中村知哉の名言

中村知哉のプロフィール

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

中村知哉の名言 一覧

一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切。


リーダーはやはり志が大事。


講師の一方的なレクチャーではなく、生徒が発言することに重きを置いているので、これが評価の半分ぐらいの比率を占めます。これからのリーダーは紙に答えを書けるだけでなく、話して人を動かすことが必要ですから。


「私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたい」と言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の問で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。


我々の授業は、基本的にケースメソッドが中心となります。実際にビジネス上で起きた話を元に、もし自分が主人公だったらどうするかということを学生に間うていきます。生徒に役割を演じてもらったり、実際の主人公に来ていただいて話をしてもらったりして、できるだけリアルに学生が情景を思い浮かべて感情移入できるようにしています。ある意味疑似体験ですが、脳科学の研究によるとそこに感情が入ると実際の体験にほぼ近い感覚が得られるといわれています。ケースメソッドで何十回、何百回と練習することによって、実際のビジネスシーンでもかなり余裕を持って臨めるようになります。


外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。


海外でビジネスをする上では、英語ができるに越したことはないのは間違いありません。でも、一番難しいのは存在感を出すこと、「場」を取るということがすごく大事なんです。自分の番が来たら、少なくとも相手に主張を最後まで聞いてもらうことが重要です。


中村知哉の経歴・略歴

中村知哉、なかむら・ともや。「グロービス経営大学院」経営研究科研究科長。一橋大学社会学部卒業、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。丸紅、サン・ライフ(専務取締役)などを経てグロービスに入社。経営研究科研究科長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

豊かな社内人脈を活用すれば、1人では到底不可能な大きな仕事も、様々な人を巻き込んでやれるようになります。他部署の人と交流を深めれば、視野が広がります。視野が広がると、独りよがりの判断や行動が減ります。組織の、チームの一員として成果を出せるようになります。


西澤ロイ

英語学習を日常に取り入れていくときに大切なことは、無理をしないことです。教材をたくさんそろえて一気にやろうと思わず、負担にならない程度の内容と分量を、毎日継続することです。たとえば、リーディングなら興味のある分野のニュースを英文で少しだけ読んでみる。たくさん読もうとするとハードルが高くなりますから、少しから始めるのがコツです。


久田孝

お客様第一という商人の心を大切にするのが商魂。それを心にとどめながらも、流行に振り回されず、経営の基本となる企業の精神、経営哲学を確立しておかなければならない。それが士才。【覚書き:上記は同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった】


永守重信

会議の時間を減らすため、現場に近いレベルの会議はなるべく私抜きで開催するように改めた。会議は基本的に1時間かけていたところを45分で終わらせるようにした。かつては9時から17時か18時までかけていた経営会議も、昼までには終わらせるようにした。出席者を厳選し、先に結論を出すように努めればそれで済む。


菅野宏三

特に大事にしてほしいのは、若い人たちとの関係です。「上司と飲むより部下や若い人たちと飲め」と人にはよくアドバイスしています。上司なんて自分より先に会社を出ていきますから、皆さんの再就職の力にはなってくれない。ところが部下や若い人たちは、皆さんが定年になるころに会社で偉くなります。


佐野陽光

大学時代にいろいろなことをやりましたが、卒業時、一番くやしかったのが「何をやってもイベントになってしまう」ことでした。本気で社会をよくするために継続的な仕組みを作るには、お金、事業という仕組みを知らなければならない。そう思ったのが起業のきっかけです。


宮原耕治

一期一会。高校生のときにこの言葉を知りました。何となくいい言葉だなと思っていたのですが、深い意味はわかりませんでした。いまこの年になって、この言葉の言わんとすることが身にしみています。人と出会うということは、ある意味で、相手から何かをいただくこと。いつも謙虚な気持ちでひとつひとつの出会いに向き合えば、必ず何か得るものがあると思います。


山里亮太

「トークの邪魔になるかもしれない」って躊躇するのは、ときに最大のサボり理由で、何もしない自分を肯定しちゃうんだよね。本当は自ら打席を手放しているだけなのに。だって調子のいいときは、「どうしたら邪魔にならずに入っていけるか」を考えるはずだもの。


勝俣恒久

公正・公平のルールのもとで、フェアプレイの精神で闘う。事業の効率化だけでなく、安定供給の確保などの公益的な課題の両立も考えることが大切です。


瀬戸健

日本の社会は、まだまだ可能性があると思っています。ライザップのように目標に向けて自らを限界まで追い込むことで、一人ひとりの可能性をもっと伸ばせるはずです。


岸田祐介

周囲からやりすぎと思われるくらいがちょうどいい。


ウォルト・ディズニー

私は、6歳の子供でも60歳の大人でも心の中に持っている子供心に響く映画を作っている。どんなに悪い大人でも、無邪気さを捨ててしまってはいない。たとえ、心の奥深くに押し込んでしまっているとしてもだ。


石川朋之

おそらく、神様が頭を打てと仕向けたんでしょうね。周囲に対する日ごろの行いがあまりよくなかったんでしょう。自分は天才だとか、自分中心に世界が回っているとか。僕がよければすべていいという考えがあったのだと思います。
【覚え書き|練習中の事故で重傷を負ったことを振り返っての発言】


野村与曽市

無知は無能と同格である。知性を養い世界の中のわが社を見よ。知って行わざるは知らざるに劣る。敢然実行は実業人の必須資格として尊ばなければならぬ。


菅原義道

誰しも一度は死ぬ。一度死んだら二度死ぬことはない。それだったら、今のうちに死んでおこう。そうすれば、あとは気楽だ。死んでいる者に生死はない。こういうことは、一通り修業をした者なら、誰も体得することであるから不思議なものだ。


ページの先頭へ