名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村洸太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村洸太のプロフィール

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

中村洸太の名言 一覧

自分の今の状態を客観的に見る定期点検の習慣を身につけて、イライラしにくい人を目指しましょう。


イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。


大事なのは、「自分の言動を相手がどう受け止めるか」を考えること。人を攻撃する人は、この視点が抜けがちです。「威圧的な言動なんてしていない」といくら思っても、相手が「威圧的だった」と感じて傷ついてしまうこともある。「あなたのOKは、誰かのOKではない」ことを意識しましょう。


誰でも心に余裕がなくなると、イライラしてきます。重要なのは、その時に自分が普段の状態ではないことに気づき、誰かを傷つけるような言動を取らないように注意すること。イライラした気持ちを正しく抑える手法を知っておくことも大切です。


中村洸太の経歴・略歴

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

他の記事も読んでみる

魔裟斗

運も仕事も来るときはどんどん来る。波のようにワーッと。で、来ないときにはさっぱり来ない。その来ないときに、次の波に備えてどう自分を鍛えておくか。そこなんじゃないですか。楽してほしいものを手に入れるなんて、誰もできませんから。


ジャック・ウェルチ

スピードはきわめて重要だ。競争力に欠かすことのできない要素である。スピードがあれば、企業も、従業員も、いつまでも若さを保てる。スピードは習慣になりやすいし、アメリカ人が大好きなものだ。これを利用しない手はない。


小路明善

我々はやはり日本市場で強くなければグローバルで強くなることも実現できません。そのためには、お客様に大きな評価をいただかないと。トップブランドはそう簡単につくれるものではありません。


山内溥

(主力商品を花札からテレビゲームに切り替えたことについて)時代が変化したんです。そのため止むを得ず転換を図った。それだけのことでしかない。それ以降、幾多の苦難を経ながら、ともかく生き延びてこられたのは、本当に運がよかったからだ。 もっといえば、明確な経営戦略などがあったわけではなく、文字どおり試行錯誤の連続でその失敗の積み重ねの中から、少しずつ体で覚えて勉強し、それを材料 として、たまたま幸運に恵まれて、昭和55年からようやく急成長の波に乗った。要するに、任天堂は運がよかっただけなんですよ。


田母神俊雄

20代の頃、小隊長だった私には50~60人の部下がいました。内務班といって、独身の隊員が生活を共にしながら任務遂行にあたります。苦労したのは規律の維持で、私が直接指導してもなかなか遅刻などの問題が減らなかった。悩んだ末、あるとき、5~6人の下士官に内務班のルール作りと指導を任せました。すると、それまで指導される側だった下士官たちが指導する側に回ったことで、ガラリと意識を変えました。結果、小隊内の規律が大幅に改善したのです。


小宮一慶

僕が新卒で就職した東京銀行で、配属された先の支店長がやってきて言いました。「小宮君、定期預金の裏側って読んだことある?」。新人の僕は窓口カウンターで定期預金をつくるお客さまの応対をしていました。その作業にはマニュアルがあり、慣れれば苦労せずに事務処理できます。でも、支店長にそういわれ、裏側を見ると、定期預金を組む人向けの契約条項が書いてあった。当時の僕の心境は、「こんな小さな字を読むのは面倒くさいなぁ」でしたが、支店長は仕事の「深いところ」を遠回しに教えてくれたんだと思います。


遠藤功

付加価値が高く、他の会社が作れないものを作ることは、日本のものづくり企業にとって生命線です。これまで日本企業は、そこを何とか現場力で対応してきました。非凡な現場にはプライドがありますから、絶対にそんな(基準に達しない)ものは出さなかったのです。それが出さざるを得ないほど、現場は大きなプレッシャーを感じていた。私は数多くの会社の現場に赴き、面談をしましたが、日本企業の現場の多くはギリギリのところで戦っています。どこの会社も同じような落とし穴(データを偽造や改ざん)に落ちてもおかしくない状況です。そのくらい現場に余裕がなくなっているのは事実です。今回の件は日本企業が進むべき道の途上で起こるべくして起きた問題だと思います。単純に現場が手を抜いているという話ではありません。高付加価値戦略を実現する上での課題が突きつけられたのです。


河野章宏

ネットでいくらでも無料で聴けちゃう時代なので、売ることよりも、多くの人に音楽を届けることを重視しています。曲が気に入れば、ライブにも来てくれる可能性が高くなりますから。


鈴木喬(経営者)

「今の会社では上へ行けそうにないから転職しようか」と考えている人もいるかもしれません。でも、今の会社で成果を出せない人は、どこへ行っても同じ。腹をくくること。たとえ出世できなくても、「ここで好きなことをやってやる」と開き直ればいい。


千早茜

基本的に私は、マイノリティのために文章を書きたいと思っているんです。今、苦しい思いをしている人、過去にいたであろう迫害された人、人と違っていることに息苦しさを覚える人……そんな人々に光を当てたい。


高岡浩三

コーヒーの味をよくしよう、価格を抑えようというのはリノベーション。もちろん改良は大事ですが、結局は競合との価格競争に陥ってしまう。対して、私が考える破壊的なイノベーションとは「新しい現実」の中で「顧客が抱える問題」を発見し、「解決策」を示すことです。そうして世の中になかった付加価値の高い商品やサービスを生み出す。


草刈正雄

30代、40代で自己実現をできていないサラリーマンはたくさんいると想います。でも、皆さんにはやるべき仕事がある。仕事がなくて、屈折しているだけなら破滅的な人生になってしまうかもしれませんが、仕事があるなら大丈夫。その仕事にしがみついていれば、どうにかなる。しがみついていれば、転機はきっと訪れます。