名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村真一郎(小説家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村真一郎(小説家)のプロフィール

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の小説家、評論家、詩人、劇作家。大正時代、京都出身。開成中学、一高を経て東京帝国大学文学部仏文科卒業。学生時代から創作活動に励み、太平洋戦争中に書きはじめた長編五部作が評価を受け小説家としても活躍しはじめた。主な受賞に『この百年の小説』で毎日出版文化賞、『夏』で谷崎潤一郎賞、『冬』で日本文学大賞、『蠣崎波響の生涯』で藤村記念歴程賞、『蠣崎波響の生涯』で読売文学賞評論・伝記部門賞など。

中村真一郎(小説家)の名言 一覧

人間が自分を自分から馬鹿だというのは、自分に対する侮辱だし、また下らぬ自己逃避だ。


中村真一郎(小説家)の経歴・略歴

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の小説家、評論家、詩人、劇作家。大正時代、京都出身。開成中学、一高を経て東京帝国大学文学部仏文科卒業。学生時代から創作活動に励み、太平洋戦争中に書きはじめた長編五部作が評価を受け小説家としても活躍しはじめた。主な受賞に『この百年の小説』で毎日出版文化賞、『夏』で谷崎潤一郎賞、『冬』で日本文学大賞、『蠣崎波響の生涯』で藤村記念歴程賞、『蠣崎波響の生涯』で読売文学賞評論・伝記部門賞など。

他の記事も読んでみる

石坂泰三

上手くいったら、お前たちの功績、上手くいかなかったらオレの責任にしていい。


出雲充

自分のことを意志が強いと思ったことはない。どちらかというと弱いほうだと思う。仲間の二人と、このミドリムシで世界を救う仕事をしようと約束をした。ミドリムシの大量培養があまりに難しいので途中で投げ出したかったのは正直なところだが、二人が一所懸命やっている。仲間として一緒にやろうと決めて始めたのだから、一人だけやめるとは言えなかった。


和田秀樹

損得を見極めるには、いろんな角度で眺めることが大事です。たとえば、貧乏クジを引かされたような仕事が回ってくることはないですか? 誰かの代理の役目であるとか、誰かの補佐に回るような仕事です。でも、見方を変えればチャンスであり、得かもしれません。代理の仕事はそつなくこなすだけで合格点がもらえます。補佐する相手は仕事ができる人間が多いので、そのやり方を間近に学ぶこともできます。目先の利益だけを追わずに、長期的な視点を忘れないでください。


森川亮

エンジニアの技術で最高のクオリティーに作り込むことは可能。しかし、それをユーザーが求めていないなら、作り手のエゴや自己満足に過ぎない。本質を見失い、ムダに時間をかけているだけになってしまう。


小暮真久

読書の醍醐味を知ったのは、テーブル・フォー・ツーに関わるようになってからです。社会起業家として歩き出してはみたものの、目の前に立ちはだかる壁は大きく、ぶつかっては跳ね返されるということを何度も繰り返すうちに、さすがに心も弱ってきました。これが会社なら、上司や先輩に指導を受けたり、同僚に愚痴を聞いてもらったりできますが、僕の場合、まさに孤軍奮闘だったので、本に助けを求めたのです。


吉田たかよし

大事なのは上司が自分の脳を部下に押し付けないこと。脳はみんな違うのですから、それを見極めたうえで上手に付き合うのが大原則。職場というのは異脳種交流の場なのです。


塚越寛

社員は経営者の本気度を見ている。


戸田覚

時間管理の下手な人は、時間の見積もりをしないまま「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と仕事を抱え込んでしまうので、「とにかく忙しい」「時間がない」と時間に追われることになります。そして、期日に遅れるまで「遅れる」ことが予測できないので、結局は仕事のいくつかを期日に間に合わせることができなくなってしまうのです。


井上礼之

社員が1つの目的に向かって一丸となって企画・運営するイベントは、普段あまり関わりのない社員同士がお互いを知り合い、一緒にやり遂げた達成感や一体感を通じて、日常の業務では得られない学びや体験を得る機会となる。それが会社に対する帰属意識を高め、結束力を強めることにつながる。これは文化や習慣、価値観などの違いを超えて、世界中で共通するものなのだと改めて感じている。


岩瀬昌美

グローバルエリートは、絶対に今日やらなければならないタスクを午前中に実行します。それを夕方に思い出してしまった場合、その日は残業することになるからです。彼らは最初から帰宅時間を決めているので、残業をするという発想がありません。


榎本博明

どんな人でも、苦手な仕事や嫌いな仕事が回ってきたら、なかなかやる気になれないものです。しかし、仕事をすぐやるタイプの人は、そうした仕事も先送りしません。なぜなら、「嫌なことを後回しにして、好きなことをやったとしても、後回しにした仕事が気になって心から楽しめない。だったら、嫌なことは先に済ませてしまおう」という思考パターンが身についているからです。これは、頭のなかに時間的展望があるから可能となる思考です。要するに、その瞬間だけで判断するのではなく、長いスパンで物事を考えられるので、そのなかで優先順位をつけて、いまやるべきことをすぐに実行できる。


松村厚久

大事なことは、タブーを作らないこと。たとえ素晴らしいアイデアがあっても、最初からオペレーションや流通のことを考えてしまうと、現実に縛られてつまらない店になってしまう。