名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村末広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村末広のプロフィール

中村末広、なかむら・すえひろ。ソニー中村研究所社長、ソニー副社長。鹿児島県生まれ。ソニーのテレビ事業に尽力した人物。イギリスに赴任し、低迷していたテレビ販売事業を再生させた。平面ブラウン管ベガの開発とブランド確立を行ってソニーの国内テレビ事業も復活させた人物

中村末広の名言 一覧

技術者の情熱さえあれば、小さな夢が100倍の力を持って世の中を変えるようになる。井深大さんが残してくれた財産はたくさんありますが、一番大きなものは夢を形に変える情熱の力ではないでしょうか?


私自身、ソニーでワクワクするようなモノづくりの醍醐味を存分に堪能してきました。1990年代半ばにテレビの量産化を競う一種の技術コンテストを実施したときの話です。ある若手の技術者が、ガラスの内側と外側の冷やし方を変えることで、ブラウン管の厚みを薄くできるアイデアを挙げてきた。自動車のフロントガラスは衝突しても粉々になったりしないでしょう。あの製法を応用して、テレビを軽くしようと思いついたんです。ところが残念なことに、その年の軽量化プロジェクトには間に合わなかった。この技術者がユニークなのは、軽量化がダメなら他の使い道はないかとその後、頭を切り替えて、平面ブラウン管を思い浮かべた発想の転換だった。世界初の平面テレビ「ベガ」として大きな果実をもたらしてくれることとなった。


ソニーが持っているモノづくりのエネルギーは決して失われていない。どれだけ技術がデジタル化しても、創造の原点は技術者が頭の中に秘めている発想やアイデアのユニークさにあるのです。さらにその発想を形に変える組織としてのエネルギーがあれば、一時的な遅れなど絶対に取り戻すことができる。


私は最近、1・10・100の法則なんてことを申し上げているんです。技術者が頭の中で考えたちょっとしたアイデアがあります。そのひらめきを事業化するために、直属の上司や周辺の関係者を説得してみせる。これだけではまだ十分ではありません。本当に大きな成果を得るためには、大きな組織を動かして、製品を量産の軌道に乗せる必要がある。最初は1の力しかなかったひらめきが、10の力でプロセス開発・商品開発を行い、100の力で市場を説得してあらたな産業を生み出していく。だからこそモノづくりは楽しくてやめられない。


エンジニアが夢を見る力を失わず、企業がその夢を支援する力を失わない限り、日本のモノづくりがずるずる衰退するようなことはありません。私自身、これからも若き後輩たちとともに、夢を100倍にするお手伝いを続けていきたいと願っています。


中村末広の経歴・略歴

中村末広、なかむら・すえひろ。ソニー中村研究所社長、ソニー副社長。鹿児島県生まれ。ソニーのテレビ事業に尽力した人物。イギリスに赴任し、低迷していたテレビ販売事業を再生させた。平面ブラウン管ベガの開発とブランド確立を行ってソニーの国内テレビ事業も復活させた人物

他の記事も読んでみる

稲本健一

順調に4店舗の出店できました。しかし、いつもお客様の事を考えて作っていたはずでしたが、どんな経営者にもそういった時期があると思いますが、一度鼻が高くなりました。何をやっても流行ると思っていました。5店舗目は、鏡を使って、ガラスを使って、モニターを付けて、デジタルな雰囲気で、ミラーボールぐるぐる回して……ディスコチックな居酒屋を作りました。できた瞬間に「ダメだこれ、こんな所で飯を食いたくない」とわかりました。しかし、それまで順調だったため、作り上げるまで分かりませんでした。月々3~400万円ずつ赤字が出ました。その後東京出店も控えていましたが、どんどんお金が無くなって行きました。しかしそこで、お店の閉め方も大事だという事を学ぶことができました。


竹鶴政孝

私はウィスキー一筋で生きてきた。その意味では、一行で片付く(説明できる)男である。


熊本浩明

国内であれば、長年の経験やその中で培ってきた勘を頼りに乗り切れる場面もあるでしょう。たとえば、今日は風が強いからこういう操縦で飛行しよう。そうしたイメージや直感によって、ある程度は力技で目的地に到着することも可能です。しかし、周辺の環境や目的地までの距離、飛行のルールが変われば、これまで以上に計器が示す数値を正確に読み取り、的確に判断を下さなければならない。日本でやっていることをそのまま海外に持ち込んでもうまくいきません。


青谷洋治

飲食店は食を提供するだけでなく、家族や仲間との絆を深める場としての役割が求められている。


天坊昭彦

出光では、失敗を激しく責めるということはありません。ただし、失敗して「すみません」と頭を下げればいいかといえば、そうではないのです。失敗をいかに次への教訓として活かすか、失敗を糧にしていかに自分の肥やしにしていくか、そこが大切です。出光では、失敗をした人がいったい何を得たのかということを重視します。


江上治

語学や資格を身につけたからといって、必ずしもそれで稼げるわけではありません。中国語を勉強しても、ビジネスやプライベートで使わない限り、語学学校や教材への不要な支払いだけがかさむという結果にもなりかねません。風潮に流されて流行の資格や学歴を欲しがるなど、目的のはっきりしない勉強は何の役にも立ちません。


小路明善

私は、直感力と直観力を磨いていくことが大事だと。他の人がやっていることをやっていたのでは社長の価値がないと思うので、社長しかできないことをやる。それにはもう直感力・直観力を磨いていくしかない。


齋藤貴(経営者)

「見栄」はお金を貯めるうえでの最大の敵。身の丈に合った支出の管理が大切。子供の教育費は世帯収入で決め、同僚や近所の家庭に合わせて見栄で決めたりしない。車も都内ならカーシェア利用を検討すべき。


立川理道

リーダーとは、きちんと自分の意見が言えてブレない人。上がブレるとチームも安定しないし、率直な意見を言えないようでは、この人についていこうとは思わないですからね。


沼田憲男

ビジネス文章のポイントは、「何をどう伝えたいのか」を一言で要約し、伝えたい要素を優先的に並べるだけ。ビジネス文章は起承転結で考えると不要な情報が入り、簡潔に伝わりにくい。事前に材料となる要素をメモしておけば、何を優先に書けばいいか、何を省けばいいかが見えてくる。


細谷英二

私自身も銀行と同じように、旧国鉄という官僚文化の中で育ちました。だから、手っ取り早く銀行を改革するには、まず官僚文化の典型である年次主義・序列主義を打破することだと考えていました。就任後しばらくして、私が選んだ役員以外のある一定の年齢以上の方々には全員辞表を出してもらう一方、年次を無視して若手を積極的に登用しました。また、りそなは大きく、旧大和銀行と旧協和銀行、旧埼玉銀行が合併した銀行ですが、社内データからどこの銀行出身かといった情報は消去しました。


澤田秀雄

東京ディズニーランドと同じことをやっていてもお客さんは来てくれないので、違うマーケットを狙わないといけません。例えば、我々はシニアを取り込めます。100万本のバラを手入れして、客が減るゴールデンウィーク後の目玉にしました。ほかにも、秋にはガーデニングのワールドカップを開き、冬には1000万本という、日本一の規模のイルミネーションを飾っています。