名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村末広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村末広のプロフィール

中村末広、なかむら・すえひろ。ソニー中村研究所社長、ソニー副社長。鹿児島県生まれ。ソニーのテレビ事業に尽力した人物。イギリスに赴任し、低迷していたテレビ販売事業を再生させた。平面ブラウン管ベガの開発とブランド確立を行ってソニーの国内テレビ事業も復活させた人物

中村末広の名言 一覧

技術者の情熱さえあれば、小さな夢が100倍の力を持って世の中を変えるようになる。井深大さんが残してくれた財産はたくさんありますが、一番大きなものは夢を形に変える情熱の力ではないでしょうか?


私自身、ソニーでワクワクするようなモノづくりの醍醐味を存分に堪能してきました。1990年代半ばにテレビの量産化を競う一種の技術コンテストを実施したときの話です。ある若手の技術者が、ガラスの内側と外側の冷やし方を変えることで、ブラウン管の厚みを薄くできるアイデアを挙げてきた。自動車のフロントガラスは衝突しても粉々になったりしないでしょう。あの製法を応用して、テレビを軽くしようと思いついたんです。ところが残念なことに、その年の軽量化プロジェクトには間に合わなかった。この技術者がユニークなのは、軽量化がダメなら他の使い道はないかとその後、頭を切り替えて、平面ブラウン管を思い浮かべた発想の転換だった。世界初の平面テレビ「ベガ」として大きな果実をもたらしてくれることとなった。


ソニーが持っているモノづくりのエネルギーは決して失われていない。どれだけ技術がデジタル化しても、創造の原点は技術者が頭の中に秘めている発想やアイデアのユニークさにあるのです。さらにその発想を形に変える組織としてのエネルギーがあれば、一時的な遅れなど絶対に取り戻すことができる。


私は最近、1・10・100の法則なんてことを申し上げているんです。技術者が頭の中で考えたちょっとしたアイデアがあります。そのひらめきを事業化するために、直属の上司や周辺の関係者を説得してみせる。これだけではまだ十分ではありません。本当に大きな成果を得るためには、大きな組織を動かして、製品を量産の軌道に乗せる必要がある。最初は1の力しかなかったひらめきが、10の力でプロセス開発・商品開発を行い、100の力で市場を説得してあらたな産業を生み出していく。だからこそモノづくりは楽しくてやめられない。


エンジニアが夢を見る力を失わず、企業がその夢を支援する力を失わない限り、日本のモノづくりがずるずる衰退するようなことはありません。私自身、これからも若き後輩たちとともに、夢を100倍にするお手伝いを続けていきたいと願っています。


中村末広の経歴・略歴

中村末広、なかむら・すえひろ。ソニー中村研究所社長、ソニー副社長。鹿児島県生まれ。ソニーのテレビ事業に尽力した人物。イギリスに赴任し、低迷していたテレビ販売事業を再生させた。平面ブラウン管ベガの開発とブランド確立を行ってソニーの国内テレビ事業も復活させた人物

他の記事も読んでみる

高井昌史

教育界には「やせ我慢の経営」という言葉があります。教育者がお金の話をするのは慎むべきという風潮からきたのでしょうが、経営が成り立たなければ教育も成り立つわけがないですよね。


神宮司巧

目標は、より高付加価値・高品質な地図コンテンツをグローバルに提供し、豊かな位置情報サービスを世界中に普及させること。そのために、国内外の様々な企業や大学とパートナーシップを組み、将来に向けた事業や実証実験を展開しています。例えば自動運転の分野では、自動運転支援地図の開発と公道での実証実験を金沢大学と共同で行うほか、ダイナミックマップ基盤企画株式会社にも参画しています。


澤田貴司

現在、オペレーション、商品、マーケティング、物流、工場など、あらゆる面で質を高めていくための改革を進めています。特に、加盟店が抱えている課題である、雇用の問題や複雑化したオペレーションの見直しに全社を挙げて注力しています。まだ始まったばかりですが、既に社員と熱く議論すること400回以上。既存の仕組みや考え方をリセットして、課題の抜本的改革に全社一丸となって取り組んでいます。


淡輪敏

ツキを呼び込むには、明るさが必要です。


金丸恭文

日本にはリーダーが育ちにくいと言いますが、それはチャンスを与えていないからです。つまり分母そのものが小さいから、リーダーが育ってこない。そこで当社では、20代の後半から、実力に応じたプロジェクトのリーダーに任命します。


栗原幹雄

新しい会社を立ち上げるためにフレッシュネスバーガーの社長を退任したわけではありません。元は引退するつもりだったんです。ところが実際に引退してみると、4日で飽きてしまった。それで、新しい会社を立ち上げたのです。


諸富祥彦

前提として互いの理解と信頼がなければ、いくら叱っても子供に真意は伝わりません。避けられるだけです。叱る以前に、子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する……といった家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです。


伊藤雅俊(味の素)

新しい価値のある商品をつくりだし、新たな市場に頭を下げて飛び込み、その価値をわかってもらってお代をいただく。突き詰めるところ、我々の仕事とは、新しい価値創造と開拓者精神なのです。もちろん失敗もありますが、それを全社で共有して明日への糧にし、成功に結び付けていけばいいのです。


デイビッド・セイン

日本人がよく使うけれど英語にはない表現について。「お疲れ様です」「お世話になっております」などがそうですね。日本では礼儀として、失礼のないように行う挨拶の表現が、ネイティブ圏にはないんです。なぜかというと、アメリカやヨーロッパは人の移動が多いという歴史的な背景があり、失礼かどうかということよりも、安全な人間かどうかということのほうが大事になるからです。だから、HiとかHmとか、表現は何でもいいので、目が合ったら常に、怒ってないよ、安全だよ、という合図を送ること自体が大切なのです。ぜひ、これも実践してみてください。


畑村洋太郎

全体構造がわかれば、文章の構成は難しくありません。いきなり関係のない要素が割り込んできたり、本来なら因果関係のあるキーワードが離れ離れになるといった混乱も防げるはずです。


浅野純次

日本人としての個を確立していくためには、日本語が外来語もどきになっていくことに敏感でなければならない。「アカウン……」などと言いかけたら「説明責任」と言い直す努力を、お互い、していきたいものである。


外山滋比古

不要なことはどんどん忘れて、それでも自分の中に残っている知識だけが、判断を助けてくれます。いろいろな新しいものを考える原動力になります。ですから価値のあるものの考え方、判断力、創造力、そういうものをつくるにはまず頭の中にたくさん入っている、有象無象の知識を忘れることから始まるんです。