名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村知哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村知哉のプロフィール

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

中村知哉の名言 一覧

一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切。


リーダーはやはり志が大事。


講師の一方的なレクチャーではなく、生徒が発言することに重きを置いているので、これが評価の半分ぐらいの比率を占めます。これからのリーダーは紙に答えを書けるだけでなく、話して人を動かすことが必要ですから。


「私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたい」と言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の問で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。


我々の授業は、基本的にケースメソッドが中心となります。実際にビジネス上で起きた話を元に、もし自分が主人公だったらどうするかということを学生に間うていきます。生徒に役割を演じてもらったり、実際の主人公に来ていただいて話をしてもらったりして、できるだけリアルに学生が情景を思い浮かべて感情移入できるようにしています。ある意味疑似体験ですが、脳科学の研究によるとそこに感情が入ると実際の体験にほぼ近い感覚が得られるといわれています。ケースメソッドで何十回、何百回と練習することによって、実際のビジネスシーンでもかなり余裕を持って臨めるようになります。


外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。


海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。


中村知哉の経歴・略歴

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

他の記事も読んでみる

チクリーノ

お客さんをこちらに引き込んだな、と実感した時、充実感がありますね。


日比野隆司

スケジュール帳のほかに持っているのが、会議のポイントを書き留めるための手帳です。これは、仕事をするうえでとても大切にしています。私が毎月出なければいけない会議は、取締役会や経営会議など7つほど。それらの会議の前に、前回の内容を見返します。会議で新たに指示を出すときは、過去との連続性、整合性を取る必要がある。以前の発言を踏まえずに、方向性の違うことを言ったら、みな戸惑ってしまいますから。


ハーバート・スペンサー

あらゆる人間が幸福になるまでは、いかなる人といえども完全には幸福ではありえない。


天野篤

低侵襲(ていしんしゅう)といって小さい傷を売り物にしている人がいるけれど、小さくたってその傷がミミズ腫れになったらダメでしょ。たとえ傷が大きくてもその傷がキレイに治ることを追求するほうが、医学のレベルとしては高い。そういう医学的な偽善を見抜かないとダメ。


濱田秀彦

褒め言葉を言ったあとに「落とす」のもよくあるミス。「きれいに仕上げてくれたね!」のあと、「これでスピードも早ければ完璧なんだが……」などと言うと効果はゼロに。照れ隠しのつもりでも相手はガッカリします。


林野宏

「感動共有ミーティング」は、2週に1回、部課長が集まりますが、そこは仕事の結論を求める場ではありません。「最近感動したことや面白いと思ったこと」を報告してもらいます。人に感動を伝えるには、話のネタが必要。日頃から面白いことにアンテナを立て、漫然と見過ごしていたことに関心を持つようにする。さらに調べると、関連した事象に興味が湧き、最初は想像もしなかった新たな感動に出合う。


守島基博

仕事を任せて人を育てるという行為は、リスクをともなう行為である。任せてみて、ダメな場合もある。しばしばそのことを恐れて任せることをしなくなる。でも、本来考えるべきは、顕在化したリスクにどう対処するのか。また顕在化しないためにどこまでサポートできるのか、ということである。リスクテークなしの人材育成はありえないという言い方もできる。


三谷宏治

「昔の日本企業は元気があった」といわれますが、それは当然です。当時の主力メンバーは20代、30代の若者でした。ホンダが米国に初めて進出した際も、陣頭指揮をとったのは30代の社員です。なぜなら若い社員しかいなかったから。その苦肉の策が功を奏した。「知らないのに、どうにかなった」というより、「知らないから、どうにかなった」のです。


カーマイン・ガロ

大切なのは流暢さでなく「伝わる」こと。焦って速く話そうとせず、スピードを落とし、クリアに話す。語句をはっきり発音することを心がけてください。


宗次徳二

意識しているのは、どこまで叱って良いかという見極めです。叱られたときの社員の反応は大きく2つに分かれます。ひとつは、素直に反省したうえで「なにくそ」と思って頑張るタイプ。もうひとつは、叱られるとスネてしまい、「どうせ自分はできない人間だ」と諦めてしまうタイプです。前者のタイプの社員は厳しく叱っても、それをバネにして成長してくれますから、遠慮なく叱れます。ところが後者のタイプは叱り方を間違うとやる気をなくしてしまいます。前者のタイプに比べると、多少は柔らかい言い方をしなくてはなりません。


濱松誠

大企業には、人、技術、お金、ブランド、歴史、信頼など、有形無形の資産がたくさんあります。新しいことをやるにしても、それらを活用しないのはもったいない。資産を活用しながらベンチャー企業と組んでやることもあるでしょう。


井上礼之

コンサルタントや経営企画室などの専門部署では分析のための分析にとどまる。現場の長自らが気づいた予兆に対応するからこそ、成果に結びつく精度も高まる。