名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村知哉の名言

twitter Facebook はてブ

中村知哉のプロフィール

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

中村知哉の名言 一覧

一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切。


リーダーはやはり志が大事。


講師の一方的なレクチャーではなく、生徒が発言することに重きを置いているので、これが評価の半分ぐらいの比率を占めます。これからのリーダーは紙に答えを書けるだけでなく、話して人を動かすことが必要ですから。


「私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたい」と言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の問で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。


我々の授業は、基本的にケースメソッドが中心となります。実際にビジネス上で起きた話を元に、もし自分が主人公だったらどうするかということを学生に間うていきます。生徒に役割を演じてもらったり、実際の主人公に来ていただいて話をしてもらったりして、できるだけリアルに学生が情景を思い浮かべて感情移入できるようにしています。ある意味疑似体験ですが、脳科学の研究によるとそこに感情が入ると実際の体験にほぼ近い感覚が得られるといわれています。ケースメソッドで何十回、何百回と練習することによって、実際のビジネスシーンでもかなり余裕を持って臨めるようになります。


外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。


海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。


中村知哉の経歴・略歴

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

70代や80代になっても働くとなると、仕事自体から充足感を得られることが必要です。その仕事は強制的なものではなく、働く人が何をいつどのようにするのかを自分で選べるようなものでなければなりません。仕事自体に意義があることも必要ですね。


新川義弘

お客様への事前予知力のほかに顧客認知力が必要です。お客様を覚えることです。よく知っているお客様ほど、予知しやすいですからね。ポイントはお客様の「名前」だけでなく、「行動」も覚えること。「10回に9回はサバ煮定食を頼む」「ブラックオリーブを抜く」「いつも違う女性を連れてくる」……。これらを覚えておけば、「いつものサバ煮でいいですか?」「オリーブは抜きますか?」と先読みして言えるわけです。大勢のお客様の特徴を頭の中だけで覚えるのが難しければ、メモを取るのもひとつの手です。私はお客様から名刺をいただき、そこに特徴を書き込んでいました。


向山孝一

しなけちゃならないことをやって成功した。これはもちろん最高点。逆になすべき時に何もしなかったのは落第点。


丹羽宇一郎

人というものは、仕事で磨かれ、読書で磨かれ、他人と交わることでこそ、心が鍛錬される。


奥島孝康

リーダーとは、フォロワーの服従・信頼・尊敬・協力を得るために生来的な天分または修養によるアート(技術)をもつ者の双方をいう。


松井忠三

社長に就任したとき、商品に目を向けると、店頭には前年や前々年の商品を大幅値引きしたものばかり。もちろん古い衣料品など全く売れません。このままではダメだと、断腸の思いで在庫を全て処分しました。原価で38億円分です。


小池百合子

都知事として初めて編成した予算案を発表しました。ここで心がけたことも「メリハリ」。無駄は徹底して排除する一方、必要な施策には思い切って予算を配分しました。


八木進午

皆さんも初めてのホテルや旅館に足を踏み入れたときはワクワク感を抱くのではないでしょうか。見たことのないお店が軒を連ね、面白そうなイベントが毎日のように行われている。当ホテルは「東急」という看板の持つ安心感を基盤に、そういった取り組みを通じて街に賑わいをもたらす使命があります。


森川亮

会社がどうなろうと、いつでもスカウトされるぐらいのスキルや能力を持った方がいい。別の会社から声がかかる個人になる。あるいは独立起業できる個人になる。そのためには、自分に価値がないといけない。そして、攻めなければ、自分の価値を高めることはできないのです。大きな結果を出して、周りから評価される価値を生むことが、人生100年時代を生き抜く方法でしょう。


榊原健太郎

日本人には素晴らしい妄想力があります。未来を徹底的に妄想し尽くしたとき、そこに未来のベンチャー企業の姿が見え隠れしているのです。


沖田貴史

どんなものにも光と影があります。特に新しいモノの場合、安定期に入るまで、その差が激しい。インターネットの黎明期がまさにそうでした。当時、夢のような技術と評価する人がいる一方で、闇の部分も議論されていました。でも20年がたち、身近なものになると同時に議論も落ち着いてきた。今ではなくてはならないものになっている。ビットコインも同じです。今は投機性が高い一方、金融の世界に大きなイノベーションが起き始めていることも事実です。


岡本和彦(経営者)

どんな会社も、経営活動を通じて価値を提供するには確固とした理念が必要。理念があることで、社員は日々仕事をするうえでの安心感、よりどころが得られるからです。もちろん、どんなに崇高な理念を掲げても、絵に描いた餅では意味がありません。


高山泰仁

2003年にSARS(烏インフルエンザ)が発生したときは空気感染が指摘されて旅行需要は一気に冷え込みました。このタイミングで販売商品を切り替えました。もともと航空券やホテルの素材売りをしていたのですが、これを機にパッケージツアーの販売に注力するため増資をしたんです。一段落すれば旅行需要は戻ると思っていましたので、このときこそ仕込んでおこうと考えたのです。このときの決断が後の成長につながりました。業界全体が苦しいときに攻めました。


岩瀬昌美

グローバルエリートは、絶対に今日やらなければならないタスクを午前中に実行します。それを夕方に思い出してしまった場合、その日は残業することになるからです。彼らは最初から帰宅時間を決めているので、残業をするという発想がありません。


寺島進

「忍苦精進(にんくしょうじん)」がオレの座右の銘ですね。「苦しみにたえて、精進しろ」。これ何事においても人生で大事だと思ってます。この言葉を思い出すんです。人生は自分の予定通りになんかいかないし、仕事で落ち込むこともしょっちゅう……。だから、自信がないときほど、この言葉でムリやり自分に暗示をかけてますよ。