名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村寅吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村寅吉のプロフィール

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

中村寅吉の名言 一覧

勘とは頭の働きでなく、不断の練習から生まれるものだ。


中村寅吉の経歴・略歴

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

鎌田富久

技術ベンチャー企業は技術が売りなので、ゼロから始める分野を一歩先に選んだほうがいい。昔のパソコンのように、まだみんながそんなに大きくなるとは思っていないが、成長速度が速くて、どこかで加速するような分野がベストです。


神田昌典

いかに買い手を魅了し、働き手を元気にさせる物語をつくり出せるか。それが企業の存在価値として問われる時代が訪れようとしています。


中村信仁

「相手の緊張感をほぐすために、お天気などの雑談から始めたほうがいいのでは」と考える人もいるかもしれませんが、お客様が話を振ってこないかぎり、無理に雑談をする必要はありません。忙しいなかで時間をつくってくださったお客様も多いのですから、本題である「訪問の目的」からズバリと切り込むべきです。


陰山英男

私は「若いころに一度でいいからガリ勉をやっておくといい」と主張しています。ひとかどの仕事を成そうとする人は、若いころに過剰ともいえる勉強をした経験があるのです。クルマのエンジンを、最初に壊れる直前までフル回転させるのと同じように、ガリ勉の経験のある人は、強い精神力を身につけていると感じることが多いものです。


野村直之

有用なアイデアの多くは、論理的思考を突き詰めたところから生まれてくる。まずは、既存の思い込みを排除し、仮説を立てる。すべては仮説から始まると言っていいほど大事なことなのですが、それで終わらせてはいけません。仮説を検証するために「演繹」を繰り返すことが大切なのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

穏やかな境地に至る道は、実は単純です。刺激や興奮をはじめとする欲求や身勝手な考えなど、心の平穏を乱す要因と対極にある美徳の精神を実践すればよいのです。状況や環境に左右されず、大きな影響も反動ももたらすことのない、美徳の精神に従って自分を高めていけば、必ず絶えることのない充足感と永続する平和に行き着くことができます。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

将来的に企業経営に携わりたいのであれば、会計や経営に関する資格が有効です。組織の運営を行なうための方法論や考え方を学んでおきましょう。具体的には、日商簿記検定2級をベースとして、国家資格である「中小企業診断士」まで取れればベターでしょう。難関ですが、経済・会計・経営・法務・ITなど、企業経営に関する幅広い知識を高められる資格です。


吉川洋

人口減で働き手の数が減っていくことは、一国の成長にとってマイナス要因であることも事実です。ただ、人口が先進国の経済成長に直接的に寄与する部分というのは、実は非常に小さい。例えば、高度成長期、経済が10%成長した時の労働人口の成長率は概ね1.2%です。経済が10%成長して、働き手の数は1%プラス。この9%の差は何かというと、労働生産性の上昇というわけです。


大橋博(教育者)

学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作ると思いますので、我々としても常に生徒や学生との真剣勝負が続いています。


寺田和正

無我夢中でしたが、どうやったら勝てるかは見えていた。当時オリジナルのブランドを作っているところはなかったので、妥協せずに良い人、良い物、良い場所、良い宣伝をするという価値観で突き進みました。


豊田圭一

以前、母校の大学が出している小冊子に寄稿を頼まれたんです。締め切りを聞いたら3日後だったのですが、その日に原稿を書いて送りました。すると、仕事が速かった印象が強かったようで、別の件でも声をかけてもらえるようになり、そこから新たな人脈を広げることができました。


竹増貞信

どんな経営者でも、自身の見識とキャパシティを超えた判断はできませんし、してはならない。