中村文則の名言

中村文則のプロフィール

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

中村文則の名言 一覧

いまの世の中がちょっとおかしいと思ったら、自分の心の中でかすかでも抵抗できればいい。そうした一人一人の抵抗が積み重なっていけば、世の中はより良い方向に変われると思う。


普通、書き手っていうのは自分の世界の中で、自分の思い通りにやるもんなんだけど、自分と正反対の意見もわざと書いて戦わせるんですよ。


純文学っていうものをたくさん読んだ人っていうのは、自分の内面に自然と海みたいなものが出来あがる。


中村文則の経歴・略歴

中村文則、なかむら・ふみのり。日本の小説家。愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。『遮光』で野間文芸新人賞、『土の中の子供』で芥川賞、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる


ドナルド・トランプ

最高の仕事をする人々は自発的で、生来の好奇心があり、次は何をしろと教えられる必要のない人々である。そういう人になれるよう努力しよう。


スティーブン・コヴィー

ビジネスの世界では、市場の激しい変化に伴い、数年前のヒット商品がいまではまったく売れないというのが常である。敏感に環境の変化をとらえ、正しい方向に資源を注ぐためには、強力かつ主体的なリーダーシップを発揮しなければならない。


奥谷禮子(奥谷礼子)

政府が何もしてくれないと嘆くばかりではなく、自分たちで何とかしようと行動していくことが大切。


浅野純次

最新の技術や知見だけを重視し短期的に役に立つ情報を追い求める流れは「知の危機」に通じる。「役に立たない(ように見える)学問」の軽視が、日本の多様性と個性を損なうことにならぬよう願ってやまない。


落合信彦

人にモノを教えたり、仕事を任せたりすることは、想像以上に難しいことだ。いくら個人としての能力は高くても、人を使えるようになって初めて一人前といえる。この壁を乗り越えたとき、キミたちは、これまでの何倍もの力がついている自分に、驚くことになるだろう。


アレックス・カー

大きなリスクをとるなら、たとえ風向きが悪くなった時も破綻せずにすむ状況を整えておくことも必要。投資をする時にポートフォリオを組むように、リスクをトータルで考え、自分で「管理」できれば、恐れるに足りません。


酒巻久

交渉後の持ち帰りはムダ。せっかく交渉に行ったのにその場で結論が出せず、「社に持ち帰って検討します」というケースが、とくに日本企業にはあまりに多い。海外の企業から見ると「何しに来たのだ」という話です。権限を持たない部下を派遣することは、まったくの時間のムダです。


ページの先頭へ