名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村汀女の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村汀女のプロフィール

中村汀女、なかむら・ていじょ。日本の女性俳人。熊本県出身。熊本県立高等女学校(のちの熊本県立第一高等学校)補習科を卒業後、『ホトトギス』に投稿を開始。大蔵官僚の中村重吉と結婚し、日本各地で暮らしたのち東京に定住。ホトトギス同人となり、多くの名句を残した。日本芸術院賞受賞。

中村汀女の名言 一覧

人生の転換期には、幸運と悪運とが横たわっていて、そのどちらかに出会ったとき、その人の人生の方向が決まります。


中村汀女の経歴・略歴

中村汀女、なかむら・ていじょ。日本の女性俳人。熊本県出身。熊本県立高等女学校(のちの熊本県立第一高等学校)補習科を卒業後、『ホトトギス』に投稿を開始。大蔵官僚の中村重吉と結婚し、日本各地で暮らしたのち東京に定住。ホトトギス同人となり、多くの名句を残した。日本芸術院賞受賞。

他の記事も読んでみる

前田晃伸

僕が忙しいスケジュールが苦にならないのは、自分でスケジュールを管理しているからだと思います。自分でペース配分せず、他人任せで仕事をぎっしり詰め込むと、たぶんバランスを崩してしまうと思います。


野尻恭

タイヤの仕事からここに来ることになったときは、いいところに来たなと内心思ったんです。外から見ていると極めて優良企業でスポーツという分野ですから。しかし、日本市場はシュリンク(収縮)してきていますし、事業環境の見直しをはかる時期だとすぐに感じました。確かに構造的にはシュリンクしていますけど、悲観ばかりではないと思うんです。成熟市場なりの戦略があります。


吉田たかよし

トレーニングで悲観的な人を楽観的に変えることは可能です。3つの軸で物事を捉え直す訓練をするのです。

  1. それが一時的なものなのか、永続的なものなのか。
  2. 特殊なことなのか、普遍的なものなのか。
  3. 外的な要因なのか、内的な要因なのか。

自分の成功や失敗について、この3つの尺度を矯正してみる。いいことがあったときには、こんな幸運は一時的と思わずに、ずっと続くと思う。失敗したときには、ダメだ、できないと思わずに、たまたまにすぎないというように、意識的に軸を変えてみるのです。


森本貴義

日本人は学校教育の中でも、長所を伸ばすことより、短所を直して平均的にすることを教え込まれます。でも成功している人は自分の長所を理解していて、その長所をトレーニングで突き詰めた人が多いと思うのです。他の人と同じだと、チームに残れないからです。


牛田一雄

当社はあと数年で創立100周年を迎えます。私の頭の中には、医療も含め新しい事業の「種」となる構想があります。次の100年につなげられるよう、これらの種を着実にまいていきます。


堀之内九一郎

本気の友達が本気の友達を紹介して、また本気の友達を紹介すれば、どんな業界のどんな人にもつながれる。自分の持っている大切な情報をフルに出し切ってくれる、かけがえのない人が10人いれば、もう十分。薄っぺらな知人が千人いても実質的には0人と同じ。


嶋浩一郎

知性や感性を豊かにすることに、即効性を求めるべきではないと私は思います。あてどない散策や迂回の中で得たものこそ、その人の知識や人となりに深みを与えるのではないでしょうか。


野口吉昭

考える習慣には、問題意識と情報収集が欠かせません。実はこの2つには密接な関係があります。問題意識のない人は、自分の見たい現実だけを見る傾向があります。ゼロベースで見れば疑問を感じるようなことでも、見えないことにして意識の外に追いやってしまうのです。この殻を打ち破るには、自分がこれまで触れてこなかった情報に意識的に触れて、自分の視野を広げる必要があります。


山田進太郎

メルカリより前にもCtoCのサービスはありました。ただ、パソコンなどのガジェットや本、女性のファッションなどの取引が中心で、僕はそれをオールジャンルでやれば、すごく大きなビジネスになると考えました。実際、次第にトイレットペーパーの芯を集めて出品する人や、子供が拾ったドングリを売る人なども出てきて、とんでもなく面白いことが起こりつつあると実感しました。その良さをできるだけ殺さないように、自由なプラットフォームとして運営してきたのが、すごく良かったところだと思っています。


尾賀真城

こういう本(『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』)をたまに読むんです。自分の好きな分野だけではなくて、科学的なものも、たまに読もうと思いまして。それと食関連の本はけっこう読みますね。『世界史を変えた50の食物』とか、『世界史を変えた50の植物』とか、シリーズがありますよね。


成毛眞

「これで上手くやったから勝つことができた」と自賛しているような会社は、どうかと思いますね。英国の掃除器メーカー、ダイソンの経営トップは「いまにも潰れる」「もう駄目だ」なんてずっと言い続けて、業績は好調だったりします。そうした不安を抱えながらも勝っている。だから強い会社と言われるわけです。


ロバート・キヨサキ

海軍の航空学校に入って私が最初に学んだ教えに、「必ず風に向かって離陸と着陸をする」というのがある。ビジネスを軌道に乗せたり、次の段階に上手く進めたりできない起業家が多いのは、常に機首を風に向けて(厳しい道に挑んで)いないからだ。