名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村知哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村知哉のプロフィール

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

中村知哉の名言 一覧

一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切。


リーダーはやはり志が大事。


講師の一方的なレクチャーではなく、生徒が発言することに重きを置いているので、これが評価の半分ぐらいの比率を占めます。これからのリーダーは紙に答えを書けるだけでなく、話して人を動かすことが必要ですから。


「私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたい」と言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の問で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。


我々の授業は、基本的にケースメソッドが中心となります。実際にビジネス上で起きた話を元に、もし自分が主人公だったらどうするかということを学生に間うていきます。生徒に役割を演じてもらったり、実際の主人公に来ていただいて話をしてもらったりして、できるだけリアルに学生が情景を思い浮かべて感情移入できるようにしています。ある意味疑似体験ですが、脳科学の研究によるとそこに感情が入ると実際の体験にほぼ近い感覚が得られるといわれています。ケースメソッドで何十回、何百回と練習することによって、実際のビジネスシーンでもかなり余裕を持って臨めるようになります。


外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。


海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。


中村知哉の経歴・略歴

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

他の記事も読んでみる

大島武(学者)

怒られたら、すぐに謝る。何度でも謝る。当たり前にやりがちなこの行動こそが、余計に相手の怒りを買うのです。ならば、どうしたらいいか。答えは、相手の怒りが収まるまで、神妙な面持ちでひたすら待つ。すると、相手がなかなか謝らないことに業を煮やし、「いいか、オレが言いたかったことはこうだ。わかったか!」と結論を言う。そのときに、はじめて深々と頭を下げながら「申し訳ございません」とひと言。この謝罪の言葉を使うタイミングが重要。


内藤忍

講演用の資料をつくるとき、私が1時間の講演で使う資料はパワーポイントで8枚程度なので、まず1枚の紙を八つ折りにして、1マスを資料1枚だと考えてみます。あとはその紙を持ち歩き、8マス全部をどうやって埋めていくかをスキマ時間に考えて、思いついたときにメモしていきます。投資の話を個々に入れたいから、その次は裏付けデータを入れようといった具合に、全体を見通しながら進めていき、最後に清書すれば出来上がりです。


おちまさと

写真のように記憶するのは無理でも、「覚えておこう」と意識的に思うだけでもうっすらとは保存され、それが思わぬ形で意識に上がって発想につながることがあるはずです。まずは、覚えたいことを見つけたら「覚えよう」という意志を持つことが大事。


稲盛和夫

早く言えば売上から費用を引いたものが利益だから、売上を最大にして経費を最小にすればいい。そうすればいろいろな種類の利益もすべて問題なく増える。


前沢孝夫

ビッグデータ分析で、これまで分からなかった傾向は把握できますが、その前に目の前にいるお客さまや情報をきちんと見つめなければならない。統計だけに頼ってはいけない。


佐藤光男(薬学博士)

当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


遠藤弘満

Knotでは時計本体とベルトを別売りにしています。IT企業でよくある、パソコンなどハードを低価格で供給しつつ、ソフトで収益を稼ぐビジネスモデルを時計に応用した格好になります。本体をハード、ベルトをソフトと考えてもらうと、分かりやすいでしょうか。


澤田秀雄

運気をあげるには正々堂堂と成長している企業、人間性が良くて、明るくて成功している人などとお付き合いすることです。運が悪い人ばかりが集まると不満ばかりが集まってきます。気のいい人は運気を呼び込むと思いますよ。それと気を読むことですね。いい時もあれば悪い時もあります。だけどできる限り運気を読み大切にすることだと思います。


鍵山秀三郎

私は社風をよくするために、大きな犠牲を払いました。たとえば、売上の6割近いお得意先との取引をお断わりしました。たくさん買ってくれて支払いもよい、ただ法外なわがままも言うお得意先でした。なぜお断わりしたかというと、社員がその仕事を維持するために苦労し、だんだん卑屈になってきたからです。先方は嵩(かさ)にかかって無茶を言う。本当ははらわた煮えくり返っているのに、へつらって仕事をしないといけない。ただ売上と利益を上げるだけなら社員に、「商売だから、それくらい我慢しろ」と言います。でも、そんな我慢を強いることは、私にはできなかった。だから取引をやめました。


倉田主税

私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。


小沼勢矢

資格試験勉強の場合、目標は資格試験に合格することです。その目標が、「やればできる」と思えるレベルでなければ、集中して勉強しようという気になりません。また、「明確な目標」というのは、「9月9日のTOEICで750点を取る」というように、期日も含めたものです。期日を決めることで集中力が高まるというのは、普段、仕事をする中でも経験していることでしょう。


井上直美(経営者)

事業の種は自分でも考えますし、みんなも巻き込んで考えました。例えば、50周年のときには大口株主様や一般のお客様に記念グッズを作ろうと企画した際、担当者が持ってきたのは今治のタオル。もちろん、温泉地ですからいいのですが、もっと50周年ならではのインパクトのあるものがいいのではないかと。そこで私から提案したのがフィギュア。担当者を秋葉原に行かせてきました(笑)。そして担当者に日本で最もフィギュアを作っているのは海洋堂さんだと教えると、交渉してフラガールのフィギュアを作っていただいたんです。これが好評でした。