中村真一郎(小説家)の名言

中村真一郎(小説家)のプロフィール

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の小説家、評論家、詩人、劇作家。大正時代、京都出身。開成中学、一高を経て東京帝国大学文学部仏文科卒業。学生時代から創作活動に励み、太平洋戦争中に書きはじめた長編五部作が評価を受け小説家としても活躍しはじめた。主な受賞に『この百年の小説』で毎日出版文化賞、『夏』で谷崎潤一郎賞、『冬』で日本文学大賞、『蠣崎波響の生涯』で藤村記念歴程賞、『蠣崎波響の生涯』で読売文学賞評論・伝記部門賞など。

中村真一郎(小説家)の名言 一覧

人間が自分を自分から馬鹿だというのは、自分に対する侮辱だし、また下らぬ自己逃避だ。


中村真一郎(小説家)の経歴・略歴

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の小説家、評論家、詩人、劇作家。大正時代、京都出身。開成中学、一高を経て東京帝国大学文学部仏文科卒業。学生時代から創作活動に励み、太平洋戦争中に書きはじめた長編五部作が評価を受け小説家としても活躍しはじめた。主な受賞に『この百年の小説』で毎日出版文化賞、『夏』で谷崎潤一郎賞、『冬』で日本文学大賞、『蠣崎波響の生涯』で藤村記念歴程賞、『蠣崎波響の生涯』で読売文学賞評論・伝記部門賞など。

他の記事も読んでみる

平川秀幸

一般の方はそんなに詳しいことまで科学技術について知っておく必要はないと思っています。むしろ大事なのは、それぞれの人が持っている独自の考え方や感じ方、経験や知識を活かし、その観点から科学技術について問いかけることです。


佐野末四郎

自転車屋になりたくて、自転車を作っているわけじゃないですよ。祖父や父から引き継いだ技術を親しみやすい形で見てもらいたかっただけ。オレは船大工です。


スティーブ・ジョブズ

我々は宇宙に衝撃を与えるためにここにいる。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

私は「ペースを設定する」ことを自分の仕事にした。それによって、他の人たちのやる気を引き出す。とても単純なルールがあるんですよ。私に会う時に、問題点だけを提起して解決策を持ってこない従業員がいたならば、その人にはもう、二度と会うことはない。もう一つのルールは会議をできる限り、短くすることです。行動せずにしゃべりすぎる人が多いですから。個別の打ち合わせなら15分。週1回のチームミーティングであっても、長くて1時間までです。ペースを決めることはとても大切です。


柳井正

どんな単純な仕事も、できなければ駄目なんですよ。で、できた後にまた考えて、より上手くやる方法とか、何か別の方法があるんじゃないかって考える訓練をしないといけない。


猪瀬直樹

「リーダー=カリスマ」という発想は間違い。誰もがカリスマ型リーダーを目指す必要はない。


ウォルト・ディズニー

私は常に改革者であることを信条としている。あなたが自分の言ったことを繰り返すのは嫌なように、私は自分の映画を作るのは好きではない。私は新しいことをやって、何か新しいコンセプトを開発するのが好きだ。


矢部輝夫

当社では清掃活動を「新幹線劇場」と呼んでいます。これはお客さまが主役で、私たち従業員が脇役となって、一緒にこの場所で素晴らしい思い出を作ろうという意味合いです。


大村浩次

加盟店に社長の私が出向くことの意味は意外に大きく、「社長が来てくれた」というだけで加盟店は喜んでくれる。ですから、本部がこれをやると決めたら、必ずやるっていうオーナーが結構多いんです。


池田欣生

アメリカは見た目を重視する国なので特にリーダー層の人たちは見た目を非常に気にするんです。だから、顔にシワがあったりすると、シワを治すお金もないのかと思われたりするくらいで、会社の評価や信用にも関わってくると言うんですね。これは日本でも同じだと思います。やはり、見た目が若いと周りの印象もいい。ですから、見た目に悩まれている方がいらっしゃるのであれば、いつでも当院に来ていただければと思います。


野口弘子

最初からホテル業に就こうと決めていたわけではありません。大学卒業後、これからの時代はコンピュータが必要になりそうだと感じ、なんとなくコンピュータの勉強をしたのですが、それがあとあと、ずいぶん役に立ちました。


石上芳男

いかに需要を掴み、短期間で売りさばき、在庫を抱えないようにするか。回転率や収益率など数字に強いだけでなく、センスも求められる。


平尾喜昭

仮説を立てる段階では、数値化されたデータがあるかどうかに目を向けがちですが、「数値がなくても分析はできる」ことを覚えておきましょう。「南向きかどうか」は、「1(南向きである)」か「0(南向きではない)」の数字を当てればOK。こうした技を用いれば、分析の世界は飛躍的に広がります。


吉村征之

出会いが人生を大きく変えていく。


田岡信夫

秀吉という人は、いろいろな文献を調べてみると、戦いを行う前に敵の兵力数を調べるのが常であった。だが、秀吉の優れているのは、味方の兵力数と比較して敵が一兵でも多い場合には絶対に戦いをしないという鉄則を守った点にある。連戦連勝は当然であった。たとえば、小田原の北条氏を叩いたときに、秀吉は30万の兵力を投入した。これに対し北条氏は、わずかに4万であった。したがって、数日で戦闘は終わってしまったようである。


ページの先頭へ