名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村礼子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村礼子のプロフィール

中村礼子、なかむら・れいこ。日本の水泳選手(背泳ぎ)。神奈川県出身。3歳から水泳を開始。日本体育大学卒業。アテネ五輪、北京五輪でそれぞれ銅メダルを獲得。

中村礼子の名言 一覧

ドーンと背中を叩かれた感じ。それが今期の成績の原動力になっています。
【覚え書き|全日本選手権で伊藤華英選手に負けたことを振り返って】


私はおっとりしてると言われるけど、「こうしたい!」と思ったら突き進んでしまう迷惑な人なんです(笑)。


24歳という年齢は、水泳選手としては若くないですけど、ピークはこれからだと思ってます。正直、10代の頃に比べると体力は落ちました。練習のあとの疲労の抜けが遅くなりましたね。でも精神面や技術は昔よりずっと上達しています。


好調の理由のひとつは冬の高地合宿の成果かな。多いときで一日16000mを泳ぎこみ、いままでで一番苦しいトレーニングでした。制限タイムを設けたスピード練習の連続で、肉体的にも精神的にも追い込まれ泣いてしまったことも。それをやり遂げたことで強くなれた気がします。私は悔しい思いをしたり、追い込まれないとダメなんですね(笑)。


中村礼子の経歴・略歴

中村礼子、なかむら・れいこ。日本の水泳選手(背泳ぎ)。神奈川県出身。3歳から水泳を開始。日本体育大学卒業。アテネ五輪、北京五輪でそれぞれ銅メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

原晋

私の指導方針の一つの柱が、「規則正しい生活」をすること。朝は5時起床、門限は22時、就寝はカッチリ22時15分です。遊びたい盛りの若者には酷かもしれませんが、朝、決まった時刻に起き、みんなで練習し、食事に気を遣って、同じ時刻に寝る。単純なようで、人として当たり前の生活をするだけで、個々の能力が強化され、タイムに表れる。そして、チームの一体感も高まる。こうした生活の基本、時間の大切さに選手自身が気付き、しっかりと「核」を作ってこそ、1秒にこだわったレースができる。試合中のとっさの判断力、創造性も育まれる。


大江英樹

定年間際になって地域のコミュニティーに溶け込もうとするのもやめた方がいい。慌てて準備をしてもうまくいくほど甘くなく、現役時代から5~10年は時間をかけて取り組むべきだ。


岡庭豊

編集者と若手医師や現役の医学生を組ませているという点です。編集者は制作の過程で随時、医学生の意見を聞き、よりわかりやすい内容に仕上げていきます。この、本作りのプロである編集者と実際のユーザーである医学生のタッグシステムが他では真似できない、弊社ならではの強みだと自負しています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】


藤井孝一

売り上げは他人が持ってきてくれる。独立して成功するには人脈が不可欠。とにかく「人に会う」という行動が重要。


宮坂学

自分一人の力では足りないので、チームで動くことが大事だ。井上(雅博)さんは創業社長としてヤフーの全事業に携わった経験を持ち、あらゆる領域で自分の中に答えを持っていた。私は全事業に携わった経験はない。そこはチームの力で補わなければいけない。


越智仁

素材に要求される技術レベルは年々高くなっています。これまで以上に時代の先を見て、新しい動きに素早く対応する必要があります。ホールディングスの中に社長直轄の「先端技術・事業開発室」を作りました。通常、各事業部の研究部門は3~7年先を見て動いていますが、この部署では5~20年先の市場を見据えて、もっと専門的に深掘りした技術開発をするのがミッションです。


枡野俊明

積もった塵は、心の塵でもある。身辺を整えるということは心を磨き、整えることにつながる。


北条重時

自分の妻子の話はよく聞いてあげるといいだろう。その際、僻(ひが)み言を言ったとしても、女子供の常であるからと思ってこらえ、また道理のあることを言ったとしたら、いかにももっともなことだと感心し、これから後も、このように意見を聞かせてくれ、と言うといいだろう。


杉本一成(東海電子)

失敗を恐れず、どんどんチャレンジしてほしい。たとえ小さなチャレンジでも、必ず成長の糧となる。失敗し、苦労することで何らかの教訓も得られるに違いない。


西村元延(経営者)

海外市場は現地に自分で足を踏み入れて調査しないと、分からないことだらけなんですよ。


永守重信

短期的にリストラして業績を上げるのは簡単。雇用を守って、投資もして、その上できちんと利益を上げるのがプロの経営者。


三浦展

いま、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を翻訳しています。「職業=ベルーフ」は日本語では『天職』とも訳されますが、いま、就職雑誌などを読むと「天職」という言葉が、「一生やっても飽きない楽しい仕事」というような意味で使われています。でも、本来の天職というのは自分の意思で決めたものではなく、天から、神様から「おまえ、これをやれ」と言われて決まった仕事なんです。