中村栄輔の名言

中村栄輔のプロフィール

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

中村栄輔の名言 一覧

勉強し続けることしか自分を高める方法はない。勉強しようとする姿勢があるからこそ、助言をいただけますし、励ましの言葉も頂戴できる。


勉強すればするほど、自分の無知を知る。今も「自分は何て物事を知らないのだろう」と感じることもしばしば。


FC(フランチャイズチェーン)がお客様を向いて、良い店を作ることに集中できるように全力でサポートする。それが本部の在り方。


不本意な結果だったからといって勉強を止めていいのかと言えば、それは違う。仕事をするうえでも自分の置かれたポジションによって必要な知識を備えていかなければならない。そのためにも勉強は続けようと心掛けた。


低価格志向が強い中でも、調理性や出来立て感を高めることができれば差異化につながる。定番商品を磨き続けることで需要をもっと深く掘り起こせる。


私の座右の銘は、「一生勉強、一生青春」。知識を得てもそれを実践につなげたり、活用しなければ意味がありませんが、知識がなければ、むやみやたらに鉄砲を撃っても当たらない。その意味でも、この言葉を大事にしていきたい。


私は主に法務畑を歩いてきました。だからこそ、当たり前なことに疑問を感じられる。


FC(フランチャイズチェーン)システムは、強みもあれば弱みもあります。FCでは直営店に対するような指示命令はできず、オーナーへの説明や説得など、労力がかかります。しかし、世の中の変化に対応するためには、そこに時間をかけてはいられません。日ごろから本部とFC店との間に、信頼関係があれば、戦略を迅速に進めることができ、堅実な成長につながるのです。


時代とともにオーナーの高齢化という問題が出てきました。そこで2004年から、我々本部がオーナーの子供など、後継者を育成するための研修を行うという支援を始めました。実は当時、私は後継者の育成には、反対でした。FC(フランチャイズチェーン)の仕組みでは、どんな人と契約するか、本部は選ぶ権利を持っていますが、育成することが本部の役割なのだろうかと考えたからです。時間も労力もかかってしまいます。しかし、研修の最後に、後継者たちが現オーナーや本部の役員の前で、決意表明する様子を見て、考えが変わりました。企業の理念や価値観の共有を重視してきた我々のチェーンならば、こうした後継者育成はあり得ると、思ったのです。


中村栄輔の経歴・略歴

中村栄輔、なかむら・えいすけ。日本の経営者。モスバーガーなどを展開する「モスフードサービス」社長。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、モスフードサービスに入社。法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、モスフードサービス関西社長、国内モスバーガー事業営業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

清水勝彦

2年前に米国から帰ってきまして、やはり日本は食事もおいしいし、住みやすく、いい国だと思います。問題がいろいろあっても、国民に危機感がないのは、そういう環境だからなんだろうと思います。


野木森雅郁

社長になって意思決定を求められる機会は格段に増えましたが、不思議と決断を下すのに難航したという記憶がありません。現場主義を貫いたことに加えて、合併した時に定めた、環境の変化に応じて柔軟に変わっていく会社にするという方針がブレなかったからでしょう。


休山昭

当社の創業メンバーはわずか7人でした。輸入家具がほとんどなかった1967年頃から、北欧を中心にヨーロッパ各国を巡り、高級家具の買い付けを行いました。創業メンバーが初めてヨーロッパで目にした家具たちは、たとえ傷がついても美しさが変わらず、その傷や汚れも自分自身が使い込んだという証しとなり、時の経過が一層その価値を高めてくれそうな家具でした。日本の小さな会社に対して100社を超えるトップクラスのモダン家具メーカーが製品を提供してくれたのは、「この素晴らしい家具たちを日本に広めたい」という情熱があったからです。


吉野真由美

アポイントは、商談の約束を取りつけるためではなく、最後に契約をいただくための活動です。そのためには、「自社の商品やサービスが足りないがために悩んでいそうなのは誰か」を考えることです。そうした「現場で悩んでいる人」こそが、アポがとれて、最終的に契約に結びつく人なのです。


根本次郎

終身雇用や年功序列賃金体系は、人道主義的な立場に立った経営を行う中から生まれてきたものだといえます。その意味でいえば、経営環境や産業構造が変わったと言って、これらのシステムをすべて捨て去っていいのかと言えば、答えはノーです。考えてみてください。企業が労使協調路線を維持できたのは、経営が終身雇用を保障してきたからではありませんか。


諏訪暁彦

トップが旗を振っても、慎重に導入を進めなければ、開発現場の抵抗にあってとん挫してしまいます。


冨田和成

1円を粗末に扱わないことも大切でしょうが、そこに注力するくらいならもっと効果のある節約手段を考えるか、もしくはもっとお金を稼ぐ方法を考える方が合理的。


宋文洲

「出世しなくていい」という考えは、とても合理的だと思いますよ。私も、もし日本企業に勤めていたら出世なんて目指しませんね。日本では、社長ですら給料は同世代の平社員の3~4倍も受け取れないかもしれません。管理職の責任の重さ(リスク)と給料(リターン)のバランスが合っていなくて、ハイリスク&ローリターン。こんな状況で、誰が高いリスクだけを抱える管理職をやりたがりますか。「出世しよう」と考えない日本のビジネスパーソンは賢いんですよ。


堀之内九一郎

人は、満足するから幸せなのではなく、挑戦するということ自体に、幸せや一瞬の満足を見出すのだと私は思っています。私の目標は、自分のきりのない欲望を、どこまで実現できるかということです。欲望がなくなったとき、人生が終わるときです。だから私は、明日死ぬと言われても、明日まで何がしたいのか、何ができるのかと、最後まで自分の欲望に挑戦していくつもりです


伊藤勝康(経営者)

メディカル事業について、たぶん、ほとんどの人が、我々が検診や医療分野を始めるとは思っていなかったでしょう。けれど会員の皆さんの声を聞き、同じ目線で考えると、この事業は必然でした。アクティブな高齢者が増えています。65歳の定年を迎えても、皆さんお元気です。この方々に、まずはエクシブなどの会員になっていただく。でもいくらアクティブでも、健康への不安は皆さんお持ちです。その人たちの不安を解消するサービスを提供することで、会員の方々の満足度は上がっていきます。これが一番大切です。そしてそれを追求することで、我々も事業の幅が広がり、成長へとつながるのです。


山田満(経営者)

我々の現場とは病院です。病院に足を運ばなければ、本当のニーズは見えてきません。


中谷彰宏

現在、「部下を叱っていいのだろうか」と悩んでしまっている上司も少なくありません。自分が成長するためであれば、ひとつの手段として叱られることも喜んで受け入れようという姿勢が、最近の若手にはあります。だから、そんなことで悩む必要はないのです。どうせ悩むなら、「叱るか叱らないか」ではなく「どう叱るか」で悩むべきです。


太田光代

成功体験もミスも含めて、場数を踏むことそのものが何よりの勉強。


堀之内九一郎

拾ったゴミに手を加えて売るようになり、たった15坪の倉庫から、いまの商売をはじめました。15坪の、それは小さな、およそ店とは呼べないような私の店で、初めて売れたのは拾ってきた石油ストーブでした。その石油ストーブが売れたことが、いま私がこうして200店以上のフランチャイズを持つ最初のきっかけとなったことを考えると、大変感慨深いものがあります。その石油ストーブを見つけたのは、住宅街のとある街角でした


小松節子

経営者は、まず社員との信頼関係をいかに築いていくかが問われている。


ページの先頭へ