名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村比呂志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村比呂志のプロフィール

中村比呂志、なかむら・ひろし。日本の経営者、コンサルタント。ホテル運営代行コンサルティング会社「エフ・イー・ティーシステム」、「セレクトホテルズグループ」社長。東京都出身。埼玉大学経済学研究科修士課程修了。メーカー、不動産マンションディベロッパーなどを経てエフ・イー・ティーシステムを設立。

中村比呂志の名言 一覧

最初は地道な作業に終始しました。全国のホテルに「我々は全国チェーンを目指しています。経営が厳しいホテルでも我々は必ず再生できます」といった文面のDMを発送しました。このDMを手掛かりに車1台で、北は青森から南は四国まで縦断して駆け回り、ホテルオーナーと面談することが最初のスタートでした。


最初は購入、サブリース、運営委託の3つのパターンで話し合いを持ちました。我々として一番望んでいたのは、リスクの少ない運営委託でしたが、世の中はそれほど甘くなく、ホテルオーナーの希望は、安定的に収入が得られるサブリース、もしくは売却でした。結果、多くのホテルを購入していくこととなりました。


中村比呂志の経歴・略歴

中村比呂志、なかむら・ひろし。日本の経営者、コンサルタント。ホテル運営代行コンサルティング会社「エフ・イー・ティーシステム」、「セレクトホテルズグループ」社長。東京都出身。埼玉大学経済学研究科修士課程修了。メーカー、不動産マンションディベロッパーなどを経てエフ・イー・ティーシステムを設立。

他の記事も読んでみる

野田一夫

企業経営で営利だけを追求する経営者は、程度の差こそあれ大衆社会である先進国では反社会的といったイメージを負わされることにより、自社を成長の軌道に乗せることが無理なのです。単に顧客である大衆から見放されるだけでなく、経営者自身が自社の社員からノーを突きつけられるケースは、成熟した民主国家ならどこでも起こりますから、企業の長期的繁栄など、到底できっこありません。


小倉昌男

自分の都合だけを考えて商売を続けていると、会社は駄目になります。いい例が銀行でしょう。どんどん借りてくれる客ばかり相手にしていたから不良債権に苦しむことになった。いまは「借り手がいない」と言っていますが、銀行にとって都合がいい借り手がいないということでしょう。


松方弘樹

天職というのはどの人にもあるはずで、40代に入るまでに探ること。そして、ときめく生き方に早くたどり着いたヤツが、その後の人生で自分を確立することができる。


工藤公康

僕の場合、ランニングをしながら「今日何をやらなければいけないか」を考え、キャッチボールをしているときも実戦を想定しながら一球一球の感触をチェックし、どうすればいいかを考え、その都度修正しながら汗を流します。もう一度、一軍のマウンドで投げたいという気持ちがそうさせるのです。


ジャック・マー(馬雲)

私たちのプラットフォームを満足して使ってもらうことさえできれば売り上げも何もかも絶対についてくる。そこまでは一切何も考える必要ない。


鎌田實

厚生労働省が今年2月に発表した都道府県別平均寿命で、長野県が初めて男女ともに沖縄県を抜いて日本一となりました。この記録は、僕が25歳で諏訪中央病院に来て以来、38年間、取り組んできた医療の方向性がおおむね間違っていなかったことの結果と思われ、王道を歩むことの大切さを改めて痛感するこの頃です。


似鳥昭雄

現場中心でものごとを考える。その姿勢を徹底させるため、当社では毎年数百人の社員をアメリカ西海岸へ視察研修に活かせています。現地では実際に小売店や飲食店を訪れサービスを体験させます。加えて朝と晩には座学の講義を行い、翌日に向けて宿題も出します。


佐藤優

自分は普通の人間だ、常識的だ、と考えている人ってじつは怖い。自分を疑おうとしないから。


高城幸司

会議を始める前には必ず「今日の会議の趣旨はなんでしたっけ?」というように、会議の目的を確認するようにしてください。それだけで会議の効率性は一気に上がるはずです。


津坂純

私は大学卒業以来、約18年を米国で過ごしました。金融や投資の世界でキャリアを積み、日本に戻ってきました。帰国について、「なぜ日本なんかに戻るのか」と心配する友人が大勢いました。経済はよくないし、政治は滅茶苦茶。米国にいる方がいいだろうというんです。いろいろな理由はありましたが、ひとつには日本人として、日本に貢献したいという気持ちがありました。


三津原博

資本主義社会では、利益とは社会の評価です。経済の大原則です。誰にも迷惑はかけていませんしね。


アルフレッド・アドラー

人生には三つの課題がある。ひとつ目は仕事の課題、二つ目は交友の課題、三つ目は愛の課題。後者のほうになるほど解決は難しくなる。