名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村寅吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村寅吉のプロフィール

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

中村寅吉の名言 一覧

勘とは頭の働きでなく、不断の練習から生まれるものだ。


中村寅吉の経歴・略歴

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

一等地に豪邸を持っても、それは見栄で、新たな価値は生まれません。資産や自分の付加価値、人脈を増やすことにしかお金を遣いません。


茂木友三郎

需要を創り出すために必要なのは、革新(イノベーション)と差異化。差異化とは、人のまねをしないこと。


杉山愛

20代前半まではいろいろなコーチに指導をいただきましたが、25歳のときに大スランプに陥ってしまいまして……。一度テニスをやめようかなと思ったとき、母から「自分のやりたいことをやりきったの?」と問われ、やりきっていない自分に気付きました。でも、立ち直るために何から手をつけたらよいか分からない。すると母が、「私にはあなたが復活するために今、何をすべきかが見えているわ」と言ってくれたので、母にコーチをお願いしたのです。


松本洋(コンサルタント)

全員が仕事で起こる様々な問題に自責の気持ちで望めば、企業としての目標達成は夢ではない。


石田建昭

当社は「学び続ける会社」でありたい。


坂根正弘

人選びというのはいわゆる信頼感みたいなものがすごく重要だったりします。本当に部下から信頼を得るタイプなのかは、社外の人はとてもじゃないけど分からない。従業員が1万人を超えるような日本の大企業では、普通は後継者を社外から連れてこなければいけないようなことはないと思うんです。それはトップの責任じゃないかと。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

僕の知り合いに、税理士でプロボクサーという人がいるのですが、その組み合わせだけで、「そんな人なかなかいないな」と強烈に印象に残りますよね。フランス語が流暢で、行政書士の資格も持っていたら、フランスに関連のある会社からオファーがくるかもしれない。自分の得意分野で何か資格を取り、さらにプラスして別種の資格があれば、その組み合わせで可能性が広がっていきます。あるいは、あえてちょっと変わった資格を取って、メインとなる資格と組み合わせてみると、自分のキャラ付けやコミュニケーションのツールとしても使えます。


福嶋康博

何百本とゲームが出ても、その中で大ヒットは数本です。事業も同様でしょう。何百という事業が出てきますが、その中で当たる事業はすぐ数字に表れます。そのため、当たらない事業に注力しても変わらないのです。分からないのは、その事業を考えた自分だけです。


長島徹

経営はほぼすべてトップダウンで決めてきましたが、30代を中心に「自分たちがやることは自分たちで決めたい」という声が上がってきたので、週1日は自分たちでやりたい活動に使っていいというチームをつくり、特別予算も付けました。トップダウンとボトムアップが上手くバランスすればいいと思っています。


谷繁元信

コミュニケーション力は年中必要。監督の些細なひと言で、選手は楽になったり、吹っ切れたりする。25年やっている自分でも、孤独を感じるときがありますから。


大石昌明

私にしてみたらラーメンは初めての仕事ですから、マーケティングと調査に力を入れました。第1号店は調査のための店で、私が暮らしているマンションのフードコートに出しました。メニューも豚骨ラーメンだけに絞り込んで、どれくらい、お客さんが来るかを調べました。数字を把握したら、その店は閉めて、次は1万5000世帯のマンションの中に60席の店を出しました。すると、常時、500人から800人が入る繁盛店になったのです。


佐藤有美(経営者)

「旧」の部分を知らないと新たなこともできない。