中村真一郎(経営者)の名言

中村真一郎(経営者)のプロフィール

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。「ウィンコーポレーション」「ワークステーション」社長。山梨県出身。高校卒業後上京。佐川急便のドライバーなどを経て「ウィンコーポレーション」を設立。

中村真一郎(経営者)の名言 一覧

しっかりとした基盤がないまま店舗拡大を続ける企業は、管理面の問題が沈殿していく。そのまま新店オープンを繰り返し、ある時を境に資金繰りが悪化し、倒産するケースは大企業であっても珍しくはない。


高価なシステムを導入すれば経費は上がってしまう。開発会社であればシステムそのものを売り込まなければならない。しかし当社の場合、ASPを無料で提供したとしても、物流で利益を上げる事ができる。


理論はすばらしいが、実際の物流を組む事ができない会社は山ほどある。我々はむしろ物流こそが本領であり、社員もセンターも物流業での経験値を持っている。だからこそ、鮮度の高い食品が提供できる。


中村真一郎(経営者)の経歴・略歴

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。「ウィンコーポレーション」「ワークステーション」社長。山梨県出身。高校卒業後上京。佐川急便のドライバーなどを経て「ウィンコーポレーション」を設立。

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

私は、「あの人の言うことは論理的に正しいから従おう」という以上に、「正しいかわからないけど、あの人の言うことだからとにかくやってみよう」とみんなに思わせるのが最高のリーダーシップだと考えています。周りにそう思ってもらえるかどうかは、好き嫌いの要素が大きい。どんなに頭脳が明晰でも、嫌いな相手に人はついていきませんから。


棚橋弘至

無理してテンションを高めているときにできた友達って、結局、長続きしないんですよ。だから頑張りすぎず、普段のありのままの自分でいるときに波長が合う人を大事にしたほうがいい。


澤田秀雄

トライ&エラーを繰り返すうちに、「感動できるもの」「日本一・世界一のもの」「オンリーワンのもの」が、お客様に来ていただける条件だとわかってきました。何度失敗しても諦めず、努力した先にパッとひらめいた勘が、新しい発明や創造につながったのです。


目床明彦

マスコミで報じられる様々な健康法は、一時的なブームにはなっても効果はあやふやですぐに廃れてしまいがちです。まずは健康に関する正しい知識を提供しながら、一過性のブームに終わらない本当に良い製品の開発・販売に取り組んでいます。


出口治明

どんな仕事でも、仕事の相手は生身の人間です。だから、人間の喜びや悲しみについて知ることは、誰にとっても必須。文学は、その意味で、何よりの教材になります。読む本は古典でもいいですし、芥川賞などの賞をもらった現代文学でも構いません。


藤田晋

成功体験は、新しい仕事を取り組む時の足かせとなるので注意が必要。「成功体験を生かそう」と考えると、どうしてもバイアスがかかり、現状を素直な目で捉えられなくなります。現状を正しく捉えられない人は、ズレた行動を取ったり、時に暴走してしまったりします。


宮内義彦

マスコミなどから、よく「オリックスのライバル企業はどこか?」と聞かれます。私は「市場経済では具体的なライバルは存在しない」と答えているのですが、どうも答えをはぐらかしたように思われているようです。市場経済においては同業他社の動向を見ていてもどうしようもない面があります。それよりも顧客ニーズの変化をしっかりと把握することの方が大切です。


井川幸広

夢はただ見るのではなく、叶えようとする情熱を持たねばなりません。最初は小さくておぼろげでも良いのです。そこに向けて情熱を持って努力し、到達した時に、また次の夢が現れて来るでしょう。それを達成すると、更に次の夢が出てくる。そうやって夢が大きくなることは、自分の世界が広がり、器が広がったことの証です。


山内雅喜

クール宅急便の開発の時もそうでしたけど、当時の会社の利益から考えれば投資額は、それを数倍上回るものでしたから。当時、失敗すればどうするのだろうと思っていましたが、今あらためて思うと、勇気ある決断をしたのだなと思いますね。その代わり、裏では大変な苦労をしながらも検討を重ね、決断する。決めた以上、リーダーが責任を取る形を取らないと、社員は一緒について行こうとは思いません。その決断と裏腹にある責任をリーダーは必ず持たねばならないでしょう。


藤田田

世界の冠たる商人たちは、決して「ギブ・アンド・テイク」などとは言わない。彼らのモットーは「テイク・アンド・アスク・フォーモア」である。つまり取ったうえで、「さらにもっとよこせ」というのである。これなら儲かる。


森辺一樹

海外で日本での成功体験が役に立たないとは言わないが、「売り」をつくれる要因が日本とは大きくことなる場合が多い市場だけに、日本での実績以上に現地に即した成功要因の可視化を重要視すべきである。


加来耕三

歴史には、一度は敗者となるも努力して成功をつかんだ例は少なくありません。人生には大逆転があります。歴史を知れば、たとえつまずいても敗者復活戦があると確信できます。


マーク・ハフェル

政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。


柳井正

早い段階で自分の将来を考え、行動した方がいい。


岩田松雄

30代は「才」、40代は「徳」を学ぶ時期。才とは仕事に直結するスキル。徳とは人間的魅力、自己修養のこと。


ページの先頭へ