名言DB

9413 人 / 110706 名言

中村栄輔の名言

twitter Facebook はてブ

中村栄輔のプロフィール

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

中村栄輔の名言 一覧

勉強し続けることしか自分を高める方法はない。勉強しようとする姿勢があるからこそ、助言をいただけますし、励ましの言葉も頂戴できる。


勉強すればするほど、自分の無知を知る。今も「自分は何て物事を知らないのだろう」と感じることもしばしば。


FC(フランチャイズチェーン)がお客様を向いて、良い店を作ることに集中できるように全力でサポートする。それが本部の在り方。


不本意な結果だったからといって勉強を止めていいのかと言えば、それは違う。仕事をするうえでも自分の置かれたポジションによって必要な知識を備えていかなければならない。そのためにも勉強は続けようと心掛けた。


低価格志向が強い中でも、調理性や出来立て感を高めることができれば差異化につながる。定番商品を磨き続けることで需要をもっと深く掘り起こせる。


私の座右の銘は、「一生勉強、一生青春」。知識を得てもそれを実践につなげたり、活用しなければ意味がありませんが、知識がなければ、むやみやたらに鉄砲を撃っても当たらない。その意味でも、この言葉を大事にしていきたい。


私は主に法務畑を歩いてきました。だからこそ、当たり前なことに疑問を感じられる。


FC(フランチャイズチェーン)システムは、強みもあれば弱みもあります。FCでは直営店に対するような指示命令はできず、オーナーへの説明や説得など、労力がかかります。しかし、世の中の変化に対応するためには、そこに時間をかけてはいられません。日ごろから本部とFC店との間に、信頼関係があれば、戦略を迅速に進めることができ、堅実な成長につながるのです。


時代とともにオーナーの高齢化という問題が出てきました。そこで2004年から、我々本部がオーナーの子供など、後継者を育成するための研修を行うという支援を始めました。実は当時、私は後継者の育成には、反対でした。FC(フランチャイズチェーン)の仕組みでは、どんな人と契約するか、本部は選ぶ権利を持っていますが、育成することが本部の役割なのだろうかと考えたからです。時間も労力もかかってしまいます。しかし、研修の最後に、後継者たちが現オーナーや本部の役員の前で、決意表明する様子を見て、考えが変わりました。企業の理念や価値観の共有を重視してきた我々のチェーンならば、こうした後継者育成はあり得ると、思ったのです。


中村栄輔の経歴・略歴

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

板尾創路

自分がやりたいことだけ、好きなことだけに固執していく考え方ではつらい。30くらいになったんなら、そのへんを考えてみてもいい。自分では気に入る服でなくても、人から着せてもらって「これはあなたに似合っていますよ」と言われて、初めて「ああ、そうなんや」と気づくことも多いですから。


臼井由妃

「プラスのひと言」にする鍵は「誠意をこめること」にあるのです。せっかく相手を思って発される言葉ですから、それを不用意に発するのではなく、共感・喜び・労りなどの気持ちを織り込みましょう。言葉は、相手やシチュエーション次第で受け取り方が変わります。余計なひと言にならないよう、日頃から「自分が言われたらどうだろう?」と考え、心のこもった言葉のバリエーションを持つよう心がけてください。


柴山政行

優秀な人材は、よりやりがいのある職場=刺激のある職場へと移っていく。退屈させない職場とは、私はその人の能力より少しレベルが上の仕事を与え続け、ひとつひとつ成し遂げることで達成感を絶えず感じていける職場のことだと考えています。


大江英樹

投資に向いている人の特徴。

  1. 頭が柔軟。表面的な情報に惑わされない。
  2. 疑り深い。人の言っていることを鵜呑みにせず、自分でデータにあたる。
  3. マメ。企業に関わる数字を定期的にチェックする。
  4. 好奇心が旺盛。
  5. 得意淡然、失意泰然。調子が良くても淡々と、上手くいかないときも悠然と構える。

安達明彦

独立後、会社員時代のように派手に売って稼げると思ったんです。でも思うように行かず落ち込みました。その時、格闘技経験が活きた。格闘技では当然試合で負けることもあります。でもそこで立ちどまるわけにはいかない。どうすれば次の試合に勝てるか、気持ちを切り替えて、練習方法や作戦を考え直します。それを仕事に応用し、敗因を分析。経営方針を販売型から地域密着型に切り替えました。地元の地主さんたちに顔を覚えてもらうところからリスタートしたんです。


夏野剛

日本人だけで日本向けのものを作るから、どこまでが基本原理でどこからが応用なのか区別がつかなくなってしまう。


佐々木常夫

「会社の評価は理不尽」と息まく人は、真摯さや謙虚さに欠ける面がある。この2つを持つ人は、「自分に足りない点は何だろう」と考えるから、周囲の信頼を得やすく、高い評価につながりやすいのです。


荒蒔康一郎

上に行くほど動揺してはいけないし、心の悩みを表に出してはいけないと思います。


田辺孝則

いかなる時も「まだ底がある」と覚悟して、出動資金の全額を一度に使い果たさないことが重要だ。半年程度かけて買い下がる心積もりでいれば慌てずに済む。さらに銘柄も分散させ、幅広く拾っていく方法が望ましい。


佐藤孝幸

時間を損切りできず、チャンスを逃してしまう人が少なくありません。株式投資では、保有株の株価が下がったときに損を承知で確定させるのはもったいない気がしますが、そこが落とし穴です。下がり続ける株に固執するより、見切りをつけて他の有望株に資金を移したほうが、トータルで儲かる可能性は高くなります。これは時間も同じです。


植田辰哉

私がチームづくりをしていくうえでキーワードとしている言葉に、「確認」と「約束」があります。たとえば、年に数回、ものすごくハードな練習を選手たちに課す時期があります。この練習期間が始まる前に、「これだけのハードなトレーニングを乗り越えるためには、毎日の食事と睡眠をしっかりとらなくてはいけない。だから、食事と睡眠についても高い意識をもって臨もう」という話を、必ず選手たちにします。これが確認と約束です。


伊賀泰代

リーダーシップは特殊な能力ではなく、必要な教育や訓練を経ることで鍛えられ、身につけられます。そのためにマッキンゼーで呪文のように繰り返されるのが「バリューを出す」という言葉です。「何らかの成果(付加価値)を生む」という意味なのですが、1年や1カ月といった単位ではなく、ひとつの会議などごく短い時間で「どんなバリューを出したか」が問われます。


平川昌紀

会社の規模が大きくなれば、すべてのスタッフと直接対面できる機会は減り、いずれは不可能になります。それを補うためにも、経営者のDNAを受け継ぐ人間を、経営者自身が直接対面して育てていく必要があるのではないでしょうか。


峯島忠昭

最初に買う物件がとても大事。お金持ちではない人がそこを失敗すると後戻りできなくなる可能性があります。粗悪な物件や相場より割高な物件をだまして売りつけようとする会社もあるので、そういう悪徳業者に引っかからないためにも勉強や知識が大事。


小山昇

多くの会社で業績が上がらないのは、手間をかけるべきところにきちんと手間をかけないで、すべての業務を効率化しようとするからです。そもそも、営業を効率化しようという発想自体が間違っています。営業は非効率なものです。何度も何度も訪問し、連絡を取り、必要なものをお届けする。手間隙かけるからこそ、相手に心が伝わります。