名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中村真一郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村真一郎(経営者)のプロフィール

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。「ウィンコーポレーション」「ワークステーション」社長。山梨県出身。高校卒業後上京。佐川急便のドライバーなどを経て「ウィンコーポレーション」を設立。

中村真一郎(経営者)の名言 一覧

しっかりとした基盤がないまま店舗拡大を続ける企業は、管理面の問題が沈殿していく。そのまま新店オープンを繰り返し、ある時を境に資金繰りが悪化し、倒産するケースは大企業であっても珍しくはない。


高価なシステムを導入すれば経費は上がってしまう。開発会社であればシステムそのものを売り込まなければならない。しかし当社の場合、ASPを無料で提供したとしても、物流で利益を上げる事ができる。


理論はすばらしいが、実際の物流を組む事ができない会社は山ほどある。我々はむしろ物流こそが本領であり、社員もセンターも物流業での経験値を持っている。だからこそ、鮮度の高い食品が提供できる。


中村真一郎(経営者)の経歴・略歴

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。「ウィンコーポレーション」「ワークステーション」社長。山梨県出身。高校卒業後上京。佐川急便のドライバーなどを経て「ウィンコーポレーション」を設立。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

まずモチベーションの高い組織を作る上では、採用段階からいかにやる気の高い状態で入社するかが大事です。


井上高志

相手の気持ちを汲んだ話し方や伝え方は、自分の恋人や配偶者、子供に対しては誰でもやっていると思います。部下の立場に立った言動ができる上司だけが、部下のモチベーションを引き上げることが可能になります。


用松靖弘

一杯の天丼をとにかく磨き上げること、これが多くのファンを作り、結果的に店舗網の拡大にもつながる。


井深大

国内メーカーも1年か2年ほどのギャップで追いついてきた。かくて日本は世界最大のトランジスター製造国になったのは良いが、たちまち乱売がはじまり、トランジスターラジオの安値競争は世界的に有名になって値段はどんどん下落した。新しいマーケットを開拓する努力をせず、他人の築いたマーケットに割り込み、ただ値段を崩すだけしか能がない典型的な日本商法を嫌というほど知らされた。
【覚書き|トランジスタラジオを開発し、海外市場を開拓して大きな利益を得た当時を振り返っての発言】


清水久三子

課題とは何かといえば、「現状」と「あるべき姿のギャップ」を把握した上で、「あるべき姿」に近づくためにすべきことです。つまり、課題を設定することは、「あるべき姿」へ近づくための問題点をあぶり出す作業と言えるでしょう。


木村皓一

本社を上場させる気はありません。ただ、それでは社員は面白くない。ですから、5年後を目途に、小売業の子会社を上場しようと思っています。社員には、そういう体験もいいでしょう。みんな億万長者でハッピーです。僕自身は、たくさん給料をもらっているから、もう十分です。ラーメンは5杯も食べられません。1杯でたくさんです。


鈴木亜久里

天才じゃない限り、遠回りするのが普通でしょう。遠回りしながらたどりつけたとしたら、それがその人にとっての最短距離だったと思います。僕だって、F1の世界に来るまでの道のりは簡単なものではありませんでした。そのときに大切なのは、定めたゴールから逃げないこと。逃げたらすべて終わってしまいますから。


白洲次郎

目前の安易主義は、将来の禍いのもと。


黒鉄ヒロシ

30歳くらいのとき、ちょっとした事故があったんだ。本屋でね、上の棚の本を取りながら、下にも気になる本があって、そっちを見ていた。それで、何冊か抱えてキャッシャーに行ったら、取った覚えのない本がまぎれてる。こんなの知らんよ……と思いながらも面倒臭いから買って帰ってね。読んでみたら面白かった。自分のセンスなら絶対に選ばない本を事故で手に入れて、世界が広がった。それ以来、自分の買う本の両隣も何かの縁かなと思って手に取るようにしている。


松井忠三

私たちは自動的に全体最適になるような仕組みを作ることで、業務改善が下から上がってくるように心がけています。


ヴォーヴナルグ

革新するのがあまりにも難しい場合、革新が必要ないという証拠である。


前川孝雄

多くの管理職は、経営上部とのやり取りを「生臭い話」や「機密事項」といって、部下に話すのをためらいます。しかし私は、情報開示はなるべくしたほうがいいと思っています。もちろん、部下には話せない情報もあるとは思います。でも、チームの一体感をつくるうえで、情報開示は非常に大事です。管理職と同じ問題意識をメンバーにももってもらうためです。