中村扇雀・3代目の名言

中村扇雀・3代目のプロフィール

中村扇雀、なかむら・せんじゃく。歌舞伎役者、俳優。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。歌舞伎役者として活躍。

中村扇雀・3代目の名言 一覧

日によってお客様が違うし、お客様が違えば反応も違って、それによってお芝居が変わってくることもある。周囲に敏感に反応している自分があれば、はっとする瞬間を見過ごさずにすみます。


結局、歌舞伎って、好きになるか嫌いになるかの両極なんです。芸能としては優れたものだから、はまる人は絶対にはまる。


僕は人にしても物にしても、ひとめぼれがほとんどです。基本、好き嫌いがはっきりしているので、瞬間的に「いいな」と思わないと好きになれない。その代わり、一度気に入ったものにはとことんまで惚れ込みます。歌舞伎は地方公演も多いから、あちらこちらの土地に行くんだけど、まずはお気に入りのバーとお寿司屋さんを見つけないと落ち着けません。いい店は入った瞬間に「あ、ここだ」とわかるんですよ。ものだって同じでね。20歳の時に手に入れたパターはひとめぼれで、もう30年以上も使い続けています。ゴルフをする人なら、それは普通あり得ないことだとわかってもらえるはずだけど。


ひとめぼれってつまりは感性の問題だと思う。自分の経験やポリシーによって構築された価値観に、ふとした瞬間に引っかかってくる何か。大げさに言うと、生き方にも関わってくるんじゃないかな。食事ひとつとっても、口に入ればなんでもいいやという人もいれば、死ぬまでにあと何度食べられるかわからないのだから、一回一回を大事にしたいという人もいる。着るものにしてもそう。自分が普段から求めるものが明確である人ほど、ひとめぼれが起こりやすいのだと思います。


芝居で得たものが人生に繋がるというのはまさにその通りだと思いますよ。今日僕が持ってきた『世阿弥のことば一○○選』はタイトル通り世阿弥の言葉を集めた本だけど、舞台上に限らず、人生全体に応用できる言葉がたくさんあります。たとえば「離見の見」は、演者が客観的な目線で、あらゆる方向から自身の演技を見る意識を指す言葉だけど、人として大切なことをも教えてくれています。人間って、生きている限り、自分の顔は鏡を通してしか見られない。直接見ることは絶対にできないんだよね。ということは、他人様が見ているの方がたぶん本当の姿である。つまり、みんなが「扇雀とはああいう人間だ」と考えている扇雀像こそ、本当の自分であるということに気づかないといけない。そんな意味も含んでいると思うんです。


中村扇雀・3代目の経歴・略歴

中村扇雀、なかむら・せんじゃく。歌舞伎役者、俳優。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。歌舞伎役者として活躍。

他の記事も読んでみる

コリン・アングル

まずはどんなロボットも人の生活に役立つものでなければならず、どんなに優れたロボットであっても、生活に役立つものでなければ製品化はされません。ロボットというのは「Dull、Dirty、Dangerous(退屈、不衛生、危険)な仕事から人々を解放する」ものでなければならないからです。


鍵山秀三郎

私は社風をよくするために、大きな犠牲を払いました。たとえば、売上の6割近いお得意先との取引をお断わりしました。たくさん買ってくれて支払いもよい、ただ法外なわがままも言うお得意先でした。なぜお断わりしたかというと、社員がその仕事を維持するために苦労し、だんだん卑屈になってきたからです。先方は嵩(かさ)にかかって無茶を言う。本当ははらわた煮えくり返っているのに、へつらって仕事をしないといけない。ただ売上と利益を上げるだけなら社員に、「商売だから、それくらい我慢しろ」と言います。でも、そんな我慢を強いることは、私にはできなかった。だから取引をやめました。


柳弘之

弊社の商品は実用性を提供するだけでなく、お客様に感動や面白さを与えることができる商品です。感動していただけるもの、面白いものだけを作り続けてきたのがヤマハ発動機なのであり、その点が創業以来まったくブレていない。それがグローバル企業として結束できている最大の理由ではないかと思います。


蒲島郁夫

一番いいところを選ぶのは、大切なこと。遠慮する必要はないんですよ。


近藤太香巳

成功したらこんな車に乗れるとか、こんな生活ができるということより、つらいことや苦しいことはたくさんあるけどこんな喜びがある、こんな感動があるということを僕はみんなに伝えたい。お金だけがメインになってしまったら、途中で挫折しちゃいますよね。


納富貞嘉

IoTによってすべての物がインターネットにつながるようになる。さまざまなことが遠隔から行えるようになり、あらゆるデータを集積することができる。これらをどう活用するかで企業の成長スピードが変わってくる。


池田千恵

翌朝やることは頭で考えるだけでなく、何か紙に書いておいた方がいいでしょう。私は直接手帳に書き込みますが、パソコンでも携帯電話でも何でもいいのです。とにかく手を動かすことがポイントです。なぜ朝ではなく前日の夜にやるかというと、翌朝することを決めておかないと、朝起きたときに眠気に負けてしまい、二度寝してしまうからです。逆に、明日やらなければいけないことを見える化しておけば、起きるときに「あ、今朝はこれをやらなきゃいけないんだ」と思って、起きやすくなります。


東浩紀

インテリの多くは、3・11(東日本大震災)のあと何をやっているかというと、ブログやツイッターで闘っているふりをしているだけです。あるいは、「まずは地元の復興が大切」といった、誰が聞いても正しいことを言うばかり。誰も、若者に夢を見せていない。3・11と比べられるのは敗戦ですが、あのときの若者は高度経済成長に夢を見たわけです。その夢は、自然に発生したのではなく、日本の未来はこうなるんだと、誰かが描いて提示したものです。そういうビジョンを描ける人がいないと、人は萎縮していくばかりになってしまう。


市川浩子

「真剣に悩んでいる」「躊躇している」「困っている」……。沈黙は、こうしたメッセージである場合が多いんです。だから、ことさら沈黙を怖がって、別の話を無理矢理しようとする人がいますが、それは間違い。商談中なら「何かご質問があったらおっしゃってください」、仲間内なら「言いにくいことでも何でも言ってよ」と伝えたあと、あなた自身も笑顔でわざと沈黙をしてみましょう。それが逆に相手へのメッセージになります。じっくり考えたあと「じつは……」と本音を語ってくれますよ。


山田悠介(小説家)

僕が書いているものはあくまでエンターテインメントなので、楽しんでもらえたらそれでいいんですよ。僕から伝えたいメッセージのようなものはない。でも、楽しんでもらったうえで、いろいろなことを感じていただけたなら、書いて良かったなと思いますね。


船ヶ山哲

競合サイトを見ることで、見込み客の心情を知ることができます。検索サイトで「○○(自分の業種・業態)お客様の声」で検索すると、他社サイトの「お客様の体験談」が出てきます。そのコメントに、見込み客の心をくすぐる、多くのヒントが隠されているはず。10社も見れば、共通点が見えてくるでしょう。


五十嵐一弘

新型車両は開発・設計部門だけで作ることはできません。既存車両の状態や出来不出来を知り抜いたメンテナンス担当が、改善点を的確に指摘できるかどうかが重要。


川野幸夫

人を育てるうえで、一番大切なことは何でしょうか。それは信じて責任を与えることです。簡単なことをやらせるのではなく、難しいことをどんどん任せる。それが人材を鍛えて、能力を引き出すカギになります。


藤屋伸二

企業経営に必要なマネジメントの条件を学ぶと、ヒト・モノ・カネの仕組みが分かる。中でも仕事に求められる「認識」「構想」「構築」「運営」の基礎知識を身につければ、組織内での自分の役割や問題の原因を特定でき、仕事の効率改善になる。


小林陽太郎

人が優れているとか劣っている、あるいはできるとかできない、ということを知識だけで判断することはきわめて危険だし、間違っている。


ページの先頭へ