名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村快朋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村快朋のプロフィール

中村快朋、なかむら・よしとも。日本の経営者。和婚プロデュース会社「晴レの日」社長。

中村快朋の名言 一覧

現場で何が起こっているのか。その現実を自分の目で直接見ることで世の中を知り、社員に判りやすく伝えることがトップの役割。


中村快朋の経歴・略歴

中村快朋、なかむら・よしとも。日本の経営者。和婚プロデュース会社「晴レの日」社長。

他の記事も読んでみる

鑄方貞了(鋳方貞了)

新任の社長は、一日でも早く自分の存在を社内に認めさせようと焦るものです。社内改革への取り組みも、あまりに急ぎすぎる場合は社員の反発を招き、社内で孤立してしまうような事態になりかねません。社長就任から1~2年は様子見をするぐらいの余裕を持った態度が望ましいと思います。


三浦友和

俳優という職業は出演作を選べるから、やりがいのある現場ばかりと思う人もいるかもしれないけど、心から充実する仕事なんて、そうは巡り合えません。40数年のキャリアの中で、いい感じで仕事ができていると言えるのは、延べ10年間くらいですかね。何かしらが上手くいかない仕事の方が長いですよ。


大坂靖彦

成功した人には夢実現のサイクルがあります。(1)夢と目標をビジュアル化する、(2)それを確信する、(3)持続させる、(4)夢を支えてくれた人たちに感謝する。特に2番目の「確信する」というステップは大事です。夢を信じ切るのは難しいのです。


坂根正弘

うちの会社では、開発部門と生産部門が同居している工場を「マザー工場」と呼んでいます。ちなみに、アセンブリ(最終的な組み立て)だけをやっている工場はチャイルド工場です。栃木県小山市にエンジンや油圧のコンポーネント(個別部品)の工場があり、そこから車で30分ほどの真岡市に車両生産工場があります。小山に開発部隊を置いていたのですが、この30分の距離が大きかった。ほかの工場に比べアクションが遅いんです。だからすぐに開発部隊を真岡に移しました。


ジョン・リディング

紙媒体は、自然といろんなニュースや論評が目に入るので、読者に予想もしない着想を提供したり、リスクやチャンスの存在を伝えられたりする。これはフィナンシャルタイムズの読者に多い組織の上層部の人たちにとっては貴重だ。彼らには通常、自分が関心を払っていること以外についても知ってもらう必要がある。つまり、紙媒体には紙ならではの強みがあり、デジタルと両方が必要ということだ。


佐藤誠治(経営者)

現在、2人しかいない小型店舗を複数展開しようとしています。米国に、同様のスタイルで顧客満足度が非常に高い証券会社があります。扱う金融商品は5~6種類で平均保有期間は20年と長期分散投資をしっかりやって、地域コミュニティーの金融の相談役になっているんです。高齢化社会の中で顧客の人生のゴールは何か。我々はそこに寄り添い、金融面での安心を提供する存在になることを目指したいと思っています。


加藤進(住友商事)

部下を叱るときは、指導する側に、君に育ってほしいという「愛情」と「熱意」、そして、この人がここまで真剣に言ってくれるのだからと相手が納得するような「人格」が必要です。


奥山清行

独立してよかったところは……いままでよりも、さらに自動車産業を客観視できた点かな。いまの日本における自動車業界の問題は、従来のエゴが通用しなくなってきたことではないでしょうか。いま、東京の若い人はクルマに関心がないでしょう?大渋滞の中でフェラーリを運転してもかっこよくないですから。渋滞を放置しながらクルマを売りたいというのは自動車会社のエゴの一例です。これからはインフラについても同時にデザインをしなければ、未来の顧客を開拓できませんよ。


西川世一

お歳暮やお中元は数多くの企業から届く。その中で決して埋もれず、顧客から愛されるお菓子を作るのは並大抵ではない。差異化は付加価値の創造から生まれ、付加価値は社員一人一人の意識から生まれると考えている。


坂本龍馬

人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。


ドン・キング

私が君の人生のむなしさから救い出し、大金を稼がせてあげよう。
【覚書き|父親、親しいマネージャーを亡くし、結婚生活が破綻寸前だったマイク・タイソンに言った言葉。タイソンはキングによって選手生命を復活させた】


黒田如水(黒田官兵衛)

子供の教育係にする侍に対しては、まず主人がそれを心を込めてもてなし、位のつくようにしてやらねばならない。そうでなければ、その子供が教育係を安っぽくあしらって、それを侮る心が出てきて、ついには教育係をないがしろにして、その忠告を聞き入れず、したがって、振る舞いも改まらないことになるから、大事な問題である。