名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中村崇則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村崇則のプロフィール

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

中村崇則の名言 一覧

大事にしていることは「顧客の声を聞く」ことです。お客様にとって本当に使いやすい商品を提供することにこそ、私どもの存在価値があるのです。


当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


効率化で空いた時間を、会社のため、そして自分や家族のために使えば、企業活動も社員の生活もより充実するのではないでしょうか。


企業として成長していくためには国内でシェアを拡大しながら、海外市場を視野に入れることで、より多くの利益を狙うことが必要です。


たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。


グローバル時代では日本にいても世界との戦いに巻き込まれます。私は攻められるばかりではなく、日本から攻め入り、日本のクラウドシステムの品質の良さをもっと世界にアピールしたいと考えています。もっと世界に日本の企業の力を示したい。


私自身は大学を卒業後、NTTに入社しましたが、小さな組織で自分たちの力を試してみたいと、同期の仲間とビジネスを始めたのが創業のきっかけです。


今後も、ニーズを深く掘り下げ、エッジの利いたかゆいところに手が届くソフトウェアを開発することで、業務効率化という側面から日本企業の成長を支え、当社も一緒に成長していきたいと考えています。


どの企業でも生産性を上げるために懸命に努力しています。利益を生まない業務に人員と時間を割くのであれば営業や生産活動に回した方がいいに決まっています。無駄な業務はシステム導入で効率化し、コアビジネスに自分たちのエネルギーを費やしていくべきだと思います。


経費管理の効率化を突き詰めた「楽楽精算」の販売は、昨年度の約2倍のペースと好調で、市場ニーズが高まっているのを感じます。現在約200社2万人にご利用いただいていますが、「無駄な単純作業ゼロ」を目指し、もっと多くの企業に導入していただくのが目標です。


当社では社外から問い合わせメールが毎日100~200通来ていました。しかし、複数の担当者がPCメーラーで作業していたのでは、誰がどのような対応をしたのかを把握することはできません。「一般の企業でも困っているはず」という予想が的中し、問い合わせの共有・管理システム「メールディーラー」は日本のメール対応のあり方を変えるヒット商品となりました。


「メールディーラー」はECショップなどで顧客からの問い合わせメールの対応状況を共有・管理するシステムです。きちんとしたマーケティングによって製品化したというよりも、私たちが抱えていた問題を解決するために生まれた製品です。


米国の企業は、業務システムについては外部の出来合いのものを導入します。数年かけて自社開発するのではなく、その分、本業にエネルギーを費やすべきという合理的な考え方が主流です。例えば、スーツをオーダーすれば体型にピッタリしたものが作れます。しかし、値段は高く、完成までに時間もかかります。既製服であれば安く買て、すぐに着ることができます。弊社のシステムはこの既製服と同じで、安く、すぐに利用することができます。


私の中には「システムを利用して企業の無駄な作業をなくすことで、その時間をもっと有効に活用できないか」という考えが常にありました。しかし、多くの企業とりわけ中小企業にとって、システムやソフトウェア開発をイチから行うのはかなりのコスト負担になります。そこで、クラウド型のシステムでサービスを提供すればお役に立てるのではないかと思い、多様なソフトウェアの開発に着手しました。


中村崇則の経歴・略歴

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

他の記事も読んでみる

伊勢谷友介

個人も企業も、地球のために何かしなくてはいけないと気づき、活動しているケースはあります。ただ散発的で横のつながりが薄く、ビジネスではなくコストと捉えがちです。そうではなく、人類が地球のために活動することが仕事になる仕組みをつくれないか。そこがリバースプロジェクトの出発点になりました。


稲盛和夫

あなたの経営者としての値打ちは、その程度のものなんですか。売上に対して1~2%の利益を稼ぐことで満足しているのですか。社員の幸せのためにも、胸に手を当ててよく考えてください。


内田和成

極論すれば、仮説は思い付きレベルでもいいんです。ある程度用意周到に導き出した仮説でも、風呂場でパッとひらめいた思い付きでも、本質に迫ってさえいれば、どちらでも構いません。ただ、最初から自分で本質に迫っているかどうかを判断するのは難しいので、とにかく生煮えの状態でも上司に提出してジャッジをあおぐべきです。たとえ思い付きでも、それが正しければ評価されるし、間違っていればまたやり直せばいいだけですから。


大塚雅斗

この業界には上場している企業も数社ありますが、これらの企業はすべてもともと保育園を運営していたわけではありません。ビジネスチャンスを感じて保育事業に参入したわけですが、そこか我々とは大きく異なります。我々は保育事業が母体であるため、保育の質に関しては絶対的な自信があります。また、その質を維持できないのであれば、無理に出店するなということも日頃から社員に言っています。確かに一見すると地味に見えるかもしれませんが、保育重視の体制を着実に作ることで、実際、これらの上場企業から当社へ運営を切り替える事例も増えてきています。


森川亮

制度やルールはどちらかというとダメな人を救う仕組みです。優秀な人は堅苦しくなってしまう。僕たちはトップで走る人に合わせます。


青野慶久

サイボウズは昨年、おかげさまで創業20周年を迎えました。企業にとってこうした節目はある意味、ものが言いやすい。社会に対して自社の考えを発信しやすいタイミング。


井村公彦

当社の最大の強みは地域やコミュニティーに密着して、ときには御用聞きのようなこともしながら、各地の営業担当者がきめ細かく現場を回っていること。


奈良雅弘

いたずらに否定的(ネガティブ)な評価をする傾向があると、負の感情は生まれやすくなる。物事に「悪い意味」を見出しやすい人は、必然的に「悪い」という評価結果を招き、負の感情を誘発することになる。


山海嘉之

研究者にとって、「夢や情熱」って非常に大事だと思いますが、それ以上に大切なのは「人を思いやる心」です。それがなければ、「何を成すべきか」ということが発想しにくい。


菊入みゆき

ネガティブな言葉を使ってしまうと、自分の出した言葉の毒素で、気持ちを落としてしまいます。日ごろから「大変だ」「疲れた」が口癖の人は、できる人の口癖をまねすることから真似してみましょう。その中から、気持ちがいいと感じる口癖をよく使い、アレンジしていくことで、いまの自分にピッタリと合う言葉が見つかるはずです。


ルイ・オーギュスト・ブランキ

川のこちら側にいれば、向こう側のことはわからない。ひとつ川を渡ってみようじゃないか。
【覚え書き|革命した後のことについて聞かれたときの返答】


木股昌俊

大きな機械で畑を一気に耕すだけでは、芽は出ない。