名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村禎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村禎のプロフィール

中村禎、なかむら・ただし。日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。福岡県出身。成蹊大学経済学部卒業後、J.W.トンプソン、サン・アドを経て電通に入社。TCC最高賞を受賞。

中村禎の名言 一覧

仕事も一生懸命、遊びも一生懸命。僕にとって平日も休日も、仕事もプライベートも、どちらの約束も重要度は同じ。


本やネットの記事を読み、印象に残った内容はいったん、手帳に書いて整理します。自分の言葉で書き直すことで、内容への理解が深まります。


手帳は様々な用途に活用しています。書いたものは消さないことがルール。書いたものを消さない理由は、僕がコピーライターだからかもしれません。僕は広告のコピーを考える時、いいコピーだけを書こうとせず、とりあえず思いついたものは全部書くようにしています。体の中から全部出す。だから、つまらないことがヒントになったり、自分が気づかなかった良さを見つけることができたりする。そんな体験が、手帳の書き方のベースになっているんだと思います。


「1日1ページタイプ、ポケットサイズ」の手帳にこだわっています。長めの文章はパソコンで書きますが、短いフレーズは手書きがしっくりくる。コピー用紙は、なくす可能性があるので、手帳に書きます。この手帳は400ページと分厚いので、電車の中など机がない場所でも書きやすいんです。


中村禎の経歴・略歴

中村禎、なかむら・ただし。日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。福岡県出身。成蹊大学経済学部卒業後、J.W.トンプソン、サン・アドを経て電通に入社。TCC最高賞を受賞。

他の記事も読んでみる

潮田、滋彦

私はこれまで、数えきれないほど多くの研修に参加してきましたが、研修スタートのあいさつや案内の姿勢で研修の雰囲気がセットされてしまうことにほとんどの人が気づいていません。それはたった1分の事務連絡でも、5分の人材開発課長のあいさつでも、30分の役員基調講話でも同じです。その企業の人材開発に対する本気度が、ハッキリと受講者に「空気」として伝わってしまうのです。


ココロ社

プレゼンはスライド形式でやらない。参加者の中には話を聞かない人もいると考えれば、長々と説明してもムダ。企画書を1~2枚にまとめ簡潔に。


鎌田浩毅

本来は専門的な内容をわかりやすく開設するのが著者の仕事であるはず。どんなに優れた内容であっても、わかりにくい表現で書かれた書籍は、著者の怠慢と言えるでしょう。


家本賢太郎

経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。


俣野成敏

私も一時は会社のリストラ候補でしたが、社内ベンチャー事業の募集に誰も手を挙げない中、自分だけが手を挙げた結果、事業が成功し、果ては会社の役員にまでなることができました。すぐ手を挙げられたのは、自分の武器をきちんと見極めていたからこそです。


山本真司

20代からいわゆるスキルの習得のみに精を出す人もいるようですが、それはちょっと待てと言いたい。人が仕事で思う存分采配を振るえるのは、多くの場合40代からです。日本はもちろん、実力主義のアメリカでも同じで、30代以下の経営者というのは実は多くありません。40代のころまでに世の中がどう変わるかは予測不可能で、いま最新のスキルもそのころには色あせている可能性が高いのです。


エピクテトス

神は人間にひとつの舌と、ふたつの耳を与えた。しゃべることの2倍多く聞けということだ。


安藤俊介

怒りの源泉は、人間が持つ「自分の身を守る感情」。動物は敵が現われたとき、すぐさま相手に飛びかかったり、逃げ出したりできるよう、臨戦態勢に入ります。その際、アドレナリンという心身の興奮状態を作るホルモンが分泌されます。これが怒りの源です。また、自分が守りたいテリトリーを脅かされたとき、同じように臨戦態勢に入ります。そのテリトリーとは、誰しも心の中にある、「こうあるべきという価値観(思い込み)」です。


妹尾大

共通の体験がベースにありながら、異なった知識を持つ人同士が対話をすることで、これまで結びついていなかったものが結びつき、新たな価値が生まれやすくなる。


高田明(ジャパネットたかた)

仕事は極めていけばいくらでもつくれる。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

当社の強みは課題解決の仕方を知っているところ。例えばビジネスプラットフォーム領域に関して言うと、大企業の「業務」の深い部分を知っていることが、システム導入には重要。大手システム会社は基幹システムを構築できても店舗のシステムや業務のノウハウを持っていませんし、ネット企業にはプログラミング技術はあっても、業務の実態を知らない。我々は両方を持っている。


ガリレオ・ガリレイ

言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に物事が存在し、言葉はそのあとに従うものだからだ。