質問されたことがあります。私は「ありません」と答えました。毎日がつらかったから、いつだとは答えられなかったんです。毎朝、目が覚めた瞬間から苦しみが始まっていましたから。


武田双雲

本当は我慢していいことって一個もないと思うんです。「ノー」だったら、早く「ノー」と言ってくれよ、と。偽りのイエス、消極的なイエスが積み重なると、お互いに不幸せ。一番つらいのは、「ノー」と言い合えず、我慢して、一方が急に爆発してしまう状態ですよね。


土倉庄三郎

慎み深く、へりくだらなければならない。主人は一家の模範であるから、ほかの者よりもより多く勤労せよ。


古賀稔彦

前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。


出口治明

「なんとなく合わない」と、転職を繰り返すケースの場合は、その人自身にも問題があるのかもしれない。もし辞めたいという理由が明確でなくて「もう少し粘るべきかも」と思っているなら、3か月や半年など、期間を区切って、精一杯頑張ってみればいい。そのうえで、やはり合わないと思うなら転職すればいい。


茂木友三郎

人口減少による労働力不足が深刻化している中、わが国の未来は生産性向上を実現できるかどうかにかかっている。これからの人生100年時代を見据え、今こそ生き方・働き方・学び方を見直していく必要がある。


浅田次郎

小説家にとって本当の面白さはこれまでとはまったく違う作品を書くこと。似たような恋人ではなく、全然違うタイプを探すのが醍醐味なのです。だから、僕の恋人探しは、これからもまだまだ続きます。


武田良太

「これは現行法ではもうできません」と役所から突っぱねられた問題でも、いろんな角度、いろんな解釈、いろんなものを組み合わせて、少しでも声を上げない人たちのために、その法律を近づけようと努力をするのが政治家だと思います。


大西洋

百貨店からお客様が離れていったのであれば、我々が変わらなければならない。よりお客様に近づく努力をしなければならない。


しりあがり寿

どこかで自分の一部を「リストラ」するタイミングは、誰にでもあるはずです。でも、リストラされたほうの経験も、必ずいつか生きてくるはずです。


鎌田和彦

真面目な人ほど、常に正しい選択をしなければいけないと考えるみたいですけど、もっと適当でいいんじゃないですか。放っておいたらいつの間にか解決していたというようなことも、人生にはたくさんあるのだし。