中村文則の名言

中村文則のプロフィール

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

中村文則の名言 一覧

いまの世の中がちょっとおかしいと思ったら、自分の心の中でかすかでも抵抗できればいい。そうした一人一人の抵抗が積み重なっていけば、世の中はより良い方向に変われると思う。

中村文則の名言|いまの世の中がちょっとおかしいと思ったら、自分の心の中でかすかでも抵抗できればいい

普通、書き手っていうのは自分の世界の中で、自分の思い通りにやるもんなんだけど、自分と正反対の意見もわざと書いて戦わせるんですよ。

中村文則の名言|自分と正反対の意見もわざと書いて戦わせる

純文学っていうものをたくさん読んだ人っていうのは、自分の内面に自然と海みたいなものが出来あがる。

中村文則の名言|純文学っていうものをたくさん読んだ人っていうのは、自分の内面に自然と海みたいなものが出来あがる

中村文則の経歴・略歴

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

ページの先頭へ