名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村梅雀(二代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村梅雀(二代目)のプロフィール

中村梅雀(二代目)、なかむら・ばいじゃく。日本の俳優、ベーシスト。東京都出身。桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。歌舞伎役者・四代目中村梅之助の長男として生まれ、9歳で初舞台を踏む。その後、舞台、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍。

中村梅雀(二代目)の名言 一覧

オレはなにを怖がっているんだ。いままで築いてきたものを失おうと、役者を続けられなくなろうと、ゼロから始めればいいじゃないか。


自分の好みの女性というのは、あくまでも自分の錯覚。現実と理想というのはまったく違うもの。だから、もしいま彼女がいなくて悩んでいるなら、もう一度目をこらして周りをよく見た方がいい。


男女が一緒になろうとしたら、さらけ出したほうがいい。恋愛っていうと、どうしても互いにいいところを見せようとするじゃないですか。それが結局、結婚してからの失敗に繋がっていくわけですよ。大事なのは逆に「悪いところも本当に愛せるか?」なんです。隠さず話してお互いに自分をさらけ出す。そうすると相手が見えて発見があり、理解し合えるはずです。でも油断は禁物です。安心しすぎるとわがままばかりになっちゃいますからね。


音楽で会話するぐらい楽しいことはないよね。楽器同士が響き合い、対話していくと、いくらドラマや芝居で疲れ果てていても、一気に解消してしまう。精神的には、音楽が僕を支えているといってもいいんじゃないかな。舞台やテレビ局の楽屋はもちろん、ロケ先にも必ずベースギターを持っていきますから。


その年は、僕にとって最初の結婚に失敗して離婚した年だっただけに、「やけっぱち」というか(笑)、バツがついた以上、「なにをやっても怖くないや」という状態でもあった。

【覚え書き|NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で徳川家重役を演じた当時を振り返って】


中村梅雀(二代目)の経歴・略歴

中村梅雀(二代目)、なかむら・ばいじゃく。日本の俳優、ベーシスト。東京都出身。桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。歌舞伎役者・四代目中村梅之助の長男として生まれ、9歳で初舞台を踏む。その後、舞台、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍。

他の記事も読んでみる

森下泰

恵まれた人はケチに徹し、その分を社会に還元しなければいけない。どケチはとても真面目な考えなんです。【覚書き:経営者にとってのケチの精神をユーモアを交えて語った言葉。】


山口真導

節税対策を税金を減らすことと考えていると、資金繰りで苦しむことになる。税金を減らすことが目的であれば、とにかく経費を増やせば良いだけ。ただしそれでは税金も減るかもしれませんが、それ以上に資金が減ってしまう。


吉永泰之

何をする時も根っこには、「我々は自動車産業の中で非常に小さな会社である」ということがあります。今年、年間販売台数100万台を突破しましたが、それでもグローバル市場全体から見ればわずか1%にすぎません。世界シェアがたった1%の会社ですからね。とんがっていた方がいいんです。


藤田晋

「裏切らない人」を見極める方法もあります。その人の「失いたくないもの」をチェックしてみましょう。何をするか分からない人は、失うものが何もない人だったりしますから、「ここで裏切ったり、逃げたりしたら、もうこの世界では生きてはいけない」という人はある意味、信頼できる。


林野宏

努力の日々を積み重ねると、その実力は単に社内で通用するレベルのものから同業他社、さらに異業種でも通用するオールマイティなものに進化します。そうなれば怖いものはありません。


山下徹

営業利益率10%の目標は、お客様満足度が高まれば、結果として達成できるでしょう。


藤井隆太

同じ製品だから同じマーケティングをしても通用するわけではない。その国の習慣や文化にどうやって融合させるかが大事なんです。


久夛良木健

昔の商人とお客さんは店先でおそらくいろんな話をしたでしょう。「今度お似合いのいい反物が入りましてね」とか、「この下駄の鼻緒、そろそろ替えどきかね」「いやいやまだ直して使いましょう」とか。その人にカスタマイズした商品とサービスを提供する。こうした失われた顧客との継続的なつながりが、再びインターネット上でできるようになりました。一人一人の好みをサーバー側で理解して、ネット上の膨大な情報の中からその人に向けたオーダー製品や専用サービスを届けることができます。


坂本光司

真のリーダーには、「徳」が不可欠です。正確に言えば「才」と「徳」が必要なのですが、より大事なのは徳です。優しさや利他心を持っていれば、自然と「世の中に役立ちたい」という気持ちが生まれ、その目的に向かって勉強をします。結果、才は後から育まれていくでしょう。


田中圭一(漫画家)

マンガ界の王道ではなく、脇道を歩いてきたのがよかったのかもしれません(笑)。この本(『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』)に関していえば、京都精華大学で教え始めたことも大変プラスになりました。学生に教えるために自分のノウハウが論理的に整理されましたし、ほかの先生のメソッドも勉強できる。マンガを読んでいても、自分なりにメソッドが分析できるようになるんです。それがいい形で作品にフィードバックできていると思います。


笹山尚人

職場のパワハラを訴えることは健全なことですが、それによって本人が望む「いい職場環境で働く」ことに必ずしも結びつくとは限りません。ご本人が精神的、経済的に困窮した立場に追いやられるのであれば、転職などが次善の解決策となる場合もあります。


富山幹太郎

私がやってきたことは、環境の変化に合わせて何かを捨てる経営でした。プラザ合意で国内工場を閉鎖し、上場で経営の自由度を手放し、合併でそれぞれの歴史と決別しました。今思えば、この「捨てる」ということが、我々のDNAなのでしょう。