名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村崇則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村崇則のプロフィール

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

中村崇則の名言 一覧

大事にしていることは「顧客の声を聞く」ことです。お客様にとって本当に使いやすい商品を提供することにこそ、私どもの存在価値があるのです。


当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


効率化で空いた時間を、会社のため、そして自分や家族のために使えば、企業活動も社員の生活もより充実するのではないでしょうか。


企業として成長していくためには国内でシェアを拡大しながら、海外市場を視野に入れることで、より多くの利益を狙うことが必要です。


たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。


グローバル時代では日本にいても世界との戦いに巻き込まれます。私は攻められるばかりではなく、日本から攻め入り、日本のクラウドシステムの品質の良さをもっと世界にアピールしたいと考えています。もっと世界に日本の企業の力を示したい。


私自身は大学を卒業後、NTTに入社しましたが、小さな組織で自分たちの力を試してみたいと、同期の仲間とビジネスを始めたのが創業のきっかけです。


今後も、ニーズを深く掘り下げ、エッジの利いたかゆいところに手が届くソフトウェアを開発することで、業務効率化という側面から日本企業の成長を支え、当社も一緒に成長していきたいと考えています。


どの企業でも生産性を上げるために懸命に努力しています。利益を生まない業務に人員と時間を割くのであれば営業や生産活動に回した方がいいに決まっています。無駄な業務はシステム導入で効率化し、コアビジネスに自分たちのエネルギーを費やしていくべきだと思います。


経費管理の効率化を突き詰めた「楽楽精算」の販売は、昨年度の約2倍のペースと好調で、市場ニーズが高まっているのを感じます。現在約200社2万人にご利用いただいていますが、「無駄な単純作業ゼロ」を目指し、もっと多くの企業に導入していただくのが目標です。


当社では社外から問い合わせメールが毎日100~200通来ていました。しかし、複数の担当者がPCメーラーで作業していたのでは、誰がどのような対応をしたのかを把握することはできません。「一般の企業でも困っているはず」という予想が的中し、問い合わせの共有・管理システム「メールディーラー」は日本のメール対応のあり方を変えるヒット商品となりました。


「メールディーラー」はECショップなどで顧客からの問い合わせメールの対応状況を共有・管理するシステムです。きちんとしたマーケティングによって製品化したというよりも、私たちが抱えていた問題を解決するために生まれた製品です。


米国の企業は、業務システムについては外部の出来合いのものを導入します。数年かけて自社開発するのではなく、その分、本業にエネルギーを費やすべきという合理的な考え方が主流です。例えば、スーツをオーダーすれば体型にピッタリしたものが作れます。しかし、値段は高く、完成までに時間もかかります。既製服であれば安く買て、すぐに着ることができます。弊社のシステムはこの既製服と同じで、安く、すぐに利用することができます。


私の中には「システムを利用して企業の無駄な作業をなくすことで、その時間をもっと有効に活用できないか」という考えが常にありました。しかし、多くの企業とりわけ中小企業にとって、システムやソフトウェア開発をイチから行うのはかなりのコスト負担になります。そこで、クラウド型のシステムでサービスを提供すればお役に立てるのではないかと思い、多様なソフトウェアの開発に着手しました。


中村崇則の経歴・略歴

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

他の記事も読んでみる

中島義雄

「俺はどん底から這い上がるんだ」という気概を持って努力し続ければ、不思議なもので、周囲の人たちが手を差し伸べてくれる。


浅野敏雄

バックグラウンドの異なる多様な部門の担当役員や、これまで付き合いのなかった業界の人たちから話を聞くのが楽しみだ。これらをヒントに経営の変革に挑みたい。


中村獅童(二代目)

10円でもお金を頂いた時点でプロ。


松下幸之助

はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。


松本幸夫

始業前なら、自分の仕事を邪魔されることもないはず。ミドル社員は何かと仕事を中断されるので、この間に部署全体の方向性を決めるなど「考える仕事」をすることをお勧めします。


山田進太郎

誰でも皆、モチベーションを一番感じられる仕事をしたほうがいい。当社のような知識産業にとってはまさに死活問題。その人のモチベーションが高いか低いかで、アウトプットの良し悪しが大きく変わってくるから。


浜脇洋二

私は自ら手を挙げて川崎重工の米国法人を立ち上げました。本社はほとんど放任で、現地法人の立ち上げを自分の判断でやりました。当時、二輪車で先行していたのはホンダとヤマハ。違うことをやらないと勝てないと考え、日本の二輪メーカーとしては最初に米国に工場を建設しました。ホンダより3年早い工場建設でした。


高岡浩三

製造業ほど圧倒的な競争力を持たない日本のサービス業を伸ばすには、マーケティングが最も重要な戦力になる。


鈴木喬(経営者)

私は新人を教育するというのが不遜だと思っているほどです。新人が知らない知識を身につけさせる研修は意味がありますが、それ以外はそもそも必要なのかどうか疑問です。むしろ優秀な若い人を生かす組織にしなければならないと考えています。


佐藤浩市

自分が楽しいと思わなければ、いい仕事ができないなんて意識ではプロ失格。「楽しくない」と思う現場だからって、投げ出してたら何にもならない。その仕事に対する取り組み方を自分で変えることが必要。


松沢幸一

役員に対しても、私は素通しで会います。会議よりも立ち話の方が断然、話は早く、経営にスピードが生まれます。


ロッシェル・カップ

管理者が本来すべき仕事とは、組織、あるいは管轄するチームの全体像を把握して、部下にプロジェクトのゴールや社会的影響をきちんと説明することです。