名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村梅雀(二代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村梅雀(二代目)のプロフィール

中村梅雀(二代目)、なかむら・ばいじゃく。日本の俳優、ベーシスト。東京都出身。桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。歌舞伎役者・四代目中村梅之助の長男として生まれ、9歳で初舞台を踏む。その後、舞台、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍。

中村梅雀(二代目)の名言 一覧

オレはなにを怖がっているんだ。いままで築いてきたものを失おうと、役者を続けられなくなろうと、ゼロから始めればいいじゃないか。


自分の好みの女性というのは、あくまでも自分の錯覚。現実と理想というのはまったく違うもの。だから、もしいま彼女がいなくて悩んでいるなら、もう一度目をこらして周りをよく見た方がいい。


男女が一緒になろうとしたら、さらけ出したほうがいい。恋愛っていうと、どうしても互いにいいところを見せようとするじゃないですか。それが結局、結婚してからの失敗に繋がっていくわけですよ。大事なのは逆に「悪いところも本当に愛せるか?」なんです。隠さず話してお互いに自分をさらけ出す。そうすると相手が見えて発見があり、理解し合えるはずです。でも油断は禁物です。安心しすぎるとわがままばかりになっちゃいますからね。


音楽で会話するぐらい楽しいことはないよね。楽器同士が響き合い、対話していくと、いくらドラマや芝居で疲れ果てていても、一気に解消してしまう。精神的には、音楽が僕を支えているといってもいいんじゃないかな。舞台やテレビ局の楽屋はもちろん、ロケ先にも必ずベースギターを持っていきますから。


その年は、僕にとって最初の結婚に失敗して離婚した年だっただけに、「やけっぱち」というか(笑)、バツがついた以上、「なにをやっても怖くないや」という状態でもあった。

【覚え書き|NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で徳川家重役を演じた当時を振り返って】


中村梅雀(二代目)の経歴・略歴

中村梅雀(二代目)、なかむら・ばいじゃく。日本の俳優、ベーシスト。東京都出身。桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。歌舞伎役者・四代目中村梅之助の長男として生まれ、9歳で初舞台を踏む。その後、舞台、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍。

他の記事も読んでみる

横山光昭

貯金を始めるとき、高い目標を掲げて努力するものの長続きできず、リバウンド(浪費)してしまいがち。まずは簡単なことから始めましょう。たとえば、お札はシワをのばし向きをそろえてサイフに仕舞うなど、丁寧に扱うだけでお金に対する意識が高まり、ムダな出費が減らせます。


亀井智英

電通にいたころ、人材・転職ビジネスをやっているビズリーチに話を聞きにいきました。すると、社長の南壮一郎さんから「亀井君ならいつでも転職できる。その前にうちの新規事業を手伝ってくれないか」と誘われまして。いずれ起業したいと考えていた僕にとって、事業をゼロからつくる経験は魅力的。引き受けて、南さんが集めた仲間と一緒にゼロをイチにするところまでやりました。イチになったら、その事業にフルコミットできる人たちが新しく入ってきて、僕たちは卒業することに。今度は自分たちでという話になり、Tokyo Otaku Modeにつながっていきます。


白澤卓二

糖質中毒に陥らないためには、「少しだけなら大丈夫だろう」と考えず、糖質を断つことが必要です。そう言うと、「脳のエネルギー源であるブドウ糖を断ったら、それこそ脳が働かなくなってしまうのでは?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。でも、心配はいりません。近年の研究で、ケトン体という物質が、脳のエネルギー源になることが明らかになっているからです。ケトン体とは、炭水化物などの糖質の摂取を制限したときに、体内で発生する物質です。米国の医学会は、すでに「ブドウ糖よりもケトン体のほうが脳にとって優れたエネルギー源である」という見解で統一されつつあります。


日覺昭廣

東レは基本的に人を裏切らない。新しいものをどんどん開発していくためにも、人を大事にするという基本的な考え方が大切。簡単にリストラしたら、「あっ、おかしいな」と社員も逃げてしまう。


菊池寛

最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


木村昌平

イノベーションの判断基準は何か。それは、「社会から見て正しい、いい仕事かどうか」ということです。


本庄八郎

研究しなければ、お茶の基本が分からない。香りは何でできているのか、味は何でできているのか、細かい分析が必要です。そうやってお茶を知り尽くすことで、もっと良いお茶ができる。


鈴木啓介(経営者)

創業以来、新卒だけでなく同業もしくは異業種からの転職組という3つのルートで社員を採用してきました。知名度が低いと新卒だけでは社員を十分に集められません。同業からの転職者は即戦力です。新しい知識を必死に勉強する異業種組は、既存社員の刺激になります。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

子供は純粋だし、正直です。こちらが本気でないと簡単に心が離れてしまいます。また、うまく運んでいた関係が壊れるのもあっという間です。だから常に全力で向かわなければなりません。


川島永嗣

昨年のベルギー移籍を機に、語学習得には一層力を入れるようになりました。なぜならゴールキーパーは試合中、「今はゲームがこういう状況だから、こんなプレーをしてほしい」とチームメートに伝えなくてはならない。それもタイミングを1秒も逃さずに。そこで効果的なメッセージを伝えられれば、仲間の信頼を得られます。だからこそ、必要な時に端的にメッセージを伝えられるようになりたいんです。そのために、間違いは気にせずに積極的にチームメートに話しかけたり、1人でいる時も言いたいことを外国語で言えるように文章を考えてそらんじてみたり、移動時間に映画のDVDや教材を見るなどして語学をブラッシュアップを続けています。


天池源受

職人の世界には、修行中の若手社員には「5年間は織機には触らせない」といった不文律もあります。しかし、私どものような小さな会社でこれをやられると、若手が即戦力としてなかなか育ちません。このベテランと若手の力をうまく融合する施策も、下請けから脱却するには必須。


ハワード・シュルツ

物件を見に行くためにシカゴの込み合った通りを歩きながら、私はこう言った。「ジャック、5年後ここにいる連中がみんなスターバックスのコーヒーカップを手にして歩くようになるよ」。ジャックは私を見つめ、笑いながら答えた「夢みたいな話だね」。だが、私にはその光景が見えていた。
【覚書き:スターバックス4号店をシカゴに作ろうとしていた時の発言。ジャックはフランチャイズとレストラン業界のベテランでスターバックスの株主】