名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村直樹の名言

twitter Facebook はてブ

中村直樹のプロフィール

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

中村直樹の名言 一覧

私にも完璧な答えなどはわかりませんが、ただひとつだけいえるのは、「お客様の視点を忘れない」こと。これは絶対に必要です。我々の仕事は、ファッションを提案すること以上に、お客様の好みを理解し、分析することがすごく大切だからです。


買い付けにしても、製造現場に足を運んでこそわかることが多い。成功のヒントは現場にあるとつくづく思います。イタリアの工場を回る際など、1日で800km近くをクルマで移動することもありますが、苦になりません。


取引先にかぎらず、お客様もスタッフも大切にする。当たり前のことですが大切なことです。そもそもファッションは、生活にうるおいを与え人を幸せにするためにあるもの。その仕事に関わる全員がハッピーになることを核に置けば、仕事も必ず開けてくるのではないでしょうか。


「取引先と対等に接すること」が大切です。残念なことに、メーカーに対して無理難題をいうような小売りもまだ存在しています。しかし私は、そういうアンフェアなことはしたくない。「バーニーズと取り引きして、損した……」などということは、絶対にあってはならないと思っています。現場の人がどれだけ苦労して、商品をつくっているのか?その思いだけは忘れないようにしています。


私は、できるだけ多く「現場を見る」ようにしています。街いく人を観察する、ライバル店に足を運んで、お客様が何を買っておられるのか見る、店のスタッフにお客様の傾向を聞く……。すると、あの人は高級ブランドの服を着て、廉価店の買い物袋をもっている……。なるほど、使い分けをしているんだな、といったことがわかってくるわけです。社長になったいまでも、それは変わりません。見たいお店があれば会社を抜け出してすぐに行きます。店を見にいく時間を捻出するために、昼食時間を削ることもあります。


私も、顧客視点を忘れ、失敗したことがあったんです。それは、熊本の岩田屋さんに出向したとき。新宿の伊勢丹で売れるような婦人服をたくさん展開したところ、全然売れなかった。新宿のお客様が好きなものが、熊本のお客様も好きとは限らない。そんな当たり前のことを見落としていたんですね。以前から顧客視点は大切だとはわかっていたつもりですが、それで再認識させられました。


業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


伊勢丹ではハンドバッグや靴のバイヤーから、まったく未経験の婦人服のバイヤーになったり、熊本のデパート岩田屋に出向したりと、いろんな仕事をしてきました。もちろん、すべてが華やかな仕事だったわけではないし、過酷な時期もありました。でも、そのおかげで、ファッションをトータルで考えられるようになり、多様な人脈もできた。それが、いまの仕事にもすごく役立っています。もし、自分の運のいいところを挙げるなら、自分から望まないでもそういう経験ができたことでしょうね。


伊勢丹では一貫して、婦人服や婦人雑貨の部門にいました。入社時に希望したわけではないんですが、なぜか婦人靴に配属されていた。一年目は、倉庫に一日中こもって、婦人靴の入庫や返品業務ばかりしていました。しかし、倉庫の単純作業は嫌だったわけではありません。それに、毎日、靴の入庫や返品をしていると、どんな靴が売れて、どんな靴が売れないのかがよくわかってくるんです。この経験が、のちに靴の販売や買い付けをしたときに活かせました。


伊勢丹には新卒で入社しました。父親がファッション好きで、その影響が大きかったですね。自然と興味をもちはじめ、いつのころからか、人を幸せにするファッションの仕事ができればいいなと思いはじめたんです。伊勢丹に入りたいと思ったのは、実家が新宿で、よく連れていかれていたから。大学の友人は、金融や商社を目指していましたが、私は伊勢丹一社しか受けませんでした。親には「ほかも受けろ」と怒られましたが。


中村直樹の経歴・略歴

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

平尾誠二

選手を怒るときは、怒られる人間の性格や状況にもよります。1対1で言い聞かせた方が素直になれる相手ならそうしますし、「ここはチーム全体の気持ちを引き締めなくてはいけないな」というときなどは、あえてチームリーダーを全員の前で叱ることもあります。


高岡本州

別に世界を席巻しようと海外へ進出するわけではありません。寝具には国ごとのスペックがないですし、薄いマットレスパッドですから輸送コストもかかりません。つまり、日本のメーカーが液晶テレビの優位性を保てなかったことと同じように、遠からず技術はキャッチアップされ優位性は失われてしまいます。だからこそグローバルに出て行かねば、やがて立ち行かなくなる。


関谷英里子

私のおすすめ英語教材はスピーチ集です。最近のものであれば、ミシェル・オバマ(オバマ大統領夫人)が大統領の予備選で行った応援演説です。ほかにも、ビジネスパーソン向けとして、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った名演説もおすすめです。また、誰でも知っている有名なものでは、マーティン・ルーサー・キングやJ・F・ケネディの演説などもおすすめです。スピーチには聴衆の誰にでもわかるよう、平易なフレーズが繰り返し登場しますし、心に響く洗練された言い回しもたくさん使われています。


川辺清

ホルモンは肉に比べ、料金もリーズナブルだったこともあり、会社員を中心に賑わいをみせました。今でこそ、豊富なコラーゲンを含有した美肌食としてホルモンは、老若男女に人気ですが、これほど注目されるとは思いませんでした。当時はBSE問題の影響もあり、全国40店舗に展開していた焼肉業態が苦戦していた時でしたので、ホルモン焼きのポテンシャルに気付かされて、本当に運が良かったと思います。


柏原純一(経営者)

人口当たりの病院の必要なベッド数などは、地域ごとに大きく異なるため、現在の医療資源を視覚化するシステムを開発し無償提供しました。八王子市で医師会の先生方と共同構築した地域医療連携システム「まどころネット」では当社のデータベースを生かしながら、ICTを活用した情報共有ツールとして、医師や看護師、薬剤師やケアマネージャーなど多職種間で患者情報を共有することができます。今後地域包括ケアを担うシステムとして期待しています。


本田浩次

牛乳は太るという誤解に対しては積極的に手を打つ必要があります。女子栄養大学での中学・高校生を対象にした調査などで、牛乳で身長は伸びても、体重には関係ないとの結果が出ています。
【覚書き|Jミルク会長時代の発言】


山田義仁

事業が一本足でなくいろいろな事業を持っているということは人財活用という観点からもいい。


山本伸(経済ジャーナリスト)

日本人がいけないのは、みな日本は成熟経済で、開拓地が存在してないと思っている人が多いんです。でもフロンティアはあるんですよ。


柴山政行

財務を理解するには決算書を読み解くというのが普通の考え方のようだ。しかし、決算書は日々の企業活動にともなって起票していく帳簿の要約でしかない。本当に財務を理解したいのなら、簿記をマスターして帳簿の行間から企業活動の実態を読めるようになりたい。


小野譲司

多様な価値観の顧客を取り込もうとすればするほど、満足していない顧客も取り込むことになるため、平均的な顧客満足度は自然と低下していきます。満足度の高い企業や業界には一つの傾向があります。それは、顧客のターゲットが絞られているということです。


林康史

投資に対しての捉え方も結果を左右します。勝てる人に共通するのは、「負け」を意識している点。逆に負け続ける人ほど「勝ち」を夢見ます。


大野直竹

その土地に最適なものが何なのか、一つの知恵だけではうまくいかないケースが多々あるでしょう。例えば、賃貸住宅よりもサービスアパート、ホテルの方が立地として向いていることもある。だから色々なものを扱えるように、各部門が勉強しないといけないですね。


田中角栄

悪口を呑み込んだことで、やがて時期が来て互いの利害損得が一致したとき、再び手を握れる余地が生まれる。人脈は、こうして広げていく部分もある。


寺門ジモン

ダチョウ倶楽部のなかでも、ボクは一番面白くない存在でいいんですよ。一番つまらなくて存在感のない人間でね。リーダーと竜ちゃんが気持ちよく仕事ができて、周りから「いやぁ、竜ちゃんって面白いよね」って評価されれば、ボクの勝ちでもあるんです。3人が3人とも、「面白い、面白い」となったら、どうなりますか? 面白いことでも面白く映らないじゃないですか。有吉(弘行)に「ジモンさんはダチョウ倶楽部の二軍だ」と言われても(笑)、「ハイ、二軍のジモンです」と言って笑いがとれればいいんです。どんな世界でも、華やかにホームランを打つ人がいれば、地味にバントを決める人も必要なんです。


上川隆也

(芝居の)ほかに好きなものも、昔はあったような気がしないでもないんですけど、30歳を過ぎたころからは加速度的に、ムダなものがどんどん削がれていきましたね。いまは芝居があればいいというか、芝居があるおかげで、僕なんか、かろうじて社会にいることが許されていると思うんです。芝居がなかったら? うーん、生活者としての能力は相当低いし、世の中のなんの役にも立たない、ただの困ったヤツでしかないんじゃないですか(笑)。