中村直樹の名言

中村直樹のプロフィール

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

中村直樹の名言 一覧

私にも完璧な答えなどはわかりませんが、ただひとつだけいえるのは、「お客様の視点を忘れない」こと。これは絶対に必要です。我々の仕事は、ファッションを提案すること以上に、お客様の好みを理解し、分析することがすごく大切だからです。


買い付けにしても、製造現場に足を運んでこそわかることが多い。成功のヒントは現場にあるとつくづく思います。イタリアの工場を回る際など、1日で800km近くをクルマで移動することもありますが、苦になりません。


取引先にかぎらず、お客様もスタッフも大切にする。当たり前のことですが大切なことです。そもそもファッションは、生活にうるおいを与え人を幸せにするためにあるもの。その仕事に関わる全員がハッピーになることを核に置けば、仕事も必ず開けてくるのではないでしょうか。


「取引先と対等に接すること」が大切です。残念なことに、メーカーに対して無理難題をいうような小売りもまだ存在しています。しかし私は、そういうアンフェアなことはしたくない。「バーニーズと取り引きして、損した……」などということは、絶対にあってはならないと思っています。現場の人がどれだけ苦労して、商品をつくっているのか?その思いだけは忘れないようにしています。


私は、できるだけ多く「現場を見る」ようにしています。街いく人を観察する、ライバル店に足を運んで、お客様が何を買っておられるのか見る、店のスタッフにお客様の傾向を聞く……。すると、あの人は高級ブランドの服を着て、廉価店の買い物袋をもっている……。なるほど、使い分けをしているんだな、といったことがわかってくるわけです。社長になったいまでも、それは変わりません。見たいお店があれば会社を抜け出してすぐに行きます。店を見にいく時間を捻出するために、昼食時間を削ることもあります。


私も、顧客視点を忘れ、失敗したことがあったんです。それは、熊本の岩田屋さんに出向したとき。新宿の伊勢丹で売れるような婦人服をたくさん展開したところ、全然売れなかった。新宿のお客様が好きなものが、熊本のお客様も好きとは限らない。そんな当たり前のことを見落としていたんですね。以前から顧客視点は大切だとはわかっていたつもりですが、それで再認識させられました。


業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


伊勢丹ではハンドバッグや靴のバイヤーから、まったく未経験の婦人服のバイヤーになったり、熊本のデパート岩田屋に出向したりと、いろんな仕事をしてきました。もちろん、すべてが華やかな仕事だったわけではないし、過酷な時期もありました。でも、そのおかげで、ファッションをトータルで考えられるようになり、多様な人脈もできた。それが、いまの仕事にもすごく役立っています。もし、自分の運のいいところを挙げるなら、自分から望まないでもそういう経験ができたことでしょうね。


伊勢丹では一貫して、婦人服や婦人雑貨の部門にいました。入社時に希望したわけではないんですが、なぜか婦人靴に配属されていた。一年目は、倉庫に一日中こもって、婦人靴の入庫や返品業務ばかりしていました。しかし、倉庫の単純作業は嫌だったわけではありません。それに、毎日、靴の入庫や返品をしていると、どんな靴が売れて、どんな靴が売れないのかがよくわかってくるんです。この経験が、のちに靴の販売や買い付けをしたときに活かせました。


伊勢丹には新卒で入社しました。父親がファッション好きで、その影響が大きかったですね。自然と興味をもちはじめ、いつのころからか、人を幸せにするファッションの仕事ができればいいなと思いはじめたんです。伊勢丹に入りたいと思ったのは、実家が新宿で、よく連れていかれていたから。大学の友人は、金融や商社を目指していましたが、私は伊勢丹一社しか受けませんでした。親には「ほかも受けろ」と怒られましたが。


中村直樹の経歴・略歴

中村直樹、なかむら・なおき。日本の経営者。バーニーズジャパン社長。東京出身。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、伊勢丹に入社。服飾雑貨や婦人服のバイヤー、商品部長などを経て、伊勢丹が全額出資していたバーニーズジャパンに出向。バーニーズジャパン商品部長、取締役営業本部長などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる


土屋嶢

真の意味でのサービス業になるために20年かけて改革を進めてきた。行員をコンビニエンスストアやホテル、製造業など異業種に派遣したのもそのためだ。規制に縛られ、自らもそれに慣れた銀行の枠を打ち破ってほしかった。そんなものにとらわれない自由な視点を持ってもらう必要があった。そして、それは店舗を顧客目線で役に立つものに変えるところに生かされている。


ココ・シャネル

わたしが創り出したものを全部知ることはできない。わたしは革命をした。


荻田伍

新たな価値を提案し続ける活動をしっかりやっていくことが大切。


高田純次

歳を取ると頭の回転が鈍くなる。自分を追い詰めていかないとネタが出てこないのよ。


竹田圭吾

量や数を表す場合、ただ「多かった」と書いたり言ったりするのでは、相手はビジュアライズできません。そうではなく、「○○万○千人いた」「○○パーセントです」などと、具体的な数字を出すと相手への説得力も増します。上司に何か報告する場合なども、「需要が増えています」とだけ言うより、「リサーチした結果、○パーセントの需要を見込めます」などと言った方が上司もイメージしやすいのです。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」創刊時は、そこでモノが売れるとは考えていなかったです。ただ、最初からインターネットはビジネスになるとは思っていました。銀座の4丁目の角に自動販売機を置いたら、それだけで食っていけますよね。おでん屋でも花屋でも何でもいい。重要なのは銀座4丁目にあるということです。大事なのは「人のにぎわい」。人が、その街に行きたくなる理由があるかぎり、何をしたらよいかわからなくても、食う道はあると思っていました。


ベンジャミン・フランクリン

年の行った独身男が結婚したいのは、賢くて、美しく、金持ちで、若くて、未婚の処女で、高慢でも粗野でもなく、申し分のない大きさで、都会育ちで、田舎の主婦のように働く女。そんな男は、結構な馬鹿者で、長い間むなしく待ち続け、レディメイドには存在しない彼女に求婚するよりほかない。


ページの先頭へ