中村崇則の名言

中村崇則のプロフィール

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

中村崇則の名言 一覧

大事にしていることは「顧客の声を聞く」ことです。お客様にとって本当に使いやすい商品を提供することにこそ、私どもの存在価値があるのです。


当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


効率化で空いた時間を、会社のため、そして自分や家族のために使えば、企業活動も社員の生活もより充実するのではないでしょうか。


企業として成長していくためには国内でシェアを拡大しながら、海外市場を視野に入れることで、より多くの利益を狙うことが必要です。


たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。


グローバル時代では日本にいても世界との戦いに巻き込まれます。私は攻められるばかりではなく、日本から攻め入り、日本のクラウドシステムの品質の良さをもっと世界にアピールしたいと考えています。もっと世界に日本の企業の力を示したい。


私自身は大学を卒業後、NTTに入社しましたが、小さな組織で自分たちの力を試してみたいと、同期の仲間とビジネスを始めたのが創業のきっかけです。


今後も、ニーズを深く掘り下げ、エッジの利いたかゆいところに手が届くソフトウェアを開発することで、業務効率化という側面から日本企業の成長を支え、当社も一緒に成長していきたいと考えています。


どの企業でも生産性を上げるために懸命に努力しています。利益を生まない業務に人員と時間を割くのであれば営業や生産活動に回した方がいいに決まっています。無駄な業務はシステム導入で効率化し、コアビジネスに自分たちのエネルギーを費やしていくべきだと思います。


経費管理の効率化を突き詰めた「楽楽精算」の販売は、昨年度の約2倍のペースと好調で、市場ニーズが高まっているのを感じます。現在約200社2万人にご利用いただいていますが、「無駄な単純作業ゼロ」を目指し、もっと多くの企業に導入していただくのが目標です。


当社では社外から問い合わせメールが毎日100~200通来ていました。しかし、複数の担当者がPCメーラーで作業していたのでは、誰がどのような対応をしたのかを把握することはできません。「一般の企業でも困っているはず」という予想が的中し、問い合わせの共有・管理システム「メールディーラー」は日本のメール対応のあり方を変えるヒット商品となりました。


「メールディーラー」はECショップなどで顧客からの問い合わせメールの対応状況を共有・管理するシステムです。きちんとしたマーケティングによって製品化したというよりも、私たちが抱えていた問題を解決するために生まれた製品です。


米国の企業は、業務システムについては外部の出来合いのものを導入します。数年かけて自社開発するのではなく、その分、本業にエネルギーを費やすべきという合理的な考え方が主流です。例えば、スーツをオーダーすれば体型にピッタリしたものが作れます。しかし、値段は高く、完成までに時間もかかります。既製服であれば安く買て、すぐに着ることができます。弊社のシステムはこの既製服と同じで、安く、すぐに利用することができます。


私の中には「システムを利用して企業の無駄な作業をなくすことで、その時間をもっと有効に活用できないか」という考えが常にありました。しかし、多くの企業とりわけ中小企業にとって、システムやソフトウェア開発をイチから行うのはかなりのコスト負担になります。そこで、クラウド型のシステムでサービスを提供すればお役に立てるのではないかと思い、多様なソフトウェアの開発に着手しました。


中村崇則の経歴・略歴

中村崇則、なかむら・たかのり。日本の経営者。中小企業向けクラウドサービスのラクス創業者。大阪出身。神戸大学経営学部経営学科卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。同社在職中に無料メーリングリストサービスの合資会社DNS(のちのインフォキャスト)を設立。インフォキャストを楽天完全子会社化させたのち、ITエンジニア育成事業のアイティーブースト設立。クラウドサービスの分野に進出し、社名をラクスに変更。

他の記事も読んでみる

野村与曽市

人は石垣であり城であるという。和親協力の真価である。まことに人こそすべてである。人間尊重は私の本願である。


田中愼一(田中慎一)

自己主張を忘れること。思い込みや我執をゼロにすること。まわりがどういうことを期待しているか、耳を澄ませて聞き取るのです。そのとき一番邪魔をするのは自分です。「自分はできる」「自分はやるべき仕事はこれじゃない」という思いを抱いていれば、言わなくても必ず表に出ます。そこに気をつけなければいけません。


酒巻久

コミュニケーションは直接対面して話し合うのが一番早い。メールや電話にばかり時間をかけている人はたいてい、残業が多いのはそのためです。だから私は「同じフロア内でのメール禁止」というルールも掲げています。


中沢孝夫

規模もコストも本当に「少しずつ」スタートさせることは賢明。にっちもさっちもいかなくなってから新しいチャレンジに取り掛かっても、トライ&エラーを吸収する余裕がないからだ。


上野和典

「私はこれが面白いと思うから、これをやりたい」という熱い思いが商品開発の原点です。本に書かれたマニュアル通りにやっていても成功しないし、そもそも成功のセオリーなど存在しない。ヒットする確率は良くて3割、という世界です。トライ&エラーを繰り返しながら、自分のやり方を見つけていくことが、唯一の成功の道なんです。


渡部昭彦

今日の専門性が高いほど、明日の専門性に弱くなることがあり得ます。それだけ今は、技術や社会の変化が激しいからです。これからは専門性に加えて、環境が変わっていく中でも臨機応変に対応して自分の強みを十分に発揮できる人が、キー人材になっていくでしょう。


松田晋之介

歴史から学ぶことも大事なので、ビジネス書をよく読みます。ドラッカーやバフェットの著書はほとんど読んでます。変わらない本質がありますね。同じ本を何度も読み返します。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

ビジネスは長期戦です。疲労を溜め込んでしまい大きな反動が来た場合、30年間働けるところを、20年間で終えてしまうかもしれません。それを回避するためには、戦略的な体調管理が必要です。私は定期的にノー残業デーを設けています。家族と過ごしてリラックスしたり、疲れが溜まっているときは安静にしたりして、回復に努めています。


満岡次郎

新しい社会環境、新しい事業環境の中で、会社としてどうリスクを取って新しい分野に入り込めるかが問われている。


宮根誠司

僕も少しだけ投資をやっています。始めてみると、新聞の読み方も変わってきますし、経済状況がどうなっているのか気になってくる。勉強勉強じゃなく楽しめますよね。


橋本和恵

話が長いお客様を煙たがる営業マンは多いですが、こういうお客様の話こそじっくり耳を傾けるべき。気持ちよく話すことで満足感と、こちらへの親近感をもってもらえば、その後の商談も運びやすくなるはずです。


大谷將夫

お客様や従業員に幸せになっていただくことが、私の一番の幸せです。


林修

必ず過去2年分の手帳を持ち歩いています。昨年を参考に、先の予定を想定し、前倒しで取りかかります。


根本郁芳

理念と言えるぐらいの考え方って、いま、私が会長職にあるように、わかったと思ったときには現場から引退ということになっている。それも不思議でおもしろいものですね。


田村潤

結果が出なければ、現場のメンバーから信頼を得るのは難しい。リーダーが本気で仕事に取り組み、責任を取る覚悟を決めなければ、部下はきつい仕事についてこない。


ページの先頭へ