中村慎市郎の名言

中村慎市郎のプロフィール

中村慎市郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。大和鋼管社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和鋼管工業関連会社の米国センチュリーチューブコーポレーションに入社。同社で情報管理部長を務める。マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。ベイン・アンド・カンパニー、ネットイヤーグループなどで戦略やITについてコンサルティングを行った。その後、家業である大和鋼管に入社。副社長を経て、31歳で社長に就任。

中村慎市郎の名言 一覧

システム導入プロジェクトの進め方については、プロジェクトの開始時には、社長が決断を下し、積極的に関与していることを社員に印象付けることが必要不可欠です。ただし、実作業は信頼のおけるリーダーに任せた方がいいでしょう。実務を知っているので社員からの意見も汲み上げやすく、プロジェクトを進行するうえで、社内の一体感も生まれますから。


経営という視点では、価値貢献の追求が命題ですが、社員の自己実現にも配慮すべきです。楽しく仕事ができ、幸せを実感できる場を提供することも大切です。当社では、社員が生き生きと働くことを目指しています。企業経営は自己実現と価値貢献のバランスを考えたうえで、双方の最大化を目指すことが必要です。


私は経営者として、システムを活用することで企業価値を高めたいと考えています。企業価値とは利益の蓄積で、社員の力が発揮されないと実現できません。会社への社員の価値貢献とは、「売上を上げる」「コストを下げる」「それを継続する」の3つです。


いままでは、入力が大変だからといって、現場営業はあまりレポートを提出しませんでした。現状を変えるためには、行動計画と連動し、自分の活動履歴を検証することで新規開拓の成果につながるというPDCA(計画、実行、検討、対処)サイクルをつくることが必要だと考えました。そこで活動報告の仕組みをつくりました。手間を惜しまず、こまめにレポートを入力してフォローしている社員は、安定した新規開拓につながっています。


営業マンは月の下旬は忙しいのに、月初めは暇そうにしている。初動が遅く、売上が伸びないのです。また、自分のことばかり気にして、他人の状況には目もくれない。そこで、一人一人の営業力が、毎日実感でき、かつチーム全体の実績もわかる日計表を導入しました。数値を視覚化すると、どういう状況で何が起こっているかが瞬時にわかります。この表を毎日チェックして行動を変えたら、一定以上の成績が上がるようになりました。


システムを考えるときは、私たちの生活になくてはならない家に置き換えてみると、非常にわかりやすくなります。基幹システムとは家そのもので、これがないと不自由ですが、家の形態によって住み方が制限されてしまいます。システムを構築してしまうと、どのように業務を進めるのか大枠が限定されていまうので、将来の展望をしっかり見据えて判断する必要があります。


伝統ある鉄鋼関連業界で、当社は昨年で創業75周年を迎えることができました。業界の中で、私は社長としては一番若く、3代目です。また、当社に戻るまでは、企業の情報管理部や、ITコンサルティング会社に勤めていました。この業界で当社を飛躍させるためにはどうすべきか、何ができるのか。そう考えたときに、経営にこれまで経験してきたITの知識が活かせるのではと考えました。


中村慎市郎の経歴・略歴

中村慎市郎、なかむら・しんいちろう。日本の経営者。大和鋼管社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和鋼管工業関連会社の米国センチュリーチューブコーポレーションに入社。同社で情報管理部長を務める。マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。ベイン・アンド・カンパニー、ネットイヤーグループなどで戦略やITについてコンサルティングを行った。その後、家業である大和鋼管に入社。副社長を経て、31歳で社長に就任。

他の記事も読んでみる

花崎淑夫

アパレル製品は、原価率がかつてよりもかなり低くなっている。工業製品的にいかにコストを下げられるかという世界にのみ込まれてしまった。こうした商品では、顧客がワクワクする気持ちになるのは難しい。


幸田シャーミン光代

30歳になり、アメリカ留学をすぐに決断できたわけではありません。「いまから勉強を始めても遅いのでは」という不安があったからです。「もう30代」という思いと、「まだ30代」という思いの間で揺れる日がしばらく続きました。そうとう迷いましたが、結局、私は留学する道を選びました。このまま諦めてしまったら、あのとき挑戦していたらと一生思って生きていくことになる。それは耐えられないという思いでした。


出井伸之

人は歳を取るにつれて、クリエイティブマインドが下がっていく一方、経験値は上がっていきます。その二つのバランスが取れているのが、45歳なのです。自分の力を遺憾なく発揮できるこの時期に何をするかで人生が決まると言っても過言ではないでしょう。目の前の仕事をしっかりやりつつも、長期的な視点に立って、自分を成長させていく必要があります。


山城徹也

弊社では、契約時はもちろん、契約以降のおつきあいも大切にしています。それゆえ、その場の関係しか構築できないような営業マンは必要としません。


谷井昭雄

トップになると、一回決めたものを変えるというのは大変なことです。メンツもありますし、コロコロ意見を変えたら「なんや、うちの社長は頼りない」と社員に思われます。考えに考え抜いた決定であっても、世の中の変化によって、正しくない決定になることだってありうる。でも松下電器は、たとえ間違った方向に行ったとしても、正しい道にパッと戻る不思議なところがあります。おそらく「素直な心」「率直に処する」という姿勢が関係しているのではないかと思っています。


宇佐美進典

業績改善のために最初にコスト削減に手を付けてしまうのは、どうしても最終利益に目が行ってしまうからでしょう。しかし、本質的には事業の成長は粗利益の成長だと思うのです。だから、ここをどうしていくかというところから取り組まないといけません。トップライン(売上高)が伸びなくなってしまうと、立て直しが非常に困難になりますから。


蟻田剛毅

利益が残るから、お客様に受け入れられたことになる。
お客様に受け入れられるから、ブランドになる。


兼本尚昌

差がつきやすいのは、どんな状況においてもクイックレスポンスができるかどうか。


石井幹子

デザインによって日本の素晴らしい技術を「欲しい」と思っていただけるようにするのが、わたしたちの使命。


岡島秀樹

基本的に僕は楽しむことを前提に野球をやっています。野球は僕の仕事。それをどれだけ楽しくできるかです。


澤上篤人

底値や天井を狙ってマーケットを追いかけると、逆に引きずり込まれて本来の投資ができなくなる。


武者陵司

企業の一員だと、個人の貢献した価値は分かりにくい場合があります。一方で、独立すると何が役に立っているのか明確に分かります。そうすると、やりがいも全然違う。私は独立して、全ての人を対象としたビジネスを始めて本当に良かったと思います。


弘兼憲史

中間管理職は部下のほうをきちんと向いてほしい。それがチームをまとめる力になる。少なくともこれからの時代は与えられたポジションをソツなくこなしていればトコロテン式に役職が上がるなどということは考えられない。次のステップを目指すには部下の後押しが必要になるかもしれない。出世の踏み台として部下を使う。反対に出世のために部下に迎合する。どちらも駄目上司の烙印を押されることは間違いない


浜口隆則

商品、サービスを通して顧客や社会とつながり、仕事を通して従業員や取引先とつながる。人のことを真剣に考え、深い洞察と観察を常に心がけていれば、喜ばれるものを提供していくことができますし、ピンチに陥った時にも誰かが助けてくれます。成功している経営者は、どうしたら人を幸せにできるかということを常に考えているものです。そして、実はそこにこそ、本質的なニーズが隠されているのです。


佐藤俊介(経営者)

勘違いしてはいけないのは、「SNSはブランドに対する帰属意識を持ってもらうだけで、直接購買にはつながらない」ということです。宣伝に集中してしまったらファンは離れます。それは10年以上ITに関わってきたからわかることです。


ページの先頭へ