名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村桂子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村桂子のプロフィール

中村桂子、なかむら・けいこ。日本の理学博士、生命誌研究者。「JT生命誌研究館」館長。東京出身。東京大学理学部化学科卒業、東京大学大学院生物化学修了。国立予防衛生研究所研究員、三菱化成生命科学研究所社会生命科学研究室長、三菱化成生命科学研究所人間自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授、日本たばこ産業企画部顧問、東京大学先端科学技術研究センター客員教授などを務めた。

中村桂子の名言 一覧

想像力がなければ創造性など生まれてくるわけがありません。


生きものは本来、多様性あっての存在です。一極集中を止めれば価値観も社会も生きやすい方向へ変わっていくはずです。


私は東京生まれの東京育ちですが、仕事で大阪と東京を行き来するようになって20年になります。全く違う文化がここにはあるのです。大阪でも福岡でも札幌でも、東京の情報は皆が知っています。大阪にいると、大阪の目と東京の目という「複眼」を持たざるを得ません。ところが東京の人は、大阪や福岡や札幌のことを知りません。全体を知らずに東京の目だけの「単眼」で発想して、何でも東京で決めるので、国全体が単眼思考になってしまっています。


中村桂子の経歴・略歴

中村桂子、なかむら・けいこ。日本の理学博士、生命誌研究者。「JT生命誌研究館」館長。東京出身。東京大学理学部化学科卒業、東京大学大学院生物化学修了。国立予防衛生研究所研究員、三菱化成生命科学研究所社会生命科学研究室長、三菱化成生命科学研究所人間自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授、日本たばこ産業企画部顧問、東京大学先端科学技術研究センター客員教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

おちまさと

あなたが話すクライアントや上司も同様。それぞれ話したいポイントがあり、それを刺激する「魔法の言葉」があるはずです。相手は武勇伝を語りたいのか、成功談を語りたいのか、それとも苦労話をしたい人なのか。それを事前に考えて、「魔法の言葉」を用意して質問に臨むといいでしょう。


谷所健一郎

採用担当者は経営者と一心同体、自社への思いを熱く語れなければ務まりません。仕事で「やらされている」感を漂わせていたら、それが応募者に伝わってしまいます。少なくとも、自社の魅力や入社後の将来像をきちっと捉えていないと、応募者は集まっても内定が出ないか、採用段階で辞退されてしまいます。


大西洋

仕組みさえ導入すればいいかというと違います。やはり要は人にあります。


夏目誠(経営者)

CS(顧客満足)は、一朝一夕に効果の出るものではありません。しかしこの一年間で、接客に関するクレームは約2割減少し、お褒めの言葉は倍増しました。社員の意識は確実に変わってきています。


鶴見尚也

スマホのゲームでどうお客さまに自分たちのゲームを見つけてもらうか。まずは、自社のゲームの間で送客システムを作りました。これを自分たちの中だけでやっていたのでは限界がある。そこで同じ悩みを持っているソフト会社さんにお声掛けし、このシステムを無料開放した。いわばギブ&テイクです。


安岡正篤

人間が浅はかで無力であると、いわゆる「宿命」になる。人間が本当に磨かれてくると「運命」になる。すなわち、自分で自分の「命」を創造することができるようになる。


ストイコビッチ

スポーツの基本は美しさと豪快さだと思う。これはどんなことがあっても守られなければならない。


永瀬昭幸

いまの日本は秀でた人物を皆で育てるのではなく、皆で足を引っ張る国になっている。政治の世界もそうです。でも、僕らが政治についてどうこう言っていても仕方がないので、自分たちにできることを考える。そうすると、優秀な人たちをこちらから見つけに行くという発想が生まれるわけです。


タモリ(森田一義)

長寿番組の秘訣は反省しないこと。毎日の番組でいちいち反省していたら身が持たない。


楠木建

経営者は単純に担当者の延長上に出てくるものではない。経営そのものになると、スキルだけではどうにもならないことがある。担当の延長上にはないセンスが必要になる。基本的な認識として経営もスキルで片付くと思うと、代表取締役担当者のようなありえない存在になってしまう。これでは「経営の墓場」だ。その会社は誰も経営していないのと同じ状態になっている。


竹田和平

安くても石ころみたいな会社は買ってはダメ。とにかく現在の財務の数字を吟味して、割安にたたき売られた優良株を見つけて買うのです。そして首尾よく買えたなら、旦那になった気持ちで持ち続けるのです。そうしていると、何年かすれば、思いがけず大化けするかもしれません。たとえ大化けしなくても、割安な水準で買っているのだから、毎年の配当収入だけでも十分に満足できるでしょう。


大串亜由美

心がけたいのは「次につながるNO」。どうすれば「Win-Win」となって、相手にメリットのある形になるのかよく考えてみましょう。まずは相手の要求や依頼の内容、事情、優先順位をしっかり確認します。そのうえで断るしかない場合、次の5つのうちのどれかで「NO」を伝えます。

  1. 条件を提示する。「今日中は無理でも来週中なら」など。
  2. 代替案を提示する。「AではなくBならできます」。
  3. 次の機会を明示する。「年度末は難しいですが、5月以降であれば調整できます」。
  4. 他のリソースを紹介する。「こんな人を知っています」と責任をもってつなぐ。
  5. 軽々しく「YES」を言うことで、相手に与えるデメリットを伝える。「○○をお引き受けすると、すでにご依頼いただいた××に影響が出て、ご迷惑をおかけするかもしれません」。