名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村扇雀・3代目の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村扇雀・3代目のプロフィール

中村扇雀、なかむら・せんじゃく。歌舞伎役者、俳優。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。歌舞伎役者として活躍。

中村扇雀・3代目の名言 一覧

日によってお客様が違うし、お客様が違えば反応も違って、それによってお芝居が変わってくることもある。周囲に敏感に反応している自分があれば、はっとする瞬間を見過ごさずにすみます。


結局、歌舞伎って、好きになるか嫌いになるかの両極なんです。芸能としては優れたものだから、はまる人は絶対にはまる。


僕は人にしても物にしても、ひとめぼれがほとんどです。基本、好き嫌いがはっきりしているので、瞬間的に「いいな」と思わないと好きになれない。その代わり、一度気に入ったものにはとことんまで惚れ込みます。歌舞伎は地方公演も多いから、あちらこちらの土地に行くんだけど、まずはお気に入りのバーとお寿司屋さんを見つけないと落ち着けません。いい店は入った瞬間に「あ、ここだ」とわかるんですよ。ものだって同じでね。20歳の時に手に入れたパターはひとめぼれで、もう30年以上も使い続けています。ゴルフをする人なら、それは普通あり得ないことだとわかってもらえるはずだけど。


ひとめぼれってつまりは感性の問題だと思う。自分の経験やポリシーによって構築された価値観に、ふとした瞬間に引っかかってくる何か。大げさに言うと、生き方にも関わってくるんじゃないかな。食事ひとつとっても、口に入ればなんでもいいやという人もいれば、死ぬまでにあと何度食べられるかわからないのだから、一回一回を大事にしたいという人もいる。着るものにしてもそう。自分が普段から求めるものが明確である人ほど、ひとめぼれが起こりやすいのだと思います。


芝居で得たものが人生に繋がるというのはまさにその通りだと思いますよ。今日僕が持ってきた『世阿弥のことば一○○選』はタイトル通り世阿弥の言葉を集めた本だけど、舞台上に限らず、人生全体に応用できる言葉がたくさんあります。たとえば「離見の見」は、演者が客観的な目線で、あらゆる方向から自身の演技を見る意識を指す言葉だけど、人として大切なことをも教えてくれています。人間って、生きている限り、自分の顔は鏡を通してしか見られない。直接見ることは絶対にできないんだよね。ということは、他人様が見ているの方がたぶん本当の姿である。つまり、みんなが「扇雀とはああいう人間だ」と考えている扇雀像こそ、本当の自分であるということに気づかないといけない。そんな意味も含んでいると思うんです。


中村扇雀・3代目の経歴・略歴

中村扇雀、なかむら・せんじゃく。歌舞伎役者、俳優。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。歌舞伎役者として活躍。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

私が社長になった頃、社内会議では自社の弱点ばかりが議論されていました。「デザイン」「安全性能」「環境対応」などのカテゴリー別にトップ企業と比較して「相手が100点ならウチは40点」「いや、30点だ」などと暗い話ばかりしていた。全部の点数を上げたいけれど、資源は限られている。そして、ますます雰囲気が暗くなる。それを私は変えようと思いました。「負けていたってしょうがないじゃないか。でも1つだけでいいから突き抜けよう」。社長の私が社員たちにそう言ったら、雰囲気が変わるんじゃないか。何かが変わるのではないかと思ったのです。だから、新しい技術でも的を絞って取り組む。それを明確にしています。


渡瀬謙

人は「これからのこと(未来の話)」をいきなり尋ねられると戸惑います。例えば「明日のランチは何を食べたいですか?」と聞かれてすぐに答えられますか? 相手のニーズを聞き出そうとして、「どうしたいですか?」と聞くのは意味がないと考えましょう。


高嶌幸広

説明上手になるための5つのポイント

  1. 説明内容を事前によく把握しておくこと。
  2. 言いたいことを明確にすること。
  3. 話しの組み立てを練っておくこと。
  4. 相手のレベルに合わせた語彙を使うこと。
  5. 事実・事例・たとえ話を何にするか決めておくこと。

茂木健一郎

職場内で尊敬する人とか、手本にする人を見つけることは大事ですよね。ミラーニューロンという神経細胞が脳にはあって、関心のある人を見ているだけで、その人の行動や言動を脳の中で再現すると言われています。無意識にマネをするというわけ。オーバースペックで面白い人って必ず職場にいるから、まず見つけて手本にすること。


松岡浩(経営者)

物事は何でも自発的に取り組んでこそ意味がある。社員が自発的にやりたいと言ってきたときは嬉しかった。


梅原勝彦

成功するために必要なことは、あくまで基本を徹底することです。我々の業界では特に製造業の基本である「高品質・短納期・適正価格」の3つを愚直に実践することしかありません。


木川眞

僕たちは国とか地方自治体の公共でしか出来ないものを奪おうなんて思っていない。お互いに役割を決めて、国でしか出来ない、地方自治体でしか出来ない所は行政がやる。実務的なレベルとかサービスを提供する主体はボランティアに依存してやる時代はもう過ぎています。やはりここは民間が知恵を出しながら、安いコストで品質を高めながら進めるべきです。


松本大

相手がまったく興味のない話に、テクニックでどうにかして興味を持たせることは、かなり難しいと思います。まずは相手が興味のある話をして、その話をする自分という人間に対して興味を持ってもらってから、本当に話したいことを話すしかないのではないでしょうか。


山田真哉

決算書の中の「予測」や「計画」といった数字は、企業側がいかようにもつくることができます。ここを前年度に比べて悪くする企業はほとんどなく、現状を判断する材料には使えないと考えてよいでしょう。


小阪裕司

飲みながら上司や先輩が体験したいろんなエピソードを聞くといい。昼の仕事モードではなかなか出てこない本音や裏話。そういうところに本当の生きた情報がある。


井上貴之

モノを売る場合、一番高く買い取ってくれるところに売りたいと考えるのが自然ですが、車は値段がすべてではありません。車の売却は、車両と書類を渡してから現金が振り込まれるまでタイムラグがあり、長いと平気で1週間以上待たされたりします。そのため「その間に店がつぶれたらどうするのか」「事情が変わったため契約をキャンセルしたくなったらどうするのか」「後から営業マンの査定ミスが発覚した場合、減額交渉されることがあるのか」など、売り主は様々な不安を抱えることになります。高く買い取ってくれることももちろん重要ですが、それ以上に「安心感」が求められるのです。


井上達彦

私は模倣には2つの側面があると思っています。それは「よい模倣」と「悪い模倣」です。「美しい模倣」と「醜い模倣」と言ってもいいかもしれません。