名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村直樹のプロフィール

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

中村直樹の名言 一覧

私にも完璧な答えなどはわかりませんが、ただひとつだけいえるのは、「お客様の視点を忘れない」こと。これは絶対に必要です。我々の仕事は、ファッションを提案すること以上に、お客様の好みを理解し、分析することがすごく大切だからです。


買い付けにしても、製造現場に足を運んでこそわかることが多い。成功のヒントは現場にあるとつくづく思います。イタリアの工場を回る際など、1日で800km近くをクルマで移動することもありますが、苦になりません。


取引先にかぎらず、お客様もスタッフも大切にする。当たり前のことですが大切なことです。そもそもファッションは、生活にうるおいを与え人を幸せにするためにあるもの。その仕事に関わる全員がハッピーになることを核に置けば、仕事も必ず開けてくるのではないでしょうか。


「取引先と対等に接すること」が大切です。残念なことに、メーカーに対して無理難題をいうような小売りもまだ存在しています。しかし私は、そういうアンフェアなことはしたくない。「バーニーズと取り引きして、損した……」などということは、絶対にあってはならないと思っています。現場の人がどれだけ苦労して、商品をつくっているのか?その思いだけは忘れないようにしています。


私は、できるだけ多く「現場を見る」ようにしています。街いく人を観察する、ライバル店に足を運んで、お客様が何を買っておられるのか見る、店のスタッフにお客様の傾向を聞く……。すると、あの人は高級ブランドの服を着て、廉価店の買い物袋をもっている……。なるほど、使い分けをしているんだな、といったことがわかってくるわけです。社長になったいまでも、それは変わりません。見たいお店があれば会社を抜け出してすぐに行きます。店を見にいく時間を捻出するために、昼食時間を削ることもあります。


私も、顧客視点を忘れ、失敗したことがあったんです。それは、熊本の岩田屋さんに出向したとき。新宿の伊勢丹で売れるような婦人服をたくさん展開したところ、全然売れなかった。新宿のお客様が好きなものが、熊本のお客様も好きとは限らない。そんな当たり前のことを見落としていたんですね。以前から顧客視点は大切だとはわかっていたつもりですが、それで再認識させられました。


業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


伊勢丹ではハンドバッグや靴のバイヤーから、まったく未経験の婦人服のバイヤーになったり、熊本のデパート岩田屋に出向したりと、いろんな仕事をしてきました。もちろん、すべてが華やかな仕事だったわけではないし、過酷な時期もありました。でも、そのおかげで、ファッションをトータルで考えられるようになり、多様な人脈もできた。それが、いまの仕事にもすごく役立っています。もし、自分の運のいいところを挙げるなら、自分から望まないでもそういう経験ができたことでしょうね。


伊勢丹では一貫して、婦人服や婦人雑貨の部門にいました。入社時に希望したわけではないんですが、なぜか婦人靴に配属されていた。一年目は、倉庫に一日中こもって、婦人靴の入庫や返品業務ばかりしていました。しかし、倉庫の単純作業は嫌だったわけではありません。それに、毎日、靴の入庫や返品をしていると、どんな靴が売れて、どんな靴が売れないのかがよくわかってくるんです。この経験が、のちに靴の販売や買い付けをしたときに活かせました。


伊勢丹には新卒で入社しました。父親がファッション好きで、その影響が大きかったですね。自然と興味をもちはじめ、いつのころからか、人を幸せにするファッションの仕事ができればいいなと思いはじめたんです。伊勢丹に入りたいと思ったのは、実家が新宿で、よく連れていかれていたから。大学の友人は、金融や商社を目指していましたが、私は伊勢丹一社しか受けませんでした。親には「ほかも受けろ」と怒られましたが。


中村直樹の経歴・略歴

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

リスクを恐れて尻込みする必要はありません。失敗しても、いい経験になる。自分たちで経験してみないことには、課題に対処する力は身につきません。


佐々木常夫

限界を超えるほどのストレスを受け続けると、心が擦り切れてしまいます。もう無理だと思ったら、そこから逃げることも必要でしょう。


山田進太郎

カスタマーサポートの質は、ブランドイメージを左右する。


出口治明

ビジネスのほとんどは基本「儲かるかどうか」で合理的に答えが出るもの。


堺屋太一

明治維新のような大改革がなぜ起こったかというと、「武士は偉くない」とみんなが気付いたからです。それまでは、武士は剣術の鍛錬をしていて、きちんとした学問も受けていて、伝統的な様式美も守っていたから偉い、立派だと思われていた。ところが黒船が来たときに、武士の剣術や学問は時代遅れのまったく役にものであることがわかってしまいました。


尾賀真城

大阪第1支社長としてサッポロが弱い大阪に赴任したときのことです。当時の茨木工場のすぐ近くにスーパーがあったのですが、この店の当社のシェアは3割を超えていました。酒売り場の担当者もパートの人たちもサッポロを一生懸命売ってくれ、常識ではあり得ない異常値をたたき出していました。やり方次第では異常値はつくれるわけで、営業とは面白い仕事です。


塚田僚一

2日に1回、7~8キロは走ってます。やっぱり運動で抜きん出たいなという気持ちがあって。目に見えた結果が出ると自信がつきますし。


田中角栄

相手に喜んでもらうなら徹底的にやってあげることだ。中途半端な親切は生きない。


片田哲也

金融やコーポレートガバナンス(企業統治)の問題にかかわっているうちに、大きな疑問を抱かざるを得ませんでした。専門家はあまり自らのフィールドにこもりすぎて視野が狭くなりがちなうえ、外部への説明責任を怠っているのではないかということです。


エドガー・ケイシー

人間はすべて例外なく、自分が気付いている以上の大きな力を持っている。


井上直美(経営者)

危機時にはトップダウンが非常に効率的だと思いますが、平時は社員みんなが強くならなければいけない。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

子供の頃から、とにかく「変なもの」が好きでした。吉田戦車さんのシュールなギャグマンガやお笑い、ネットに繋いでからは、お笑い系テキストサイトにものめり込みました。「変」というのは、既存のフォーマットや規範に従わないことですよね。そういう「変なもの」を知ることで初めて規範は相対化され、その対立構造を俯瞰で見られるようになるんです。