名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村寅吉の名言

twitter Facebook はてブ

中村寅吉のプロフィール

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

中村寅吉の名言 一覧

勘とは頭の働きでなく、不断の練習から生まれるものだ。


中村寅吉の経歴・略歴

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

匠英一

専門用語では「心理的リアクタンス」と言いますが、誰の心の中にも他人にコントロールされることを拒絶するメカニズムが備わっています。そして、その心理は地位が高い人ほど強く、相手よりも自分が優位に立っている場合に発生しやすくなる。


徳岡邦夫

もし、周りからうまく協力を得られなくて悩んでいる、という人がいるなら、物事を損得で語っていないか、一度見直してみてはどうでしょうか。私利私欲ではない夢を相手と共有できたとき、きっとその人は協力者になってくれるはずです。


原田泳幸

私が、マクドナルドで何をやったのかと問われたら、一つの表現としては、社員か反対することばかりやってきた、といえます。ヘルシーがトレンドだといわれていたのに、高カロリーの「メガマック」を販売し、爆発的に売ったわけです。


赤羽雄二

重要であっても特に締め切りがない仕事は、自分で締め切りを設定し、それに「強制力」を持たせましょう。たとえば、気の合う同僚数人と「○月○日までに○件の見込み客と会う」といった目標を宣言し合い、LINEやフェイスブックなどで進捗を報告したり、お互いの成果を励まし合うようにしてください。お互いに目標の達成を宣言することで競争意識が生まれ、何としても時間を作ろうとします。モチベーションが高いので、作業効率も高まるはずです。


岩田松雄

相手の立場に立ち言葉を使うことも大事です。私が初めて社長を務めたのは、ゲーム会社のアトラスでした。社長就任挨拶では、自分の方針をしっかり伝えようと、MBAで学んだキャッシュフロー経営の大切さなどを力説しました。ところが社員は無反応で、ポカンとしています。考えてみると、この反応はあたりまえ。現場の社員にキャッシュフローという言葉が身近に感じられるわけがないのです。その反省から、2社目のイオンフォレストの社長に就任したときには、独りよがりにならないように言葉を選びました。すると今度は、涙を流して聞いてくれる社員までいました。どんなに大事なことも、相手に伝わる表現でなければ意味がありません。


關昭太郎(関昭太郎)

私は証券会社でも大学でも、改革と革新のために自分の志と情熱、ビジョンを惜しみなく投入してきました。その間、様々な方々との出会いや貴重な体験を通じて、その人たちが持っているイデオロギーで人を判断することはできないという人間学というか、人間哲学を学ぶことができました。このような経験は、わたしの人生に大変大きな勇気と英知を与えてくれました。


木川理二郎

当社は中国だけでなく世界中で仕事をしていますが、現地の文化や習慣を受け入れ、できる限り現地化するように努めています。グループで価値観を共有する「Kenkijinスピリット」という行動規範さえ守れば、あとは現地の流儀に従えばいい。現地化できなくては海外で良い仕事なんてできません。


高倉豊

過去の事例を学ぶのは「こういう考え方もあるのか」といった発想の幅を広げるためであり、事例そのものは参考にならない。状況が異なるところに過去の事例をあてはめても、99%はうまくいかないだろう。


加藤嘉明

武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。


野村克也

「なぜあんな配球をしてしまったのか」「どうしてあのボールに手を出したのか」。恥を感じた者は、「なぜ」「なぜ」と自らのミスをしつこいくらいに振り返る。


金子和斗志

極端な例では、新郎新婦が馬に乗って入場したというケースもありました。これには私も驚きました。当社はとにかく、お客さまの感動に資することであれば(もちろん安全面などは十分に考慮したうえで)何をやってもいいという会社なのです。


金森重樹

現在の年収は約7億円ですが、特別なイノベーションを起こしたわけではありません。ただ、質素倹約を続けて種銭を増やし、投資に回しただけ。それが、目の前の欲望が我慢できずにお金を目減りさせた人との間に、大きな差となって表れたのです。


為末大

最近、スポーツ界では体罰が問題になりました。あれは言葉力不足が原因だと思います。言葉で自分の意図や意思をしっかり伝える技能が発達していないために、伝わらないことによるイライラが爆発し、体罰が起きているような気がします。言葉によって人生が変わることがやはりあるはずです。


永守重信

一番時間がかかるのは技術の蓄積だから、技術力のある会社を選んで買わないかんとは思っています。そのほかのところならどんな問題があっても、解決できると思って買っています。


古屋一樹

「今日一日を大切に生きる」。何事もこれに尽きるのではないでしょうか。日々の仕事をしていれば反省することは山のようにありますが、昨日を悔やんでも仕方ないし、明日一日を憂いても意味がない。今日一日をきちんとやることが明日につながるのだと思います。