名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村文則の名言

twitter Facebook はてブ

中村文則のプロフィール

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

中村文則の名言 一覧

いまの世の中がちょっとおかしいと思ったら、自分の心の中でかすかでも抵抗できればいい。そうした一人一人の抵抗が積み重なっていけば、世の中はより良い方向に変われると思う。


普通、書き手っていうのは自分の世界の中で、自分の思い通りにやるもんなんだけど、自分と正反対の意見もわざと書いて戦わせるんですよ。


純文学っていうものをたくさん読んだ人っていうのは、自分の内面に自然と海みたいなものが出来あがる。


中村文則の経歴・略歴

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小川糸

言いたいことを言えなかったり、言ったことを後悔したり、人間関係ってままならないことのほうが多いと思うんです。でもたとえ誰かとこじれてしまっても、ちょっとした縁から広がる世界もありますよね。


小山昇

大切なのは、自分の都合より相手の都合。相手は何を求めていて、そのニーズに対して自分が何ができるか、探ること。素直に「バカなので教えてください!」とニーズを聞いてみましょう。頭を下げられて悪い気になる人はいませんから。


立川談慶

無茶ぶりへの対処は主体性をどこに置くかがポイントだと思います。師匠は晩年、二つ目への昇進基準に「歌舞音曲」を追加しました。落語だけではなく、歌と踊りが新たに課せられ、弟子にすれば大変な負担です。最初の頃は、師匠から「歌を三曲覚えろ」といわれても、二曲しか覚えられないような状態でした。バイトもあるし、練習時間がなかなかとれないからです。しかし、気持ちを切り換えて、倍やることにしました。「三曲覚えろ」といわれたら、六曲覚える。昇進基準にないタップダンスを身につけたりもしました。そうすることで主体的になれる。つまり、主導権が握れます。


前澤友作

「カッコ良さ」とは何に対しても真面目で優しく、謙虚であることだと思います。


中谷健一

忙しいから家族と過ごす時間がないといっていた人も、ノマド的手法をとりいれることで解決策を見いだせるのではないでしょうか。たとえば、定時に退社して家族と一緒に食事をし、子供をお風呂に入れる。そのあと寝かしつけたところで近所のマクドナルドに行って、9時から12時まで仕事をする。といったこともできます。私は家族旅行中に旅館で仕事をしていることもあります(笑)。


三浦善司

私の考え方や思い、事業の方向性など、何回も同じことを繰り返し伝えています。これに尽きます。


羽生善治

将棋の対局は時間が長いので、何かアクシデントが起きて心が乱れても、わりとリカバリーしやすいです。テニスの試合を見ていると、不利な場面で審判にクレームをつけて試合を止める選手がいますよね。なぜ判定が覆らないのに文句をいうのか。あれは心を落ち着かせるための時間稼ぎでしょう。心がざわついても、時間が解決してくれることは多いと思います。


白石康次郎

僕は船に弱くて、いまでも航海に出て数日間は、船酔いで死ぬような思いをしています。また、ヨットはとにかくお金がかかるというのに、僕は大金持ちでもなければ、大スポンサーもいない。だから、船に乗っていないときはいつも、必死で資金集めに走り回っています。こんな僕のどこが、才能や環境に恵まれているといえますか。


さいとうたかを

作品は私のものじゃないですからね、読者のものでしょ。だから私がやめたいのなんのってことは言えませんよ。


伊坂幸太郎

『バイバイ、ブラックバード』も、僕にとって新たな試みでした。「ある日、小説がポストに届いてたら、届いた人は楽しいに違いない」という編集者の思いから発案された「ゆうびん小説(執筆した連作小説を章ごとに読者の自宅に郵便で届ける連載方法)」。企画を最初に聞いたのは、2年半ぐらい前のこと。すぐに、それはすごくいいなと思ったんです。最近、家に帰って郵便ポストを開けた時、ワクワクすることって少ないですよね。今日もチラシとダイレクトメールばっかりかと思うことも多い。もし、そこに好きな作家から小説が届いたら、すごくハッピーだな、と。その人が「今日はいい日だ」と思ったら、その日1日ぐらいは周りにやさしく接するかもしれないじゃないですか。世界は普段通りに動いていても、封書の届いた家だけは温かな雰囲気が漂う。そういう変化は、小説を書いて100万部売れたとしても、そうそう起きるものではないと思うんですね。抽選で50名に書き上げたばかりの短編小説を届ける。この50人という規模にも意味があったと思うし、世の中的には全然影響がなくとも、小さい宇宙では何かが起きていくかもしれない。僕は、この企画のそんなところに惹かれました。そして、実際にやってみると、思った以上に楽しかった。送った小説には感想用ハガキが封入されていて、読者から直に感想が届くんです。月刊誌の連載なんかだと、ほとんど反応は見えないので、このゆうびん小説は書くモチベーションを保つのによかった。


三木谷浩史

僕は普段から社員に対して「自走する社員になれ」といっていて、自ら考えて、自ら行動する社員になってほしいと思っています。そうしないと楽しくないでしょ。人生の大半を使う仕事というものは、やっぱり楽しくなくちゃ。僕は楽しんでいますよ。これからも楽しみたいと思います。


高岡浩三

私は人事担当者に、「ネスレ日本は学生の就職人気企業ランキングには入るな!」と伝えている。私たちが求めるのは、イノベーティブでリーダーシップを持った学生だ。「人気企業だから、とりあえずエントリーしておこう」という程度の考えで応募する学生が増えたところで、人事担当者の負担が大きくなり、余計なコストがかかるだけだ。


天坊昭彦

平時から綿密な計画を立てておき、いざ危機に直面したら覚悟を決めて実行します。社員には、速やかに、正直に分かりやすい言葉で現状と対応策を説明する。そうすれば、社員が一致団結し、必ず危機から脱却できます。


長谷川穂積

トレーナーっていうのは普通、自分が選手時代にやってきたことや勉強してきたことを教え、それを選手が実践することに喜びを感じる人が多いんです。でも、山下(真正ボクシングジム会長・山下正人)さんはそうじゃなかった。すごく高い評価を受けるトレーナーになったいまでも、自分が考えてきたコンビネーションを「どうや?」と言って、俺が「これは打たないですね」と応えたら「じゃあ、やめようか」で終わるんですよ。いい意味で、プライドがない。自分の技術を押し付けるわけでもなく、勝たせるために全力になってくれる。選手はそういうところを見て、惚れるんです。だから、他のジムからも「山下会長にミットを持って欲しい」と言う選手が絶えない。情熱がミット越しにボクサーへ伝わっていくんですよ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

女にモテたいと思って、あれこれ考えているヤツほど、モテないものだ。「モテる」というのは結果なんだよ。一方、「モテたい」というのは目的でしかない。そこを混同していると、薄っぺらな生き方になってしまうんだね。自分を磨くことが目的になっていれば、普段の努力が自分の魅力を高め、その結果としてモテる人間にもなれるんだ。ところが、モテることが目的になっていると、モテるためのノウハウばかり考えるようになって、人間的な魅力を磨くことが二の次になる。結果的に底の浅い行動しかできなくなり、モテたいのにモテないヤツになってしまうというわけだ。