名言DB

9413 人 / 110706 名言

中村崇則の名言

twitter Facebook はてブ

中村崇則のプロフィール

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

中村崇則の名言 一覧

大事にしていることは「顧客の声を聞く」ことです。お客様にとって本当に使いやすい商品を提供することにこそ、私どもの存在価値があるのです。


当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


効率化で空いた時間を、会社のため、そして自分や家族のために使えば、企業活動も社員の生活もより充実するのではないでしょうか。


企業として成長していくためには国内でシェアを拡大しながら、海外市場を視野に入れることで、より多くの利益を狙うことが必要です。


たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。


グローバル時代では日本にいても世界との戦いに巻き込まれます。私は攻められるばかりではなく、日本から攻め入り、日本のクラウドシステムの品質の良さをもっと世界にアピールしたいと考えています。もっと世界に日本の企業の力を示したい。


私自身は大学を卒業後、NTTに入社しましたが、小さな組織で自分たちの力を試してみたいと、同期の仲間とビジネスを始めたのが創業のきっかけです。


今後も、ニーズを深く掘り下げ、エッジの利いたかゆいところに手が届くソフトウェアを開発することで、業務効率化という側面から日本企業の成長を支え、当社も一緒に成長していきたいと考えています。


どの企業でも生産性を上げるために懸命に努力しています。利益を生まない業務に人員と時間を割くのであれば営業や生産活動に回した方がいいに決まっています。無駄な業務はシステム導入で効率化し、コアビジネスに自分たちのエネルギーを費やしていくべきだと思います。


経費管理の効率化を突き詰めた「楽楽精算」の販売は、昨年度の約2倍のペースと好調で、市場ニーズが高まっているのを感じます。現在約200社2万人にご利用いただいていますが、「無駄な単純作業ゼロ」を目指し、もっと多くの企業に導入していただくのが目標です。


当社では社外から問い合わせメールが毎日100~200通来ていました。しかし、複数の担当者がPCメーラーで作業していたのでは、誰がどのような対応をしたのかを把握することはできません。「一般の企業でも困っているはず」という予想が的中し、問い合わせの共有・管理システム「メールディーラー」は日本のメール対応のあり方を変えるヒット商品となりました。


「メールディーラー」はECショップなどで顧客からの問い合わせメールの対応状況を共有・管理するシステムです。きちんとしたマーケティングによって製品化したというよりも、私たちが抱えていた問題を解決するために生まれた製品です。


米国の企業は、業務システムについては外部の出来合いのものを導入します。数年かけて自社開発するのではなく、その分、本業にエネルギーを費やすべきという合理的な考え方が主流です。例えば、スーツをオーダーすれば体型にピッタリしたものが作れます。しかし、値段は高く、完成までに時間もかかります。既製服であれば安く買て、すぐに着ることができます。弊社のシステムはこの既製服と同じで、安く、すぐに利用することができます。


私の中には「システムを利用して企業の無駄な作業をなくすことで、その時間をもっと有効に活用できないか」という考えが常にありました。しかし、多くの企業とりわけ中小企業にとって、システムやソフトウェア開発をイチから行うのはかなりのコスト負担になります。そこで、クラウド型のシステムでサービスを提供すればお役に立てるのではないかと思い、多様なソフトウェアの開発に着手しました。


中村崇則の経歴・略歴

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

他の記事も読んでみる

潮田健次郎

彼は経済成長がどういうときに起こるのかを検討した。「イノベーションが起きたときに経済は成長するんだ」ということを初めて言った。その国の経済なり産業なりが成長するためには必ずイノベーションがある。新しい経営方式や新しい企業が出てきて、古い企業を破壊していく。「創造的破壊」と言っているのですが、それで経済が成長し、国が成長していく。それがなければ経済成長はありえない。


高橋淳(経営者)

社員については、階層別に「あるべき姿」を決め、徹底的に研修します。たとえば全社員を対象に年二回、肉の加工についての技術検定を課しています。一番高い等級は「マイスタークラス」と称しています。


用松靖弘

当社の場合、フルセクションクルーという方式を取り入れほとんどのスタッフに調理場と接客を経験させるようにしています。元来、フードサービスの現場では、キッチンとホールで担当スタッフがすみ分けされていますが、これだとお互いの仕事を理解できず、良好な関係を築けません。チームワークが悪ければ、スピーディーに商品を提供することができません。特にうちは注文から提供まで5分を目標にしていますので、連携は重要です。色々な仕事ができるようになればモチベーションも上がります。


渋谷昌三

心理学にはセルフ・シンクロニー(自己同調行動)という概念があります。要するに「気持ちは動作に出る」ということ。たとえば同じ「ありがとうございます」という言葉でも、本当に感謝しているときと口先だけのときではお辞儀の角度が変わります。好きな人はつい見てしまいますし、嫌いな人に会うと表情がこわばります。


外山滋比古

いま、自分のことを優秀だと考えている人たちは、たくさん勉強したから知識の量は大したものだけれど、実生活における「生活の密度」が希薄です。それは家族や友人、隣人との関係であったり、そういったごく普通の生活経験の量が少ないのです。狭い世界の中で仕事をしているから土壇場になるとものごとが判断できなくなります。


アルボムッレ・スマナサーラ

会社から与えられた仕事はつまらないかもしれませんが、自分の人生の時間を取られているのですから、楽しく充実感を持って働かないともったいない。


森下裕道

結局のところコミュニケーションが上手くいかないのは、自分の視点から話そうとするからなのです。それによって相手がどんな気持ちになるのか、相手の視点で考えることが大事なのです。


大浦溥

少しでも決断が遅れていたら。いま考えると背筋が凍るような経験を何度もさせられました。生産中止の判断が一カ月遅れただけで、おそらく会社中に在庫の山が築かれ、大赤字を余儀なくされたでしょう。それほど、半導体産業の変化は急だったのです。なんとか他社より早くリストラの手を打つことができ、厳しい半導体不況を乗り越えてこられました。その結果、会社の体質は筋肉質となり、多少の不況にはびくともしなくなっています。


井上和幸(ヘッドハンター)

スタッフ部門を大事にする人は出世します。ふだんあまり会話をしない人たちとダイレクトな関係を持つことで、自分のキャラクター情報が広まるのです。広報マンとの付き合いなど社内営業が上手い人は、やはり大物になりますね。


青木宣親

大事なのは、絶対に一度は試してから判断すること。そうすると、1つひとつが自分の引き出しになっていきます。その積み重ねでここまでやってきました。


原晋

私の指導方針の一つの柱が、「規則正しい生活」をすること。朝は5時起床、門限は22時、就寝はカッチリ22時15分です。遊びたい盛りの若者には酷かもしれませんが、朝、決まった時刻に起き、みんなで練習し、食事に気を遣って、同じ時刻に寝る。単純なようで、人として当たり前の生活をするだけで、個々の能力が強化され、タイムに表れる。そして、チームの一体感も高まる。こうした生活の基本、時間の大切さに選手自身が気付き、しっかりと「核」を作ってこそ、1秒にこだわったレースができる。試合中のとっさの判断力、創造性も育まれる。


堀場雅夫

異国でしんどい経験をすれば、それだけ人生の幅は間違いなく広がる。まずは行ってみることや。


塚田正由記(塚田正之)

ひとつくらい成功したからといって、未来永劫に成功するわけではない。次回もっといいものを作って、人に喜んでもらいたいと思っています。


ジェームズ・ダイソン

英国は不動産と金融が生み出す薄っぺらで不安定な富に依存しすぎている。だが、そこに終止符を打てるはずだ。かつて、何がこの国に富をもたらしたのか。それを忘れた紳士気取りの俗物根性を叩きなおすべきだ。


増田宗昭

私自身はマスコミが評するほど日本経済が悲観的な状況にあるとは考えていません。いまの不況はあえて言えば、心理的不況です。たとえば、円高で不景気になったという論調があります。輸出企業にとってみれば円高が進むと利益は減ります。ですが、輸入企業にとってみれば、円高はフォローです。そして統計を見ると、日本の輸入額と輸出額はどちらも約80兆円と拮抗しています。輸出企業は苦しいけれど、輸入企業は利益を上げているのです。