中村洸太の名言

中村洸太のプロフィール

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

中村洸太の名言 一覧

自分の今の状態を客観的に見る定期点検の習慣を身につけて、イライラしにくい人を目指しましょう。


イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。


大事なのは、「自分の言動を相手がどう受け止めるか」を考えること。人を攻撃する人は、この視点が抜けがちです。「威圧的な言動なんてしていない」といくら思っても、相手が「威圧的だった」と感じて傷ついてしまうこともある。「あなたのOKは、誰かのOKではない」ことを意識しましょう。


誰でも心に余裕がなくなると、イライラしてきます。重要なのは、その時に自分が普段の状態ではないことに気づき、誰かを傷つけるような言動を取らないように注意すること。イライラした気持ちを正しく抑える手法を知っておくことも大切です。


中村洸太の経歴・略歴

中村洸太、なかむら・こうた。臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー。青山学院大学文学部心理学科卒業後、米アライアント国際大学修了。

他の記事も読んでみる

木村清

実行が伴わない「考え」なんて、「考えない」ことと同じ。


水野学

「なぜこれが流行っているのか」「なぜこの人が人気者なのか」、いつも必ずその理由を考え、ほかとの関連性を探してみる。時代の空気を読むには、こういうことも必要だと思うのです。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その8】企業の財務状態を十分理解しないうちに投資してはならない。財務体質の悪い企業への投資は大きな損失につながる。


ネム・バジュラ(ネム・バズラ)

いかにして実際に実践するかが、とても重要。


友野紀夫

急激に販売件数が増えたので、それに見合った社内体制の整備を急いでいます。契約が増えるとそれだけ事務手続きも増えますし、お客さまからの問い合わせも急増します。それにきちんと対応できる体制作りが必要であり、ここがしっかりしないと持続的な成長は難しい。


岩崎裕美子

私たちは6つの社内ルールをつくっています。どれも業務スピードを徹底的にアップするための工夫です。

  1. 社内資料は作り込まない。意味がわかれば十分。
  2. 会議は30分。短時間で即断即決。時間が来たら強制終了。
  3. 社内メールで「お疲れさま」は禁止。読む時間も入力時間ももったいない。
  4. 社内スケジュールは勝手に入れる。社長でも本人の承認は不要。いちいち承認を取っていたら仕事が進まない。
  5. 業務をプロジェクト化。各部署の協力が必要な業務などはプロジェクト化で情報共有。
  6. 企画は初期段階から根回しする。企画の初期段階で関係各部署から意見を聞く。致命的な問題を早期発見できる。

池谷裕二

研究に非常に長い時間をかけてはじめて、サイエンティストはサイエンティストになれると言えるでしょう。いまは労働基準法がどうであるなど、仕事をやりすぎたらダメだという風潮もあるけど、私の実感で言うなら、やはり研究はやりすぎなければ成功しないものであろうとは感じています。長くやりさえすればいいとは思いませんが、長い研究時間というのは、まずはサイエンティストであるための前提条件なのです。


坂下英樹

最初から潜在顧客はたくさんいて、時代の流れに違和感を抱いていた経営者たちと共に、組織の変革事例を作っていきました。その時担当していたところの多くは、今でも大きな成果を残した模範的変革事例となっています。


角山剛

新人を叱るときは、「なぜ叱られたのか」を明確にすべきです。「ここを直せば自分は伸びる」とわかれば、人は報酬を求めるので、そういった方向に行動します。ただし、なかには対人関係に慣れていない人もいるので、ストレス耐性を見極めつつ、頭ごなしに叱ることは避けた方がいいでしょう。


松本晃(経営者)

相手の記憶に残すためには、「いろんなことを言わずに、同じことを何度も言うこと」も重要。そもそも、理解力が高い人でも、自分の話を一発で理解してくれるとは限りません。多くの人は、たとえ社長相手だとしても、話を真剣に聞かずに、適当に流して聞いているものです。聞いているかどうかわからない人に、自分の話を伝えるためには、同じことを何度も言うしかありません。


君塚良一

脚本は基本的に論理じゃなくて趣味・嗜好の押しつけです。自分の好み、自分の好きなことは理屈じゃなくて、迷わず脚本の中に入れてください。ここが多分個性になると思います。自分の好みを入れないと、コンピュータが書いたものと変わらなくなってしまう。


ジェイ・エイブラハム

低迷している事業のほとんどは、現金の流入ではなく、流出するのを防ぐのに苦労している。ポケットに穴が開いているかのように、すべての儲けが気付かぬうちになくなっている。給与、設備、インフラといった間接費が、乾ききったスポンジのように利益を吸い取ってしまうのだ。そうだとしたら、おそらくマーケティングの投資利益率を測定していないことが大きな穴のひとつだろう。


井出健義

当社では、いろんな部分の見直しと改善を行っています。例えば、お客様のデータの大掃除。実際にあった話なんですが日本で一番有名な「スズキ イチロー」という顧客データを社内で検索したら、ちょうど彼の背番号と同じ51人が出てきたんです(笑)。冗談みたいな話ですが、昔の社会保険庁の年金記録と同じで、消し込みが不十分でした。それでお客様のデータベースを整理したら、アクティブと呼んでいる、1年に1回以上サービス入庫されているお客様が30万人以上、それ以外に当社と何らかの関係を持っている方が50万人以上いました。


徳重徹

グローバルで勝ち抜くためにも、思いの強さは武器になります。私もアジア各国を飛び回って交渉をしていますが、最後の決め手となるのは「自分たちのビジネスであなたたちの国の発展に貢献したい」「日本から世界トップクラスのメガベンチャーを育てたい」といった使命感です。英語力を磨いたり、相手の文化を勉強するといった表面的な努力より、気持ちの部分が勝負を左右する。


寺尾玄

音楽の世界では当たり前のことが家電の世界では当たり前になっていないこともある。たとえば、音楽の世界では「この曲はポップか?」とよく考えます。「ポップ」とは、みんなが「これはいい!」と思う感覚のこと。ポップでない曲は多くの人から支持されず、絶対に売れません。これは家電も同じで、ポップではない家電は売れない。それなのに、家電の世界で「この商品はポップか?」と考える人はほとんどいないのです。


ページの先頭へ