名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村洸太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村洸太のプロフィール

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

中村洸太の名言 一覧

自分の今の状態を客観的に見る定期点検の習慣を身につけて、イライラしにくい人を目指しましょう。


イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。


大事なのは、「自分の言動を相手がどう受け止めるか」を考えること。人を攻撃する人は、この視点が抜けがちです。「威圧的な言動なんてしていない」といくら思っても、相手が「威圧的だった」と感じて傷ついてしまうこともある。「あなたのOKは、誰かのOKではない」ことを意識しましょう。


誰でも心に余裕がなくなると、イライラしてきます。重要なのは、その時に自分が普段の状態ではないことに気づき、誰かを傷つけるような言動を取らないように注意すること。イライラした気持ちを正しく抑える手法を知っておくことも大切です。


中村洸太の経歴・略歴

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

他の記事も読んでみる

西川八一行(西川康行)

どんな仕事でも同じですが、恐れず、諦めず、「変える勇気」を持つことは大事。


荻田伍

危機感を持ってお客様と相対したときに、初めてお客様の意識下にあるニーズに触れることができます。危機感がなければ驚きのある商品なんて絶対につくれません。


塚越寛

地域に対しても、雇用創出を含め、できるかぎりの貢献活動を行なっていくべきでしょう。たとえば社屋周辺の清掃などは、さほど経費をかけなくても熱意さえあればできます。そうして地道に地域貢献していくことで、企業のイメージはおおいに向上することでしょう。イメージアップが図られた結果、回り回って売上の増加にもつながるでしょうし、自社のファンになってくださった方々が、「くちコミ」という最も効果の高い宣伝活動を行なってくれるようにもなります。


澤田秀雄

我々も世界対応をしていかなければならない。すべてにおいて変化の時代ですから、日本だけで考えると遅れを取ることになる。


高橋英樹(俳優)

仕事をうまく進めるために重要なのが、好奇心を持つこと。好奇心が旺盛であれば、物事に対して真摯に取り組む姿勢ができる。


稲盛和夫

企業の根幹がズレたらガタガタになる。


佐々木かをり

1時間と見積もった仕事が本当に1時間で終えられるのか。終わらないなら実際は何時間必要なのか。はじめは想像で、次は予測と実態をすり合わせて仕事にかかる時間を決定し、計画するのもポイントです。繰り返し検証することで、必要時間を予測する技術が磨かれます。計画通り進めることができれば、予測と実態のズレから生じる不安やストレスが軽減され、ハッピー度も増すはずです。


岡藤正広

焦ったらあかん。短期の利益よりもまずは、ブランドづくりやで。


小川仁志

哲学を学ぶマインドが高まっていると言っていいでしょう。バブル崩壊後の「失われた20年」の中で、世の中を良くしようと様々な施策や対策が試されてきましたが、どれも期待した結果は得られませんでした。そこで皆が気づいたんです。「物事の本質から考え直す必要がある」と。本質を捉えたいなら哲学が役立ちます。


櫻井英明

どう考えても相場で重要なのは大局観。でも、この積分的思考は無視され、市場は微分したコメントばかりが横行している。刹那的なその日暮らしの毎日。せいぜい来週くらいまでしかない時間軸。それでは、視点が濁って来るに違いありません。


三宅秀道

中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。


弘兼憲史

何かを継続する時、一番の敵が「飽きる」という気持ち。飽きたなと感じたら変化したくなるのが人間ですが、「飽き」を越えてしか得られないものがある。それは周りに与える「安心感」や自分の土台を作る「自信」。