中村澄子の名言

中村澄子のプロフィール

中村澄子、なかむら・すみこ。日本の英語講師。同志社大学卒業、エール大学でMBAを取得。東京八重洲でTOEIC教室を主宰。著書に『1日1分レッスン! TOEIC TEST千本ノック!』シリーズ、『TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』ほか。

中村澄子の名言 一覧

多忙なビジネスマンでも、その気になれば学習時間は作れるのです。私の教室の参加者には、教室の時間(週3時間2カ月8回)以外に、平日は毎日自宅で1時間、通勤時間は往復2時間と仮定して両方をリスニングにあて、昼休みのうち10分間をリーディングにあて、週末は土日各3時間ずつ学習を、と勧めています。


TOEICの勉強はだいたい2~3カ月で100点アップを目安に、短期集中型で、一気に点数を上げるほうが効果的です。学習期間が長期化すると疲労し、思うような結果が出ない場合が多いからです。


重要なのは、闇雲に勉強を始めるのではなく、情報収集をすることです。TOEICの試験内容はビジネス寄りであること、トリック問題が多いこと、英語運用能力だけではなく情報処理能力も問われることを踏まえたうえで、教室や参考言選びに着手しましょう。


勉強にはスケジュール管理も必須です。学習時間については、予定表を作成することをお勧めしています。


中村澄子の経歴・略歴

中村澄子、なかむら・すみこ。日本の英語講師。同志社大学卒業、エール大学でMBAを取得。東京八重洲でTOEIC教室を主宰。著書に『1日1分レッスン! TOEIC TEST千本ノック!』シリーズ、『TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』ほか。

他の記事も読んでみる

久保憂希也

数字力を鍛える方法として、「日経新聞を疑う」という方法もあります。日経新聞の紙面には「売上○億円、利益○億円、過去最高益を更新」といった見出しが躍っていますが、そこだけを読んで鵜呑みにしてはいけません。「それはどういうことなのか?」と疑ってみることです。これは「本質的な数字を見分ける」という意味でもとても重要なことです。たとえば、「昨年の携帯電話の契約純増数でソフトバンクが1位になった」という記事があったとします。「契約純増数」が増えても一台当たりの通話料やデータ通信料など、「一人あたりが払う金額」が小さければ、売上は競合他社より少ないかもしれないかもしれません。「1位」という数字だけに注目しても、本質は見えてきません。その中身は何を意味しているのか、違う角度から考えてみることが必要です。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

自分のことだけでなく、部下や周りの人の個性もきちんと認めてあげることが肝要。40代ともなると、頭が固くなり、何事においても「こうあるべき」という「べき論」が増えてくる傾向があります。自分と違う考えもある、という多様性を認めることで、ちょっとしたことで腹が立ったり、ストレスを溜めたりすることが少なくなるでしょう。


泉谷直木

企業は人ですから、一人ひとりの能力を上げて、組織全体を強くしていかなくてはいけない。


堀久作

私は8歳のときに父を亡くしたが、私の今日あるのは父が死ぬときに残した言葉が大きくあずかっている。「お前が世の中に出て、もし食うのに事欠くことがあっても、決してものを質に入れてはならない。質に入れるほど困ることが起きたら着物でも売ってしまえ。売ってしまって悔しかったら、それ以上のものをつくるように努力しろ。着物でも同じ着るならいいものを着ろ。悪いものは決して着るな」と遺言したのである。


加賀見俊夫

人生は浮き沈みがあるけれども、沈んだときにどうするかが重要だ。体力、あるいは精神力、そういった逆境を乗り切る力を持って欲しい。


セオドア・ルーズベルト

閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


貞末良雄

満身創痍でやってきた経営者でないと、直感力とかカンというものは養われない。


松重豊

蜷川(幸雄)さんの教えで痛感したのが、演劇は生ものだということ。公演に備え、稽古場に通って1か月くらいは稽古漬けの毎日。当然セリフの言い回しや、細かい動きまで厳しい指導を受けます。それをくり返すうちに、蜷川さんから演技にOKが出る。でも、安心できません。「これでいい」と合格点をもらった演技を翌日もそのままやると怒鳴られます。つまり、ラクしてはいけないんです。堕落しないために常に自分を疑って検証しろ、と叩き込まれました。


岩瀬大輔

価値観は議論をしても意味がありません。価値観を形成する好みや立場は、人によって違うのが当然であり、それを無理に変えさせることはできないからです。価値観は共有できないからこそ、それ以外のインプット(前提となる事実や条件、目的)とロジック(論理)を共有することが、余計な争いの種を減らす最も有効な手段になります。意見調整の場に臨む際は、そのための準備を怠らないようにしましょう。


藤本誠之

朝に予測して、夜に反省を繰り返せば、実際買う時の理由に確信が持てるようになる。そして、買った理由がなくなった時に売ればいい。


中村裕(ホテル経営者)

私どもは感情を持った人間というお客様を相手にしています。机上であれこれ考えても通用しないのです。


亀谷誠一郎

はじめはアピールしたいことばかりを考えて、大量の企画書を書いていましたが、相手には「相手が知りたいこと」しか伝わらないんだと気付いた。


谷原章介

『王様のブランチ』で、司会は慣れたものと思われるかもしれませんが、『アタック25』は共演者がプロ(タレント)のブランチとは違って、解答者も観客席も一般の方々ですからね。テレビに慣れてない分、掛け合いが難しい。だから、本番のかなり前からスタジオに入って、解答者や応援席の方々とコミュニケーションを取るようにしています。カメラが回る前に雑談の時間を取るとリラックスしてもらえます。僕も情報を得られますし、本番でのやりとりも硬さが取れるんです。


和田秀樹

褒めて育てるほうが成長する確率が高いことは、現代心理学の基本。ある集団をデキたときに褒めるやり方と、デキないときに厳しく叱るやり方で比べた実験では、前者のほうが効果が高いデータが得られています。でも、全員にピッタリあてはまる人材育成法なんてないんです。前述の心理学でも褒めることで伸びる人は7割くらいいるが、そうでない人も3割くらいいるだろうと考えられています。結果的に、7割の人が伸びたことで、全体のパフォーマンスが上がった。しかし、現実に伸び悩む人が3割もいるわけです。


武田邦彦

成功するかどうかわからない、たとえ成功しても、儲かるかどうかはまた別の問題。研究にはそんなギャンブルのような面があります。しかしそれでも挑戦しなければ、進歩は生まれないのも事実です。きっとそれは、一般の会社員の方の仕事でも同じではないでしょうか。


ページの先頭へ