名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村慎市郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村慎市郎のプロフィール

中村慎市郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。大和鋼管社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和鋼管工業関連会社の米国センチュリーチューブコーポレーションに入社。同社で情報管理部長を務める。マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。ベイン・アンド・カンパニー、ネットイヤーグループなどで戦略やITについてコンサルティングを行った。その後、家業である大和鋼管に入社。副社長を経て、31歳で社長に就任。

中村慎市郎の名言 一覧

システム導入プロジェクトの進め方については、プロジェクトの開始時には、社長が決断を下し、積極的に関与していることを社員に印象付けることが必要不可欠です。ただし、実作業は信頼のおけるリーダーに任せた方がいいでしょう。実務を知っているので社員からの意見も汲み上げやすく、プロジェクトを進行するうえで、社内の一体感も生まれますから。


経営という視点では、価値貢献の追求が命題ですが、社員の自己実現にも配慮すべきです。楽しく仕事ができ、幸せを実感できる場を提供することも大切です。当社では、社員が生き生きと働くことを目指しています。企業経営は自己実現と価値貢献のバランスを考えたうえで、双方の最大化を目指すことが必要です。


私は経営者として、システムを活用することで企業価値を高めたいと考えています。企業価値とは利益の蓄積で、社員の力が発揮されないと実現できません。会社への社員の価値貢献とは、「売上を上げる」「コストを下げる」「それを継続する」の3つです。


いままでは、入力が大変だからといって、現場営業はあまりレポートを提出しませんでした。現状を変えるためには、行動計画と連動し、自分の活動履歴を検証することで新規開拓の成果につながるというPDCA(計画、実行、検討、対処)サイクルをつくることが必要だと考えました。そこで活動報告の仕組みをつくりました。手間を惜しまず、こまめにレポートを入力してフォローしている社員は、安定した新規開拓につながっています。


営業マンは月の下旬は忙しいのに、月初めは暇そうにしている。初動が遅く、売上が伸びないのです。また、自分のことばかり気にして、他人の状況には目もくれない。そこで、一人一人の営業力が、毎日実感でき、かつチーム全体の実績もわかる日計表を導入しました。数値を視覚化すると、どういう状況で何が起こっているかが瞬時にわかります。この表を毎日チェックして行動を変えたら、一定以上の成績が上がるようになりました。


システムを考えるときは、私たちの生活になくてはならない家に置き換えてみると、非常にわかりやすくなります。基幹システムとは家そのもので、これがないと不自由ですが、家の形態によって住み方が制限されてしまいます。システムを構築してしまうと、どのように業務を進めるのか大枠が限定されていまうので、将来の展望をしっかり見据えて判断する必要があります。


伝統ある鉄鋼関連業界で、当社は昨年で創業75周年を迎えることができました。業界の中で、私は社長としては一番若く、3代目です。また、当社に戻るまでは、企業の情報管理部や、ITコンサルティング会社に勤めていました。この業界で当社を飛躍させるためにはどうすべきか、何ができるのか。そう考えたときに、経営にこれまで経験してきたITの知識が活かせるのではと考えました。


中村慎市郎の経歴・略歴

中村慎市郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。大和鋼管社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和鋼管工業関連会社の米国センチュリーチューブコーポレーションに入社。同社で情報管理部長を務める。マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。ベイン・アンド・カンパニー、ネットイヤーグループなどで戦略やITについてコンサルティングを行った。その後、家業である大和鋼管に入社。副社長を経て、31歳で社長に就任。

他の記事も読んでみる

魔裟斗

基本的に、僕は「人生は習うより慣れろ」だと思っています。トレーニングも慣れてしまえば、大変でも何でもないですから。周りから「ストイックだ」って言われますけど、僕にとってのルーティンですから。


柳弘之

独創的なものを他社よりも先に創りたいというのが当社の文化です。独創的、個性的なモノを他人よりも先に創りたい。それにチャレンジしたい。この独創性は、そう簡単に出てくるものでもなく、チャレンジをやめるとそこで一度止まってしまいます。難しい面はありますが、そのようなことを大事にしている会社です。


おおたわ史絵

いろいろ失敗をして、反省をして、改めて、を繰り返しながら、いまに至っているという感じです。


野村克也

「覚悟」なんてのは、上に立つ者が本気で示せば、下に続く者も自ずと抱いてくれるもの。俺こそがまさに上に立つ人間が腹を決めてくれたからこそ頑張れた。監督業で花を咲かせられた。


斎藤敏一

伝統的な企業では、失敗が少ない人をリーダーに据えるかもしれません。しかし、そのような人は、部下の細かいところまで指摘しがちで、社員の作業をどんどん増やしていると思います。


板尾創路

ずっと夢を追いかけていたけど、たまたま違う仕事をさせられて、けっこう成功した、という例も多いですよね。自分の力が生かせる場所が他にもあることに気づく瞬間は、ほとんど周りから与えられるもの。世の中、そういうもんちゃうかなと思うんですよ。


隈研吾

歌舞伎座の改修では、全く新しいデザインの劇場にするというチョイスもあったわけですが、ある意味、昔のイメージを使ったわけですよ。瓦屋根の載った昔の歌舞伎座のスタイルをうまく人々の頭にちらつかせ、過去の記憶と現代をうまく重層させるようなテクニックを用いた。観光客に昔の東京を想起させるように。それは想像以上に効果がありました。銀座では着物姿の人が増えたと言われます。あの劇場だから着物を着ていこう、和食を食べよう、とね。


青木擴憲

好調なのは一言で言うと、お客様のニーズに各事業が対応できているということだと思います。


水野敬也

お客さんは常に意外性を求めています。いい意味で期待を裏切ってくれるようなもの、新しいもの、すごいものを見せて驚かせてもらいたがっている。


宮崎聡子

ちょっとした相づちのコツを知っておくと、よりお互いの会話を弾ませることができます。相づちの動作は相手に合わせるのが基本です。人は無意識のうちに、自分と同じボディーランゲージや言葉・話し方をする人、ムードを持った相手に心を開く傾向があるからです。


内田士郎

グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


江上剛

いまや成果主義が主流となり、過大な目標が押し付けられることも増え、それが要領のいい上司や部下を増やす結果につながりました。また、成果を求められるあまり、一部社員によるデータのごまかしや数字の改ざん、企業不祥事も多発しています。そのため、社員個々の成績ではなく、チームワークで動いて、力を発揮することが求められるようになりました。部下の面倒を見ることは厄介なことですが、上司として、それをやらなければならなくなったのです。