名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村栄輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村栄輔のプロフィール

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

中村栄輔の名言 一覧

勉強し続けることしか自分を高める方法はない。勉強しようとする姿勢があるからこそ、助言をいただけますし、励ましの言葉も頂戴できる。


勉強すればするほど、自分の無知を知る。今も「自分は何て物事を知らないのだろう」と感じることもしばしば。


FC(フランチャイズチェーン)がお客様を向いて、良い店を作ることに集中できるように全力でサポートする。それが本部の在り方。


不本意な結果だったからといって勉強を止めていいのかと言えば、それは違う。仕事をするうえでも自分の置かれたポジションによって必要な知識を備えていかなければならない。そのためにも勉強は続けようと心掛けた。


低価格志向が強い中でも、調理性や出来立て感を高めることができれば差異化につながる。定番商品を磨き続けることで需要をもっと深く掘り起こせる。


私の座右の銘は、「一生勉強、一生青春」。知識を得てもそれを実践につなげたり、活用しなければ意味がありませんが、知識がなければ、むやみやたらに鉄砲を撃っても当たらない。その意味でも、この言葉を大事にしていきたい。


私は主に法務畑を歩いてきました。だからこそ、当たり前なことに疑問を感じられる。


FC(フランチャイズチェーン)システムは、強みもあれば弱みもあります。FCでは直営店に対するような指示命令はできず、オーナーへの説明や説得など、労力がかかります。しかし、世の中の変化に対応するためには、そこに時間をかけてはいられません。日ごろから本部とFC店との間に、信頼関係があれば、戦略を迅速に進めることができ、堅実な成長につながるのです。


時代とともにオーナーの高齢化という問題が出てきました。そこで2004年から、我々本部がオーナーの子供など、後継者を育成するための研修を行うという支援を始めました。実は当時、私は後継者の育成には、反対でした。FC(フランチャイズチェーン)の仕組みでは、どんな人と契約するか、本部は選ぶ権利を持っていますが、育成することが本部の役割なのだろうかと考えたからです。時間も労力もかかってしまいます。しかし、研修の最後に、後継者たちが現オーナーや本部の役員の前で、決意表明する様子を見て、考えが変わりました。企業の理念や価値観の共有を重視してきた我々のチェーンならば、こうした後継者育成はあり得ると、思ったのです。


中村栄輔の経歴・略歴

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山西治男

英語の基本は、とにかく「誰が」「どうする」をはっきりさせること。それゆえ、話すときは名詞と動詞を強く、それ以外の言葉は素早く弱く発音するだけでも、相手に言いたいことが伝わりやすくなるはずです。


山本梁介

客室アンケート・ワースト20以下のホテルへは本社からゴールドチームが赴いて、相談・底上げを図ります。


本間義広

「赤のれん」の多店舗展開に乗り出しましたが、すぐにスープの問題に直面しました。例えば、1日100人しか来ないようなお店でも、1か月で1トンのスープを使いますから、原料の調達に莫大なお金が必要です。また、スープの仕込みには8時間かかります。修業時代は、11~21時までの営業で、深夜2時に出勤してスープの仕込みを始めていましたから、1日の労働時間は合計20時間。さすがにこれはマズいと思いました。そこで、店と同じスープを工場で作ろうという発想に切り替え、出資会社の協力を得て、研究員達と3年かけて5トンの常圧釜を設計し、工場を作ったのです。最初にスープを提供したのは、経営的に行き詰まっているラーメン店でした。毎日、帰宅時間が遅く朝は早いので、奥さんや子供と話す時間が取れず、いつの間にか自分の仕事を応援されなくなってしまい、自殺まで考えていたそうです。しかし当社のスープを使用したことで仕込み時間が減り、1時間早く家に帰る事ができたことで家族との会話を取り戻し、応援もされるようになりました。


鈴木康夫(経営者)

アークの再建で最初に打った手は3つ。

  1. ただ規模を追うのではなく、強みを出せる事業に集中する。
  2. 人材育成を見直し、会社の底力を引き上げる。
  3. 工場や営業所の個別最適に陥らず、事業を通した収益やリスク管理を明確にして、戦略を練り上げる。

堀場厚

海外派遣する社員には「必ず現地の社員とコミュニケーションしなさい」と言っています。それが彼らの財産になるからです。そして、「週末はホームパーティーに参加しなさい」と強く勧める。週末は疲れてパーティーに出たくないという人は多いでしょう。しかしパーティーに参加すれば皆とコミュニケーションが図れて、仲間意識が芽生える。こうしてパーティーが「価値を生む場」となるのです。研修が1年なので、はっきり言ってお荷物状態。現地からは嫌がられます。しかしそうやって1年間過ごすと、現地側から一本釣りで「この人材はこちらに残してほしい」と言われる社員も出てきます。


廣瀬光雄

今の政治や社会を見ていると、つくづく基本軸というものがブレているのではないかと感じます。それは個人の生き方の基本軸であり、国としての基本軸です。日本はそうしたものを取り戻す必要があると思います。


小山龍介

人間、完成してしまってはダメなんです。永遠に未完成で、ずっと学び続けられる強さ。これが大切です。


菊間ひろみ

英字新聞でもウェブサイトでも、英語ができればインターネットを通じて、世界中の情報が手に入る時代です。あなたが興味を持って毎日読めるジャンルを見つけ出し、ひたすら読みましょう。このとき、「音読」もセットで行なうとより効果的です。


大友啓史

スタッフやキャストに提案を促すには、結論を言わないこと、決めないこと。もちろん「こうしたいな」というプランはあるのですが、それを言ってしまうと、皆、考えることをやめ、中には媚びる人も現われます。「大友さんはこういうのが好きだから」という判断をするようになるんですよ。もちろん、監督の意図に沿ってもらうことも重要ですが、それだけでは強い表現にはならない。だから、簡単に手の内を明かさないことも重要。


林望

手紙に限らず、相手のことを思い浮かべ、語りかけるように書くということが文章の骨法。


安岡正篤

平生からおよそ善い物、善い人、真理、善い教え、善い書物、何でも善いもの・勝れているもの・尊いものには、できるだけ縁を結んでおくことです。これを勝縁といい、善縁といいます。


田崎真也(田崎眞也)

少なくとも人を拒絶したり周囲を不快にしたりするようなことは、一流の人ならしないと思います。なぜなら、人を満足させて対価を払いたいと思わせるのが、あらゆる仕事の本質だからです。ですから、仕事ができるという人というのは、人に好かれるオーラを発しているのですぐにわかります。逆に、いくら有名企業に勤めていても、自分中心の態度では、人が集まってくることはないですし、仕事で成功することも難しいのではないでしょうか。