中村正己の名言

中村正己のプロフィール

中村正己、なかむら・まさみ。日本の経営者。「日本能率協会」会長。明治大学商学部卒業後、日本能率協会に入職。産業振興本部長、経営・人材革新事業部長、事務局長、専務理事、理事長、会長などを務めた。

中村正己の名言 一覧

やはり、組織づくりのベースになるのは対話。そうした取り組みによって自律的に動き、自ら新しいことに挑戦できる。


日本能率協会は、個人・組織・社会のそれぞれが幸せになれる現代版「三方よし」の次世代型経営モデル「KAIKA」を提唱しています。


中村正己の経歴・略歴

中村正己、なかむら・まさみ。日本の経営者。「日本能率協会」会長。明治大学商学部卒業後、日本能率協会に入職。産業振興本部長、経営・人材革新事業部長、事務局長、専務理事、理事長、会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私がミシン事業に頭を突っ込んでから30年、私より優れた才能を持つ多くの先輩や同僚の助けによってここまで来た。蛇の目が今日あるのは同志たちのチームワークの成果なのだ。


陰山英男

日本の大人たちの教養が低下しているとしたら、それは逆説的に「教養を必要としない社会になっている」といえるかもしれません。たとえば、テレビのバラエティ番組を観るのに、教養が必要でしょうか?漫然とテレビばかり観るような毎日を送っていれば、教養は必要になりません。身につけようと思わないのも当然です。それはビジネスシーンにおいても同様ではないでしょうか。


森山文弘

店舗を運営して驚いたのが、来店者の方に高齢の女性が多かったことです。もちろん、その方たちは唐揚げが食べたいから来店されるのですが、中には話し相手を求めて来られる方もいらっしゃいます。


橘玲

日本はインカム(収入)も多いけれど、人並みに暮らそうと思うととてもコストがかかる国なのです。したがって、インカムが増やせないなら「何を諦めるか」を考えるべきです。


山本博(アーチェリー)

20年かけて銅から銀へとなりました。これから20年かけて金を目指します。


冨安徳久

変わろうとしている人は、誰かの話を聞きに行くなど、何か行動に移すもの。変わろうとしていない人は、まずどこかで変化のきっかけに出会うことが大切ではないでしょうか。


小宮一慶

一般的に金融機関に資産運用を相談すると、リバランス(ポートフォリオの資産分配見直し)を定期的に行うように薦められることが多いのですが、この「定期的に」が曲者です。とくに投資信託を買っていて、年に一度リバランスなどしようものなら、販売手数料を毎年取られていつまでたっても元本が増えない。などということになりかねません。


柳生宗矩

兵法は人を斬るとばかり思うは、僻事(ひがごと)なり。人を斬るにはあらず、悪を殺すなり。【僻事=間違い】


安田佳生

中小企業は大企業と比べてものすごくニッチなものが多くあります。ですから重要なのは、ターゲットを明確に絞り込むことなのです。


西口尚宏

イノベーションとは一度挑戦してすぐにできるほど易しいものではありません。何度も試行錯誤しながら練習しないと一生できません。人はありとあらゆることを練習しながら身に付けます。しかし、日本人はそういったイノベーションの練習や教育の機会がなかった。したがって、企業が社員に練習させるほか、イノベーションを身に付ける方法はないと言えます。裏返して言えば、練習すればするほど、イノベーションは実現できるということを意味しています。経営者は社員にどんどんイノベーションの練習をさせることが重要なのです。練習もさせずに成功だけを期待するのが一番まずい経営です。


三浦惺

国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう。


山田義仁

ある事業が一定のダメージを受ける、あるいは調子が悪くなるというのは今までもありましたし、これからもあると思いますが、何か一つの事業がダメージを受けたらオムロン全体が傾いてしまうような事業構造ではありません。どこかが悪くても別のどこかが支えるような事業構造ができているのです。


齋藤孝(教育学者)

交渉はゼロサムゲームにしてはいけない。相手を論破したり、言いくるめたり、揚げ足をとったりして自分が利益を独占できたとしても、相手との関係はその場で終わる。場合によっては信用を失い誰からも敬遠されるようになる。結局、これは損でしかない。


太田光代

「善意」は受け手が使う言葉であって、送り手が使う言葉ではない。「これほどしてあげたのに」という傲慢な気持ちが少しでも芽生えたら要注意。いくら隠そうとしても、相手は敏感に察します。感謝の言葉が返ってこないばかりか、反感を買ってしまう可能性だってあるわけです。


中川淳一郎

記事のタイトルには本文中の言葉を使うのが基本ですから、内容を面白くする必要があります。そのために重要なのが「65対35の法則」。これは、読み手の「読みたい情報」が65%、発信者側の「伝えたい情報」が35%になるように意識せよ、ということです。企業のウェブサイトに特に言えることですが、この比率が少しでも「企業寄り」になると、面白さが欠け興味を持たれ猶いものになってしまいます。


ページの先頭へ